2/9 FRI

寒気と寒気のあいだにはさまれた、貴重なぬくもりのある日。
朝、実家に寄ったら、杏子の友達がいた。長い髪の、すらっとした人。高山の人だそうだが、長く外国(どこかはきいてない)にいて、久しぶりに帰国したとのこと。そういう人は、まとっている空気でわかる。七穀ベーカリーのバゲットを朝ごはんにして、ふたりは食べていたのだけど、お友達が「パンにバターとジャムをつけて食べていいって、すばらしいなあ」と言う。きけば、彼女のおうちではおかあさまが「つけるなら、バターかジャムかどっちかにして。いろいろつけすぎると素材の味がどれもわからなくなるから」という理由で両方つけるのは禁止されていたそうだ。まあ、おかあさまの言い分もわからないでもないが、自分がそれを言われたら、「自由に食べさせてよ」と思う気もする。
午後は、がいこつで遊ぶ。寒さがゆるんでいたので、2時間くらいたっぷり遊べた。
息子が「さむたい」と言っているのをきいて、はっ とする。「そ、それってもしかして、さむくてねむたいってこと?」ときいてみると「うん、Sくんが自分でつくったことば」「それ、ママも昔からよく言ってたよ…」こんな造語まで同じ発想で思いつくとは、DNAおそるべし。
なんだかここ1,2週間、ちょっとくらい睡眠が少ない日があっても、(少し前までならすぐに頭痛が出たりしてたのが)夜まで元気に過ごせている。なんでかな?と考えたら、娘が夜中にほとんど起きなくなったことで、わたしも連続して眠れるようになり、睡眠の質が高まったからだ、と思い至る。娘が連続して眠るようになったのは、年齢的なものもあるけど、大きなきっかけは、小児科を変えて、湿疹がよくなったこと。わたし自身がこんなによく眠れてるのは、娘を妊娠する前以来なので、3年ぶりくらいか。からだが楽。
夕飯は、初挑戦メニュー。我が家にはめずらしく、牛肉料理。スネ肉をオリーブオイルで焼きつけ、 塩をふったあといったん取り出し、その鍋でパン粉炒めて、赤ワインとにんにくとミニトマトを入れて少し煮て、耐熱容器に全部入れてオーブン(200度)で45分焼く、という。ついでに、ローストポテトとインゲンとマッシュルームの炒め物もつくって添えたら、すっごく欧米風な夕飯になった。でもそこにごはんとお味噌汁がつくのが、日本である。

2/8 THU

昨夜寝たのが3:30だったけど、どうにか起きる。
娘、息子と娘の名前(ひらがな)を半年くらい前から認識している。息子のおさがりや保育園のとき使っていたタオルなどに名前が書いてあると、「これSくんのやん」と言って、自分の名前が書いていないことに不満げ。しかしどこかに通ってるわけでもないのに、わざわざ娘の名前に書き換えるのが面倒で、ほったらかしにしている…。こういう面倒を避けるための裏技も、ママ情報から実は知っている。マスキングテープに油性ペンで名前を書き、タグの輪っかの部分に巻きつけるようにして貼る。というもの、やってみたことあるけど、実際何度洗濯してもはがれない。これだと、下の子にまわしたり、別の子におさがりにあげるときにきれいなまま渡せる。けど個人的には、ひとつの服に両方の名前が書いてあったり(ひとつを横線で消して)、場合によっては何人もの名前が書いてある服って、「あ~代々旅してきたんだなあ」とわかるので、けっこう好き。「あ、A子ちゃんの前は、B助くんのお姉ちゃんのやったんや!」みたいに。
プールでは、先日わたしが遭遇した事故についての話があちこちでささやかれているのがきこえる。知り合いのママさんに直接きいてみると、やはり息子と同い年で、校区も同じだったようだ。どうかあの子が、元気にランドセルしょって入学式にあらわれますように、と神さまに祈らずにはいられない。
夕飯は、さばの味噌煮(+にんじん)、かぼちゃサラダ、お味噌汁(大根、あげ)、酢の物のこり。
寝不足だったけど、意外と元気に1日を乗り切れた。でもさすがに夜は眠くて、こどもたちと一緒に21時過ぎに就寝。

2/7 WED

朝起きて、ベランダから近くの公園をみると、土の広場に霜がおりて、まっしろになっている。そんな冬って、大阪ではめったにない。
とよみさんに去年作ってもらった自分用の抱っこ(おんぶ)紐に、ファーファのぬいぐるみを入れて、息子の幼稚園見送りにいく娘。抱っこ紐から、ファーファの耳だけがぴょこっと飛び出ていて、自転車の前の席でびゅんびゅんと風を受けながら、心配そうに「(ファーファの)みみ、とんでいかへん?」
夜は、ファーファではなく、ペンギンのペンちゃんを抱っこしようとするも、息子に「それSくんのやで」と言われる。たしかにペンちゃんは、息子が2歳の頃、海遊館で買ってあげたものである。わたしもそう言うと、娘、まったくひるまず「でももうMのものになったから」。ふたりで取り合いしているので「まあまあ、話し合いしたら」とわたしが提案すると、娘はどちらかが離すまで引っ張り合う「離し合い」だと合点したらしく、いきなり綱引きみたいに「エスオーエスオー(オーエスが、エスオーになってる)と引っ張り出した…。
娘語録、もうひとつ。「中くらい」という言い方がわからなかったらしく(たとえば、自分は赤ちゃんではないけど、兄ほど大きくはない、と言いたいときなど)「おおきいとちいさいがまざってる」という言い方をする。こういう言い方をきいていると、わたしの英語の話し方とそっくり…と思う。わからないボキャブラリーは、とりあえず知ってるボキャブラリーでどうにか言い換えて、誰かほかの人に正しい語彙を教えてもらう、という。でも実はこの「言い換え能力」は、あらたに言語を習得しようとする者にとって、けっこう大切だったりする。
水曜午前保育。髪が伸びていた息子が散髪にいくというので、娘もついていく。切ってもらってるあいだ、わたしと娘は七穀ベーカリーへ。豆乳ドーナツを買おうと思ったら、売り切れ。仕方ないので、パンの中から選ぼうと思い、娘を抱き上げて「どれがいい?」ときいたら、「……どれもいらん。ドーナツがほしかった」と今にも泣きそうな顔。それを見たお店の人、「わかった!じゃあ、半端な生地でつくったドーナツがひとつあるから、それあげるよ!」と。半端な生地といっても、ほぼ売り物と同じ大きさで、かたちが少しいびつだっただけなのに、タダでドーナツもらった娘。散髪屋では自分は散髪してもらってないのに、息子に便乗してハイチュウをもらい、さらにそのあと行った囲碁でも、早めのバレンタインとして息子がチョコをもらったので、先生から「Mちゃんにも」とキャンディーをもらっていた。彼女はきっと、これからもこういう役得な人生なんだろうな…。
夕飯は、キャベツと豚ひき丼卵焼きのせ、タコときゅうりとわかめの酢の物、お味噌汁のこり、納豆(アキだけ)。
夜は、日記書いたり絵本関係の事務手続きしてから写真選びラストスパート、3:00頃まで写真を選び、いつも使ってるネットの写真屋さんにアップロード完了。そういえば、ここって福井の店だったな、とトップページをみると「大雪のため本日出荷停止しております」。ニュースでは普段の6倍降ったところもあるって言っていた。

2/6 TUE

また氷点下の朝。
お昼のニュースを見たら、福井に記録的豪雪が降っていた。豪雪地帯なのにトップニュースになるということは、ほんとうにすごい降りかたなのだろう。おととい行ったあわら温泉のすぐ近く(坂井)から中継されていた。でも、日曜の帰り道、除雪が追いつかないくらいの雪がふっていて、あれは豪雪の前ぶれだったのかも、と思う。あぶなかった〜。
午後、いつのものように幼稚園にお迎えに向かっていたら、道の先の方に、4,5人の人だかりができている。遠目なのでよく見えないけど、誰かこどものような人が横たわっているような…。ものすごく嫌な予感がしつつ、近づくと、予想どおり、ちょうど息子と同じ年くらいの、幼稚園の制服を着た女の子がうつぶせに倒れている。よく見ると、その子のからだの下には血が。そして母親とみられる女性が悲鳴のようにその子の名前を呼びかけている。まるでテレビドラマの一場面でも見ているかのようだが、現実。わたしも顔面蒼白。最初ぴくりともしなかったその子だったけど、しばらくすると、目があいたみたいで、お母さんが涙ながらに「よかったぁあああ」と。その子は自分でからだを起こそうとしたので、お母さんは「おねがい、おねがいだから動かないで!もうすぐ救急車くるから!」とその場におしとどめようとする。つめたいアスファルトに横たわっていて、さぞ寒いだろう、なにかしてあげたい、と思うも、下手なことはできないし、と何も役に立たないわたし。何もできないけど、そのまま素通りもできなくて、救急車(実際きたのは消防車)がくるまで、見守っていた。見守りながら、「ああ、人間って、かんたんに死ぬんだなぁ」と思う。今の車の不完全さ、こんな走る凶器のようなものがまかりとおっていることが、おかしかったとされる時代が早くきたらいいのに、と。自動運転がとりあえずの光明になるだろうか。
幼稚園のお迎えにずいぶん遅れてしまい、息子が「おっそいな〜、なにしてんたん?!」と言って出てきた。その姿さえもありがたく見える。お待たせした先生にも事情を説明すると、わたしが相当動揺していたのか、「ちょっとどこかで休憩してからおうちに帰った方がいいわよ」と言われる。たしかにそうだと思ったので、実家に寄ってから帰った。
夕飯は、とりじゃが(肉じゃがの肉をとりもも肉にしたもの)、厚あげ/キャベツ/わかめのお味噌汁、納豆(大人だけ)、するめイカのキムチ(わたしだけ)。

2/5 MON

寒い、すごく寒い…。家のつくりも、普段の服装にしても、なんだか冬をあまく見ているので、大阪の方が福井より寒い。普段の服装は自分で調節すればいいのだろうけど、あまりに厚着して自転車こぐとそれはそれで暑いし、難しい。
スキーから帰ると、洗濯物の山…かと思いきや、スキーウェアは基本汚れない(雪のみ)ので、洗わず、干しておくだけ。洗濯物はいつもどおり一回分だけだった。それは外に干して、スキーウェアはあたたかい部屋の中で干した。
朝は、スタッドレスタイヤを返しに行く。車やさんのおじさんは、娘のおしゃべりによく笑ってくれて、こども好きというのが伝わってくる。それだけでお店の好感度がめっちゃあがる。帰ってきて、そのまま車でフレストへ。今までいつもカートにのせていた(乗りたがっていたから)けど、最近は乗らずに自分でカートを押したいというし、勝手に走って行ったりしないタイプなので、カートからおろして「そのにんじんとって〜」などと頼んで、一緒に買い物してみたら、すごく満足そうだった。お店がそれほど混んでいないときは、これからもこの方式でいこう。
午後は、息子のお迎え+ガイコツ。Jくんとラグビーボールで遊んでいた。
息子は幼稚園のお友達(二つ上)の影響で「小学生になったらZ会やりたい」とずーっと言ってくる。気が変わるかもしれないと思って、まだ申し込んでないのだが、今日も催促された…。実は去年くらいから「今すぐやりたい」と言われてたけど、「小学生になってからでいいやん」と先延ばしにして、今に至る。よし、申し込むか。しかし本当にやるのかな…(←進研ゼミ申し込んでほったらかしで全然やらなかった過去を持つママ)。
夕飯は、冷蔵庫に残っていた鍋のスープでうどんを煮たもの+ほうれんそうとキャベツ足した、れんこんのごま油じっくり炒め。
プロフィール

織田 りねん(おりた りねん)

Author:織田 りねん(おりた りねん)
contact:
lingolinen@gmail.com


copyright (c)2009-2018
Linen Orita All rights reserved.

絵本
最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード