7/6 FRI

雨雨雨。近畿各地の川、氾濫水域を越えていると、ニュースは伝え続ける。
息子は今日小児科再受診を指定されていたので、朝一で受診。のどの赤みも消え、無事、登校許可おりる。小児科と小学校の真ん中くらいに幼稚園があるので、まず娘を登園させ、それから小学校へ送る。遅刻していくのは初めてなので、2時間目の教室まで付きそう。わたしはこどもの頃、遅れてきて教室に入ると、みなの目がいっせいにこちらをむくのが苦手だったが、息子はそういう人の目を全然気にしないので、臆することなく入っていった。 ようやく帰宅、ほっと一息といきたいところだが、洗濯、洗い物などして、ほんとにわずかな時間だけ、制作。今日は文章を書くのではなく、アイディアを練る作業。タイトルだけは前からくっきりしている。
12時過ぎに、また小学校へ息子を迎えにゆく。建前では「病み上がりなので無理させたくなくて給食前にお迎え」だけど、実際は13時から幼稚園に行くため、という理由の方が大きい。急いでおにぎりたべさせ、幼稚園へ。13時終わりの娘引き取って、代わりに息子送り出す。本来ならまた14時にお迎えにいかなくてはいけないところだが、今日は陽太くんもきていたので、香ちゃんが一緒に連れて帰ってきてくれた。少し前まで、息子と陽太くんふたりで遊んでいるイメージだったのに、いつのまにか妹たちがぞくぞく増え(合計3人)、今や女の子優勢。5人でにぎやかに遊ぶ。1歳半の美郷ちゃん、去年はまだ生まれたてだったのに、もう歩いている。
夕飯も一緒に食べることに。近所のお店のお弁当を利用。お店から500m以内で3000円以上買うと、家まで届けてくれる。スーパーで買うより優しい味なので、また利用したい。

7/5 THU

雨がふりつづく。南風が強い。リビングの窓が南向きなので、あけると肌寒いくらいの風が吹き込んでくるけど、と同時に雨もふりこむので、少ししかあけられない。明け方はどしゃぶりだった。
朝、娘を幼稚園に送る頃は小降りに。息子は引き続き溶連菌で学校お休み。熱などはぜんぜんないが、指の皮がうすくむけはじめたようだ(溶連菌特有の症状)。
午前中は娘がいないので、わたしと息子、それぞれにやりたいことを集中してやる。息子はビアトリクス・ポター最終巻『こぶたのロビンソンのおはなし』を読んでいて、ちょこちょこ知らない単語をきいてきて、それに答えつつ、執筆作業。ずっと書きたいと思ってた話、やっと書くことができた。アイディアはふくらんでいたけど、アウトプットする時間が2ヶ月くらい全然取れなかった。
午後は、息子の小学校の懇談。三者ではなく、わたしと先生だけでよいので、息子は留守番。そのあいだ、ユウマがきてくれることに。が、昨日あんなに懐いていた娘、またリセットされて、怖がって大泣き。なんで?? しかたないから、懇談に同伴。でも、小学校の教室に入るのは初めてで(入学式は実家に置いていったし、参観時は幼稚園だったため)おもしろかったらしく、おとなしくイスにすわっていてくれた。息子について、先生談。ーー言葉をよく知っている。H.Aくん、S.Kくんと仲良し、晴れているときはドッジボール、雨の日は折り紙している。字をゆっくりきれいに書く。しっかり者のようでいて、運動会のかけっこ練習のとき、大勢の中で並ぶ場所がわからなくなって右往左往してる様子が意外(ママにとっては全然意外じゃない…。ぼーーっとして意識がどこかに飛んでることがよくあるから。まあ人のことは言えないが…)など。それから、いまどきはアサガオの鉢を保護者が持って帰ることになっているのだけど、持ち帰ったのを見た息子「どこにあったん?水やりしたくて探しても見つからへんかってん」と…。どおりで、一つだけ蔓も伸びてないし、花も咲いてないわけだ…。
帰宅後は、また娘、ユウマになつきはじめる。わたしも参加して、ウノやらキンダーメモリーやらいろいろ遊ぶ。キンダーメモリー(絵の神経衰弱)は、3歳の娘、めっぽう強い。息子がピアノで「目つぶってもジングルベル弾けるで」と弾くと、それに対抗した娘、「目つぶってもクッキーたべられる!」とむしゃむしゃ。それから、ユウマとこどもたちで、ペンで紙に何かを書いて「これは何を描いているでしょう?」と当てるゲームをしていたのだけど、娘の番になったとき、一筆書きでぐるぐるぐる。ユウマと息子がたくさん候補をあげたけど、どれもハズレ。もういいや、答え教えて、というと、得意げに、「せいかいは〜、せん!(線)」たしかに、線である。
夕飯は、親子丼、たたききゅうりの浅漬け、お味噌汁、納豆。
雨はふりやむどころかますます強く、この市にも避難勧告が次々と。それを知らせる携帯のアラームに毎回びくっとする。

7/4 WED

台風の影響で、風がごうごう、空気は湿り気を帯びている。
娘は幼稚園ないし、息子は溶連菌なので、アキだけが出社。
溶連菌と言っても、昨夜飲んだ抗生物質がさっそく効き、今朝は平熱、喉の痛みもなし。発疹だけが少し出ていて、あとは元気そのもの。娘は、息子がいてくれた方がヒマがまぎれるらしく、わたしにとっては、娘ひとりを相手にしてるときより、楽。きょうだいが多い方が子育てが楽というのはこういうことね。元気なのに、ずっと家にいなくてはならず、息子は退屈かな?と思ったけど、読書やらピアノやら、なにかと自分でやることを見つけてきて、なかなか充実のインドアライフである。
もう感染力はないとのことだったので、午後、ピアノのレッスンには行くことに。ユウマもついてきた。(代わりに、娘は母と留守番)。ユウマは昔、同じ先生にバイオリンを習っていたのだ。玄関をあけたとき「あ〜、この匂いなつかしい」と言っていた。お花のような、ポプリのような、甘い匂い。息子の記憶にも沁みこんでゆくのかも。
ところで、娘はどういうわけか、ユウマのことを嫌がっている。帰ってくるまでは楽しみにしていたし、今回最初に会ったときも大丈夫だったのに、なぜか何度目かの対面から泣きだした。でもこれといった理由は思い当たらないし、きっと何かの思いこみ、しかも彼女は切り替えが早いので、ひとつきっかけがあれば、また好きになってくれるだろう、と考え、「ユウマくんと一緒に、うちですごろくしようよ」と誘ってみる。最初はこわごわだったけど、遊んでくれる人、という認識がぱっと復活したとたん、本当にスイッチをカチッと入れたような切り替えぶり、はじけるような笑顔で「ユウマくん、ユウマくん」とくっついていた。
夕飯は、ベーコンと緑の野菜(アスパラ/ほうれんそう/ズッキーニ)のグラタン。パスタはゆうまのイタリアみやげの、車輪のかたちをしたショートパスタ「ルオーテ」。Ruoteと書いてあるのをみて、あ、これ、英語の「rotate」とか「rotation」とかと同じ語源だろうな、と思って調べたらやっぱりそうだった。(ラテン語の「rotare」)。

7/3 TUE

早朝3時から、日本VSベルギーキックオフ。眠いし起きるつもりなかったけど、なぜか夜、アイスコーヒーをがぶ飲みしてしまい、トイレに行きたくなって4時ごろ起きる。すると1-0で勝っていた。いいぞいいぞ、と思いつつまた寝る。そして5時すぎに息子のうなされる声で起きたときは、2-3で負けていた。これは、生で見ていた人たちはそうとう悔しかっただろう…。
息子は「のどが痛い」という、同時に発熱。あまり風邪をひかない子なのでめずらしいな、と思いつつ、他に症状なかったので、とりあえず学校は休ませて、家で様子を見る。娘は、午前中だけ幼稚園。
夕方、1階のLちゃんが連絡帳を届けてくれる。なにげなく「ほけんだより」を見たら、「溶連菌が少し流行っています」とのこと。そこではっとする。今日の息子、咳も鼻水もなく、そして喉の痛みと熱が一度にきていた。風邪っぽくないなあ〜という疑念がさっと晴れ、「絶対、溶連菌だ!」と確信。夕飯を急いで食べさせ、かかりつけの午後診の最後に滑り込む。検査の結果、やっぱり溶連菌。抗生物質をもらった。これは最後まで飲みきることが大切だそう。実際、知り合いの知り合いで、薬をちゃんと飲まなかったせいで、(溶連菌のせいで)腎臓に異常をきたして入院したという人がいる。薬を飲めば、明日には症状はおさまり、感染力も無くなるだろうとのこと。でも家族間でうつしあう可能性があるので、学校は明日、あさっては休んで、金曜午前にまた診察にきてくださいとのこと。
急いで食べた夕飯は、さばみりん、茹でたとうもろこし、お味噌汁(昨日の冷しゃぶの茹で汁を取っておいて、そこにダシを足した。具は、キャベツ/ナス/にんじん/豆腐)、納豆、キムチ。
ベランダのゴーヤとミニトマト、それぞれ黄色い花をつけはじめた。と言っても植えたのが遅いので、ちゃんと身がなるかはまだわからない。ミニトマトは種から蒔いた(息子のZ会の)のだけど、あんな小さな粒からぐんぐんと伸びてゆくのはふしぎだ。種っていのちを宿しているんだな、と当たり前のことを当たり前じゃなく思う。

7/2 MON

セミのなく朝。
娘を遊びにつれていってあげたいけど、午後息子のプールで送迎ふくめ14:30〜17:00まで家をあけることを考えると午前中のうちに買い物やらなんやらすませておかなくてはいけない。フレストに買い物にいったら、娘の同級生とママ2組に会った。うち一人Sちゃんのママは「今さっき公立幼稚園のプール開放にいっててん〜」と。Sちゃんは今のところ一人っ子。ああ、息子が一人っ子だったときは、たしかにそうやって、朝から色々連れてってたなあ…と思う。きょうだいがいると、そのどちらにも多少なりとも負担がかかるのは仕方ないのね。そのぶん、家の中に遊び相手がいるという、恩恵も受けるわけだ。
午後、いつものように、自転車で校門まで迎えに行こうとしたら、遠くから雷鳴が。こりゃ、夕立くるかも、というわけで、車に乗り換える。いつも、プールでの待ち時間を利用して娘と自転車でドラッグストアなどに買い物にいくのだけど、今日は自転車ないので、歩き。しかも雨がぽつぽつしてきている。松村さんやみゆきさんがそばにいたので、娘は安心なのか、「ここにおる〜」。松村さんには、娘が生まれた直後から1歳になるくらいまで、母の会ではいつも抱っこしてもらっていたっけ。ふたりも「行ってきていいよー」と言ってくれたので、お言葉に甘えて、外へ。ふってわいたようなひとりの時間。15分くらいだったけど、つかのまのフレッシュエアを楽しむ。フレッシュというのは、物理的な意味だけでなく、精神的なフレッシュさ。
帰り道は予想どおり、雷雨。車をとめた実家でしばらく待機して、小雨になってから帰った。その後、わたしひとりでクリーニング屋に向かっていたら、一瞬、はっ となった。何年か前にユニクロで売っていたドラえもんの服を着て、駐車場から出てきた小さな男の子。数年前、息子が同じのを着ていたので、見間違えたのだ。そして、今小さなあの子がここにいたら、あのときより100倍くらい可愛がれるのに、と思う。あのときはあのときで精一杯やってはいたけれど、いかんせん一人目で余裕がなかった…。とはいえ、息子もまだ7歳。今日の彼も可愛いし、それを目に見えるかたちで伝え続けようと思う。
夕飯は、冷しゃぶサラダ(キャベツ/ブロッコリー/アスパラ/にんじん/トマト/ブロッコリースプラウト)、お味噌汁残り。冷しゃぶはゆでるとき、小麦粉をつけすぎた。
プロフィール

織田 りねん(おりた りねん)

Author:織田 りねん(おりた りねん)
contact:
lingolinen@gmail.com


copyright (c)2009-2018
Linen Orita All rights reserved.

絵本
最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード