7/22 SAT

朝起きたら8時前。いつも子どもたち早起きするのに、今日に限ってみな遅かった。あわてて準備して、合気道へ。スイミングよりもさらに固定したメンバー(先生、保護者ふくめ)なので、子どもの成長を一緒に見守っていただいてる感じがして、行くだけでわたしもほっとする。
帰宅、そのまま子どもたち実家で昼ごはん。母がスタバのギフト券があるというので、車をとめられる店に行き、わたしと母はそこでサンドイッチなど食べ、子どもたちはジュース。たまたま米口さんとKちゃんがいて、注文するあいだ、子どもたち見ててもらえた。その店舗は初めて行ったけど、ひろびろしてて、なかなかいい感じだった。母が市民オケの練習があるというのでエスポアールへ送っていく。ついでにそのまま子どもたちも遊ばせる。息子は最初跳び箱の練習などしていたけど、飽きてきて、ぐだぐだになりそうだったところへ助け舟。同じく小さな妹ちゃんがいて、ママがもてあまし気味の1年生の男の子(リクトくんという)と意気投合し、一緒にサッカーゲーム(手でがちゃがちゃ動かすやつ)をやりはじめた。一時間くらいずっと楽しそうに遊んでいた。こういう光景を見るたび、ママが一番の遊び相手という時期は終わったと実感する。なのに自分で外に行って自由に遊べないこの現代都市の不自由さ。来年になれば一年生なので、多少は状況が変わることを期待。
15時から「ルームプレートづくり」という工作があった。2ヶ月前から予約が始まっていて当然もういっぱいだったけど、キャンセルが出て、息子も参加できた。用意された木切れに、飾りのテープを貼ったり、グルーガンでボタンや貝をつけたり。ボランティアのおじいさんたちが数人いて、手助けしてくださるのはありがたいのだが、子どもたちがせっかく自分の頭でデザインを考えて作っているのに「これだけだとさびしすぎるから、もっともっと貝を貼ったほうがいい」などと勝手に決めて自案を押しつける人には閉口した。最後、子どもにアンケートが配られる。質問1「今日は楽しかったですか?」とても楽しかった〜全然楽しくなかったまで6段階くらいある。息子の答え「ふつう」。質問2「説明はわかりやすかったですか?」「わかりにくかった」。正直…。
帰り、ティコラッテギフトに寄り、ジェラートを食べて帰る。息子が「おなかすいてるから一個食べられる」というので、見ていたら、マンゴーとチョコの二種盛りの大きいのを本当に一人で食べたので、「わあ、もうこんなの食べきれるようになったんだ…」としみじみした。チョコのおいしさもわかってきたみたい。
夕方、アキが東京からもどる。東京の同期の友達(ほぼ全員その会社やめてるけど)と会っていろんな話ができたようで、充実した顔をしていた。
夕飯は、冷やし中華、昨日の残りの手羽元やかぼちゃベーコンなど。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2385-55609cc8
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード