7/17 MON

祝日。
朝、父から電話。父のお姉さん(わたしたちは「東北のおばちゃん」と呼んでいた)が癌のため、亡くなった。先月に「あと一ヶ月もたないかも」ときいていた。それに、距離が遠いこともあり、普段会うことはない。それでも、父の電話を切ったあと、さびしさが胸にせまってきた。子どもの頃は、うちに留守番にきてくれたり、わたしたちが福島まで遊びに行ったこともあった。そういう個人的な思い出、それ+父のきょうだい(父合わせて四人)はこれまでみんな健在だったので、それが欠けてしまうさびしさもある気がする。欠けるという言い方がふさわしくないならば、先に還ってしまうさびしさ。さっき気づいたのだが、わたしは父のきょうだいに色のイメージをもっていた。あつこのおばちゃんは赤、東北のおばちゃんはももいろ、充寛おっちゃんは青。父は、うーん、家族なので一色ではなく多面的な色が見えるけど、最初に浮かんだのは緑かな。その、ももいろが、天に昇った。それから、おばちゃんの声も印象的。白い陶器みたいにすべすべして、上品な声。父と母、いとこが今夜福島へ向かう。おばちゃんはクリスチャンなので、牧師さんがきてお別れの会だけするそうだ。午前中は、その飛行機や宿の手配をわたしとアキで手伝った。おばちゃん、どうぞ安らかに。
午後は、香ちゃんたちと待ち合わせて、高槻現代劇場に『11ぴきのねこ』の人形劇を見に行く。毎年やってるそうで、今年は『へんなねこ』。初めて行ったけど、広くてきれいな劇場。出てくる猫たちは可愛いし、美術的なセンスがとてもよくて、一場面一場面がカラフル。それに、あの広さで、一糸乱れず11匹(今回は+1匹)を動かすには、そうとう練習が必要だろうと思われる。ただ、あの絵本を人形劇にするのは、ちょっと無理があるな、というのが正直な感想。11匹シリーズの絵本の魅力は、あの展開の早さ。無駄なことばがストイックなほどに刈り込まれて、飛躍ともよべるようなページ展開がくりひろげられる。それを、原作の流れを忠実に守って一時間強の劇に仕立てようとすれば、ひとつひとつの場面をどうにか伸ばすしかない。その間延び感が、どうしても否めなかった。そういえば、クリスマスに教会で『そらまめくんのベッド』をみたときも、同じような感想をもった。絵本をつくるとき、作者は、1ページ1ページ(めくるタイミングも)とことん考える。それをそのまま人形劇にするのは、やはり安易と言わざるを得ない。人形劇には人形劇用の脚本をきちんと選ぶかつくるかする必要がある。息子は「楽しかった」と言っていたので、よかったけど。
夜は、広島風(といったら広島のひとに怒られるそうだが)お好み焼きにチャレンジしてみる。クックパッドでホットプレートで焼けるレシピを検索して。生地を広げ、キャベツ、もやし、天かす、ネギ、豚バラを重ねてひっくり返し、となりで焼きそばを焼いて乗せ、たまごを焼いて乗せ、ひっくりかえす。途中バラバラっとなることもあったけど、どうにかつくろい、それらしきものが美味しくできました。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2380-3d8bde7c
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード