4/5 WED

朝は晴れ。昼頃にかけてくもるけど、気温は高いまま。
朝9時ごろ家を出ると、同じ階の男の子がぴかぴかの制服を着て出てきた。パパとママはスーツ。今日は小学校の入学式だ。さくらは半分以上咲いて、青空であたたかく、最高の入学式日和。来年はどうかな?
マンションの前でとよみ号にひろってもらい、くろんど園地へ。先日行った生駒のまゆみちゃんちへ向かう細いくねくね山道の途中から散策できる。とよみさんはこのあたりの里山のことを驚くくらいよくご存知である。幼いアキと弟くんを連れて、毎週末のように、山へ遊びに連れてっていたからだそう。息子は最初あまり気が乗らない感じだったが、途中でツクシやらノビルやらが見つかると、急にテンションがあがって、夢中で採りはじめた。ベビーカーを押せる道だったので、娘は乗せて行ったのだけど、「あうく〜」といって、たんぽぽなどつみながらかなり歩いた。娘はほんとにどこでも楽しそう。きれいなよもぎもたくさん生えていて、とよみさんは「草餅できるかなあ」息子は「天ぷらにする(←するのはママですが…)」と言いながらつむ。他にぜんぜん人もいないので、採りほうだい。そうして道草しながら歩いたので、広場に着く頃にはおなかぺこぺこ。とよみさんがお弁当を作ってきてくださった。娘は鶏肉のさっぱり煮とりんごばかり食べていた。その広場には、ミズバショウとショウジョウバカマも生えていて、ハイキング姿のおじさんおばさんたちがひっきりなしにカメラをもって訪れる。息子「あの人たち、遠足?」そのとなりには、可憐なカタクリの花が。朝は晴れていたので、花びらをちゃんと上向きにひらかせていた。2014年に交野ロータリークラブ提供で球根をいっぱい植えたそう。大阪で群生を見られるのはめずらしいみたい。そこからまた歩いて戻る体力は子どもたちにはなさそうだ、ということで、とよみさんが一人で来た道をもどり、車を近くの駐車場までもってきてくださることに。待ってるあいだ、娘はベビーカーで眠ってしまった。そのベビーカーおしながら散策していると、シジュウカラのツーピーという鳴き声が。木の上に、二羽連れ立っているのが見えた。帰って図鑑でたしかめよう、と息子と話す。帰りの車で、息子も寝落ち。
マンションに着くと、ふたりとも起きた。少しおやつを食べ、またお花見がてら三ツ池へ。コミセン図書館で本を貸し借りし、実家へ。杏子もいた。息子に「つんだからにはハカマとってや」とツクシの束を手渡し、わたしはスーパーへ買い出し。ひとりでスーパーにいくと、駐輪場からスーパーまでの道のりってこんな一瞬やったっけ?と思う。ハカマは結局、母がメインでとってくれていた。
夕飯は、キャベツ/にんじん/ブロッコリー/豚バラの大根おろし蒸し、ほうれん草ごまあえ、ツクシのたまごとじ、お味噌汁(ツクシも少し入れた)、ノビルとよもぎの天ぷら。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2277-873e7165
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード