3/20 MON

3連休最終日。晴れてあたたかい。暖房はいらないくらい。
朝、室池に行こうかという話だったけど、変更して、交野の星のブランコへ。途中までベビーカーを押していき、急勾配の階段のところからは、アキが娘を抱っこしていった。ずっと抱っこされてるわけではなく、けっこう自分で歩いたりのぼったりも。吊橋のところでお弁当。吊橋は、まんなかに行けば行くほどゆれる。アキや子どもたちはどんどんわたるけど、わたしは高所恐怖症なので、めっちゃ怖いうえ、揺れでだんだん気分がわるくなって、半分あたりで折り返した。息子は「つかれた~つかれた~」と文句を言いながらのぼっていたけど、帰り、先頭に立たせてみたら、すごい勢いでおりていった。誰かが前にいて、それについていこうとするよりも、自分が先頭にたったほうが、気持ちも楽だし、速度がはやくなるのはわかる気がする。実際息子はまったく疲れておらず、行きも帰りも、入り口のボルダリングの子供用体験スペースでかなり長時間遊んでいた。しかも上手にひょいひょいとのぼっていて、すごく気に入った様子。横には本格的なクライミングウォール、そして、その横の岸壁に向けて、三脚にセットしたでっかい望遠カメラを向ける人たちがたくさん。何を撮ってるのかな?とおもったら、「はやぶさ」だそう。へえ、そんなのがここにいるんだ。
いったん帰宅。アキは朝、自分で作っていた本棚にニスを塗る。それからまた、「プール行きたい!」とさわぐ息子(←やっぱりぜんぜんつかれてない)を連れて、高槻の市民プールへ出かけて行った。市民プールに行ったのは久しぶりで、息子の成長ぶりにおどろいていたみたい。プールの底にカギを落として取る、というゲームを3,4歳のときからやってるけど、浅い子ども用ではなく、深めのプールでもためらいなくもぐり、すごい勢いで取るそうだ。それから、アキを亀にみたてて乗っかって遊ぶ「うらしまたろう」ごっこというのを、息子が考えたらしい。「うらしまたろう」といえば、最近いろんなバージョンの絵本を借りてたのだけど、結末がぜんぜんちがうのがおもしろかった。よくある白髪のおじいさんになってしまうパターンや、鶴になって、亀の姿の乙姫と鶴亀万年仲良く暮らしました、なんてのも。たまてばこも、あけずにいればまた乙姫に会える切符になっている、という設定のものもわりとあった。じゃないと、なんでくれるのかわからないもんな。
娘が昼寝してるあいだに、わたしはトイレと洗面所を掃除。そしたら母がきて、焼き芋(安納芋)を置いていった。娘が起きたので、スーパーで買い出し、アキの誕生日リクエストのグラタンをつくる。
子どもたちもグラタン大好きなので、大きなラザニア皿いっぱい作ったけど、あっというまになくなってしまった。
娘はもう2語文、3語文あたりまえで、ふつうに会話できるようになってきた。何かを拒否するときは、「いや」ではなく「だえだえ(だめだめ)」。いただきますは「いっきあっきやーす!」

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2261-184447ac
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード