3/16 THU

今日も寒い。日が出ると暖かいのは昨日と同じ。天気予報の「春が足踏みしている」という表現をきくと、擬人化された春がとんとんと足踏みしている様子が浮かんでしまう。桜の木のうしろあたりで。
午前は、息子の散髪に。「とうちゃんみたいにしたい」というので、ツーブロックに。カットは10分で終了。なかなかいい感じ。しかしこの髪型、たーちゃんの息子の中学校では禁止されているらしい。なんで??別に不潔でもないし、色を変えてるわけでもないし(染めるのがダメな理由もわからないけど。大人だって白髪染めするんだし)、なぜなのかがまったくわからない。この先子どもたちが小中学校にあがっていくと、そういう理不尽なルールにぶちあたることが目に見えている。耐えられるか心配だ…子どもではなく、わたしが…。
午後はプール。
夕飯は、ロールじゃないキャベツ、ししゃも、小松菜と卵のお味噌汁。ひき肉/トマトソースといういかにも子どもが好きそうなメニューだったのに、息子も娘もししゃもの方を喜んでたべた。(娘のは、骨をのどにつまらせかけたので、骨はとってあげた)
髪を切った息子のあたまの感じが父ちゃんとそっくりだ〜という話の流れから、アキが「(息子の)目はママの目と似てるね」と言った。すると、息子「でもちがうところもあるで。ママの白い目は(自分のみたいに)黒くない」と。その言い方は、なんだかむしろ得意な感じだった。最近、ハリーポッター少しずつ読んでいる。(わたしが音読して)やっと2章目に入り、ハリーの額の傷の話が出てきた。ハリーは自分の外見で、その傷だけを気に入っている、という描写。そこでさりげなく、「○○くんも、自分のその目、気に入ってるん?」ときいてみると、「うん!」とのこと。息子も成長する分、まわりの子も大きくなり、目のことを指摘される機会もふえてきた。この前、キッザニアでも「それ、どうしたん?」ときかれていた。すると、まったく卑屈な様子もなく、「もともとやねん」と答えている。するときいた方も「ふ〜ん」でおわり。もちろん彼の人生はまだ始まったばかりだし、これから先そのことで悩むこともあるかもしれないけれど、今現在の彼が、自分をしっかりと肯定できているということは、歩む道の丈夫な礎になると思う。
夜、子どもたちが寝たあとは、ちえちひろと絵本についてスカイプ会議。去年つくった本とか、これから作ろうとしてる本についていろいろ話せた。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2257-919a9d21
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード