3/4 SAT

朝から合気道へ。2月はいろいろあってほとんど連れていけてなかったので、ひさしぶり。あいかわらず、道場脇でみてる娘のテンションが高い。兄といっしょにやりたいけど、やっぱりどうしようかな〜というそぶりも見える。そういえば、彼女に「どっちがいい?」というような質問をすると、まず「どうしょっかなー」というセリフをいう。これはたぶんわたしの真似。練習後、K先生が新聞紙につつんだ焼きいもをおみやげにくださる。となりのママが「K先生の焼きいもはおいしいからな〜」とつぶやいておられたので、「あんなにたくさん(数十本)、どこで焼いてるんですかね?お庭かな?」とたずねると、「ああ、先生は焼きいも屋さんだから」との答え。なんでも、昔はフルタイムの焼きいも屋さんで(でも夏はどうしてたのかな?わらびもちとか?)、今は、行政書士のお仕事をしながら冬場の週に何度かは焼きいも屋さんだそう。行政書士兼焼きいも屋さん、そして週末は合気道の先生!かっこよすぎ。焼きいもは、おいしかった。うちのオーブンでじわじわ焼いたのも、かなりいい線いってると思うけど、やっぱりプロの石焼きいもにはかなわない。なにより、香ばしいような少しこげたようなあのにおいは、オーブンでは出せない。
午後、息子とアキは『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を見にいく。今日から公開、前売り親子ペア券を買ってあった。そのあいだ、娘は昼寝。わたしはちえちひろ(+木子ちゃん)とスカイプで絵本会議。マークが作ったというハンバーガーを見せてもらったら、ポートベローマッシュルームの代わりにしいたけ、ピクルスのかわりにあざやかな黄色いタクアンがはさんであった。意図せず、ビビッドであたらしいハンバーガーの誕生だ。
夜は息子のリクエストに答えてたこ焼きを焼く。たこ焼きパーティはちょくちょくするけど、こうして夕飯をたこ焼きにしたのは初めてかも。中身は、タコ、チキンナゲット、ねぎ、たまねぎ、枝豆、ブロッコリー、天かす。野菜も強引につめこめば、夕飯としての完成度もあがるので、いいかもしれない。焼いてくれたのはアキ。母直伝のコツ「水分量をたこ焼き粉の裏にかいてあるのより倍くらい入れる」ことにより、外カリカリ中とろとろに仕上がる。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2244-d219e0be
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード