2/18 SAT

朝3時に起き、最後の荷物チェック、おにぎり水筒など準備、子どもたち着替えさせて、予定通り4時に出発。目指すは福井県勝山市のスキージャム勝山。
一時間くらいでアキと運転交代。途中から左右に除雪した形跡が見えはじめ、山岳道では道路脇は、山盛りの雪。でも、道はきれいに除雪されていて、凍ることもなかった。スタッドレスではなく、いざというときはチェーンを巻かなくてはいけなかったが、今日は幸運にもその必要はなかった。しらじらと夜があけてくると、雪をかぶった山が目の前にあらわれる。わたしも一時間くらい走って、またアキと交代。合計3時間くらいで着いた。
コンビニで朝ごはんを調達。最近うちの近くではカレーまんを見ないのだけど、ここにはあったので買ってみた。スキー場について、まずアキが息子のスキー教室の申し込みにいく。一時間半のレッスンを2ターム。わたしと娘は、キッズの雪遊び場でソリ遊び。実はわたしも、ちゃんとソリですべるのは初めて。かなりスピードが出て、靴で雪がけずれてぶわわわと舞い上がる。楽しい!娘は怖がることなく、何度も雪の上のエスカレーター(登る歩道)にいっしょに乗ってはすべった。スキー教室もすぐそばにあるので、横目でちらちら息子を見ながら。先生たちは若い子からおじいちゃんまでいろいろだけど、みんな教えるのが上手みたいで、あっというまにしゅーっとすべれるようになっている。天気は最高、まぶしく晴れて足元の雪も遠くの山々の頂も、キラキラひかっている。あたたかい、というか動くと暑いくらいで、息子は予想通り、1ターム終わった時点でヒートテックを脱いだ。
途中、娘が眠がり出したので、車まで抱っこひもを取りに行き、寝かせる。寝た後は、車のチャイルドシートに。その間、アキは学生以来というスキーを楽しんでいた。
娘が自分ですべれるようになったら、わたしもすべりたいなぁ。でも、まずレッスンを受けるところからになると思うけど…。
お昼は、クレープとかたこ焼きとか。午後、アキはバテ気味だったけど、子どもたちとわたしは元気。わたしも早起きしてるので疲れててもおかしくない状況だったけど、雪景色にかこまれていると、心がみたされて、最高の気分だった。夏の海もいいけど、ここまで澄み渡った気分にはならない。やっぱりわたしは夏より冬、南の島より雪国が好きなんだ、と再確認。スキーを終えた息子とそり遊びしたり、雪玉をつくるグッズ(でっかいアイスクリームすくいみたいなの)買って遊んだり。
15時過ぎにぼちぼち撤収。スキー場に併設のホテルに泊まってみたかったけど、人気なのでもちろん満室。「スキー場の近く」というだけでも、(いっぱいで)あまり選択肢はなかった。残ってたのは古き良きタイプの旅館。着いてみると、たしかに古い。でも、宿の人はすごく感じがよかったし、清潔だし、ごはんが美味しかった。川魚のあまごをふんだんに使ったお料理。昔ながらの大広間での食事(それぞれのグループごとにテーブルはかためてあるけど)は、めずらしくうつっただろうな。
夜は、全員くたくたで20:30に就寝。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2231-a3773e2e
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード