2/1 WED

寒い日はつづく。
園に送ったあと、駅前の酒屋さんに酒粕買いに。去年そこで醸造アルコールが入ってないのが売ってたのできいてみるも、「今年は『カンブリア宮殿』と『あさイチ』で特集されたせいで、蔵元からすべて出払ってしまって手に入らなかった」とのこと。テレビのパワーはすごいなぁ…。なので、置いてある中からおすすめのものを買う。ついでにおとなりの日の出餅で、焼き餅を買う。なにかのついでくらいでしか買わないけど、おいしいんだよねえ。
水曜なので午前保育。ごはんのあと、子どもたちと郵便局、図書館、公園へ。逆上がり、できてるっちゃできてるけど、なんだか腕を変なふうに乗せて独自なやりかたをしている息子である。ド派手にこけて血がだらだらの小学生の女の子(はるかちゃん、というらしい)がいたので、バンドエイドをあげた。その子は、お友達に足を洗ってもらい、ティッシュでふいてもらい、バンドエイドを貼ったあと、帰る様子もなく、そのままあそびつづける。そしたらいくつか年上のお姉ちゃんが通りかかったので、まわりのお友達が「はるかちゃん、こけてけがしたんです!!」と取り囲む。お姉ちゃんは悠々と妹にもとに歩いてきて、ぶっきらぼうな感じでチョコ棒をさしだす。妹は素直に受け取って食べていた。
昨日色紙に色づけしていて、楽しかったけど寝不足。そのせいか、なんだかイライラすることが多い。自分ではふつうにしてるはずなのに、ただ睡眠が足りてないというだけで怒りっぽくなるなんて、人のからだはうそがつけない。そのとばっちりを受けるのはだいたい息子で、夜寝る段になって「申し訳なかったな〜…」と思い、「今日ママ怒ってばっかやったなあ」みたいな話をすると、息子は「そんなことない、ママはいつもやさしいで」と言ってくれて、ますます反省…。でも、わたしにもおぼえがある。だいたい子育て世代のママというのは髪ふりみだして怒りまくってるのがふつうだとおもうのだけど、うちの母も例にもれずそうであった。それでも、親戚とかに「あんたのお母さんはこわいなあ」などと冗談めかしてでも言われると、心の中では「そんなことない!」と必死で母をかばっていた。そういうことから察するに、どんな虐待をされている子どもも(わたしも母も決して「虐待」はしてませんが…)どうにか心のやりくりをつけて、母のことは好きでいると思われる。まあ、大人になるにつれて、「親」という幻想がすこしずつうすれて、「人間」としてのすがたが見えてくるのだけど。
夕飯は、筑前煮風の煮物(とりももにく/かぶ/にんじん/さといも/れんこん/冷凍の揚げナス)、アボカドのオムレツ、千切りキャベツの塩炒め、納豆。
夜じゅりから「ムラ(←わたしの昔のあだ名)の結婚式っていつやったっけ?2009年?」とメールがくる。「2008。なんで?」と返すと、「いや、失業してハローワーク行ってたのいつやったかなぁと思って」と。そんな思い出と重ねられているわけである。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2214-16200b55
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード