1/31 TUE

きりりと晴れ。でも、寒い。
おなかの調子は元にもどった。今月わたしは二回おなかをこわしたわけだけど、おかげで、いつもの2倍くらい食べないと満足できない授乳仕様だった胃の大きさも、元にもどった。なにかの調整がはたらいていたのかもしれない。
幼稚園に送ったあと、枚方の皮膚科へ。待合室で、われわれの順番がきて、わたしと娘の名前が連続して呼ばれた。すると、前にいたおばさんがくるっとすごい勢いでこっちをふりむき、じっと見つめられてしまった。なんでやろう…と思っていたら、次そのおばさんが呼ばれて判明。彼女も「オリタ」さんであった。漢字も「織田」。しかも、この前ここの受付のお姉さんに、「あっ、私も旧姓『織田』なんですよー。島根出身で、その集落にはたくさん織田がいるんです」と言われた。オリタが集まる皮膚科である。
今日の夜、東京にもどるというゆうま。東京で1ヶ月すごして、2月末にイタリアに帰るらしい。息子は「さいごだから遊びたい」といって、園庭で遊んだあと、実家に直行。しばらくそっちで遊び、マンションにもどってきて、また遊ぶ。別れ際、自分も「東京とイタリアについていきたい」と言った。それは、さびしさをどう表現していいかわからなかったからのセリフだったようだ。ゆうまがドアをしめて、去ったあと、涙目になっていたので、「泣いてもいいねんで」と声をかけると、わあっと泣き出した。アキがドイツに2週間出張に行く、みたいなタイミングではそんなふうに泣かないので、「次いつ会えるかわからない」ということがよくわかっているんだと思う。そして、そういうさみしさというのは、本当にすばらしいものなんだよ、ということも伝える。それだけその人のことが大好きで、楽しかった思い出がたくさんあるから、さみしさもまた大きくなるんだよ、と。そしてその楽しさもさみしさも、君の人生をカラフルに彩ってくれるよ。
夕飯は、タラのホイル包み焼き。重ねた順番は、キャベツ→エノキ→ピーマン→にんじん→タラ→塩→ゆずの輪切り→バター少々。食べるときはポン酢をかけて。あとはセロリのきんぴら、ポテトサラダとお味噌汁はのこりもの。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2213-ab78dd42
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード