1/8 SUN

朝から雨。
子どもたちを実家にあずけ、アキとふたりでイオンシネマへ。遅ればせながら『君の名で』を見に。ついてきたいというなら息子も連れてくつもりだったけど、「きょうみないから、ゆうゆんちにおる」とのこと。とういわけで、夫婦ふたりで動くめずらしい日に。あまりにそういう機会がないため、ふたりしてあまりの楽さに戸惑ってしまう。駐車場で「とびだしたらあかん」の連呼は必要ないし、「じゆんで!」というよちよち歩きの子の主張を聞き届ける必要もない。チケットを買う、飲み物を買う、トイレに行く、しずかに待つ、というすべてがまるでスケートのようにすーーっとなめらかに行えてしまう。いつもは、でこぼこ道をどうにか転ばないように立ち止まったりしながら進んでいて、そっちのペースになれてるので、「なんか変〜」とふたりで笑いながら何度も言い合う。映画の筋は、いろんなところから入ってくる前情報(たとえば、主題歌の歌詞とか)ですこし期待しすぎたフシがあった。というか実は、2014年に書いた自分の小説と、設定が半分くらいかぶっていた。つまり、まあいってみればわりとかんたんに思いつくようなありふれた設定だということ。なので、ストーリーに関しては、「もうすこしこうだったらいいのに。自分だったらこうする」という不満がすこし残った。が、世界観というか、風景描写は美しいの一言に尽きた。田舎の町と東京が出てくるわけだけど、とくに東京の描きかた!住んでる人なら誰でも目にしたことがある景色をあんなふうに素敵に掬いとれる監督の感性に感動した。見終わったあと、しばらくあの世界の余韻から抜けられなかったくらい。息子を連れてこなくてよかった…。
午後は、美容院にカットに。前回担当してもらった人が気に入っていたので、今回ももちろんその人がやってくれるのだろう、と思っていたら別の人でガッカリ。なぜか初対面なのにタメぐちで上からしゃべってくるおじさん。別にタメぐちなのはどうでもいいのだが、なれなれしすぎてめんどうくさいので、ひたすら本を読んでいた。カットのうではそんなにわるくなかったけど。
夕飯は、実家で豆乳鍋。わたしと母で手分けして、タラの下処理(砂糖でくさみぬき、片栗粉まぶして湯引き)をしたら、何もしないよりかはばつぐんにおいしかった。杏子もヒロもいたので、子どもたちはたくさん遊んでもらえてうれしそうだった。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2190-723eeb83
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード