1/4 WED

アキは今日までがお正月やすみ。わたしが洗濯などしているあいだ、子どもたち連れて、ビバの裏のロングすべり台がある公園へ行ってくれる。わたしたちの世代でも(男にせよ女にせよ)みんながみんな子どもと遊ぶのが得意だったり好きだったりするわけではないので、子どもが好き、かつ子どもと遊ぶのがとても上手な人と結婚できてラッキーだなぁと思う。たぶん10人くらい産んでも平気で遊んでくれるのではないだろうか。産まないけど。
お昼は家で、厚あげ丼など作る。アキのドイツみやげのパウチに入ったソーセージとザワークラウトも、思い出したようにあけてみたけど、そんなにおいしくはなかった。 午後は、杏子もきて、いっしょに駅前へ。わたしはスーパー買い出し、のこりのメンバーはTSUTAYAでDVDを借りていた。お正月とは思えないようなあたたかな昼下がりだったので、家の前の公園で遊ぶ。そのあと、『ズートピア』をみんなで観る。わたしはキッチンで料理しながらみたけど、けっこうおもしろかった。もともとある動物のイメージをうまくいかしたキャラクター設定。きつねの一般的なイメージとして「ずるがしこい」というのがあるけれど、それは欧米でもアジアでも共通しているので、きっとほんとうにそういう面があるのかもな。
夕飯は、息子のリクエストで「スパゲッティミートボール」。『ジャムつきパンとフランシス』を昨夜読んだ影響。日記をチェックしてみると、1年半くらい前にも、同様の理由で作っている。そのときとはまた違うレシピをためしてみたくて調べたら、ルパンの『カリオストロの城』にも出てくるらしく、それを再現しようとしたレシピにたどりついた。以下、おぼえがき。あいびき肉、パルミジャーノ、パン粉、ドライパセリ、にんにく、ベーコン、卵など、と書いてあったので、それに玉ねぎも足した。ふつうのミートボールにくらべて「ベーコン」と「パルミジャーノ」がポイントかと思われる。パルミジャーノはブロックのは高いので、おつまみ用に売ってるフレーク状のを買った。その材料でミートボールを作ってオリーブオイルで焼く。トマト缶(いつもお世話になってる、カゴメのやつ)とローリエと少量の水を入れて、塩と少しのナンプラーで味をととのえる。ソースとスパゲッティを鍋でからめようとするとやわらかいミートボールがくずれてしまいそうだったので、お皿に直接盛った。これが、すっごく美味しかった。うちの定番レシピ決定。
宵の明星がきれいに見えている。この前は、月のまとなりにあってもなお、負けないくらいの輝きだった。それを見た息子「ほんもののお星さまみたいに(五角形に)みえる!」

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2186-3845d697
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード