10/31 MON

さむくなると、子どもはよく眠る。あ、大人もか。今日の娘は2時間以上昼寝してくれた。そのあいだに、週末やろうと思っていてできなかった用事をいろいろやる。今期は幼稚園のカメラ係なので、4台のカメラのバックアップをとったり、生協の注文したり、オンラインバンキング(銀行)で振り込みをしたり。
夕飯は、オムレツ(たまねぎ/にんじん/じゃがいも(キタアカリ)/ブロッコリー/しめじ/とりひきにく)、さつまいもときのこ(しめじ/まいたけ/ブラウンマッシュルーム)のポタージュ。ポタージュはたくさんつくったので、実家にも分けた。
娘は日々語彙を獲得している。書ききれないので一部メモ。チュッチュッタ(くつした)、ブオン(ズボン)、プッパ(スーパー)。お風呂で「あったまろうね」というと、自分の頭(あたま)をさして「アター」という。そして、はやばやきました、ピンク好き!まさかこんなに早くくるとは。ピンクのことを「プンプ(ン)」といって、100種類くらいある色鉛筆の中からわざわざえらびだしてもってきたり、チェーンリングのピンクをみつけてうれしそうにしていたり。志村先生のご著書『母なる色』にこんな描写がある。「私の染めた植物はごく限られているが、その殆んどの樹液はうすもも色である。だから本質的に樹の色はもも色だと思っている。それは人間の肌の色、とくに赤ちゃんの肌の色によく似ている。皮膚を透けてみえる血の色、まさに樹の血液の色である」。なにか生き物として、ひかれる色なんだろうな。もう少し大きくなってくると、水色とか紫とか緑とか、それぞれ個性をもって好きな色がでてくるそうなのだが。ずっとピンクが好きな子もいるけど。
息子語録。「もしかして人間の合谷のうらのとこ(←合谷:手の甲のつぼ。うらとはつまり親指のつけねのところ)が動物の肉球になったんちゃう?」

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2121-419bddcd
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード