10/3 MON

雨がふりそうな朝。
息子を送ってクリーニングを出したあと、駅前のスーパーへ。なんとなくなじみのある顔の人に話しかけられる。知ってる人だったっけ?と思いつつ思い出せないので、素通りしようとしたら、下の名前を呼ばれる。そして自分のことを指さし、「小川のおばちゃん!」ああ!小川のおばちゃん!小中の同級生のお母さんであった。あいかわらずエネルギッシュで、肌つやつや。息子ふたり(わたしの同級生とその弟)の近況を語りまくり、嵐のように去っていかれた。別れたあとも、そのあたりに元気な空気がのこっていた。
しかし、娘がぜんぜん昼寝してくれない。いろいろやりたいことあるんだよ〜はやく〜はやく〜はやくねて〜。でも寝ない。しばらく遊びにつきあう。でも寝ない。だんだんイライラしてくるわたし(娘はなにもわるくないのにねえ)。すると、こっちのそういう気分を敏感に感じとり、いつもはぐずったりしないのに、急にぐずりはじめる娘。結局、寝かすのをあきらめて、わたしの気分が落ち着いた頃、娘は寝た。こわいくらいに鏡合わせ…!
午後、園にお迎えにいったら、Mくんのそばにはお姉ちゃんの Iちゃん(運動会の代休)、そして見知らぬ男の子が。なんでもIちゃんの幼なじみで、「家出してきた」そうで…。なかなかしゅっとした小学2年生。その子が「みんなで遊びたい」というので、息子も車に乗せてってもらう。わたしはいったん娘と帰り、きょうこに頼まれてアルプラザまで送る。アルプラザでは、ベビーカートにかけてたものをきょうこが忘れてしまい、また取りに帰る(ちゃんとサービスカウンターに届け出てくれた人がいた!)というハプニングもありつつ、無事帰宅。雨がつよくなってきた。きょうこはそのままうちで娘の相手をしてくれたので、そのあいだに夕飯準備。そして実家で母にパスして(ラグビーボールのような娘)、Mくんちに迎えに行く。
なかなか帰らない息子。以前なら「じゃあママは帰るね。もう今日はMくんちに泊まり」という脅しをかけられたが、いまではそんなことを言えば、「やったー!泊まる泊まる!」となってしまうので、使えない。どうしたもんかと岩本さんと話していたら、家出少年がいつのまにかそばにいて、アドバイスをくれる。「もう二度と帰ってくんな、って言えばいいねん」な、なるほど…。君の家出にはなかなか深いワケがありそうだね…。少年とMくんと3時間たっぷり遊んだ息子に帰りの車の中で「あの子なんて名前なん?」ときくと、「しらん」。ですよね。夕方、青空の水色とはげしいオレンジが同時に空にあって、すばらしくきれいだった。
夕飯は、さんま(すだち添え)、かぼちゃときゅうりのサラダ、野菜スープ残り(水餃子入り)。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2093-dcf85298
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード