9/7 WED

昨夜Mくんちに泊まりに行った息子。夜中に電話がかかってくることもなく、楽しく過ごした様子。朝8時台に岩本さんから「朝ごはんたべて、遊んでまーす」とメール。岩本家、松山家にお世話になりっぱなしなので、今日はうちに昼ごはんをたべにきてもらうことに。軽くそうじをして、足りない材料(豚ひき肉)などを買い出し。その帰り、自転車で娘がウトウト。男子3人組が乗りこんできたらドタバタさわぎになること間違いなしなので、実家に避難させることに。生協の会議をしていた母のそばに眠った娘を置いて、起きたら迎えにいく作戦。大正解。畳がすりきれるほどの大さわぎ(←比喩ではなく、ほんとにすりきれて、イグサがそこらじゅうに)。どこでもここでも戦いごっこか、つかまえた爬虫類(今日はヤモリ)を眺めたりしている男子を見た岩本さん「あんたたちは、結局どこの家にいてもやること一緒やん」。ほんとうに。お昼は、豚キャベツ丼。野菜嫌いのMくんもおかわりまでしてくれたのでよかった。ちなみに、昨夜は岩本家のある団地にて、セアカゴケグモ探しに行ったらしい。何十匹も見つけたそうな。昨日の朝めっちゃ早起きしたのに夜遅く寝て、しかも朝から動きっぱなしの息子はフラフラ。なのに、勝手に3人で家を出ていつのまにか公園に行っている…!友達パワーってすごいな。お姉ちゃんたちが帰ってくるというので、14:30に公園で解散。
もうじゅうぶんすぎるくらいの一日だが、まだ今日は終わらない。囲碁の体験の予定が入っていたのである。でも、ソファで昼寝をしはじめた息子を起こして連れてくのはしのびなく、もう今日はいいかな…と思って、まあでも一応本人の意思を確認しようと「囲碁いく?」ときいてみたら、ものすごく疲れてるはずなのに、むくっと起きて「いく」。そうとう楽しみにしていたんだな。教室は同じ町内なので、めっちゃ近い。徒歩でも5分くらい。娘は母にあずけた。最初は碁盤や碁石の説明。本物の碁石、その材料も見せてもらった。白は大きなハマグリをくりぬいて磨いたもの、黒は那智黒石からできている。貝からくりぬいて作られてるなんて全然知らなくて、胸がときめいた。もちろんそれは最高級のもので、もっと安価なガラス製のものなどもいろいろ売られているそうだ。ルールはまったくなにも知らない親子なので、とりあえず基本のキを説明してくださる。わたしより息子の方がのみこみが早い。小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんがドヤドヤとやってきたあたりで、いったんわたしは退散。レッスンは1時間半と長丁場で、しかもクタクタの息子、大丈夫かな…と思ったけど、楽しくできたみたいだった。月に2回なので、次回は2週間後。
夕飯は、昼の残りの豚キャベツ丼、厚揚げを焼いたもの、ピーマンのオリーブオイルソテー、納豆、モロヘイヤのお味噌汁。
息子はバタンキュー。娘はなぜか寝る前に興奮状態におちいり、きゃあきゃあはしゃいで落ち着かせるのが大変だった。1年2ヶ月のあいだ、一度も無理にあずけることなくず〜っと一緒にいた成果か、すでにママ離れをはじめていて、本人が遊びたいときに抱っこすると「自由に動かせてよ!」とばかりにのけぞって嫌がる。魔の2歳児の片鱗がみえかくれ。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2067-139ccacc
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード