8/26 FRI

今日も暑い。最後の猛暑日ってほんとだろうか…。
池田でnakabanさんの個展がはじまる。車だと長時間娘をチャイルドシートに乗せっぱなしになるので、電車とバスで行こう、と決めていた。でも、暑いし、遠いし、息子を連れて歩くのは大変だよな…と思っていたところに、Hくんから息子に電話。遊びにきて〜とのこと。松山さんは、息子だけ置いてっていいよーと言ってくれたので、これ幸いと預け、わたしと娘でお出かけ。まだ歩かない娘はベビーカーに乗りっぱなしなので、わたしのペースで歩ける。ギャラリーは思ったよりも遠かったので、ほんとに息子を連れてこなくてよかった…と思った。電車二回乗り換え、最後はバス。池田市は駅前は便利に開発されてるのだけど、バスで15分くらい行くと五月山というのがあり、のどかでおっとりした感じ。おりたバス停は「西畑(にしはた)」。ちなみにそのつぎは「畑(はた)」、つぎのつぎは「東畑(ひがしはた)」。fält(フエルト)というギャラリーの名も、スウェーデン語で「畑」という意味だそう。ギャラリーは、五月山の天満宮のすぐ目の前にある小さな古いおうち。靴をぬいであがるので、娘もはいはいしたりおすわりしたりできる。作品は、やっぱり素敵。絵の前にたつだけで、絵にはえがかれていない、その世界の他の場所のことまでうかんでしまう。つまり、物語を感じるってこと。nakabanさんの在廊日だったので、絵本のことなど、いろいろお話できてうれしかった。
芳名帳としておいてあったノートに、色えんぴつでトントンと色を打ちつける(←まだ描くまでは至らない)娘を見た他のお客さん(わたしよりすこし年上っぽい女の人)がこうつぶやいていた。「いいな…うちの子も、あんなふうにお絵かきとかしておとなしく待っててくれる子だったら連れてこれるんだけど…」。その気持ち、めっちゃわかります。わかるから、一人は置いてきたんです。
息子は、15時ごろまでは松山さんち、お迎えにいった16:30ごろまでは岩本さんちでHくんMくんと遊びまわっていた。わたしはわたしで幸せな時間をすごし(お出かけ大好きな娘も楽しそうだった)、息子も充実した一日。松山さんと岩本さんには本当に感謝。
夕飯は、昨日の残りのドライカレー、万願寺とうがらしのソテー、あげだし豆腐(太子屋)、きゅうりの浅漬け。ソテーは、オリーブオイルと塩のみ。おいしいオイルと塩があれば、そんなシンプルな調理法がおいしい。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2055-b5d017f0
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード