8/13 SAT

今日も大山はすずしい。でも、朝ごはんを食べたあと、向かった松江の暑いことったら! ほんとは行ったことのない窯に行きたかったけど、気になるところはどこも遠い。こんな暑い日にそんなドライブは苦行なので、近場で、ということで松江。昨年訪れた湯町窯。そのとき買ったお皿が本当に使い勝手がよくて、飽きないので、今年はもう少し買い足した。グラタン皿っぽいのを家族分。色はばらばら。それから松江に来たらいつも寄る objects というセレクトショップにも。子どもたちは昼寝をはじめたので、アキと交代で行った。数年前、安土草太氏のグラスを購入し、これも毎日使っている。お父さんの安土忠久氏、当時は体調をくずされて休業されていたが、最近また制作を始められたとのこと。持つとどっしりして重たいガラスなのに、置いて光に透かすと、やわらかい空気感。丈夫さと繊細さ、両方をかねそなえてる。小さめのグラスをひとつ購入。
お昼は、「たまき」という地元のチェーン店で、親子丼とおそばのセット。出雲そばがこのあたりの名物だけあって、おいしかった。
その後は、玉造温泉へ。皆美(みなみ)という立派な旅館、でも我々は立ち寄り湯のみ。昔ながらのやり方で玄関の出迎えにものすごい人員を割いていたが、ほかにもっと人が必要な場所がありそう。お風呂は広くて、露天風呂もあかるくて、気持ちがよかった。
ペンションに戻ったあとは、ベランダですいかわり。息子が、昨日大野池の散策で見つけてきた棒で簡単に割った。ヒロは18時頃バイクで帰って行った。今夜大阪で飲み会、明日は朝7:30からBBQ(朝集合、バスで和歌山へ)らしい…。どんなスケジュール?
夜大山寺の和傘の灯りというイベントへ。去年まではそのまま入れたらしいのだが、今年から有料の整理券で時間を区切っている。でも、正直そこまでの人出ではない。なのにかなり待たされて疲れた。自然石でできた石段なので、娘はずっと抱っこひも。階段をのぼりきったところになる天狗茶屋でソフトクリーム(わたしと息子)と生ビール(アキ)、お店のおばあちゃん、おばちゃん、娘さんたちが忙しくててんてこまいなのにみんなにこにこ笑顔で、とても感じがよかった。そしていざ傘のライトアップの段にくると、眠りかけていた娘も目をさまし、息子も「きれい~」と喜んだ。わたしはどちらかといえば、夜のお寺の雰囲気の方に目がうばわれた。昔、電気がなかったころ、月明かりだけをたよりにここにきたら、本当に天狗を見たかもしれないな、とか。
ペンションに帰宅後、母が作ったごはんを食べた。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2046-f8ddd37c
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード