8/5 FRI

暑いだけならまだ耐えられる。でも、クーラーつけてるときの肌のぞわぞわ感に耐えられなくなってきた。かといって、つけないと午後は部屋の気温が34℃越えで、熱中症が怖い。
午前中は、長谷川さんの工房で月曜のつづき。お皿のかたちを整え(整えるところは、だいたい長谷川さんがやってくれた)、色つけ。朝、息子は家ではりきって下絵を描いていた。青空、海、虹、カクレクマノミ。「これをカレーざらにかく」といって。そして工房に到着し、お皿の前にその下絵を置き、鉛筆をもって線をかきはじめた瞬間、「やっぱりちがう絵にする」。描いたのは、りす、バク、クマ、木々、ねずみ、ロンドンのねずみ、どんぐり、あけび、ゆず、という、海ではなく森っぽい絵。(ロンドンのねずみ、というのは、おそらくわたしが昔話した、うさぎサイズのラットのことだと思われる)。下絵をしっかり描いたけど、それにとらわれずに自由に本番の絵を描けるって、すばらしい。コップやおちゃわんは、下絵を生かして海の絵を描いていた。
お昼にはおわったので、家でたらこパスタをつくって食べる。娘に魚卵はまだ早いかな、と思ったので、昨日の残りのお味噌汁でスパゲッティふやかしてあげてみたら、つかむ触感をたのしみつつ食べていた。
午後は、息子の希望により『カターラ』へワッフルを食べに。その後、自転車でドラッグストアへ。娘は、1歳になる前から、すでにもう「かわいい」ものに目がない。ベビー服にのってる動物の絵とか、きらきらしたアクセサリーとか。ぼうしをなかなかかぶってくれなかったときも、「わ~、かわいいね~」とおだてまくったら、機嫌よくかぶってくれるようになり、最近は「はやくかぶせて」と催促までする。ドラッグストアで水遊び用のオムツを買ったら、それにアリエル(ディズニー『リトルマーメイド』)がのっていて、うっとりながめておられた。息子は同じ頃、ベビーカーの車輪とか、バスとかパトカーとかとにかく乗り物が好きだった。うまれながらにある男女の違いって、ふしぎだなあ。
夕飯は、ひじきの煮物、自家製オイルサーディン、千切りキャベツ/アボカド/スモークサーモン/ミニトマトのサラダ。
息子は何を勘違いしたのか、「ねえ、ぼくってママの『おおかぶぬし』やろ?」と言ってきた。意味不明すぎて、返答に困った…。おおかぶぬし、という言葉はドラえもんの映画(『雲の王国』)で知ったそうだ。よくよくきくと、「おおかぶぬしだから、なんでもママのてつだいをする」みたいなことを言っている。だとすれば、どちらかといえば、ママがあなたのおおかぶぬし、では?

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2034-7a70d827
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード