7/12 TUE

はやばやと幼稚園の終業式。合奏では、うちの学年は3人しかいないので、途中でもちかえてひとり2つずつ。息子はタンバリンとカスタネット。曲目は『ガボット』。
それから、年長のMくん、Hくんといっしょにパン屋さんへ。息子はHくんの車に乗せてもらい、わたしはあとから追いかけたのだが、その際、娘がベビーシートから抜け出して後部座席で立ったので、ものすごくあせった。「おっちんして!おすわりして!」と何度か声かけたけど、きゃっきゃと上機嫌で笑っているだけで、声かけは無駄だとさとり、とりあえず急ブレーキだけは踏まないように慎重に運転。2分で着く距離だからよかった…。そろそろチャイルドシートに取り替える時期だな。
パンを食べて一遊びしたあと、帰宅。息子と、お泊まり保育の荷づくり仕上げ。たった一泊なのに、かなりの大荷物。冬に作っていた一閑張の箱は、お着替えボックスとして今日活躍するわけである。15:30ごろ家を出て、ふたたび園へむかう。数ヶ月前、最初にお泊まりのことをきいたときの息子はあまり乗り気じゃない様子だったけど、年長さんからいかにお泊まりが楽しいかという情報を得たからか、今日はものすごくはりきって門をくぐっていった。先生が「帰りたくなったら、いつでもママに電話してあげますからね」とみんなに声をかけてくれていたことも大きいと思う。それをきいたなら、不安だった子も「なあんや、それならとりあえず行ってみよう」と思えるだろうから。(←実際には電話しないと思うが)
息子がいないので、娘は退屈したりさびしがるのではないか、と思っていたら、まったくそんなことはなく、のびのび楽しそうにいつもと変わらずひとり遊びしていた…。空っぽのふとんをみて「いつのまにか、お泊まり保育に行くような年になったんだな」と思う。
夕飯は、麻婆豆腐。いつも息子に合わせて辛味ゼロの腑抜けたような味(大人はそれに七味とかラー油とか足して食べてたけど、なんかもう別物)になっていたのだけれど、今回は久しぶりに花椒と豆板醤を使った。香り高く、本格的な味わい。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/2010-ee4c3e44
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード