4/25 MON

朝は晴れ。アキがお弁当もちになったけど、東京・福岡時代もずっと弁当男子だったし、今も息子のお弁当をつくってるので、特に負担には感じない。主に昨夜の残り物や常備菜つめるだけだし、コープ自然派の冷凍食品も使うのでかんたん。彩りを考えたり四角い箱のなかにつめるのはパズルみたいで楽しい。キャラ弁みたいな凝ったお弁当作ったことは一度もないけど…。
午前中娘寝てくれたので、書きものはかどる。
午後はくもりだしたものの、湿度がたかく、暑い。梅雨みたいな空気。幼稚園お迎えのあと、そのまま3人でスーパー買い出し。
夕飯は、ピーマンの肉づめ、なかにはチーズもいれて。キャベツサラダ(アボカド、ツナ)、お味噌汁(あおさ、麩)。先日、あさイチで「ピーマンの種をとらずにつめると、ピーマンから肉がはずれない」という技を紹介していた。種をとらないっていうのがどうも気になって(テレビでは、それほど気にならないと言ってたのだが)とることにした。そしたら、やはり焼いたときにピーマンが縮んで、多くがはずれてしまった。はずれても、大人はうまくおはしで両方つかんでパクっと食べられるから大丈夫なのだが、問題は子ども。あさイチで流れていた「お肉だけ先に食べてしまい、ピーマンがまるまる残る(しかも3つぶんも…!)」という魔のセオリーが息子のお皿にてそのまんま再現される。ピーマンだけだとどうしても匂いが気になるらしく、仕方ないので、お肉の部分だけとか付け合わせのゆでじゃがいもをあげて、「これといっしょに食べ」というそばから、そのお肉とじゃがいもだけをむしゃむしゃ食べてしまう。(本人無意識)もうめんどうになって「そもそもピーマンにつめる必要ってあるわけ? ハンバーグと、ピーマンの炒め物でいいやん」という気持ちになってしまうが、くやしいので、今度はあさイチの技をためしてみようと思う。
娘はバイバイ!というと、じょうずに手をふるようになった。ことばの芽も、なんとなくだがみえてきた 再現性がまだ低いのではじめての言葉は確定してないのだが、お茶のことをチャイチャイ、あと、トーチャ、ママ、も言おうとしてるような感じ。可愛さ満天。(あえて、点ではなく天。空いっぱいに可愛さがちりばめられてるイメージ)。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/1931-afa8afc7
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード