4/8 FRI

先月、佐賀でつくし採りをして以来、にわかに山菜ブーム到来の息子。おばあちゃんが今日もわらび採りに行くのに「ついてく!」という。ママがいかなくてもいい、というので、これ幸いと息子だけ連れてってもらうことに。はりきって6時過ぎに起床されました。8:30におばあちゃんお迎え。遊びにつれてかなくていいので、洗濯、そうじ、夕飯準備と家事がめちゃくちゃはかどる。娘は、兄がいないと少し退屈してわたしにまとわりついてくるけど、まだどうにかおんぶや抱っこで乗りきれる。(←もうすこししたら、それじゃごまかしがきかなくなるだろうが)。そんな彼女は、最近つかまり立ちをはじめました。
午後、わらびを少しだけおすそわけにみほんちに向かっていたら、よもぐろでみゆきさんに会った。小学一年生になったばかりのJくんもいた。みほにわらびを渡し、そのまま駅前のスーパーで買い出し。ふだん昼寝をあまりしなくなった(トータル1〜2時間)はずの娘は、息子がいなくて静かだからか、外にいるあいだ中、抱っこひもの中でずっと寝てた。息子がいると、「にいちゃんがなにかおもしろそうなことしてる!あたしもみのがせない!」という感じでキョロキョロしまくって、昼寝しそびれるのかも。
夕方、わらびをたくさん採り、青ネギもたくさん引っこ抜いて大満足の息子が帰宅。わらびは、とよみさんみたいにうまく歯ごたえをのこしてアク抜きできる自信がなかったので(前回失敗した)、まとめてお願いした。
昨日スーパーで買ったかつおの生利節(なまりぶし)、甘辛く煮つけて、ちらし寿司の上にのせてみた。母が「昔、親戚のおばちゃんが生利節で押し寿司作ってた」というのを参考にして。検索してみると、その押し寿司、この地域の郷土料理っぽかった。このへんでは、かつおではなく、びんちょうまぐろの生利節(別名:とんぼ節)が主流みたいだけど。煮つけたとき、血合いをきれいにとらなかったので、じゃっかん生臭くなってしまった。生利節とは簡単にいうと、油気のないツナのようなものなので、逆に油分を足してみたらどうだろう?とオリーブオイルをまぶしてみたら、生臭さが消え、しっとりして、大成功。トッピングには、錦糸卵などはあえて使わず、代わりにとよみ畑の香り高いネギをたっぷり。この季節、よくスーパーでとんぼ節を見かけるので、また別のレシピにもチャレンジしてみたい!

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/1914-3d6a8818
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード