1/9 SAT

朝は、息子を合気道へ送る。2週間ぶり。あいかわらず楽しそう。体の転換(たいのてんかん)、後ろ受け身などが、だいぶじょうずになっていた。帰り道、道沿いにあるうどん屋「楽々」へ。わたしもアキも名前すら知らなかったのだけど、合気道からの帰り道(10:30〜40ごろ)、11時の開店前なのにいっつも人が並んでいる。じつは、食べログのうどん部門全国1位なんだそうで(まあべつに食べログをそこまで信用してるわけじゃないけど)。今日の帰り道、駐車場がもしあいてたら行ってみようか〜、と行ってみると1人しか並んでない。わたしと子どもたちは車の中で15分くらい待機させてもらって、オープンと同時に入店。わたしはあげわかめうどん。もちもちの麺、これでもかというくらいダシをきかせたお汁がなかなかパンチがありました。確かに美味しい。おいしいけど、並んでまで行きたいかっていわれると微妙だね…とアキと言い合う。でも、合気道の帰り道なので、きっとまた寄ることがあるだろう。
夕方、整体へ。昼間のうちは全然そんなことなかったのに、寝そべったとたん咳がとまらなくなり、心配した整体師さんは、首とか呼吸器系を整えることに専念しておられた。アキはその整体にいくと「すぐ寝てしまうし、終わったあとものすごくすっきりする」という。わたしはいまのところ、施術中 一睡もしてないし(産前は乗り物などですぐ寝られるタイプだったけど、産後は寝られなくなった)終わったあとも特に変化を感じられない。それはわたし自身がからだの変化に鈍くなってしまっているからなのか、まだ特に変化が起こっていないからなのかはわからない。でも、施術を受けてるあいだは携帯もパソコンもラジオもテレビもなくて、ただぼーっとしてるだけなので、いろんなイメージが浮かんでは消える。それだけでも、いまのわたしにとってはぜいたくな時間である。
夜、映画をみる。アキとみようと言ってたのに先に寝てしまった。かわりに息子がちょっとだけつきあってくれる(!)『ONCE ダブリンの街角で』この前借りた『はじまりのうた』の監督John Carneyの以前の作品。この二作品、笑っちゃうくらいストーリーラインが一緒だった。でも『ONCE』の方は舞台がダブリンなので、全体的に暗く、しずか。『はじまり』の方は明るかったので、陰と陽って感じ。サントラが今も耳に残ってる。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/1822-b70fdead
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード