12/28 MON

ほんとは今日のお昼はみほたちとお好み焼きをする予定だったのだが、りおちゃんがインフルエンザになってしまったので延期。気の毒。アキはゴルフ。
キッチンのそうじをしたいけど、ずっと家にいると息子娘ともにわあわあみいみい言うので、とにかくはかどらない。半日前のことなのに、もはや午前中をどうやってすごしたのかおぼえていない。上のファンの部分をとりはずし、コンロや五徳の部分などと一緒に重曹石けんをとかしたお湯(シンクに張った)につけこむ。ファンの残り部分だけはどうにか磨いて、家を脱出、実家へ。
パクチーラーメン(はやりもの。ベトナム製インスタント)を食べて、紙飛行機を息子と一緒に作る。母が飛行機の相手をしてくれてるあいだに、わたしは娘を抱っこひもに入れて、銀行へ。超激混み。両替も混んでる。きっとお年玉用だろう。そんなの毎年のことなのだから、一週間はやめにやっときゃ並ばなくてすむのに。かくいうわたしも並んでいる一人である。追加の年賀状が2枚だけあったのでポストに入れるため郵便局の前にいったら、局内も、みたことないくらいの行列だった。あれは年賀状を買い足そうとしている人たちなのだろうか。まあこれも、年末の風景とおもえば、風流かもね。
家に戻ると、息子が退屈もてあまして荒れている。父は父で「年賀状が印刷できない」というこれまた年末恒例のさわぎ。印刷できるよう手伝ってから(ワンクリックで解決)、今度は娘を母に託して、息子とテニスコートへ紙飛行機飛ばしに。そこに小学3年生くらいの男の子たちがどやどややってきて、3,4mくらいある壁をみんなでよじのぼりはじめる。器用な子はさっさとのぼってしまうし、苦手な子はすぐあきらめるのだが、中に、どうにかあとちょっとというところまでのぼったのはいいけど、おりることものぼりきることもできなくなって立ち往生してしまった子が。「足、がくがくしてる…」と冷静にパニック。まわりの子たちが「手を右に」だの「足を左に」などアドバイスをするが、どれも的を得ていない。上から引っ張れば手が届きそうだったので、助けてあげようかな、と思いはじめた頃、意を決して平行移動して、どうにかのぼりきれた。のぼるなり「意外とすんなりいけたわ!」というその子に、「どこがすんなりやねん!」と即刻ツッコミが入る。大阪の男子たち。娘は泣いて落ち着かなかったので、母がすぐテニスコートに連れてきた。仕方ないので、3人でケンケンパ。息子が描く「◯」の大小の差がすごくて、なかなかエキサイティングなケンケンパ。とびはねると、抱っこひもの中の娘もきゃっきゃと笑った。
夜は自宅で食事。キャベツと豚バラのミルフィーユ、サラダのこり、ししゃも、納豆。コープ自然派の豚バラは、臭みがなくておいしい。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/1810-e8be5ce4
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード