12/11 FRI

朝から強風、雨がふったりやんだり。でも、ぜんぜん寒くない。11月上旬くらいのぬくもりがのこってる。
幼稚園のクリスマス会。実家でとよみさんとおちあい、うちの車で教会へ向かう。大人も子どもも、いつものぜーんぜんかざらない感じから一転、かなりフォーマルな服装。女の子は素敵なワンピース、男の子はジャケットにネクタイの子が多かった。わたしをふくめ普段からほぼノーメイクのママたちも今日だけはキラキラ。
1部の礼拝では、年中・年長の子たちがキャンドルをもって入場、来賓(ママ、パパ、祖父母、卒園生のママ、御近所の方など)もキャンドルをもって、賛美歌を歌う。それから牧師さんのお話。
2部は子どもたちの聖劇。年少さんたちは役はふられず、お星さまをふって「おほしがひかる」という歌をうたうだけ。でも、我が子が出ていなくても、見ていて本当に面白い。全員で20人強しかいないので、ひとりひとりのことをママたちみんながよく知っていて、見飽きるタイミングがゼロ。誰が出てきても、「おお〜、あの子がこの役を!」とか「あの子、緊張しててふだんと表情がぜんぜんちがうなあ」などと思い入れを強くしてしまう。が、「クリスマスはイベントではなく、神さまに感謝の祈りをささげる日」というのがこの園のスタンス。そういうわけで、拍手はなし。
3部の祝会では、まず子どもたちからママたちへプレゼント。年少さんはフエルトでつくった小さなリース。クリスマスのお飾りがまたひとつ増えた。
シャラララ〜ンと玄関口で鈴の音がなると、年長さんが我先にと駆け出す。そこには白い大きなふくろが……。ふくろの中には、かみさまからのプレゼント!子どもたちの輝く瞳をみたら、ここ数週間の苦労がむくわれた気がした。息子も、思いのほか喜んで、その後もずっと着用しててくれた。みんなの刺繍を間近でよくみて、「あぁ、やっぱり5本か6本どりにしたらよかった…」と思う。3本取りで刺繍したので、めちゃくちゃ時間がかかってしまったのだ。たしかにほそい糸でサテンステッチすると、面につやがでて美しいのだが、はっきりいって子どもはそんなところまったく見ていない。来年、再来年は、太い糸にして、チェーンステッチも取り入れよう。そんな反省もありつつ、やっぱり楽しかったので、来年もがんばろう。
お昼は、年少のみんなでカターラへ。ピザとワッフル。雨もやんで、寒くなかったので、そのあとは成田山で子供たちは走り回る。成田山は、車も来ないし、広いし、休憩所もトイレもあるので、公園よりも親子が集うのに適している気がする。
夕飯は、ひじきとあげときのこの炊きこみごはん、厚揚げを焼いたの、お味噌汁(わかめ、とうふ、白ねぎ)、白菜と春雨とにんじんのサラダ、納豆。
夜、息子が「ほしをかきたい」というので、「せんせい」で☆のかきかたを練習する。それから、図書館で借りた『聖夜のおくりもの』という本を読んだ。絵も訳も、すごく素敵な絵本だった。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/1793-cd86453c
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード