10/29 THU

園に送ったあと、午前中のうちに夕飯を作ってしまう。お昼ごろ娘が寝始めたので、書きものをしようとおもったのに、気づいたら畳の上で寝てしまっていた。少し疲れがたまっている。
プール。2ヶ月に1回のテスト。ボビング。「水中に立ったあと水底を蹴ってジャンプし、顔を水中と水上に出し入れして、呼吸をしながら上下運動をすること(ネットの水泳用語辞典より)」息子はプールの深さに対して身長がまだ低いので、ものすごくジャンプしなくてはいけない。なので途中ふらついたりもしていて「あ〜、今回はだめかな?」と思ったけど、一応合格。あとからコーチが「(年少さんだと)どうしても背が足りないので、半分おまけで合格にしましたけど、もしかしたら次の進級は時間がかかるかもしれません」とのこと。なにひとつあせることはないので、それでもぜんぜんOK。とよみさんも見に来てくださり、息子は買ってもらったぶどうジュースを帰りの車で一気飲みした。
夕飯は、クリームシチュー、アジフライすこし、レタスとトマトのサラダ。
先週、「育児系の本を読んでみよう」と思って、図書館で数冊借りてみた。育児系とざっくりいっても、あらゆる方向性のものがあるのだが、あまり無理してもなんなので、自分のタイプに合いそうなものを選ぶ。まだぱらぱらめくった程度だけど、「なるほど……」と思える内容。育児はマニュアル通りにはもちろんいかないことは重々承知だが、やはり「スキル」というのものは存在していて、それがあるに越したことはない。いくら親が子どもを愛していても、あまりに不器用だと、それがつたわらないことがある。重要なのは、子どもを思い通りにコントロールするためのものではなく、親の愛を、純度がより高いかたちでつたえるためのもの。そう考えてみれば、みんな「親になる」ための勉強なんてしたことないのに、よく親業をこなしているなあ…と思う。特に第一子に関しては、みんな初心者マークでがんばっているわけだ。書きながら、香ちゃんのことを思い出した。彼女にとってようたくんは第一子だけど、ぜんぜん初心者マーク的な雰囲気がなかった。生まれ持った才能なのか、学生時代に身につけたのか、教育に携わっていた時分に得たものなのかわからないけど、とにかく、彼女にはスキルがあった。おかげでずいぶんいろんなことを学ばせてもらった気がする。

Trackback

Trackback URL
http://lingoame.blog95.fc2.com/tb.php/1750-206e2216
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード