5/24 WED

朝からくもりぞら。雨がかすかにふったりやんだり。
午前保育でお昼前に迎えに行き、スーパーに寄ってから帰宅。昨日の疲れが出て、ごはんのあと、わたしはちょっと昼寝。起きると、息子はソファに寝そべって、ドラえもん1巻(最近買った)を読み、娘はバンドエイドを箱から出してあけまくっていた。おやつもって、図書館へ。でも雨が本降りになりそうだったので、貸し借りしてロビーでさっとおやつ食べて、駆け足で帰ってきた。
夕方、杏子くる。夕飯は、簡易版手巻き。子どもたちが食べる、たまごとまぐろとサーモンだけ用意。あとは、じゃがいもと玉ねぎとブロッコリーの肉じゃが風煮物。
お風呂からあがった息子が扇風機にあたりながら歌をうたい、「ざぎざぎにきざまれた声になってる!」と言った。
夜、カエル好きの娘が借りたマックス・ベルジュイスの『かえるくんのこわい夜』を読む。絵もお話もすごくいいので、買おうと思う。

5/23 TUE

早起き。朝も温度が高い。洗濯物は昨夜干した。子どもたちの水筒やお弁当用意して、自分の身支度をととのえ、駅へ。伊丹から、羽田へ飛ぶ。でも、整備のせいで20分遅延。空港へ向かうモノレールの中でも、飛行機の中でも、うとうとしてしまった。ANAの機内誌『翼の王国』にはnakabanさんのイラスト付きエッセイがあって、興味深く読む。
羽田から、まず原宿に向かう。VACANTでゆうすけと待ち合わせ。3年ぶりくらいかな。近くのカフェに移動して、話す。お互い環境がいろいろと変わっていて、話したいことがありすぎて、追いつかない。飛行機が遅れたせいでロスした45分が惜しい。身辺に起こるこまかい事件はあれど、わたしも彼も、自分が今いる場所に、ようやく納得感がでてきてる、という感じ。あと、ゆうすけとアキはやってることはちがうけれど、わたしからみると、似た者同士だ。いつか、なにかのかたちでつながるといいのにな。
お昼前にはゆうすけと別れ、市ヶ谷へ。しかしぼーっとしてて、二つ前の信濃町でおりてしまう。あわてて乗り直す。途中でちえちひろ、ゆうだいさんも合流。5ヶ月の木子ちゃんも。はじめましてだ。かわいい!抱っこさせてもらう。かるい!木子ちゃんはうすいグレーのひとみで、ベビーカーから、陽ざしにゆれる街路樹の葉っぱをじっと見ていた。
1件目の用事が終わり、あまり時間がなかったのもあって、4人(+木子ちゃん)でタクシーで新大塚へ移動。赤ちゃん連れなので、そっちの方が断然ラク。2件目でも、実りのある話ができた。うちも子どもたちがわたしの帰りを待ってるし、ちえちひろも赤子連れなので、18時台の飛行機を予約してある。16:30にはあわただしく都内を出た。羽田に向かう一時間のあいだ、すこしだけど、ちえちひろとも話ができたのでよかった。
伊丹空港まで、アキと子どもたちが迎えにきてくれる。空港内の蓬莱(551)のレストランで、みんなで夕飯。
今日は、わたしにとって人生の節目となる、大切な日だった。そのことを理解して、快く行かせてくれたアキ、手分けして子守してくれたとよみさん、杏子、みさちゃん、ありがとう、ありがとう。それに、「ママ、がんばれー!!」って応援してくれた息子も、ご機嫌で待っててくれた娘も、どうもありがとう。

5/22 MON

暑さはつづく。五月のこの時期って、毎年暑い気がする。そして6月に梅雨入りすると、またすこしすずしくなる。だからうちは6月末まで毛布はしまわない。梅雨入り坊やが梅雨を告げるまでは……
明日、幼稚園では新歓。本来なら総リーダーのわたしが司会など取り仕切らなくてはいけないのだが、東京に行く用事が入ってしまったため、できる準備は今日のうちにして、あとはたーちゃんたちにお願いすることに。人数分のおやつ(「さくらふわわ」の抹茶味)を和菓子屋さんで受けとって園に運び、当日自己紹介の簡単なゲームで使うためのサイコロ(作った)もことづける。明日は一日家をあけるので、そうじもしておく。娘は、おなかすいたとき以外は、なにかひとりごとを言いながら、機嫌よくあそんでいる。が、わたしが携帯やパソコンをみていると、かならずひざにのってくる。家事だと気にならないらしい。きいていると、これってどこの子も同じみたい。
午後は、お迎えに行ったあと、ちょっとだけガイコツへ。日なたにでるととにかく暑いけど、木陰だとすずしい。
明日は、午前は杏子(幼稚園の見送りはとよみさん)、午後はアキに頼むことになっている。夕方杏子と、一連の流れを確認。息子は全部ひとりでできる(今朝も超早起きして、わたしが起きる前に、着替え、朝食←わたしが作っておいたおにぎり、園の準備、歯磨きなどすべて終えていた。早く朝食を食べ過ぎて、8時すぎにまたおなかがすいて2度目の朝食←ピザトースト食べてた…)ので、基本的には娘のお世話をお願いすることになる。それから、わたしが着ていく服やカバンなども相談。あれがいい、これがいい、などとおおさわぎしていると、まるで初めて上京する人みたいやん…と思ってしまった。

5/21 SUN

早起き。今日もいい天気。
テレビで『エグゼイド』流れてるあいだに洗濯物干して、家族みんなで神戸へ出発。目指すは、イオンモール神戸。三田のアウトレットとくっついてるイオンだけど、今回の目的は買い物ではない。催事場で地味にひらかれている『サワレルハチュウルイ展』。「爬虫類研究家」を将来の夢と掲げる息子たっての希望とあれば、行くしかない。(あともうひとつ神戸方面に行きたい理由があった。後述)ブースに入ると、むわっと暑い。変温動物に合わせた温度と湿度管理がなされているもよう。息子がもってる『危険生物大百科』にのってるヤドクガエル(コロンビアの先住民は、吹き矢の毒に用いて狩りに使ってたそう)がいきなりあざやかに登場。透明な天井をみあげると、わらわらといるカエルにアカハライモリ(←このへんは両生類)。カエル好きの娘だけど、ほんものは怖がっていた。トッケイ、エリマキトカゲ、オオトカゲ、ワニの仲間カイマン、人間をひとのみできそうなサイズのビルマニシキヘビなどなど。質感や色もおもしろくて、わたしも夢中で見てしまった。最後はトカゲやカイマンを手に乗せてもらえるコーナー。カイマンは数十センチの小さいやつだったけど、それでも口がひらかないように縛ってあった。かまれたらケガレベルではすまないそうだ。さいごのさいごは大きなヘビを首にかけさせてもらって、記念撮影。研究家になりたいというわりには、ひきつり笑顔の息子。大きな展示場ではなかったけど、中身は充実していて、大満足だったみたい。iZooという伊豆にある爬虫類・両生類の動物園がプロデュースしているそう。そのうち行ってみたい。
そこから車で30分くらい走り、「山猫軒」へ。毎年、子どもたちの誕生日あたりに、ごはんを食べにくることにしている。カジュアルな洋食屋さんだけど、サービスがとてもていねい。息子はお子様ランチではなく、オムライス、娘はお子様ランチ、わたしはチキン南蛮、アキはホリデーセット。帰りの車の中で、息子と「かえるのうた」の輪唱を練習したら、うまくできるようになった。
昼下がりには帰宅。夕方、アキが子どもたちとガイコツに。わたしは母の自転車借りて、スーパー買い出し。もどると、大山から両親がもどっていた。父が車を見ていたので「どうしたんかな」と思ってきくと、「玉突き事故に巻き込まれた」とのこと。幸い、車どうしがぶつかっただけで、ケガはなさそう。ふたりのからだに何ごともなくて、本当によかった。
夜は、冷やし中華。お味噌汁(あげ、たまねぎ)とニラまんじゅうも。

5/20 SAT

朝から気温があがる。
アキ用事で京都へ行ったので、残るメンバーで合気道へ。娘も「あいきどー!」と言ってたのしみにしている。総合体育館なのだが、陸上競技場も併設されてて、そこで大会などがあると駐車場激混みして大変なのだが、今日はとてもすいていた。
帰ってきて、そのまま自転車に乗り換えて図書館。いつもわたしの趣味のもの、息子が借りたいもの取りまぜて借りるけど、息子はなんといっても今は『ゾロリ』シリーズに夢中(わたしが子どもの頃は『ほうれんそうマン』っていうシリーズの脇役だったんだけどなー、ゾロリ)。図書館から帰ってきて、お昼。残ってるカレー再利用のカレーうどん。
午後は畑へ。息子がスイカを植えたいというので、とよみさんが苗をゲットしてきてくださった。まず、もう今季さいごのスナップエンドウをすべて収穫。それから息子がたまねぎも収穫。その後、スイカの苗をふたつ植えた。とよみ畑に、さくらんぼの木があったらしい。小粒だし、市販のもののような甘さはないけど、子どもたちは喜んで食べた。まるで夏みたいに太陽がじりじり照りつけて、ものすごく暑かったので、あとの片付けなどはとよみさんにまかせて、わたしたちは退散。
帰り道、ちょうど息子の散髪屋さんを通りかかった。すいてたので、ぱっと切ってもらう。15分くらいで完了。けっこう短くなって、さっぱり夏仕様。帰り道、娘が自転車で寝てしまう。
あまり長い間寝かせたら夜寝ないので、45分くらいで起こす。起こすためにテレビをつけてみたら、ぐうぜん『ゾロリ』の映画がやっていた。
夕飯は、塩鮭、かぼちゃとハムのオイマヨ炒め、お味噌汁(オクラ、ナス、かぼちゃ)、サラダ(スナップエンドウ/きゅうり/ミニトマト)。

5/19 FRI

遠足。暑いくらいの晴天。正直、もうすこしすずしい日のほうが「遠足日和」かと思うが、雨よりはね。
自転車で駅まで行き、電車で枚方市駅へ。車で行った方がたぶんラクだけど、それだと娘が退屈するので。電車で移動すると、1歳の子にはそれだけでレジャー。家にもどって、3時間もしないうちに、また駅までお迎え。眠そうだったので、娘は抱っこひもに入れたら短く深く昼寝してくれた。最近は抱っこひもも嫌がるので、ひさしぶり。あと何回くらい、この胸のなかで眠ってくれるかな。
夕方は、息子の英会話。今日も杏子が娘をみてくれる。最初と最後はちょっとクラスをのぞき、あいまの30分はローソンのイートインでコーヒーを飲む。たった30分だけど、至福。今日は香ちゃんも一緒にきた。二人きりでお茶できるのなんて10年後くらいかと思ってたけど、案外早く実現?と思うも、わたしも香ちゃんもそれぞれに書類をもってきており、全然会話せずに、作業にいそしむ。あっというまにお迎えの時間、それぞれ息子を自転車のうしろにのせて「また来週〜」と別れる。
夕飯は昨日のカレーのこり。やっぱり二日目がおいしいので、今日がメイン、昨日はカレー前夜祭、とでも呼ぼうか。オクラのせた豆腐、かぼちゃとナスのお味噌汁、レタスのサラダ。レタスは、めずらしくコープ自然派で買ってみたら、とても新鮮なのが届いたみたいで、しゃりっとかむと、とにかく甘かった。杏子も食べていった。

5/18 THU

さつきばれ。
朝はお砂場で遊ぶ。
午後はプール。15時くらいって大人でも眠たくなる時間なので、息子が「つかれた〜、プールいきたくない〜」とうだうだ言う。が、いざ水に入るとそれこそ水を得た魚のように生き生きして、「泳いだあとの方が元気になった。楽しかった」とケロッとしてあがってきた。ケロッ、といえば、息子はここ数ヶ月「爬虫類研究家になりたい」と言っているが、それを聞き続けていた娘が今日とつぜん「Mちゃんは、カエルになりたい」と言った。どんなカエル?ときいたら「うれしいカエル」だそうです。こちらは両生類研究家…ではなく、両生類ですね。ポーチやらTシャツやら、カエルがあしらわれていると、とっても喜ぶ彼女である。
夕飯は、カレー。昨夜のうちにあめいろ玉ねぎをつくり、今朝のうちにじゃがいもを下ゆでしておいた。なかなかおいしくできたけど、息子は、アキが30分くらいでちゃちゃっと作ったカレーと「同じくらいおいしい」と言うので、なんだか割り切れない感がある。いつかこの味のふかみ(!)に気づいておくれ。(というほど、ちがいがなかったりして)

5/17 WED

少し曇っていて、長袖日和。晴れるとぽかぽか。非常に快適。
お昼は、コシニールのサンドイッチを買って、年中さん3人、陽太くんたちとガイコツでピクニック。しかし娘がまったくサンドイッチを食べず、「おにぎり」「おにぎり」いうので(実は出がけに「おにぎりいる?もっていこうか?」と確かめたのだが「いらん」と言われたのだった。真に受けたわたしが悪い)ミニストップに買いに走る。コンビニおにぎり食べさせると、さいご形がくずれてぐちゃぐちゃになるので、スプーンをもらおうと頼んだら冷たく「必要な商品にしかお付けしていません」と言い放たれた。おにぎりのことを説明して「どうしても無理ですか?」ときいたら、ものすごく嫌な顔で「今回だけですよ」としぶしぶつけてくれた。「必要な商品」というのは、ゼリーやプリンのことをさしていると思われるが、どれにスプーンが必要かは顧客が決めてもいいのでは? プラスチックの小さな透明スプーンの単価などたかがしれているだろうし、それをケチったせいで、店の印象がガタ落ちである。ガイコツではお弁当食べたあと、みなで楽しく遊ぶ。息子はJくんと山の粘土質の土をけずってきて、空いた容器に入れ、水でとかして「絵の具」ごっこをしていた。
夕飯は、さんまと豆腐のハンバーグ。さんまは、冷凍の三枚下ろしのをなめろうみたいに刻み、豆腐はパックになってる押し豆腐(水分がきれてる)というものを使った。おいしくできた。とよみさんからにんにくの茎をたくさんもらったので、半分は炒め物、半分はスープに。スープは、油で炒めたあと甜麺醤を入れ、鶏ガラスープと塩で味をととのえて、卵を混ぜ入れる、という中華風。
夜にあったできごと、抽象的な書き方しかできないけど、一応書いておこう。考えただけでまぶしくあかるいことがあった。でもそこに影がさして、悲しい気持ちに。しかしよくよく考えてみれば、その影があったおかげで、あかるいできごとがやってきたのだ。影にも何かしら意味がある。あかるいことよりも、学べることは深い。

5/16 TUE

すずしく晴れている。うっすらと雲が流れて。
息子は目覚ましも何もかけていないので、いつも体内時計頼りに起きるのだけど、それがうまくいって彼なりに早起きできると気分がいいのか、こちらが何も言わなくてもさっと着替えて、園に行く準備もさっさとする。が、反対に出遅れると、やる気がうせるらしく、最後までグダグダになる。「早く」と言われるとやる気がなくなるのは子ども、いや、人間の常である。「今やろうと思ってたのに!」今日は早起きパターンで、早々に準備を終え、玄関先で「ママ、はやく~」と言っていた。毎朝こうだといいのだけど。
園に送ったあとは、娘と砂遊び。ひとしきり遊んで、最後、バケツやお菓子の空き容器でつくった「ケーキ」や「プリン」を足でずんずんくずして終了。
午後は園庭掃除。年中さんのJくんがと2cmくらいのたまごの殻(きれいにふたつに割れてる)を見つけて、先生に見せにゆく。先生たちは、いったん事務作業を中断し、図鑑をとってきて、調べる。図鑑には、たまごの本物の大きさと模様が載っていて、照らし合わせた結果、すずめのたまごだと判明。こういうときに殻を拾った子どもと同じ熱心さで興味をもって調べてくれる、そんな先生たち囲まれていることを、あらためてありがたく思う。
夕方は、杏子がきて、たくさん絵本をよんでくれた。杏子自身も昔好きだった『こんとあき』。GWに鳥取砂丘に行ったあと初めてひらいてみたら、ほんとうにあの景色のままだったので、ちょっと感動した。もちろん砂丘が先にあったわけだけど、絵本は子どもの頃から知っているので、あのページから砂丘がぬけでたんじゃないかな、というような感覚。好きだった絵本の景色というのは、現実よりももっとリアルに心に息づいてる。
夕飯は、手羽先の甘辛焼き。たくさんあってフライパンを分けるのが面倒だったので、ホットプレートで一度に焼いた。焼きなす、お味噌汁、サラダ。

5/15 MON

さわやかな陽気。
朝、洗濯物を干していたら、つばめがすいーっととんでいった。つばめって、上から見るとすごくきれいなシルエット。
園に送ったあと、3年前息子が通っていた保育園の園庭開放へ。娘が、三輪車を公園で見かけて、乗りたがっているが、使う期間が短い上、保管するのに場所をとるので、買わずにすませる作戦。息子のときもそうした。ストライダーだけでいいかな、と思っていたけど、そうするとハンドル操作やバランス感覚は養えても、ペダルをふむことに慣れることができない。(息子は家でストライダー、保育園で三輪車を乗り回したあと、自転車に移行した)。保育園に行くのは久しぶり。息子がお世話になった先生もまだ二人おられて、娘を見て「目元が似てますねえ」と。園長先生も変わって、多少雰囲気は変わったのかもしれないけど、「うーむ、あのとき思い切って退園を決めてよかった」と思った原因はそのまま残っており、複雑な気持ち。といっても、逆パターンで、今息子が通ってる幼稚園から、この保育園に転園した子もおり(そして「こっちの方が合ってる」という感想だったそう)、合う合わないの問題が大きいのかもしれないけど。娘は三輪車で遊んだり(まだペダルにしっかり足が届かない)、部屋の中のおもちゃで同じような年の子と遊んだり、楽しんでいたので、また来ようと思う。帰り道、自転車でめずらしく寝てしまう。少々外で遊んでも疲れない子だが、やはり見知らぬ子たちと遊ぶときは、それなりに神経を使うのかもしれない。
午後は、お迎えのあとガイコツ。2時間ほど遊んで帰宅。
夕飯は、じゃがいも/にんじん/小松菜入りスパニッシュオムレツ。最近小松菜はお味噌汁に入れてばっかりで飽きたので、オムレツに入れてみた。こっちの方が味の主張がなくて、子どもたちは食べやすそう。お味噌汁にはとよみ畑のほうれんそうと豆腐。あとは、焼き魚(うす塩サバの小さい切り身)、畑のサニーレタスとスナップエンドウ、アボカドのサラダ。

5/14 SUN

夜中に起きて、お弁当作り。物語の推敲作業などもして、またすこし寝る。
今日は2017年度「森のようちえん」1回目。『エグゼイド』見て、朝ごはん食べ、荷物をつめて、出発。2015年度の一年間、アキと息子が月に一回行っていたけど、わたしは臨月、6月出産〜という流れだったので、参加できたのは、娘が半年を超えて、かつ暖かくなった3月だけだった。去年(2016年度)は息子が「行かない」と言ったので申し込まず。今年はどういう風の吹きまわしか、「行く」と。
10時に室池集合。引率役の「ホリデー」先生は、息子のことをばっちり覚えていてくださり、「大きくなったね〜!!」今回の引率リーダーは「マッピー」、新卒で入ったばかりの女の子。ベテランのホリデーは補佐役。マッピーは、これまでもいろんなキャンプなどに参加したりしてきてるだけあり、新人さんと思えないくらい、安定感がある。参加しているのは、20組の親子。未就学児まで、というくくりなので、息子をふくめ、数人の年長さんが一番上。山道を歩きつつ、のぼれそうな崖があったらのぼったり、虫や草花に立ち止まったり。野いちごの花はもう咲ききっていたけど、実はまだまだ青い。食べられるのは来月かな。息子は、最初「遊ぶものがない」などと文句を言っていたけど、途中で一つ下の男の子「たいちゃん」と意気投合して、そこからはスパーク。はしゃぎまわって遊びはじめた。友達ができるかできないかで楽しさがまったく違うので、本当によかった。娘はあくまでもマイペース。お弁当を食べたあと、先生がキャリーカートで電車ごっこを始めると、2,3歳の子たちが「のる〜!」とあつまってくる。娘もその列にならんで、何度も乗せてもらっていた。そのあいだも、息子はたいちゃんと遊びまわる。よく晴れて、湿度は低く、山の中はとても気持ちがよかった。わたしも次が楽しみだ。
帰りはイオンにより、『ポケモン』の7月公開の映画の前売り券を買って、久世福商店の和ジェラート食べて、帰宅。
夜は、実家でごはん。母の日のプレゼントもわたす。
帰宅後全員へとへとで、9時台にふとんに入るも、娘がまた「ねない」といって泣きはじめる。アキが、いつも車で音楽をかけるとすんなり眠ることからヒントを得て「iPhoneで童謡流してみたら?」と提案。これがばっちりハマり、ぱっと泣き止んで、みずからふとんに入り、そのまますんなり眠ってくれた。みんな寝たので、誰も携帯をとめる人がおらず、プレイリストがおわるまで、ずっと流れつづけていたと思われる。

5/13 SAT

朝から雨と風。アキは友人の木村さんと会うので合気道へはいっしょに行けなかったけど、マンション下まで車をとってきてくれた。この前、BBQで初めてあった同い年のムサシくんが来ていて、息子は大はりきり。いつもわりとぼや~っとしてることが多いけど、初めたばかりのムサシくんにあれこれ教えてあげていた。「教える」ことで、技も心も成長するんだなあ、と見てて思う。先生にも「最近ほんとうにうまくなったね」とほめられていた。帰宅する頃には、雨も風もほぼやんだ。
お昼は、ミネストローネ再利用のスパゲッティ。水とケチャップとコンソメをたして。スパゲッティを別茹でせずに直接スープに入れたら、スープをすいこみ、小麦粉がとけだして絶妙にとろみが。最初息子に「スープでスパゲッティつくるわ」と伝えたら怪訝な顔をしていたが、食べると「おいしい!」となった。午後は、図書館へ。その後、車でブロッサム(アウトレット)に行く。そこでアキと待ち合わせ。杏子もついてきた。モンベルで、帽子や靴を買った。
帰りはとよみさんちに寄って、母の日のプレゼントをわたす。夕飯をごちそうになった。チキンナゲット、お茶っ葉のてんぷら、冷しゃぶ、ポテトサラダ、すまし汁。

5/12 FRI

朝から気温が上がる。暑いくらいで、娘はノースリーブ。
園に送ったあと、そのまま市役所へ。先日鳥取で脱臼したときに、県外受診扱いで医療助成されなかった(ふだんは500円払うだけだけど、3割負担だった)ので、それの還付申請に。すると、「これは5月ですねぇ。当月ではなく、翌月以降にきてほしいのですが」と言われる。(おそらく、同月に再診したりしてまた書類処理が必要になると面倒だからだと思われる)えぇ〜せっかくきたのに…とガックリしていると「もう受診はされませんか?」ときかれたので「しません!旅行先だったので」ときっぱり答える。「じゃあ今回は受けます」と処理してくれたので、ほっとする。融通きかないお役所仕事にしてはナイス! そのまま川沿いの公園へ行き、駅前のスーパーで買い物して、帰宅。急いでごはん、12:50に幼稚園へ。
今日は母の日の白玉パーティ。ドタバタだったけど、息子が年少のときに作ってくれたネックレスもわすれずかけていった。年中はアームバンド、年長はフエルトちくちく組み合わせたブローチ。星型だった。このブローチの色合いとネックレスの色合いがどちらも原色を中心としていてとてもよく似てる。Kちゃんのはネックレスもブローチも水色とピンク。2年を経ても、やっぱり好きな色合いってあるんだな。ママの似顔絵のプレゼントもあったのだけど、去年までは自分が好きな色を選んでかいていたのが、今年は「ママは女の子だから」とピンクのハートをあしらってくれていて、「ああ、自分が好きなものではなく、受け取るその人の立場にたってものをつくることができるようになったんだなあ」と感慨深い。(わたしがピンクのハートが好きかどうかは別として…)毎年恒例、子どもたちが作った白玉入りフルーツポンチもいただく。「ポンチ」というちえちひろと作った絵本を気に入ってる娘だが、実際にフルーツポンチを食べるのは初めて。喜んで食べていた。うちの園の行事(運動会以外)では、写真係のママが写真を撮ってくれる(他のママは撮っちゃだめ)のだが、香ちゃんが「ほんといいシステム!行事を心から味わえる〜」と喜んでいた。同感。
降園後はガイコツへ。1時間弱遊んで引き上げ、家であわてて夕飯準備。杏子に娘をあずけて、自転車で英会話へダッシュ。もう朝からほんとうに息つくひまもない。
夕方、今日も昼寝してない娘をユサユサとどうにか起こしてシャワー、お風呂、ごはん。ドラえもん前にすべて終わらせることができた達成感!夕飯は、キャベツ、ほうれん草(とよみ畑)/豚バラ/ブロッコリーの重ね煮、ミネストローネのこり。

5/11 THU

朝、幼稚園送ったあと、前髪切りたいな、とふと思う。今行ってる美容院は園のすぐそば、10時からなのでオープンまでまだあと10分ちょっとある。電話してみたら「今すぐでもいいですよ」とのこと。「すぐ行きます」と言って、1分で到着。「ほんとに早かったですね!」とおどろかれる。前髪カットも5分で終了。娘はおとなしくすわって待っていてくれる。5分とはいえ、1歳の子が「おとなしくすわって待つ」ことができるのがやっぱりいまだに驚き。
午後、園にお迎え、そのままガイコツで遊ぼうかと思ったけど、幼稚園で「こうじげんば」の遊びをして靴がびしょぬれになったから「帰ってミサトっ子に履きかえたい」との要望。いったん帰る。このミサトっ子、大山ではいていたら、地元のおばあちゃんに「ぞうり、上手にはくねぇ〜」とほめられていた。今年はわたしもアキもミサトっ子デビューするかもしれない。
夕飯は、残りもの野菜入れまくりミネストローネ(にんにく/たまねぎ/にんじん/キャベツ/ナス/ズッキーニ/セロリ/トマト/鶏ミンチ)。スープより具の方が多い。あとはニラまんじゅう、サラダ菜とスナップエンドウのサラダ。畑のスナップエンドウはゆでるとすごく甘くてはじけるようにみずみずしい。

5/10 WED

朝からくもってひんやり。小学校では運動会の練習が始まってるので、きっとこれくらいの天気がありがたいだろう。
園に送ったあと、クリーニング受け取り、公園、スーパー(キャベツのみ)、和菓子屋さんでお菓子予約(今度の新歓のため)して、帰宅して少しそうじしたら、もうお迎えの時間。午前保育は一瞬だ。
おやつはフレンチトースト。今朝の『ひよっこ』に出てきたのを見て、息子が食べたくなったらしい。うちにはグラハム食パンしかなかったけど、それでもじゅうぶんおいしくできた。メイプルシロップかけて。昨日ゆうゆとじいじからもらったラジコンを持って、まず図書館、それから公園へ。喜んで走らせる息子。娘も最初の5分くらいはきゃっきゃ言って追いかけてたけどすぐ飽きて、砂場に移動。公園には「子ども見守り隊」というタスキをかけたおじいちゃんがいる。こういう人が見守ってくれていると思うと、安心だ。先日、見守り隊に参加していた人が殺人事件を起こすという信じられない事件が起こったけれど、だからといって、見守り隊の人たちみんなを疑ったら、わたしたちの負けだ。ロンドンにいるとき、テロが起こって、その後しばらく地下鉄やバスでリュック背負ったイスラム系の人を見ると、まさか…と思ったりしてしまった。が、基本的にロンドナーは冷静で、翌日から地下鉄も動いていた。それを見て、「そうか、社会に恐怖心を植え付けることがテロリストの狙いでもあるんだ。そういう意味ではロンドンでは失敗したな。わたしも、怖がるのはやめよう」と感じた。気をつけるべきところはもちろん気をつけなくてはいけないけど、地域の人を信じることをやめてはいけない。信じる力そのものが、良い磁場をつくる。
夕飯は、いわしとごぼうとにんじんの圧力煮、お味噌汁、サラダ、ほうれんそうシューマイ(コープ)。

5/9 TUE

息子の誕生日。がばっと起きて、着替え、ごはん、かばんのお支度など猛スピードでやる息子。「いちばんに幼稚園に行きたい!」というので、早めに家を出た。はりきってるなぁ。送ったあとパンダ公園ですこし遊び、スーパーで買い物。日曜日に誕生パーティをしたけど、息子が当日も何か好きなもの食べたい、というのでウナギを少しだけ買った。昨夜もまだカード作りをしていたので、今日も眠い。どうにか娘が寝てくれれば一緒に昼寝できるのだが、どうやっても寝ない。結局わたしだけがうとうとすることに…。昼も夜も、とにかく寝かせるのに一苦労。昨夜など、あまりに疲れすぎて寝る直前に夜泣き状態になり、わあわあ泣きわめいて、ごろごろふとんを転がった拍子にふすまの角におでこをぶつけて流血/たんこぶ。なのでどうにか今日は昼寝してほしかったのだが、結局昼寝なしコース。
午後は、園庭掃除。雨がぱらついていたけど、どうにかもった。GWあけで一週間ぶりくらいに会ったママたちに「焼けたねぇ」とか「なんか背が高くなった」「少年っぽくなった」と言われる。わたしもよその子を見ると、「背が伸びた」と思う。春や夏は植物と同じで人間も育つのだ。
今夜も息子のカードづくり。デザインが決まり、素材も準備して、あとは仕上げるだけ。このときがいちばん楽しい。素材のひとつに、息子が1歳半くらいの写真があるのだが、やはり娘に似ている。大きくなったなぁ。
夜、マルタ島にいるゆうまと子どもたちがビデオチャット。

5/8 MON

GWウィーク明け。昨夜夜更かししたので眠い。夜更かしはしたくないのだけど、幼稚園で、年長さんの誕生日にはママの手作りカードを作ってあげなくてはならず、それも先生は「凝らなくてもいいんですよ」とおっしゃるが、みなさんなかなか凝ったのを作られ、息子はそれを見てきているので、あっさり文章しかないカードなど渡したら確実に文句を言われることうけあいなのである。というかすでに「カードに、ジャガーとワニかいて」などとリクエストをされている…。本来カード作りは大好きな作業だけど、とにかく今は時間がない! しかしどうにか来週までにはやらなくては。
息子は、昨夜ハリーの映画を見ていたけど、GW中のめり込んでいた原作ほどにはエキサイトしていなかった。どうやら、本と映画は別物、本には本のおもしろさがある(往往にして映像よりおもしろい)ということがわかってもらえたみたいだ。
娘は1歳なりに兄に負けたくないらしく、逆上がりができた兄に対抗して、自分も鉄棒にぶらさがり「ちいさい さかあがり できた!」(←一応「ちいさい」とつけるところが可愛い)。大山でウグイスの真似をして口笛がふけるようになった息子に対抗し、口をすぼめて「チュー、チュチュチュ!」。
今日はプール振替、MR二期目の予防接種(息子)などドタバタで、娘昼寝をしそびれる。あまりに疲れすぎたらしく、寝る前、まれに見る大号泣。横隔膜がひっくひっくとなってしまって、泣きなくないのに何度も「うわーん」となり、こっちが泣きたかった。
夕飯は、ぎゅうぎゅう焼き。鶏もも肉、ソーセージ、かぼちゃ、ナス、ズッキーニ、オクラ、万願寺とうがらし、ユキレイタケ、ブロッコリー。1度じゃ焼ききれないので、二回に分けて焼いた。

5/7 SUN

『仮面ライダーエグゼイド』から始まる朝。わたし以外の3人で合気道へ。そのあいだに、洗濯、そうじ。ようやく荷ほどきが終わった。お昼を食べ、杏子ものせて、足立のおばあちゃんちへ。おばあちゃん本人はもう施設に入っていて、今はそこに暮らしていない。母はすこしずつ掃除や整理をつづけていたが、とうとう思い切って、いらないものを業者に引き取ってもらうことにしたそうだ。その前に、何かいるものがあったらもらっておいて、ということで、今日見に行ったわけである。杏子は土鍋、食器、カゴ、布など、わたしもカゴ、鏡、お皿一枚、バッグをひとつ、アキは計算尺とペン入れをもらった。おじいちゃんと母が使っていた木製の学習机があり、可愛いデザインなので、もらいうけて修理しようか?という話も出たが、そうなるとあらためて出直さなくてはいけない。さて、どうなるか。おじいちゃんもおばあちゃんも健在で(おばあちゃんはまだ元気だけど)そこにいたときのことをよく覚えているので、こうして家が使われなくなり、空っぽになっていくのを見るのは切なかった。今回の大山旅行でも、グラスを買ったり、布を買ったりしたけれど、そうしてあつめたものも、わたしやアキが死ねば、雲散霧消してしまうのだろう。この先家を建てたとしても、永遠にそこにあるわけではない。自分が生きているのは、本当につかの間なのだ、としみじみ感じる。このつかの間に、いったい何ができるだろう。子どもたちをどうか無事に育てられますように、誰かの心にとどく、物語を書けますように。できるならば、この世を去る直前まで、わたしは仕事をしていたい。このいただいた命を、最後の最後まで燃やしていたい。おばあちゃんの家は3階建てなので、全部見ていたら意外と時間がかかってしまった。今夜は息子の誕生日会をする予定なので、あわてて帰る。
アキと子どもたちは図書館→公園コース。わたしは、買い出しのあと、料理。メニューは、グラタン、サラダ巻き。グラタンは、マカロニをゆですぎて、ホワイトソースが足りなくなり、あっさりしすぎた仕上がりに。サラダ巻きは杏子が巻いてくれた。とよみさんが手作りスポンジケーキと山菜のてんぷら(タラの芽、サルトリイバラ)を持ってきてくださった。あとはサラダとお味噌汁。息子は原作を読み終わったので、『ハリーポッターと賢者の石』のDVDを早速見ていた(実家から借りた)けど、途中でとめて、ケーキのかざりつけに参加。プレゼントの光るビー玉ももらってご満悦。ほんとの誕生日はまだあと2日後。

5/6 SAT

昨夜大山から帰ったも遅かったし、多少荷ほどきしてから寝たので、眠い。洗濯物が山のよう。
今日は合気道も行かずにゆっくりしようと決めていた。これまで毎日晴天だった天気も、一休みという感じで曇り空。雨もぱらぱらと。干せないほどじゃなかったので、洗濯を3回まわす。息子は大山で佳境に入っていた『ハリポッターと賢者の石』に夢中で、アキにずっと読んでもらっている。
お昼はてきとうにスパゲッティとお味噌汁。食べたらますます眠くなり、昼寝。起きたらもう夕方。アキは会社の新歓だったので、『ハリー』のクライマックス~終わりまではわたしが読んだ。娘はつまらないので、どうにかじゃましようとがんばっていたが、無事読了。何度読んでもすばらしい。
娘のおしゃべりは、刺激いっぱいの旅行を経て、ますます饒舌に。なにか気に入らないことがあると、「~~っちゅーのって!」使用例:「もうごはんおしまい?」「まだっちゅーのって!」。けど、絵本のウサコちゃん(ミッフィー)のことは、「アサコちゃん」と…。最初に「アサコちゃん、よんで~」と言われたときはびっくりした。夜、わたしが髪をかわかしていたとき、娘が自分もやってほしいとせがんできた。「でも、もうかわいてるよ~」「いちおう やって」一応!
結局今日は一度も外に出なかった。この4日間動きまくっていたので、ようやくバランスがとれた感じ。

5/5 FRI

大山最終日。昨日まではからっと乾燥していたけれど、今朝はすこしくもっていて、空気にしめりけを感じる。
朝ごはん、と思ったら、パンもごはんもすこししか残っていない。ホットケーキを焼く。慣れないコンロとフライパンなので、一枚めはうまく焼けなくて、ちょっとこげてしまった。けど食べられないほどではなく、『からすのパンやさん』のこげたパンってこんな味かな、という味わい。二枚めは、きつね色に焼けた。
午前は「まきばミルク」の丘へ。お盆のときは毎日のように遊びにくるけど、今回は遠出ばかりしていたので、最終日にして、一回目。恒例だったソフトクリームはだれも食べず。原っぱでボール遊び。こんな野原が家の近くにあればなぁ! 大山寺の参道でお昼。わたしは山かけそば(温)、アキはカレーうどん、息子はカレーライス、娘は牛丼(1/3。残りはみんなで分けた)。カレーライスには今どきめずらしい真っ赤な福神漬けがついていて、漫画に出てくるカレーみたい。
そこから、わたしの運転で松江へ。子どもたちちょうど昼寝の時間で爆睡。BGMはガーシュイン。spotifyのオフライン保存機能を使えば3000曲以上ストックできて便利。松江では昨日に引きつづき、objects。目当ては山陰の古布。明治前期、もしかしたら江戸後期のものも混ざってるかもしれないそうだが、そんな古い布とは思えないくらい保存状態が良い。それを一枚一枚ながめながら、志村先生の『一生一色』にたしか山陰の女性たちが織る布についての記述があったのをうろおぼえだけど思い出していた。野良仕事に追われる中で、この機織りに向かう時間は、楽しく幸せだったのではないか、と。そして、家に帰ってきてから、こんな箇所を見つけた。「私はふと、彼女を包む白い領域とでもいうようなものを思い浮かべた。彼女は知らずして、夫や子供のために心をこめて機を織っている。そのとき、何かが彼女を助け、白い領域にいざなってこの仕事をなさしめたのではないだろうか。今の人は精巧な計算尺を持っていて、驚くほど巧緻な絣を織ることが出来る。しかし彼女達は質素な計算尺しか持っていなかった。ただ家族のうえを思う計算尺だった」 すこし迷った末、松竹梅の柄を選んだ。この布を織った人は、もうこの世にはいない。でも、布は残った。こんなにもきれいに。アキはH.P.Eの名刺入れを気に入って買った。
ペンションに戻ってそうじ。その後、ラピスパへ。プールでちょっと遊んで、水着脱いでお風呂。その後、食堂でごはんを食べたあと、休憩室でまったり過ごす。子どもたちは歯磨きの仕上げも。大人ひとり650円、幼児は無料で、こんなにゆっくり過ごせる施設があることが驚き。ものすごく居心地が良くて、まるで親戚の家みたい。
21時ごろラピスパを出て、13時ごろ大阪の家に到着。

5/4 THU

大山3日目。あっという間だ。
今日は、出雲の日御碕灯台まで足を伸ばしてみることにした。いつもお盆の時期にきていて、ペンションがある山の上はそれなりにすずしいけど、山をおりると大阪と変わらぬ暑さなので、小さい子連れで遠出はきつい。いや、小さい子連れじゃなくてもきつい。でも大山を起点に行ってみたい場所はいくつもあった。今回初めてGWに来てみたけれど、湿度は低いし、天気もいい日が多いし、遠出してもそこまで疲れることもなく、最高だ。今朝も空には雲ひとつなかった。日御碕が近づいてくると、海岸段丘から底まで碧く澄んで見える。釣りの名所でもあるようで、海岸や沖の小舟に釣り人たちがたくさんいた。灯台のまわりはちょっとした観光地になっていて、食事処やみやげどころが両側に並んでいる。そのうちの一店で昼ごはん。海鮮丼。魚がどれも新鮮。灯台の中をがんばってのぼる。行き違いできないくらいせまいので、途中渋滞が起きたり、きゃあきゃあはしゃぐ娘をアキがずっと抱っこしなくてはいけなかったり、気分がわるくなって救急車で運ばれる人が出たり(←知らない人)、となかなか大変だったが、無事上まで行き、降りてこれた。段丘の上を散歩したあと、日御碕神社へ。伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」 との神勅により祀ったのが始まりと言われているそうだ。せっかく出雲まで足をのばしたので、ここはやはり、出雲大社にもお参りしよう、ということに。駐車場では西日本各地のナンバープレートが並び(アメリカみたいに、色もデザインも違うとおもしろいのにな)祝日なので、ものすごく大きな日の丸がはためいていた。その後、出西窯にちらっと寄る。うちにひとつだけあるモーニングカップは非常に秀逸なデザインで使いやすいので、もう一つ買い足すことに。でも、窯の雰囲気は、洗練されすぎていて、無機質な感じがした。松江のobjectsにもちらっと寄ったのだが、おなかがすいたのと疲れたのとで頭がクラクラして、まともに見れなかった。すぐ近くの回転寿司でごはんを食べたら、げんきんなくらい回復した。でも、あとからアキと話して、どうしても気になる古布の束があったので、明日また松江に行くことになった。遊びつかれた娘は、めずらしく車の中で寝てしまった。息子はすこし昼寝をしたこともあり、帰りの山道で星空をながめたり、ペンションにもどったあと、アキに『ハリーポッター』のつづきを読んでもらったりしていた。

5/3 WED

朝起きて、自分が大山にいると気がつくと、ふかく息をすいこみたくなる。すがすがしい。
朝は、水を汲みにいったあと、『森の国』へ。アスレチックでたっぷり遊ぶ。が、2時間くらい遊んだとき、娘が急に泣き出した。アキと手をつないでいて、変なふうにぐねったらしい。ふだんこけたりぶつけたりしても、めったに泣かない娘が「いたい いたい」と言って、泣き止まないので、これはおかしい、ということで我々も青ざめて祝日でもあいてる病院へ急ぐ。結果は肘内炎。かんたんにいうと、ひじの脱臼? 先生は2秒くらいでちょいちょいっとひじをさわって治してしまった。すると娘はなんでもなかったように泣き止んだのでほっとする。わたし自身はよく腕が抜ける子だったらしいのだが、息子は今まで一度も抜けたことがなかったので、びっくりした。
お昼は、持田農園で焼肉ランチ。おばちゃんには完全に覚えられていて「おー、お久しぶり」とあいさつされる。農園内ののびのびした空気で気持ちがリラックスできる。町のスーパーやドラッグストアにも行ったけど、店員さんがみな優しい。たとえば、ポイントカードをレジで5分くらいかけて探したおじいちゃんに、「みつかってよかったですね!」と声をかけたり、同じくレジで盛大にくしゃみして鼻水をたらした息子に、さっとティッシュをくれたり。なんでもないことかもしれないけど、こういうちいさなところに、その土地のゆたかさや余裕があらわれる。
午後は、温水プール『ラピスパ』で遊ぶ。息子はとにかく水が大好き。娘は初プールだったが、きゃあきゃあばしゃばしゃと、はしゃぎまわっていた。
夕飯は、ペンションに帰ってそうめん。スーパーで買ったお刺身盛り合わせ(半額)がおどろくほど新鮮だった。あとはお魚コロッケ、ブロッコリー、きゅうり、ミニトマト、即席のお味噌汁。デザートはスイカ。この時期は熊本のもの。7月8月になると鳥取産のが美味しくなる。
ペンションにはソファがないので、部屋の中であまりゆったりとくつろげない。わたしが子どもの頃からあるビーズクッションはもう完全にへたってしまっていて、使いものにならないし。自分がこの部屋を改造できるなら、真っ先にソファを買うな。

5/2 TUE

大山で起床。大人は昨夜の移動疲れがまだすこし残っているけど、子どもたちはあくまで元気。息子はとにかく大山が大好きで、ひたすら「将来はここに住む」と言っている。この季節にくるのは初めて。夏とはやっぱり風景がちがう。緑がまだそこまで濃くなく、やさしい色をしてる。田植え前の田んぼにはレンゲが咲き乱れ、山には藤が。都市での藤は、おとなしく藤棚におさまっているけれど、山の藤は、手当たりしだいまわりの木々に巻きつき、あちこちをうすむらさきにそめている。まるでクリスマスツリーのライトみたいに。本宮の泉に水を汲みにいったら、たくさんの水芭蕉が清冽に咲いていた。
今日は一応平日(息子は幼稚園を休んでいる)なので、各地まだそこまで混雑はない。鳥取砂丘へ行ってみることに。いつも行きたいと思ってたけど、お盆の時期は暑すぎて、決行できていなかった。着いてまずお昼。砂丘の名店『鯛喜』朝9時ごろ行かないと整理券がもらえず、ついた頃にはとっくに売り切れていた。鳥取駅前まですこし走り、『すなば珈琲』に行ってみるも、お昼時なのでここも混んでいる。てきとうに亜羅琲香(アラビカ)という古めかしい喫茶店に入ってみたら、ナポリタンも、サンドイッチも、全部美味しかった。砂丘では、(まだ平日ということもあって)すんなり車を停められた。全員くつを脱いで、やわらかな砂をふみしめて歩く。太陽の当たり具合によって、あたたかいところと、ひんやりしたところがある。いつでも「スプーン」(←お砂場セットのまるスコップ)を持ち歩いている娘は、巨大なお砂場に大はしゃぎ。初めはすくったりして遊んでるだけだったけど、次第に全身使って転がったりすべりだいのようにして遊んでいた。夏だったら、暑すぎてこんな風には遊べないと思うので、この時期にきてやっぱり正解。丘の上まで、がんばって歩く。わたしと娘はなだらかな方から、息子とアキは急な斜面の方から挑戦。頂上にちかづくと、風がつよい!それを耐えてどうにかのぼりきると、ぱっと視界がひらけた。美しい海。人生もこれに似た部分がある。だんだん海が見えてくるのではなく、地道にのぼりつづけていると、ある瞬間景色がガラッと変わる。
帰り道、子どもたちは車で爆睡。夕飯は、『ガンバリウス』へ。美味しいビールに、アキは幸せそう。豆腐サラダ、マルゲリータ、大山鶏の丸焼き、ハーブの効いたソーセージ、ポテト。帰りは飲んでないわたしが運転。

5/1 MON

大人はGWだけど、子どもたちは平日。アキは前の会社の人たちとゴルフ。晴れてるけど、息子を園に送る際、向こう側に黒い雲が見えて、それがどんどん近づいてくる。ざっとくるかな、と身構えていたら、ぱらぱらとふっただけだった。今夜から大山なので荷造りをしなくてはいけないが、娘が退屈するので、とりあえず砂場遊び。砂というか、水遊びに近い。わたしは一人バケツリレーのように、せっせと水をくむ。途中、知り合いの子(同じく1歳10ヶ月)と会った。わあわあ泣いていて、ママは困っていた。公園にいるのもいやだし、帰るのもいや、という感じで。その子はまだあまり言葉をはっきり話さないので、どうしたいか伝えられずにかんしゃくを起こしているように見えた。言葉が早くても遅くても、3歳くらいになれば、だいたいみんな追いついて同じようになるのはなるので、早い方がいい、とは思ってないけど、1歳代からくっきりと意志を伝えられると、(親にとっても子にとっても)やっぱり便利だな、と思う。
大山にはネットがないので、今日のうちにコープの注文もしておかなくてはいけない。しかしわたしがパソコンに向かっていると、娘はだっこだっこのおおさわぎ。そうこうしているうちに、息子のお迎え時間。
彼が帰ってくると、娘がはしゃいで、ますます荷造りはすすまない。業を煮やして、母を召集。半分くらいは、どうにかつめおわる。
のこりは結局、アキが帰ってきてからになったし、今日の夕飯(畑のスナップエンドウとソーセージとキャベツの炒め物、畑のサラダ菜たっぷりサラダ、コープの鶏餃子、おみそしる)の片付け、洗濯などしていたら、結局出発は10時半すぎに。大山についたのは、2時半ごろ。車を降りたときの、空気の清涼感と空の星の数に、いつでもハッとする。

4/30 SUN

朝から、ぐんぐん気温があがる。ひとりだけ早起きできたので、まず洗濯機をまわしてから、物語の推敲をしたり、日記を書いたり。そうするうちにまず息子が起きてくる。やっぱり今日も『キュウレンジャー』は見ないらしく、『エグゼイド』のみ。オムレツサンドをリクエストされたので、卵を焼いて、ついでにブロッコリーも焼いた。買わなければいけないものもいろいろあるけど、最近ネットショッピングが面倒で(実際店に行くのはもっと面倒だけど)あとまわしにしていた。そういうのもまとめて買う。ずっと画面を見ていると、あの言葉が胸をよぎる。「選びつかれて眠るより、遊びつかれて眠りたい」。
アキは起きるなり、ゴルフ打ちっぱなしに。明日、ひさしぶりのゴルフだそう。打ちっぱなしに行くのもそうとうひさしぶりだと思う。帰宅後、みなで公園に行き、そのまま自転車で畑へ。とよみさんがせっせとお世話をしてくださっているので、いろいろすくすく育っている。今日は、スナップエンドウとサラダ菜を収穫。娘はお気に入りのピンクのバケツを最近どこにでも持ってゆく。たくさん採れたスナップエンドウは、そこに入れさせてもらった。帰り、自転車の前席で、バケツごとかかえながらぽりぽりかじっておられた(でも、すじがかたいので、しがんで出す、という)。お昼は、マルちゃん製麺のしょうゆ味と、昨夜の残りのチヂミ。
午後は、そうじや買い物など。
夜は、父の誕生日祝いも兼ねて、実家で手巻き。

4/29 SAT

昨夜わたしは杏子と遅くまでしゃべってたし、アキは飲み会で遅かったので、ふたりとも起きられるか不安だったけど、意外とすんなり起きられて、無事合気道へ。息子が「チーズバーガーたべたい」とめずらしいことを言ったので、モスへ寄り、さらにそのあとビバに寄って、色画用紙(わたし、息子)や木材(アキ)など買って帰る。
午後、アキはその木材でさっそくDIY。今回は、リビングのカウンター下にはめこむ本棚らしい。わたしは、寝不足だったけど、頭痛とかは全然ない。でも眠すぎたので、子どもたちが録画の『おさるのジョージ』『ひつじのショーン』見てるあいだに、昼寝。起きると、本棚ができていた。まるで備えつけだったみたいに、立派な出来!息子がガイコツ行きたいと言ったので、自転車2台で出発。外はさわやかに晴れていて、前とうしろに子どもたち乗せて自転車で走っていると、幸福感につつまれた。いつまでもこうして走っていたい、と思うくらい。ガイコツでは、息子が颯爽とさかあがり。娘も真似してぶらさがる。
夕飯は、チヂミ。ニラだけではなく、たまねぎ、にんじん、ちくわも入れ、子ども用にチーズ、大人用にキムチ入りも。おいしかったけど、チヂミって、ごま油で揚げ焼きのよういんするので、たくさん食べると胃がもたれぎみに…。キャベツたっぷりのお好み焼きとちがって、粉の分量も多いし。やっぱり、副菜とかおつまみとして食べるのがちょうどいい。
就寝前、まさやがこの前出した『キッチハイク』を読む。おもしろい〜。

4/28 FRI

からっと晴れ。さわやか。
朝、100均でバケツを買う。うちの黄色いバケツに穴があいたので。みどりいろをのゲットしたら、娘が「ピンクも!」という。しかたないので、ピンクも。それをもって、公園で砂遊び。バケツに砂を入れて、ざばーっと自分に向けて流したので、下着の中にまで入りこんでしまう。帰って、シャワー…。今日は早起きだった娘、昼寝のあいだに、わたしは夕飯準備、メールの返信など。
午後は、杏子に娘をたくし、息子と陽太くんをお迎えに。大きなこいのぼりを持って帰ってきた。年があがるにつれ大きくなるので、年長さんのこいのぼりはでかでかなのだ。帰宅後すぐ、ザリガニ釣り。杏子と娘もきて、一緒に遊ぶ。が、まず息子が池にはまり、ズボンと靴下をかえてミサトっ子(ぞうり)で戻ってきたら、次は陽太くんがはまっていた。男子って…。陽太くんにはサンダルをあてがう。杏子がいてくれたので、娘をまかせてわたしだけマンションを出入りできたので助かった。ぞうりとサンダルの男子を連れて、英会話。
夕飯は、オムライス。この前クックルンでやってた和風ポテトサラダ(きゅうりを塩昆布でもんで、混ぜる。本来はそこにちくわも混ぜるけど、なかったので魚肉ソーセージで)。お味噌汁のこり。杏子もオムライス食べていった。
今日、とあるママにこんな話をきいた。新一年生になった男の子が初めて仲良くなった子が、親の小銭を盗んでスーパーに行くことを常習にしている子だった。その子もさそわれて、同じことをしそうになってしまった。そこで、そのママは小学校の担任の先生にはもちろん、幼稚園の先生方にも相談したそうだ。園の先生の答えは、きっぱり「その子とは引き離したほうがいい」だった。小学校高学年ならまだ本人に考えさせる余地があるけれど、低学年ではどうしてもそういう子が近くにいると引っ張られてしまうから、と。園の先生方は、幼稚園では徹底的にその子の意思を尊重する、というスタンスなので、そこまできっぱりとした答えが返ってきた、ときいて、わたしもびっくりだった。(といっても、本人に「その子とは遊ぶな」というと反発するので、うまくやってください、ということだったみたいだが)先生はこうもおっしゃったそうだ。「うちの幼稚園に来てる子たちは、基本的にご両親に愛されている子たちです。でも、小学校に行くと、悲しいけれど、そうではない子もいるのです。その子もどうにかしてあげたい、という気持ちはよくわかるけれど、まずはご自分のお子さんを守ってください」と。長年、たくさんの子、親と接してきた先生の、その答え。考えさせられた。

4/27 THU

4/27 THU
昨日の雨は、朝にはあがっていた。自転車置き場に向かう途中、マンションの中庭にあるベンチサイズの大理石に目がとまる。昨日の夕方に、誰か(子ども)が植え込みのパンジーを7輪つみとって、ならべていた。うすむらさきのパンジー。大理石には雨がたまっていて、雨上がりの空と雲を反射していた。
息子を送ったあとは、教材作り。1時間くらいで引き上げ、スーパーへ。ほんとはこんなに毎日スーパーに行きたくないのだけど、今週からコープの配送が火→金に変わっていて(ちゃんとしたお知らせがなく、チラシの中にわら半紙一枚がはさみこまれていただけで、気づかなかった。コープ自然派、まだそういうところが弱い…)届くはずのものがまだ冷蔵庫にないのだ。父の誕生日だったので、シャクヤクを買い、美味しそうだった石窯焼きのレーズンパンとともに届ける。
午後は、プール。今日は背泳ぎのテスト。息子は自信あるみたいだったけど、終わってみると、初の不合格だった。素直に「くやしい」と言う。テスト恒例のアイスは、ソーダ味を選んでいた。くやしい味だっただろう。でも、家に帰ってから、さりげなく、「どこがあかんかったん?」ときいてみると、落ち着いて、コーチに指摘された点を話してくれた。きっと息子は背泳ぎ得意になるだろう。
夕飯は、マッシュポテトのベーコン巻き。最後は照り焼き風の味つけで仕上げ。ベーコンだと大きさの調整がしづらくて、ひとつがめちゃくちゃ大きくなってしまった。今度は、豚バラでやろう。でも、子どもたちに大好評。あとは、煮物残りとわかめと豆腐のお味噌汁。
娘は今日も昼寝なしで、19:30に寝てしまったので、息子とゆっくり絵本が読めた。
そういえば息子はしょっちゅう「大山に住みたい」と言っているのだが、昨日はとうとう「大山でおよめさんさがして、こどもをうんでもらって、はちゅうるい学者になる」と人生設計を語っていた。

4/26 WED

朝から雨。
車で幼稚園に送って、そのままスーパーに行こうとしていたら、杏子が実家の玄関からひょこっと出てきて、「予定があったけど、なくなってひまになったからついていこうかな」と一緒に車に乗り込んでくれた。雨の移動となると、自分で傘をさせるようになった息子はともかく、娘が大荷物となる。抱っこひもに入っていてくれたときは、可愛い小さな荷物、ですんだけど、今は「ながぐつ はく!かさ さす! あうく!」と主張するので…。そんなとき、大人がもう一人いてくれた大助かり。スーパーでは、大粒のいちごが安く売られていた。いちごの季節も、もう終わりかな。熊本のスイカが出てきている。5月になったら買ってみよう。スーパーのあと、そのまま杏子が家まできてくれた。娘の相手をしてくれているあいだに、さっと掃除機をかけ、午前保育の息子をまた車で迎えに行く。息子を連れ帰ってきて、みんなでチャーハン。今日はたまたま何件か電話する用事があったので、杏子がいて、これまた助かった。
小学校も家庭訪問ウィークで帰りが早いので、今日もHくんと遊べる。娘はまたしても杏子にたのみ、息子とHくんをピックアップ、ついでに図書館も寄り、ようやく娘を受け取って帰ってきた。この前千絵ちゃんが(娘の木子ちゃんの面倒を千尋ちゃんがものすごく見てくれるので)「妹って神だよね」と言っていたが、ほんとうにそのとおり。午後の雨。この前ユニクロでもらったディスカバリーチャンネルの恐竜のDVDをまず見るふたり。わたしは夕飯の準備をしていたけど、なんだか疲れて眠くなってきたのでソファでウトウト。そしたら、いつのまにか「ねことねずみ」のボードゲームを出してきて、ふたりで遊んでいた。ルールもちょっとややこしいのに、6歳前後になると、こういうのも自分たちだけでできるようになるんだ…。娘も、なぜかじゃますることなく、(兄たちがいるから安心なのか)ご機嫌でひとりあそびしていた。雨がやんだので、みんなでザリガニ釣りに。途中、年長さんの担任マリコ先生が(いつもお孫さんの保育園送迎されてる)が通って、息子たちに「やっほー!」と声をかけてくださった。幼稚園の先生の顔をみただけで、なんだかわたしまでほっとしてうれしくなる。
夕飯は、ニラチヂミ、煮物(あつあげ/きりぼし大根/にんじん/ひじき/大豆)、お味噌汁残り、大人だけサラダ(サンチュ/キャベツ/ベビーホタテをオリーブオイルでいためたもの/水ナス/生マッシュルーム)。水ナスサラダは今季初。ニラチヂミはやっぱり家族全員から大好評で、これは、ニラ以外にも具材を用意すれば、週末の夕飯にもなりえるな、と思った。

4/25 TUE

今日も汗ばむ陽気。
園に送ったあと、郵便局、銀行のATMへ。いつもそういうパターンが多いので、娘はひとりでごっこあそびをしながら「ちょっと、ようちえんおむかえいってくうね」とか「ぎんこういって~、スーパーいって~」などと言っている。娘のために行くのは公園くらい。最近はどこどこの公園がいい、とリクエストがくるようになった。今日はパンダ公園へ行きました。
午後は、ひさしぶりに松山家におじゃまする。一年生になったHくんMくんと遊べて、息子もうれしそう、でも、HくんMくん同士の方がもっとうれしそうだった。幼稚園では3年間きょうだいのようにずっといっしょにいて、それが今初めて、べつべつの小学校にすすんだわけだから。新しい環境で、みんながんばっている。大変そうだな、と思う局面でも、親はかわってあげることはできない。ただ、見守るだけ。
夕飯は、昨日つけておいた手羽先と手羽元のオーブン焼き。じゃがいも、ズッキーニ、たけのこも一緒に焼いたけど、全体的に量が多すぎて、ズッキーニに火がうまく通らなかったので、あとからフライパンで炒めなおした。あとは、おみそしる(キャベツ、にんじん、うすあげ)、キャベツとアボカドのサラダ。
毎日がどたばたすぎるペースですぎてゆき、なんだか大事なことをわすれているような気がする。大事なことというのは、「日々のうるおい」とかそういう抽象的なことではなく(そんなぜいたくなことを言ってるひまはマジでない)、いついつまでに銀行に振り込みをしなくてはいけない、とかそういった現実的で、大事なこと。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード