10/24 MON

湿度が低くて、さわやかな朝。日かげは肌寒いけど、日なたに出るとあたたかい。
幼稚園に送ったあと、娘と公園で遊ぶ。そのあと駅前のスーパーに行ったら、オノのおばちゃんに会った。オノというのは、小学校のとき、じゅりと3人で仲よかった子。今は新潟に嫁いでいる。そういえばちょっと前には小川(同じく、小学校の同級生)のおばちゃんに会ったな。今になってわかる。わたしはこの町で、いろんな人に見守られて大きくなったのだと。これからはわたしが見守る側だ。
園にお迎えにいったあとは、イオンに車で行った。息子がハロウィンの衣装がほしいというので。でも、使うのは一瞬だし、去年買ったジバニャンもほぼ放置されててもったいないので、結局イオンの中の100均で買った。「ぼうしとマントがほしい」といってた息子は満足そうだった。
夕飯は、クラムチャウダー(殻つきあさりから作った)、ほうれんそうのごまあえ、塩サバ。
夜、子どもたちが寝たあと、岩本さんにもらった銀杏を炒って、10粒くらい食べた。

10/23 SUN

早朝、アキはドイツへいくため、羽田へ飛んだ。そしたら便がすごく混んでたらしく、ラッキーにもドイツまでビジネスクラスで行けることになったらしい。
この前岩本さんがもぎった3つの柿がそのまま玄関にあったので、朝皮をむいてひもをつけ、熱湯に5秒つけて外に干した。干し柿、うまくいくかな?
今日は地域のお祭り。地域といっても、うちの実家をふくむごく狭い地域。しかも第一回。場所は3年前まで保育園だったところで、これまたすごいせまい。でもまあアキもいなくて予定もないし、とりあえず子どもたち連れて行ってみる。出店はスーパーボールすくいとか一円玉おとしとか輪投げとかがあるくらい。奥の方で和紙をカラフルにそめる体験コーナーがあった。息子がやりたいというのでいってみたら、そこには原先生が。わたしが小学生の頃通っていた、お絵かき教室の先生。その和紙染めも、そういえばわたしも昔やった。そめた紙を箱に貼って、宝箱をつくった。すごくきれいにできてうれしくて、大切にもっていた。(今もまだ実家にあるはず)わたしは娘を抱っこしてて手がふさがっていたので、先生が息子の手伝いをしてくれたけど、色づけの自由にさせ具合(でもめちゃくちゃにならないよううまく誘導)、満足するまでいくつでもさせてくれるところ、失敗したところを気にしない/させないところ、おおげさにほめはしないけど淡々と「いいね」と言う感じ、すべてがなつかしかった。なにかをつくったり描いたりする楽しさを教えてくれた人。それは今でもわたしの表現の底の方にずっと流れている。他にも、同じく習っていたピアノの先生や、同級生(市議会議員、写真担当のカメラマン)が数人、そしてキッズダンスコーナーでは純子が登場。ジョーくんとキコちゃんも来てたので、そのあとはうちや公園で夕方まで遊んだ。お祭りでプラスチックのたけとんぼをもらった息子。「家の中だとあぶないよ」というと、「そとならいいよな。だって、雲はだれが買ったものでもないし、もしあたったとしてもこわれへんもんな」。雲といえば、帰るころ、夕焼け空にはきめのこまかいうろこ雲が。こまかすぎて一枚のぶあつい布のようにも見えた。それをみた純子は「海みたい。あと、絵みたい」と。
夜は、実家で鍋。

10/22 SAT

はだざむい朝。子どもたちの風邪がうつりかけている。鼻がとまらず、あたまがぼんやりする。どうにか押さえ込むべく、昨日からドリンクタイプの葛根湯をのんでいる。
2週間ぶりの合気道。娘は道場内をよちよち歩く。
合気道のあと、そのままアキに車で枚方まで送ってもらい、T-site内ののパン屋ですこしパンを買い、駅に。特急を待っていたら、同じ園の久木さんとひとつ上(年長さん)のKちゃんと会う。ばったり、というわけではなく、出町柳で待ち合わせしているうちの一組だったので、いっしょにいくことに。娘がベビーカーからおりようとしたり、息子もたいくつしたりして、ひとりだったら大変だったけど、うまく席があいてKちゃんと息子をふたりがけの席にすわらせることができたので、助かった。出町柳で、岩本さん一家と米口さん(とKくんKrちゃん)とおちあい、京大の食堂へ。わたしはケバブごはん、息子はカレーを食べた。息子は去年までちょっとでも辛いカレーは食べられなかったけど、最近は大人用の中辛くらいまでなら食べられるようになった。目当ての展示は「虫を知りつくす 京都大学の挑戦」長年にわたってあつめられた標本や、これまでの研究の成果などがパネルや映像などで展示されている。たとえば、ハンミョウが好きすぎて毎年マダガスカルや南米などに通う名誉教授が撮ったという写真はどれも超貴重なものばかり。(らしいけど、わたしには同じようなハンミョウにしか見えない…!)圧巻だったのは、沖縄あたりに住むシロアリの巣をまるごともってきて断面図が見えるようにしてあるもの。ほんものなので、中でうじゃうじゃとシロアリがうごめいている。ぞわっとした。虫大好きな岩本さん(とMくん)は目をきらきらさせてガラスにはりつき、虫苦手な岩本さんのだんなさんはまゆをひそめていた。おもしろい夫婦。大学院生が解説してくれるツアーもあった。竹に穴をあけて卵とともに酵母菌をうみつける、という農業みたいなことをする虫(その幼虫は竹の中にそだった酵母菌を食べて育つ)、ハナホソガという5mmくらいの蛾とコミカンソウ科という植物の共生関係(花は受粉を完全にその蛾にたよっていて、蛾はその花に卵をうむ)とか。もっとききたかったけど、息子には難しかったのか疲れていたのかまったくきく耳もたず、1階ロビーに移動してしまったので、ざんねんだった。その1階ではこれもまた学生による「子ども博物館」という催しがされていた。子どもたちはその中の「あやとり」ブースでながいあいだ楽しんでいた。その学生さんは、理学部だけど、あやとりに興味をもち、世界中のあやとりを調べている最中。(文字をもたない文化圏では、儀式や伝承の意味もあったとか)理学部から、文転されるそう。京大、というと「かしこ〜」みたいなイメージだけど、そのかしこさがこういうおもしろいかたちで発露されると、まわりの人も恩恵を受けることができて楽しい。ロビーでもさんざん遊んで、また学食でデザート(モンブラン、アイスなど)を食べ、特急で帰宅。
駅まではアキが車で迎えにきてくれていた。でもアキはそのまま市内で飲み会だったので、車のキーを受けとってわたしが運転して帰る。朝からフルスロットルで動いていたせいで風邪の侵攻をおさえきれず、しかも男子があつまったおかげで駅でも大学でも大騒ぎする子どもたちに注意しつづけて、わたしはもうくたくた。ごはんは実家でありがたく。
夜はバタンキュー。

10/21 FRI

10月らしからぬ暑さがつづいていたけど、今日はひんやり。
息子はウインドブレーカーを着て、駅へ向かう。今日は「民俗学博物館」へ行く日。遠足はまた来月別にあるので、遠足ではない。年長と年中さんだけが博物館へ行き、年少とその下のちびっこちゃんたちは、園でおいもパーティ。息子は去年はおいもパーティ組で、子どもたちでスイートポテトをつくってママたちもいっしょに食べて楽しかったのだけど、本人は「はくぶつかん、いいなあ」と思っていたみたい。なので、今年は喜びいさんで出かけた。息子は右手は年長のKちゃん、もう一方の手は、同じく年長のAちゃんとつないでいた。しっかり者のふたりの手は、手綱代わりであろう…。先生たちは、よく考えておられる。KちゃんもAちゃんもとびきり可愛く、将来は美人まちがいなしなので、両手に花。が、今の息子にとってはそんなことどうでもよく、「男の子とつなぎたかった〜」と思ってそうだった。
さて、そのあいだママたちはお茶→ランチするのが恒例になっている。でも、わたしは娘もいるし、書きものもあるしで、行けないかな〜といったん家に戻る。そしたら帰りのベビーカーで眠ってくれて、家でしばらく書きものができた。そしてちょうど昼時に起きてきたので、作業もできないし、急きょランチに行くことに。というのも、今日の『パンダ軒』はずっと行ってみたかった近くの中華料理屋さん。うちの両親はじめ、みんなが口をそろえて「おいしい」という。でも一人で作っておられるので、待ち時間がかなりあり、息子を連れてくのは不可能。だからまだ行ったことがなかった。麻婆豆腐がおいしいときいたので、そのセットにしたけど、花椒がきいていて、本当においしかった。娘を連れてって、大変かな〜と少し心配したけど、基本おとなしくすわって、そんな大暴れもしなかったので、助かった。デザートについてきたライチのシャーベットを気に入って食べていた。同じような月齢の子たちとくらべても、娘はやっぱりおとなしいほうかも。いったん実家に寄って娘をあずけ、自転車で駅に向かう。息子は満足そうな顔でもどってきて、たくさん描いた鉛筆のスケッチをほこらしげに見せてくれた。
夕飯はおでん。きょうこもきた。が、昨日「一日かけて」つくったことが災いし、じゃがいもと大根がくさりかけていた。ほんとにギリギリセーフで食べられる感じ。やっぱりつくるのは前日の夜がベストかもなあ。こんにゃく、たまご、練り物など、他のものは大丈夫だった。

10/20 THU

朝は湿度が高めで暑かったけど、午後からすずしくなる。
園の帰り、プールまでちょっと時間があったので、がいこつへ。誰もいないので、娘と息子とシーソーなどして遊ぶ。とちゅうで岩本さんとMくんがきた。岩本さんは、山にある大きな柿の木から柿をとりはじめた。ほんとに背の高い木なので、とてもじゃないけど手はとどかなくて、わたしなんかは息子に「柿〜」といわれても「むりむり」とはなからあきらめていた。でも岩本さんはこれまた巨大な枝切れを見つけてきて、それで下の方の枝をぐいいっと引き下げ(Mくんに枝をおさえる役目をやらせて)柿を6個ほどもぎとった。「生きる力がある」ってこういうことだよな、って彼女を見てると思う。
夕飯は、残っていたドライカレー、キャベツサラダのこり、ツナごぼうわかめサラダ、あさりとわかめの味噌汁。
一日かけて明日のためのおでんの仕込みをする。一日かけて、というのは一日中やっていたわけではなく、午前中のうちに大鍋(実家のまた借りた)にだしを用意しておき、昼に大根、じゃがいも、夕方にこんにゃく、たまご、夜は鶏手羽、練りもの、というふうに少しずつ下ごしらえしてできた分を鍋に放りこみ、ぜんぶ入れた段階で弱火で(煮立たせないのがコツ)ちょっと煮て、新聞/タオル/毛布ぐるぐる巻きで就寝(わたしもおなべも)ということ。

10/19 WED

娘の咳がひどくなってきたので、今日も、息子を送ったあとに小児科へ。マイコプラズマが流行ってるようなので少し心配だったが、それは大丈夫そうだった。5歳以下は重症化しにくいみたい。そのまま、幼稚園に寄る。お楽しみ会のための、ピニャータづくり。ふくらませた風船にちぎった新聞紙を、ノリ(小麦を水でといたもの)でペタペタはりつけてゆく。新聞紙が貼り終わったら、次は白い画用紙。今日の作業はここまで。来週またデザインを考えて色づけする。この風船張り子、しのちゃんが大学の卒業展示でやってたなあ〜と思い出す。今日わたしたちがてきとうにやったのより、もっともっとていねいな、クオリティの高いオブジェだったけど。
午後は、図書館のあと、スーパーで買い物、ついでに久しぶりの七穀ベーカリーに寄る。8月にテレビに出たあとはめちゃくちゃ大人気になってしまって、行ったのに買えない日もあったけど、先日スーパーでたまたまお店の人とばったり会って少しお話したら「最近はおちついてきたので、またきてください〜」と言われたので。やっぱりここのドーナツはおいしい。いつまでもあってほしいお店。
夕飯は、さんまの梅煮(圧力鍋)、ちりめんきゅうり、キャベツ千切りにひじきとツナマヨを混ぜてのせたサラダ、ポタージュのこり、さつまいもごはん。

10/18 TUE

10月にしてはあたたかい一週間のはじまり。あたたかいっていうか、暑いくらい。
息子は元気になってきたけど、娘は本調子じゃなくて、咳がひどくなってきている。微熱も出たり下がったり。今日も午前中ずっと寝ていて、夕方息子とテレビを見ながらも眠り、夜もさっと寝た。明日もう一回小児科に行こうかな…。
夕飯はドライカレー目玉焼きのせ。香味野菜のほかに、にんじん/なす/セロリ/それから完熟トマトをたっぷり。ひき肉は鶏。畑でとれたさつまいもがたくさんあるので、今日もまたさつまいも料理。きのことさつまいものポタージュ。きのこは冷凍してあったマッシュルームとブナピー。秋の味。きのこ嫌いな息子もこれは好きみたい。つまり、きのこの味ではなくあの食感が嫌なのだ。副菜は、ちりめんときゅうりの酢の物。
昨日、郵便局からの配達届けが入っていた。マンションの宅配ボックスに入れたとの通知。なのに、入ってない。おかしいな、と思って今朝電話で問い合わせたら、部屋番号を間違って登録したとのこと。わたしが幼稚園に送っているあいだに担当者の人がきて、管理人さんにあけてもらって入れ直してくれたからことなきを得たのだが、また入っていた不在メモには「申し分ございませんでした」。やっぱりウッカリ者…。(念のための解説:もうしぶんないって…。正しくは、「申し訳」である)

10/17 MON

明け方までふってた雨は朝にやむ。
子どもたちふたりとも本調子ではないので、朝イチで小児科に。でも、たいしたことはなかった。息子の痰切りの薬がほしかったので、もらえてよかった。そのまま幼稚園に送る。クリーニングを受け取って帰宅。今、マンションは屋上改修工事で爆音ドリル音なのだが、それにもかかわらず娘が長く昼寝してくれたので、書きものがすごくはかどった。集中すると、わたしの耳からもドリル音は消える。
午後は、園にお迎え後、Mくん、Hくんとがいこつ山で一時間ほど遊ぶ。Hくんが誕生日に買ってもらったというラジコンで山を縦横無尽に走らせて遊んでいた。そのまま帰り道にスーパーで買い出し。
夕飯は、海鮮丼(スーパーでたまに切り落とし詰め合わせが安く売ってるのに遭遇するとラッキー。すぐ売れちゃうので)。息子はお刺身いらないと言ったので、コープ自然派の豚餃子を焼いた。あとは、ほうれんそう、畑のさつまいもとかぼちゃを蒸したもの、スープのこり。
夕方きょうこが子どもたちに会いにやってきた。実は今日、彼女の誕生日だったのだが、すっかりわすれていた。昨夜日付がかわるときはおぼえてたんだけどな。31歳おめでとう。
娘がなかなか寝なくて、最終的にはおんぶで眠った。
夜、ベランダにでたら、きんもくせいの香り。マンションの9階まで、風にのってとどいたんだ。

10/16 SUN

昨夜、娘のおでこをさわると熱い!でも、今朝は平熱にもどっていた。息子は数日前から咳のたんがきれなくて苦しそう。でも、家に閉じ込めておくことができるほど弱っているわけではない。
外は快晴おでかけびより。家にいても全員ストレスがたまるだけなので、知り合いに教えてもらった、ちょっとしたクラフトマーケットに車でいってみる。場所は阿倍野区の神社の中。そこにいたのは、ザ・ナチュラル系!といいたくなるような人たちばかり。(まあ、わたしもどちらかといえばその中にまぎれているのだが)。そして、天然酵母しかり草木染めしかり、人のからだやら環境やらに配慮された素敵な食べ物や雑貨がならんでいる。ひとりひとりは絶対良い人たちだし、天然酵母も草木染めも大好きだ。でも、そういうものに取り囲まれすぎると、わーたすけてー!という逃げ場がないような気分に陥る。「もうこうなったらマクドでもいくか!」という気分にすらなる…。
とにかくわたしもアキもつかれたので、堺のエルマーまで足をのばす。2年ぶりくらいにいったけど、お店の人たちはわたしたち家族のことをおぼえていてくれた。(たぶん「ひとり増えてる…」と思われたことだろう)。エルマーもおしゃれなカフェなのだけど、なぜか今日のマーケットのような自意識による圧迫感がない。そこのちがいというものは、いったいどこからくるんだろう…と車の中でアキと話す。作り手が、本当の意味において自分が好きなものをわかっていること、そして、職人のようにこつこつとつみかさねていること。かなあ? まだ考え中。エルマーでは、かりかりコッペパンのホットドッグと、パタゴニア(アイスラテにバニラアイスのせたもの)をたのんだ。以前と変わらなくおいしくて、幸せだった。
夕飯は、トマトうどん残りスープに麦を入れたもの、アキ作焼きそば。

10/15 SAT

晴れ。洗濯物がもんくなく乾く。
息子は昨日からなんとなく本調子ではないようなので、今日は合気道はお休み。ゆっくり朝ごはんを食べて、コミセン祭りへ。スーパーボールすくい、ひとつずつとればいいのに、一度に5個くらいすくって破れて終了。となりの小学生のお姉ちゃんは60個とかすくっていた。あとは、たこせんやたこ焼き食べたり、恒例のプラバン、お習字、折り紙。ここ3年くらい毎年来てるけど、どれもすごく上手になってる。息子は最近ポケモン好きなので、プラバンはヒトカゲを描いていた。
そのまま四条畷イオンへ行き、ユニクロや娘の靴などみる。靴は12.5cm。これでお散歩に行けるね。イオンで親子丼を食べるも、おはしで遊んでいてのどを軽くついた娘が吐き、うわわわとなってるそばから息子も咳きこんでえづきだしたので、アキがトイレへダッシュ。(結局大丈夫だった)やっぱりレストランではなくフードコートにしとけばよかった…とつぶやくアキ。食料も調達したあと、いったん家に帰り、畑の芋掘りへ。娘が眠ったのでわたしは留守番、書きものでもしようかな〜と思っていたら、ふとんに置いたとたん起きる娘。芋掘りは、純子んちのジョーくん、キコちゃんも参加。アキが3人まとめて面倒みてくれる。そのあと公園に行ったのはいいけど、畑で冷えたからか、息子がおもらししてしまって(実際はほとんどもれてなかったけど、本人はパニック)、また大騒動。
夜はトマトうどん。デザートはイオンで300円で見切られてたマンゴー。これが美味しくて、娘もフォークでぱくぱく食べた。しかもフォークの持ち方がさまになっていてびっくり。「食べたい」というモチベーションのすごさよ。

10/14 FRI

秋らしい晴れがつづく。
朝から母の会。娘は部屋のなかをよちよちとあるきまわり、なぜかなついている松山さんのそばにずっといる。横田さんちの生まれて3ヶ月のSちゃんがころがってるのをみて、一年前は娘もこんなだったのになあ…と感慨ぶかい。0歳から1歳って変化が劇的すぎる。母の会のあと、そのまま11月の「お楽しみ会」についての話し合いがある。これは先生ではなく母たち主導でやるイベント。今年は岩本さん発案の「ピニャータ」をつくることになっている。お菓子やおもちゃをつめたくすだま。すいか割りみたいに目隠しして棒でたたいて割る。メキシコとか中南米の遊びかな。持参したお弁当を食べ、ためしにピニャータの試作をしてみようか、となった頃、先生が来られる。子どもたちもちょうどお弁当の時間だったのだが、息子が調子悪くて、咳き込んで吐いてしまった、とのこと。しんどそうなので、今日はもう早引けしてください、と。あわてて荷物(娘ふくむ)をまとめて行くと、たしかに顔色が悪い。このまま家にみんなで帰ったら娘がおおさわぎして息子はゆっくりできないので、実家に寄ってみる。運良く母がいたので、娘をパスしてふたりで帰る。じつはわたしも昨夜書きもので夜更かしして極限の睡眠不足だったので、これ幸いといっしょに昼寝。息子は2時間くらい寝てもなかなか起きない。そろそろ娘を迎えにいこう、と思い、息子をゆさゆさ起こして「ちょっと迎えにいってくるね」というと「うん」との返事。娘はわたしが迎えにきても、「ママ〜」となることは一切ない。むしろ「えーもう帰らなあかんの」的な空気。たくましい。「帰ろう」「イナ(いや)」とという彼女を強引に連れ帰ると、玄関から泣き声。「ママ〜どこいったん〜」。起きた息子が泣いていた…。男の子ってほんとに甘えん坊だけど、やっぱりそれがかわいい。(と、娘を産んで実感)
夕飯は、しょうがとにんにくたっぷりの野菜スープ(水餃子入り)、あじのひらき、オクラ納豆、きゅうりとにんじんの浅漬け。
免疫がさがっているのか、8月あたりからアレルギーらしきものが肌に少し出つづけているので、マリエン薬局のアレルギー対策のハーブティを買ってみた。カモミールとネトルとペパーミントのブレンド。薬効というだけあり、ふつうのハーブティより純度が高く濃く出るので、すごく美味しい。アレルギーにきかなくても別にいいや…と思えるくらい。カモミールもミントも好きだけど、ネトル(イラクサ)で、これはあまり日本には売ってないので、とくにうれしい。

10/13 THU

朝はひんやり。自転車にのるとき、首にスカーフを巻いた。
息子を送ったあとスーパーですこし買い物して帰宅。夕飯の下ごしらえ、娘が寝たあいだに、書きもの。
お迎えのあと、園庭で遊び、そのままプール。プールでは、こなちゃんのママが、手作りのポンポンがついたゴムをくれた。娘によく似合う。
夕飯は、ほうれんそうとベーコンのグラタン(ホワイトソースは、牛乳と豆乳が2:1。今度は逆の配分にしよう。あと、バターも半分オリーブオイルで代用しよう)。息子はグラタンが好きすぎて、目の前にして息をすいこみ「鼻が折れそうなくらいおいしそう」とコメント。娘も「オチー!(おいしい)」といって、マカロニをばくばく食べていた。子どもたちがおいしそうに食べてくれるのをみるのは幸せ。作りがいがある。
自分がむりなくできることが10だとしたら、今のわたしはどうにか12くらいをこなそうとしている感じ。かんたんにいえばキャパオーバー。でも、20とか30とかでなくて、あとほんのすこし自分のキャパを広げればどうにかなりそうなところ。いろんなことを効率よく並行してやるのは苦手だけど、そこをどうにか工夫して、足りてない部分をおしこめようと模索中。
娘はとうとう歩きはじめた。この前の週末は、まだ移動手段がハイハイで、歩くことは「趣味」という感じだったのだが、ここ2,3日で移動手段がほぼ「歩き」になった。よちよち歩きだけど。靴を買わないとなあ。

10/12 WED

朝は15℃くらいまでさがる。
息子を園に送ったあと、自転車やさんへいく。近くのあ◯ひは、たよりにならない(待ち時間つねに1時間以上、ブレーキパッドがほぼだめになってたのに、何度行っても「大丈夫です」としか言われなかった)なので、今日はダイワサイクルの方へ。まず空気を入れてもらい、ブレーキもチェックしてもらう。多少ききづらくなってるな、と思っていたらやっぱりきわどいところだったらしく、とりあえず今日は調整できるところまではしておいたけど、次はもうパッドを変えてください、とのこと。お金を払おうとしたら、「いや、なんもしてないんで」と…! そのまま平和堂のカルディで買い物。カルディに行くと、いつも必要なもの以外に1つか2つ買ってしまう。
いったん帰宅、息子のお迎えに。娘は眠そうだったのでチャイルドシートではなく抱っこひもに入れていく。お友達に「パン買って中央公園いこ~」とさそわれたので、100円パンの店まで行き、その後公園へ。娘は途中で寝てたけど、公園についてレジャーシートにおろしたとたん起きてしまった。パン食べて、2時間くらい遊ぶ。家にもどり、おおいそぎで掃除機をかけ、コミセンの図書館で本を貸し借りし、息子の囲碁教室へ。最初の20分くらいはわたしもつきそって見ていた。囲んで石を取る、というのはわかるのだけど、陣地のことがよくわからない。わたしもアキもぜんぜんわからなくて、家でゲームに付き合ってあげることができないので、すこしずつでも覚えていこうかな?

10/11 TUE

寒いくらいの朝。
運動会代休なので幼稚園は休み…。土曜運動会、日月は休み、今日は代休、明日は午前保育…。書きものがまったくはかどらない。
幼稚園の仲間もみな代休をもてあましているので、深北緑地へ。車何台かに分かれて乗ってった。わたしはたーちゃん号で。今日はMくんこないし、Hくんも途中参加とのことで、息子は誰とあそぶのかな〜と思ってみていたら、年長のKちゃん(女の子)と突じょ意気投合してふたりでひたすら遊んでいたのでびっくりした。帽子を交換してかぶったり。Hくんがきたあとも、そのままKちゃんとあそびつづけていた。でも、なんとなく今日だけの特別な関係な気もする。子どもの関係性ってどんどんかわってくから、ほんとに見てて飽きない。長谷川さんが、携帯用のバーナーでお湯をわかして、珈琲や紅茶をいれてくれる。しかも、自作(彼女は陶芸家)のカップも持参してくれていたので、紙コップではなく、ちゃんとした陶器でいただけて、まるで青空(曇天か)喫茶だった。
しかし朝9時台に家を出て、帰ってきたのが夕方だったので、わたしはへとへと。夕飯つくらずそのまま寝てしまいたい…という衝動に駆られたけど、そんなことが可能なわけもなく、いったん湯船につかって少し回復してからごはん作り。
いわしとごぼうの生姜煮(圧力鍋)、豚汁(酒粕もすこし)、キャベツとじゃこのサラダ。

10/10 MON

朝から快晴、さわやかな秋風が吹く。
昨夜はお客さんでどたばただったので、今朝はのんびり起きる。アキが子どもたちを公園に連れ出してくれてるあいだに、洗濯など。生協の注文も今のうちにしておこう…と思ってパソコンをひらいたら(オンライン注文)、息子の泣き声が。なんでも、とうちゃんと鉄棒の練習をしていて、落ちて口元をケガしたとのこと。たいしたケガではなかったが、落ちたのがショックだったようで、よごれを落としてバンドエイドを貼ったあと、しばらくソファで放心状態になっていた…。バンドエイドは貼らない方が治りがはやいのだが、もはや傷のケアではなく、心のケアの意味合いが強い。
昼ごはんをたべたあと、アキ畑のさつまいもを掘りに行く。ほんとは娘(←昼寝してない)とわたしは留守番する予定だったのだけど、娘は行く気満々で玄関に陣取り、アキから離れようとしないので、結局みんなで行くことになった。息子とアキがおいもを掘るのをわたしの抱っこひもの中から見届け、娘はようやく眠った。
夕ごはんは、昨日のおでんのこり少しと、焼きそば。
夜、運動会のビデオを見た。去年のもついでに少し見たら、息子もお友達もものすごく成長しているな〜と感心。

10/9 SUN

昨夜からの雨がやんで、夏の名残は去った。ひんやりした朝。
ほんとうなら近くの神社の秋祭りがあって、息子もこどもみこしに参加予定だったのだが、朝まだ少しだけ雨がふっていたせいで、中止になってしまった。そのあとは晴れてきたので、残念。が、正直、昨日昼寝しすぎた子どもたちが日付かわる頃まで起きてたのと、そのあと大量のおでんの仕込みをしたのとで、わたしは寝不足。もしお祭りが決行されていたら朝8:30に集合だったので、だいぶきつかった。雨よありがとう…。午前中は、家の掃除をして、コミセンの図書館へ。お昼をたべたあと、昨日にひきつづき、みんなで昼寝。起きたら15時台。
今日はお客さんがやってくる。池松夫妻。池松は、アキの大学時代の親友。奥さんのゆかりちゃんとも、東京時代からわたしも何度か会ってて気心がしれている。でも会うのはひさしぶり。というのも、ふたりとも某商社につとめており、池松はサウジアラビア、ゆかりちゃんはモンゴルにそれぞれ2年間赴任していたのだ。そのあいだふたりは、お互いの国を行き来することもあったし、パリやローマ、NYCなど両国から便利なフライトが出てる街で待ち合わせして会っていたそうだ。地図にはまっている息子は、ふたりと『MAPS』をひろげていろいろしゃべって楽しそうだった。わたしは料理しながらその会話をきいていたのだが、息子がハイチやボツワナ、ジブチなどの位置まで正確に知っていたのでびっくりした。わたしより断然くわしい。しかしモンゴルのことは「モルゴン」と間違っている…。料理が一段落ついたわたしも、モンゴルとサウジアラビア生活のことをすこしきかせてもらう。食べ物のこととか、宗教のこととか。もっともっとききたかったけど、子どもたちがちょこまかしてゆっくりは話せず。ごはんは、昨日の夜大量に仕込んだおでん。実家から大きな鍋を借りて、それにめいいっぱい作った。池松夫妻だけの予定だったのが、とちゅうで、たまたま大阪にきていた(これまたアキの九州時代の後輩)松尾くんも合流して、たまたまうちにあった鹿児島焼酎「佐藤」をあけ、宴会。おわるころには、あんなにたくさんあったおでんがほとんどなくなっていた。
最近娘は鼻水がでてるのだが、ティッシュを近づけると自分で「フンッ」とだせる。すごい。ふつうは2歳くらいまでは鼻吸い器で吸わないとだめなんだけど。息子がそれをみて「かんどうした」と言っていた…。感動的な鼻かみ。

10/8 SAT

てるてるぼうず効果か、雨予報は完全にはずれて、曇り、どころか晴れまもたくさんあって気温は31度まであがる。去年は肌寒かったのにな。
運動会は、楽しかった。息子が走ったりおどったりするのもだけど、他の子たちの活躍もそれぞれ個性が光っていて、本当におもしろい。アキだけではなく、両母(ゆうゆ/とよみ)、きょうこ、ひろもきてくれた。お弁当は去年と同じく、両母と3人で手分けして作った。まりんこ夫妻とみもちゃん(2歳)もきていて、久しぶりにまりと会えてうれしかった。親子ダンスでは「エビカニクス」をおどったのだけど、娘の分もエビカニグローブ(色画用紙製)を作ってはめさせみたらすごく喜んでいた。12時ごろおわり、園庭でみんなでお弁当。それが終わっても、子どもたちや卒園生は長い間遊んでいる。
帰り道、空をみたら、低い雲と高い雲が逆方向に流れていた。行く夏と来る冬だ、と思う。アキは「気流がちがうんやろうな」といっていた。14時ごろ帰宅。娘とアキはすぐに、わたしは息子は15時ごろから昼寝。起きたら16時半!アキは友人と会うため難波へ行った。昼寝しすぎた子どもたちとどう夜を乗り切ろうか…と考えつつ、とりあえず19時ごろ娘にごはんをあげる。息子もわたしもまだおなかがへらないので、なんとなく食べずにいて、別の要件で母に電話したら「いまから、おこのみ焼き食べに行く」とのこと。もちろんわれわれも参加。息子はじゃがチーズ、わたしはエビとホタテ入りネギ焼き。
息子と、てるてるぼうずはいかにして雨雲をはらいのけるのか、という話になる。戦いのプロ、というのが息子の推測。戦い!あんなかわいいかおしてるのに!「でも雨雲が雨をふらせたらティッシュですぐやぶれちゃいそうじゃない?」というと「あの白いマントは実はコウテツ」だそう。鋼鉄のてるてるぼうず!! でも息子はコウテツを「氷鉄」と勘違いしているようで、「氷くらいかちかちの鉄」だといっていた。もはやなにがなんだか。

10/7 FRI

晴れ。あたりまえのように半袖を着ているけど、もう10月なんだよな。
今朝はまず娘を実家にあずけ、それから園へ行き、園のすぐ近くにある美容院へ。やっとこさ娘を数時間あずけられるようになったということで、出産前以来、つまり1年数か月ぶりの美容院。美容院ジプシーはつづいており、この町にきて5軒目…。湯シャンをはじめてから初めて行くので、変なシャンプー使ってるとこには行きたくない。湯シャン友達は「美容院ではシャンプー断ってる」といってるけど、わたしにとって美容院でのシャンプータイムは至福の時間なので、断りたくはない。でも今日行ったところはナチュラルを全面的に押し出している(白髪染めなどもすべてヘナだし)とこだし、このまえきょうこが行って大丈夫そうだったので。そしたらほんとに、カットもそこそこに頭のマッサージとシャンプーの方がメインといってもいいくらい丁寧に洗ってくれた。2月からシャンプーを使わずにお湯(週1くらいでクエン酸、ローズマリー精油)のみで洗ってるので「べたついてる」とか思われるかな〜と心配だったけど、むしろ「髪きれいですね!」とほめられた。たぶん一般的な美容院だとそんなほめられるような髪でもないはずだけど、美容師さんいわく「質の悪いシャンプーを使ってるとシリコンで髪がてかてかしてるので、さわってるうちに私の手まできゅっきゅっとしてきて、ひどい場合、落ちた髪で床までつるつるしてくる」とのことだった。わたしの髪はそういう気配はゼロ、パーマも髪染めもしてないので傷んでない、という意味。誰にでも合う美容院ではなさそうだけど、今のわたしにはぴったりで満足だった。迎えに行くと娘の大きな声がきこえたので一瞬「泣いてる?!」とあせったけど、部屋に入ると、楽しくてけらけら笑っている声だった…。
園へのお迎え後は、園庭の片付けなど。息子が「のぼりぼうひとりでできた!」といって走ってくる。なんでも今日の練習までは先生に手伝ってもらっていたらしいのだが、今みんなで鬼ごっこしてるとき、Mくんが「のぼりぼうで逃げるぞ!」と半ばむりやりさそわれて裸足でのぼってみたらできたらしい。子どもは子どもに学ぶ。
夕飯は牛丼。といっても半分以上は大豆ミート(もらいものの「まるっきりおにく)。大豆ミートだけだとたぶん微妙だけど、本物のお肉と使えば、肉汁を吸い込んで、それっぽくなる。まあお肉とはべつものだけど、わたしは好きな味。息子もアキも大丈夫そうだったので、これからも活用していこうかな。
さて、明日は運動会。予報では午前中雨雲がとおりすぎていって断続的な雨。息子は、てるてるぼうずをつくっていた。晴れなくてもいいので、雨がふりませんように。

10/6 THU

晴れ。10月と思えないくらい暑い。
園に送ったあと、公園で娘と遊ぶ。「チュー(シュー)←すべりだい」「ブーアン(ブランコ)」「コーエ(公園)」ぜんぶいう。つづけて娘語録。お気に入りの絵本のタイトルもいろいろいう。「アカカ(五味太郎の『あかちゃん』)」「オテテ(林明子『おててがでたよ』)「キュ キュ キュ(林明子『きゅっきゅっきゅ』)」。それから、わたしがつけてるピアスをみて、毎日「キエ(きれい)」と言ってくれる。この前は、雨の日の夜のドライブ中に何度も「キエ」と。にじんで光る街灯や車のライトがきれいだったのかな。「ププーン(スプーン)」というのが可愛くて好き。1歳って、むしろ0歳より手間がかかるけど、その分、ほんとうにときめくくらい可愛い。「イナ(いらん)」と首をふることも覚えて、いろんなことに「NO」も言い始めたので、ややこしさも全開だけど。息子のときも思ったけど、「うん」というしぐさがでるのって、イヤというしぐさよりだいぶあとだ。娘はまだ「うん」とはいわない。Yesのときは、わたしが言った単語をくりかえす。
息子語録もついでに。「一日~十日(ついたち~とおか)」の の読み方をおぼえようとトライしていた。ついたち、といつか、が混ざってしまうようで、「いつか」のことを何度も「ついか」と。「ここのか」も覚えにくそうだった。
お迎え後は、園庭で万国旗張り。そのまま自転車でプールへ。
プリンセス鍋で、お米を炊いてみた。留学中炊飯器をもってなかった時期もあって、お鍋で炊くのには慣れてるけど、付属していたレシピ本どおりに、「中火にかけ蒸気がでたら(でるまでに5分くらい)弱火で15分、あとは10分蒸らす」とやってみたら、ものすごくうまく炊けたので感動した。吹きこぼれることもなかったし、鍋底のお米までつやつやで、ぜんぜんくっついてない。うちは、いつも炊けた瞬間保温を切るので、じっさい炊飯器である必要はあまりない。(タイマー機能を使いたいときは便利だけど。)ってことは炊飯器があくので、酵素玄米にまたチャレンジできるな。
夕飯は、坦々トマト春雨 サラダ菜添え、カレイと白ネギとキャベツとナスのスープ、甘長唐辛子のソテー。

10/5 WED

台風がちかづいていて、朝から強風。でも雨はふってなかったので、洗濯ものが飛ばされないよう、しっかり固定。
今日は水曜。お友達と遊ぶ約束はなかったので、そのまま生協で買い出し。夕方からは囲碁。3回目。先生に「まだ5歳なのに、一時間半(きゅうけい一回)ずっと碁盤の前にすわってられるのはすごい!」とほめていただく。わたしは送迎だけしてて見てないので「へ〜!」と感心。
昨日は、圧力釜で鯛を煮て失敗したわけだが、どう失敗したかというと、身がかたくなってうまみがなくなっていた。骨まで食べられるようにしようとして、40分くらい加圧したのが失敗だった。アラではなくふつうの鯛まるごと(といっても、390円くらいの小さなやつだったけど)だったから、余計にぱさぱさになってしまったのかもしれない。というわけで、今日は鯛アラを2パック買ってきて下処理をしたあと、ひとつは圧力でまた40分くらい加熱、もう1パックはふつうの鍋でさっと煮る。できあがったのを食べ比べてみる。圧力の方は、骨まで食べられる。身のうまみはいったん出て、またスープにつかって冷えたことでもう一度しみこんでいる感じ。ふつうの鍋は、骨はかたいので食べるのが面倒、でも身にうまみがそのまま残っていて、やわらかい。わたしはさっと煮た方が好みだけど、息子とアキは「どちらかといえば圧力の方かな」といっていた。うーん、悩むなあ。ともあれ、圧力鍋で長く加圧すると、野菜や肉のうまみが出てしまう、というのは発見だった。イワシとかサンマとか骨の細い魚なんかはちょっとの加圧で骨までやわらかくなるので、圧力鍋の力が発揮される。あと、玄米や豆なんかは長く加圧してもうまみが逃げにくいらしい。ここまで書いて、わたしが圧力鍋を使いたい料理って、すごく限られてるな、と気づいた。だから今まで買わなくても必要性を感じなかったんだな。
ついでにもひとつ。さっき「ふつうの鍋」と書いたが、これは、アサヒ軽金属の「プリンセス鍋」。結婚するときニトリで買った安物の鍋を10年近く使いつづけてきたのだけど、さすがにぼろぼろになり、かぼちゃのスープとか作るとはげたテフロンがまざったりして「こりゃヤバイ」というわけで、ふたついっぺんに新調した。そして今朝、不燃ゴミの日だったので、古いおなべふたつとサヨナラした。東京・福岡・堺、そしてここにくるまでずっと毎日のようにお世話になったんだよな…と思うと、ちょっと泣きそうになって、記念にお鍋の写真を撮り、すぱっと捨てた。おいしい食事をありがとう、お鍋たち!
夕飯は、鯛のアラ煮(たべくらべ)、小松菜と豆腐の味噌汁、オクラ納豆、さつまいもをスティック状に切ってあげたもの、きゅうりの浅漬け。

10/4 TUE

朝は曇り、昼からは晴れ。30℃くらいにあがって暑い。
お迎えのあと、園庭そうじ。といっても娘はベビーカーでじっとしてないので、地面のおろすことになり、しかもまだ人見知りでわたしが離れると泣くので、ぜんぜん戦力になれない。でも、エビカニクスの練習だけはした。
明日は水曜なので囲碁、でも台風が近づいてるからまた雨かも…。これまで行った二回とも雨だったので「水曜はよくふるなあ」とつぶやいたら、息子が「水ようの水ってみずっていう字?」「ん?うん」「じゃあそのとおりやん!」みず曜日、ということですね。なるほど。こんなふうに、漢字にも興味津々の彼である。
夕飯はオムライス、れんこんのきんぴら、かぼちゃサラダ、まだ残ってる野菜スープ、きゅうりの浅漬け。
あと、明日用にと思って、連子鯛を一匹まるまる圧力鍋で炊いてみたのだが、失敗した。圧力鍋歴がまだ数ヶ月なので、特徴をよく理解していなかったのが敗因。リベンジも兼ねて、明日は鯛アラを買ってきて、今夜立てた仮説を実験してみたいと思う。報告は、また明日。

10/3 MON

雨がふりそうな朝。
息子を送ってクリーニングを出したあと、駅前のスーパーへ。なんとなくなじみのある顔の人に話しかけられる。知ってる人だったっけ?と思いつつ思い出せないので、素通りしようとしたら、下の名前を呼ばれる。そして自分のことを指さし、「小川のおばちゃん!」ああ!小川のおばちゃん!小中の同級生のお母さんであった。あいかわらずエネルギッシュで、肌つやつや。息子ふたり(わたしの同級生とその弟)の近況を語りまくり、嵐のように去っていかれた。別れたあとも、そのあたりに元気な空気がのこっていた。
しかし、娘がぜんぜん昼寝してくれない。いろいろやりたいことあるんだよ〜はやく〜はやく〜はやくねて〜。でも寝ない。しばらく遊びにつきあう。でも寝ない。だんだんイライラしてくるわたし(娘はなにもわるくないのにねえ)。すると、こっちのそういう気分を敏感に感じとり、いつもはぐずったりしないのに、急にぐずりはじめる娘。結局、寝かすのをあきらめて、わたしの気分が落ち着いた頃、娘は寝た。こわいくらいに鏡合わせ…!
午後、園にお迎えにいったら、Mくんのそばにはお姉ちゃんの Iちゃん(運動会の代休)、そして見知らぬ男の子が。なんでもIちゃんの幼なじみで、「家出してきた」そうで…。なかなかしゅっとした小学2年生。その子が「みんなで遊びたい」というので、息子も車に乗せてってもらう。わたしはいったん娘と帰り、きょうこに頼まれてアルプラザまで送る。アルプラザでは、ベビーカートにかけてたものをきょうこが忘れてしまい、また取りに帰る(ちゃんとサービスカウンターに届け出てくれた人がいた!)というハプニングもありつつ、無事帰宅。雨がつよくなってきた。きょうこはそのままうちで娘の相手をしてくれたので、そのあいだに夕飯準備。そして実家で母にパスして(ラグビーボールのような娘)、Mくんちに迎えに行く。
なかなか帰らない息子。以前なら「じゃあママは帰るね。もう今日はMくんちに泊まり」という脅しをかけられたが、いまではそんなことを言えば、「やったー!泊まる泊まる!」となってしまうので、使えない。どうしたもんかと岩本さんと話していたら、家出少年がいつのまにかそばにいて、アドバイスをくれる。「もう二度と帰ってくんな、って言えばいいねん」な、なるほど…。君の家出にはなかなか深いワケがありそうだね…。少年とMくんと3時間たっぷり遊んだ息子に帰りの車の中で「あの子なんて名前なん?」ときくと、「しらん」。ですよね。夕方、青空の水色とはげしいオレンジが同時に空にあって、すばらしくきれいだった。
夕飯は、さんま(すだち添え)、かぼちゃときゅうりのサラダ、野菜スープ残り(水餃子入り)。

10/2 SUN

夏だよ、こりゃ、というくらい暑い。
朝、家事をかるくやり、駅へ向かう。駅まで走る息子。「ママがみえるとこにいてよ〜」と遠くから声をかけると、ちらっちらっとうしろを確認しつつ、ずっと走っていた。子どもって、誰かのあとについて歩くとぐずぐずするけど、自分が先頭にたつとずんずん行く。電車の中で、娘はベビーカーから出たがったので、抱っこして座席にすわる。息子は、すわらなくていい、といって、ベビーカーが動かないように見張り役をしてくれた。助かる…。目的地はnew pure plus。ちえちひろと片岡メリヤスさんというぬいぐるみ作家の人のコラボ展示。今日が最終日、ちえちゃんたちが在廊してるので、会いに。お店が近いのは北浜だけど、ひとつ手前の天満橋でおりて、中之島公園までてくてく歩き、まずピクニック。青空ヨガが開催されていた。われわれもその近くにレジャーシートを敷き、昨日作ったろくちゃん海苔巻き、サンドイッチでお昼。すぐとなりには、酔っ払ってるおじさんおばさんカップルが寝転んでいた。ふたりともわりとかちっとした仕事着(スーツ)なのに、めっちゃ酔っ払ってて、昔の東京オリンピックの歌などうたっている…。これから仕事にもどるといっていたけど、女の人はよろめいてくつもうまくはけていなかった。
娘はnppにつくころ、やっと寝てくれた。息子は、ちえちひろと世間話のようなものをしたあと、持参したメモ帳にメリヤスさんのぬいぐるみをひたすらスケッチしまくっていた。おかげでわたしは千絵ちゃんとまあまあ話せた。千絵ちゃんのおなかには8ヶ月になる赤ちゃん。次会うときは、きっとうまれてるね。たのしみ。
子連れ外出と暑さとで疲れはてて、へろへろで帰宅。ありがたく実家でごはん。同じくくたびれて帰ってきたアキもふくめ家族みんなで9時ごろ就寝。

10/1 SAT

朝、全員6:30ごろ起床。今日はアキがお昼から勉強会でいないので、午前中のうちに子どもたちとなにか一イベントできればいいなと思っていたこともあり、「どっかにモーニングたべにいこっか」と提案。息子はすかさず「コナズ!」7時台だとガラガラだった。家族でランチ、ディナーもいいけど、モーニングっていうのはまたとくべつ感があって、いい。息子がはしゃいでいて、それを見るのがうれしい。そのまま合気道へ。
お昼は、ポトフを再利用したカレースープを再再利用したカレーうどん。アキはでかけ、残る3人でたっぷり昼寝。昼寝から起きたあと、そうじきをかけ、図書館へ。12冊返して、15冊借りた。息子が選んだり、娘がランダムに引っぱりだす絵本との出会いもけっこう楽しみにしているわたしである。小川未明の童話集も借りてみたのだが、装丁が美しいことにびっくりした。そして、これまでなぜかずっと(たぶん名前の感じから)女の人だと勘違いしていた…!あと、息子が借りた西川おさむという人の本がなかなかよかった。いったん本を置き、スーパーへ。息子も娘もおやつをたべそこねてたので、パンを買って、ベンチみたいなとこで食べさせてたら、知らないおばあちゃんに話しかけられる。「自分にも子どもがいるけど、とにかく結婚しない」ということを嘆きまくっておられた。でも二人いる子どものうち一人は結婚されてるらしく、今日はそこにお呼ばれにいくから花でももっていこうかと庭のケイトウやススキをたっぷりともってきた。でもそれだけじゃなんだから、花屋でも「かいらしい(可愛い)花」を買い足そうと思ったら、さいふ忘れてん。というオチまで。ススキは斑入りの「ヤハズススキ」だそう。
スーパーの荷物はリュックにいれたのだけど、白ネギだけ入りきらなかったので、息子にもたせてみたら「ネギンジャー!!」などといって刀代わりにふりまわすし、娘にもたせてみたらどんどん皮をむいていくのでどうしようもなかった。
夕飯は、絵本『パンやのろくちゃん うんとね』にのってたろくちゃん海苔巻きを作ってみることに。海苔の上に、口のにんじん、鼻のたまごやき、目のほうれんそう、髪の毛の塩こんぶ、をごはんを適度にはさみつつのせていき、ぐるっとまく。仕上げのまゆげはノリ、ほっぺはフリカケ(でんぶがなかったので)。ろくちゃんには似てなかったけど、かわいい顔の海苔巻きができた。あとは、野菜中華スープ(白菜、ねぎ、にんじん、ゆきひらたけ、水餃子すこし)。
10月に入った。いろいろやっておきたい用事(美容院とか歯医者とか小児科とか)が山積みだが、どうにか今月中に終わらせるぞ。

9/30 FRI

昨夜、パソコンのファイルの不具合が起こっていろいろ調べてたら、寝るのが遅くなってしまって、今朝は眠い。ファイルの件は解決したからよかったけど。
朝、母から「渋皮煮作ったから取りにきて」と電話がきたので、幼稚園に送った帰りに実家に寄る。娘は、実家に近づいてくると、「えーう(ゆうゆ←うちの母のこと)」と連呼する。娘を実家のリビングに放ち、わたしはそのまま別の部屋で30分ほど昼寝。娘は、やっぱり女の子だからか、おっとり遊んでいるので、見守り役もラク。渋皮煮と眠がりはじめた娘とともに帰宅。
午後、幼稚園のお迎えに行くと、交野から通ってるKくんの妹(2歳)が、おしるし(園での自分のマーク。)を決めていた。11月から入園するそうだ。おしるしは、ロケットにしたとのこと。このおしるしは、数十個ある中から選ぶのだけど、だいたいみんな親の予想とはちがうものを選ぶ。息子はいちごだった。MくんHくんKくんの年長トリオとそのままガイコツへ。一時間くらい走りまわって遊び、そのままHくんの団地で遊ぶというので、わたしだけ帰る。夕飯の準備をしてからお迎えに行く。助かる〜…。
夕飯は、昨日の残りのポトフをカレー風スープにしたもの、手作り餃子(冷凍してたやつ)、千切りキャベツとアボカドのサラダ(他のものの味が濃いめなので、塩、オリーブオイル、すだちでシンプルに)。
夜は、ほうじ茶を淹れて、渋皮煮を食べてみた。あまさひかえめでおいしかった。

9/29 THU

朝からひんやり、雨がふったりやんだり。
昨日かおとといから岩本さんとビーフシチュー談義をしていた。ルーを使わずにいかにあの味をだすか、という。でも結局、フォンドボーやデミグラスを手作りしなくては、あの味は出ない、という結論に。骨つき肉(テールとか)や香味野菜を長時間煮こむ、なんていう男の料理は、そりゃいずれは(子どもの手がはなれたら)やってみたい気もするけど、今は無理!そしたら岩本さんが、今日のお迎えのときに、タッパに入れて「昨日作ったやつ。味見してみて」とビーフシチューをもってきてくれた…! 今日のお昼、おにぎり1個しか食べてなかったので、帰ってさっそく食べる。それも、昨日岩本さんにもらった手作りのパンとともに。子どもたちにもおやつがわりに「いる?」ときいてみたら、息子は首をふり、娘はばくばく食べていた。おいしかった。その後、すぐプール。
夕飯は、ポトフ(じゃがいも/にんじん/キャベツ/たまねぎ/なす/ウインナー/しめじ)、塩鮭を焼いたもの、納豆、ピーマンのオリーブオイルソテー、酢の物のこり。
今夜のポトフもルクルーゼを毛布ぐるぐる巻きにしてるわけだけど、あまりにも毛布ぐるぐる巻きの頻度が高いので(多ければ週に2回くらい)、シャトルシェフ買ってもいいかな〜と思う今日この頃。

9/28 WED

曇っていて湿度が高い。
水曜、午前保育。今日は囲碁もないので、お友達とうちで遊ぶ。MくんHくん、Kくんも。MとHは末っ子男子なので、赤ちゃんを愛でる、なんてことはしないけれど、Kくんには2歳の妹がいるので、娘のこともつねに気にかけてくれる。雨ふりの予報だったけど、夕方までもったので、家の前の公園で遊ぶ。男子たちはカマキリやらバッタやらをつかまえて同じ虫かごに入れていたら、バッタは頭から食べられていた…。
息子が「合言葉は?」といきなりきいてきたので、「え?えーと」と答えようとして、ふとたずねる。「あいことばの意味、しってるん?」「しらん」「……」。ついでにもう一つ息子語録「この真っ灰色のくつした、ママの?」
夕飯は、さばの煮物。スーパーでまるまま新鮮なのが売ってたので、内臓をとって筒切りにしてもらったのを、圧力鍋で長く煮た。味つけは酒と塩麹のみ。サバの水煮缶のようにシンプルで骨までやわらかい仕上がり。いっしょに煮たごぼうとれんこんも、ほくほくで、娘でも食べられるやわらかさ。あとは、昨日がんばってむいた栗をたっぷり使った栗ご飯、押し麦入りミネストローネ残り、酢の物のこり。

9/27 TUE

蒸し暑い。お昼は32℃まであがって、夏がさいごの力をふりしぼってる感じ。
園にお迎え後、園庭でそうじ、運動会のための砂上げや親子ダンスの練習。ダンスは「エビカニクス」。子どもたちは恥ずかしがってやらない子がほとんどなので、ママたちだけがはりきっておどってる。一生懸命やると、なかなかいい運動になる。その後、Mくんちの団地のなかでヤモリさがしをしたいというので、息子を岩本さんにたくして、わたしは娘とスーパーに寄ってからいったん帰宅。園から岩本さんちまでは2kmくらいあるのだが、息子もMくんHくんも、平気で走っていく。体力ついたなぁ。17:30ごろ迎えにいったら、団地に生えてるヤマボウシの実をとって食べていて、わたしもいくつかもらった。とろっと甘くて、トロピカルフルーツみたいな味。
夕飯は、きじ焼き丼(最近気づいたけど、これは鶏肉そのものというより、焼いた肉汁としょうゆ/みりん/酒/砂糖がまざった照り焼きのタレがおいしい。新米にそのタレをかけるだけでごちそう)、レタス/しらす/きゅうり/わかめの酢の物、にらたま、かぼちゃと赤タマネギのお味噌汁。
また栗をもらったので、懲りずに圧力釜で試す。今回はおもりがふれてから(加熱が始まってから)1分後に流水で急冷。最初はむきにくいのもあったけど、途中からほんとにみかんのように、渋皮までするっとむけはじめる。「おお、ひやせばいいのか」と氷水でひやしてみたら、またむきにくくなってしまった…。どうやらさましすぎるとむきにくくなるもよう。むずかし〜。今度は、とがっててっぺんだけではなく、まるいおしりの方にも切りこみを入れよう。

9/26 MON

週明けは、幼稚園ってなんてありがたいんだろう…と思う。息子は心から楽しんで行っているし、わたしはそのあいだ、彼の世話をしなくて良いわけで。ここ数日は同じ組のKちゃんがお熱でお休みなので、息子一人に先生一人がついてくれる、というまるで昔の貴族のような園生活をしている。外遊びの時間は年長さんの男子たちと遊べるので退屈することもなさそう。園でさんざん遊んでると思うのだが、やはり今日も降園後はHくんちに。ひたすらたたかいごっこをして、「力加減」というのを身をもって学んでるのが見てとれる。
両親の結婚記念日なので、花を買った。駅前のスーパーの花屋は微妙(種類、ラッピングともに)ので、別のところに。「落ち着いた色合いにしてください」といったら、ガーベラ、鶏頭(オレンジ)、シュウメイギクなどでセンス良くまとめてくれた。花屋さんってほんとうにセンスが出るな。花をわたすついでに、娘もわたして(一時間ほど)そのあいだに夕飯づくり。
夕飯は、さんまの塩焼き、レタス/ミニトマト/アボカドのサラダ、とよみさんにいただいた押し麦入りミネストローネ。去年つくった自分のレシピを参考に、コンソメ、フレッシュトマト、味噌の3つが味のポイント。トマトはちょうど完熟しすぎて見切り品になってた大玉ふたつをゲットできたのでよかった。他に入れた野菜は、なす/アスパラ/たまねぎ/にんじん。この夏は北海道が大雨や台風の被害にあってしまったので、にんじんが高い。
娘はいままさに言葉をぐんぐん吸収中。わたしがいうことを次々真似する。この「まだうまくことばにならないけど、しゃべりはじめた」時期って、最高に可愛い。今日は「ごあん!」といって何かを手渡そうとしてきたのでよく見たら、指先にごはんつぶがついていた。「おちちゃった」とか「ついちゃった」とかいう単語もよく真似する。ちなみに息子もやはりわたしの語彙を真似するので、ときどき「わたしは本当に5歳児と話しているのだろうか…」と思うときがある。たとえば今日の会話。わたし:「ごはん全部たべれそう?」息子「きわどい」。

9/25 SUN

昨日たっぷり昼寝をしたので夜眠れないかな〜と思ったけど完全に杞憂、ぐっすり眠れた。朝は、すっきりと目が覚めた。日曜にかぎっていつも早起きの息子にたまごかけごはん(←たぶん食べるの初めて。なぜか食べたいといってきた)を用意し、洗濯などする。あいかわらず『仮面ライダー』には興味がなく、『ジュウオウジャー』だけ。そのうち『プリキュア』がつく日も近いだろうな…。アキが息子と河川敷と畑に行ったので、わたしは娘の相手をしつつ掃除。正午前、畑から、大量のピーマンとちょこっとのなすをとって、男子チーム帰宅。ピーマンもなすもつやつや。ピーマンをさっそく調理。最近はオリーブオイルと塩で炒めるだけ、という簡単レシピ。なすもついでに炒めた。たくさんつくっても、ぺろっとなくなる。お弁当の常備菜にも便利。あとは、チャーハン、チキンラーメンなどで昼ごはん。
娘がぜんぜん昼寝しないので、カーテンをしめきって、みんなで昼寝モードにするも、寝たのはアキだけ…。しかたないので、残る3人でコミセンの図書館へ。ベビーカーでてくてく歩くと、汗ばむ陽気。今日は13冊も借りた。帰りに、スーパーで、わたしの炭酸水とアキと息子のアイス(チョコジャンボモナカ)買って帰る。
夕方、アキが息子と娘を公園に連れ出してくれる。
夕飯は、とよみさんちでいただく。家族全員大好きな手作りチキンナゲットに、からあげ、ポテト。みょうがとしょうがの天ぷらもおいしかった。黒大豆?の豆ごはんは食べごたえたっぷり。お寿司も用意してくださっていたけど、息子は豆ごはんとチキンナゲットを、わきめもふらずに食べていた。
娘はなんと17時まで昼寝をせず、豪栄道が全勝優勝を決める頃ようやく昼寝を開始、おばあちゃんちにつく頃起きた。その一時間くらいの昼寝で、完全チャージされてしまい、寝たのは0時前。そして4時ごろまたおなかが痛い(おなかをおさえて「イタタ」という)といって泣きながら起きてきて、かわいそうだったけど、今回はすぐに治ってふたたび寝てくれた。ふう、赤ちゃんがいるとこれ(夜寝てくれない日)があるから大変だ。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード