9/23 FRI

朝晩は、窓をしめたくなるくらいすずしい。
お迎えのあとは、今日もMくんHくんとがいこつ山へ。習いごともいいけど、こうしてお友達とひたすら遊ぶのが、いちばん貴重な時間だと思う。
娘は、もうスプーンを使いはじめた。食事に淡白な息子は、手づかみ食べもスプーンをにぎることにも興味がなく、2歳台でもわたしが食べさせていた記憶がある。娘は食べる意欲満々な上、「下の子は上の子を見て学ぶから、何も教えなくてもどんどんおぼえる」らしいので、輪をかけて上達が早い。といっても、まだそこまでうまく使えないので、スプーンでぎゅうっと上唇を押し上げて鼻とくっつくくらいになったりして、かわいい。そしてやっぱり左利きなのかな?と観察している。自分で食べてくれると、食事のとき付きっきりじゃなくていいので、同時にわたしも食べることができて、ずいぶん楽になるんだよな。(まだそこまではいってないけど。)最近は、トマトがお気に入りのようで、皮をむいてわたしてあげると、しばらく口の中にいれている。基本ほっぺたがリスみたいにふくらんでるので、いつ飲みこんだのかぜんぜんわからない。息子はトマトも食べないので、お弁当の彩りに困るけど、娘はミニトマトを使えそうだから、よかった。
夕飯は、クリームシチュー。鮭のあら(といってもそんなに骨がない部分)と鶏胸肉少し。じゃがいもはキタアカリを使った。厚揚げを焼いたもの、キャベツとミニトマトのサラダ(すだち/オリーブオイル/塩であっさり味つけ)。
今日は幼なじみのみさきの誕生日。一週間前に、3人目(女の子)を出産したばかり。退院したけどまだきっと体はきつく、上の子ふたりの面倒もみなくちゃいけなくて、大変だろうな。でも、新生児をまいにち抱っこできるのはうらやましい〜。来月あたり、会いに行こう。

9/22 THU

木曜日だけど秋分の日なので幼稚園お休み。プールもない。アキはしごと。
午前中はどうにか天気がもったので、河川敷にフリスビーをしに。風がつよかったので、凧あげにきてる人たちがいて、カラフルな連凧や、巨大な凧(中にピカチュウが描いてある)が上がっていて、娘はそれを見て楽しんでいた。帰り道、助手席から外をみていた息子がとつぜん「できてる!」という。なにか工事中の建物でもできあがったのを発見したのかなあ、と思いつつ「なにができてるん?」とたずねると、はっと我に返り、わたしにも通じる言い方をしなくては、という感じで「晴れてきた」といった。視線の先には青空が。気になったので、「もしかして、くもったときは青空がこわれて、今はそのこわれた青空がまた元どおりになったっていう意味?」ときいてみたら、「そう」とのこと。再構築された青空か。
午後は雨。息子と餃子でもつくろうかな、と材料を用意しておいた。べつに大人みたいにうまくヒダをつける必要もないし、好きなかたちに包めばいいのに、「ママみたいにできひん〜」とかんしゃくを起こし始め、大泣きの息子。そして「自分もまぜろ〜」とばかりに「ネーネー、ネーネー!!」(←抱きあげてほしいとき、こう催促する)と足元でおおさわぎする娘。ここ一年くらい手作り餃子を食べてなかったので、そろそろいいかな…と思ったけど、やはりまだ早かった…。子どもたちをなだめたあと、結局ひとりで延々包む。でもやっぱり自分で作ったのはおいしーな!
娘は今日で1歳3ヶ月になった。まだ歩かない。でも気がむいたら「じょーじゅじょーじゅ(←「あんよはじょうず」を自分で言ってる)」といいながら、けっこう長いあいだバランス良く歩いてるので、「歩けない」のではなく「歩かない」のだと思われる。語彙は日々ふえてる。くった(靴下)、こえ(これ)、にゃんにゃん(猫)、とま(トマト)、ぽっぽ(はと)などなど。

9/21 WED

昨日おそくまでりえに手紙を書いていたせいで眠い。でも、今朝ポストに投函してからも、「いま、どのへんかなあ」と考えてしまったり、メールにはない余韻がある。
今週は月木祝日、火曜台風で休みやので、やっと幼稚園。しかし水曜なので午前保育…。午後は、男の子チームと女の子チームにわかれて、それぞれ誰かのおうちで遊ぶ。われらはやはり男子チーム、松山家へ。おなじみHくんMくん、あと、今日はKくんも。Kくんは交野から通ってきている。松山さんが、南九州の名物「あくまき」をだしてくれる。福岡ではあまり売られてなかったので、わたしは初めて食べた。わらびもちみたいな感触。どくとくの匂いもあるけど、きなこやおしょうゆをかけて食べたら気にならない、というかむしろそれがおいしく感じてくる。どうして灰汁で煮たんだろうね、という話になり、たぶん保存食だったんだろう、と予想。娘が気に入ってどんどん食べていた。岩本さんは、団地で拾ってむいて乾かしてきた銀杏の実を、炒ってくれる。金物屋で買ったという「銀杏炒り」という道具まで持参して…。皮がぱちっとはねても、まる網の中におさまるので椎の実なんかもこれで炒ると便利だそう。男子たちは、勝手に出ていて団地の中を走りまわってあそんでいた。団地って便利だなあ。息子以外の3人は年長さん(一つ上)なので、息子はがんばってついていってる感じだが、それがまた楽しそう。
みんな習いごとなど用事があるので14時過ぎに解散。うちはそのままスーパーに行って買い出し、帰ってしばらくして、息子を囲碁教室に送ってゆく。水曜日、月に2回だけある。雨がぱらついていたけど、強引に図書館に寄ってから帰宅。
夕飯は、なす/ピーマン/ねぎ/豚バラの甘味噌炒め、まだ残ってる豆腐スープ、竹ちくわ、黒うりの浅漬け。とよみさんが「もう抜いたよ〜」とこの前おっしゃってたので、今シーズンラスト黒うり。
東京に日帰り出張していたアキが、夜、「東京バナナ」を買って帰宅。

9/20 TUE

台風16号が近づいてきたせいで、幼稚園がきゅうきょおやすみに。3つも警報が出てるので、小中学校なども休みになったみたい。しかたないとはいえ、今日息子がいないあいだにやろうと思ってたことがすべてできなくなり、「くうう」とうらめしい気持ち。岩本さんが「ひましてるなら、うちにあずけにきてくれてもいいよ」と言ってくれたけれど、迎えに行くときどれくらいの暴風になってるか予想がつかなかったので、やめておく。昨日たまたまTSUTAYAでポケモンの映画のDVDを借りたのだが、これで本当に助かった。娘が昼寝してるあいだは、息子と「ちょうちょむすび」の練習をする。昨日買ったスニーカーが紐ぐつだったので、いい機会かな、と。昨日の夜、アキが少し教えていたこともあり、わりとスムーズにできていた。
夕飯は、栗ごはん、秋鮭の生姜焼き、ザワークラフトっぽいもの(圧力鍋でくたくたにして、娘も食べられるように)、トマトうどん翌日恒例のこりのスープに豆腐を入れたもの。
夜は、子どもたちが寝たあと、昨日借りた『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』をひとりでみる。(実際は、最初の15分くらいは、まだ起きてた娘といっしょに見た)。今日、すごくひさしぶりにりえから手紙がとどいていて、イギリス時代の思い出話などにもふれてあったこともあり、ベルセバの音楽とあいまって、ものすごい密度でいろんなことを思い出した。そして、その思い出と現在は、かくじつにつながっていると感じた。映画を見たあと、深夜までりえに返事をかく。とっておきの便箋と切手をえらんで。

9/19 MON

今日も雨もよう。ふったりやんだり。でもだいたい曇り。
朝からりんくうのアウトレットへ。アキもわたしも息子もスニーカーをさがしに。最近はいろんなものをネットで買うので、実際の店舗をまわって試着したりするのが息子にとってはとても新鮮なようで、おもったより退屈せずについてきてくれた。服もくつも、自分でちゃんと選んでいて、前回きたときはまだベビーカーに乗っていた彼なので、「おお」と思う。息子がえらんだスニーカーはニューバランスの店で、もう他のサイズがない「ラストペア」のところから「これがいい!」と一目惚れしたやつがぴったりサイズの18cmだった。青地に銀色でNの文字。その銀が気に入ったそうだ。娘は、予想どおり目をきらきらさせて、ベビーカーから洋服をながめていた。近い将来ショッピング大好きっ子になるであろう。
お昼を食べてすぐ帰るつもりだったのが、意外と長引いて、そのままTSUTAYAやらスーパーやら寄っていたら帰宅は結局夕方に。
夜は、うちのてっぱん簡単メニュートマトうどん。父がおみやげでくれたあわじのたまねぎ天をのせたらおいしかった。それからついでに栗もゆでる。栗にふかめに切り込みをいれて、圧力鍋でゆでて、鍋ごと水で急冷すると、渋皮まですっとむける、という情報を得てためしてみる。加圧ピンが上がってから3分ゆでたらやりすぎて、中がやわらかくなりすぎて、結局ぼろぼろになってしまった。(渋皮はむけたけど)。次は加圧ピンがあがったら30秒で火をとめてみよう。

9/18 SUN

朝から雨がしとしと。一日中ふったりやんだり。
アキは昨日からひきつづき社員旅行だし、雨で公園にも行けないしで、朝から家のそうじ。子どもたちは最初は機嫌よくあそんでたけど、だんだんマグマのように退屈がたまってきて、トラブルが多発しはじめて、わたしもふくめて全員爆発しそうになったので、実家へ移動。持ってったごはんを食べたあと、娘は昼寝をはじめたので、わたしと息子はいったん帰る。お風呂とトイレを掃除したあと、息子が作った「くだものゲーム」で遊ぶ。また実家へもどる。ヒロにほぼむりやり息子を押しつけ(自転車で遊んであげて、と)、わたしと母と娘で生協に買い出し。
夜は帰宅した父とアキたちもいっしょに、みんなで鍋。母作 タイのあら炊き、わたし作 水ナスとホタテとアスパラのサラダなど。旅行先は徳島や淡路島だったらしく、おみやげは、すだち、たまねぎ、栗などなど。息子には、ぷよぷよしたすだちのキーホルダー。ぎゅっとにぎると目がとびだす、というしろもの。

9/17 SAT

朝からわりと暑い。
アキは社員旅行へ。ふだんなら残ったわれわれは合気道だが、今日はイレギュラーで午後から。わたしが目のまわりとかかゆくて気になるところがいくつかあったので、子どもたちを実家にあずけて皮膚科へ。かかりつけをまだ見つけられてないので、駅前にできた新しいところに行ってみた。……微妙。待ち時間がないのはよかったけど。飲み薬と塗り薬の処方箋が出たので「飲み薬か〜。授乳中やし、もらうだけもらって飲まんとこうかな」と思いながら隣の薬局でまっていたら、皮膚科の受付のお姉さんが走りこんできて、「授乳中だってとこ見落としてました。薬、差し替えます」といわれる。もう面倒なので「じゃあ、飲み薬いらないです」と断った。それをきいていた薬剤師さんに「今、赤ちゃん何ヶ月?」ときかれる。「1歳2ヶ月です」「ああ、じゃあもうあまり飲んでないのかな」「いえ、めっちゃ飲んでます」「あら……」。うちの母くらいの年の人だったので、「もう母乳はいいんじゃない?」とかいわれるのかな、と思ったら「うちの娘の子なんだけど、ぜんぜん離乳食たべなくて、おっぱいばかりでね…」と逆に相談される。しかもこれって、先週のモス(9/10)でのおばさんとの会話とまったく同じ。わたしがこれまでに見た限り、ミルクや混合の子はわりと早くから離乳食を食べる。でも完母の子は、なかなか食べない。助産院の先生はもちろんそのことを知っていて「1歳くらいまではおっぱいだけでもぜんぜん大丈夫。味見くらいで」という指導をされているが、保健師さんたちはミルク/混合の赤ちゃんベースで「5,6ヶ月から離乳食、母乳より食事を優先」という杓子定規な指導をしているので、「うちの子、ぜんぜん食べてくれない…」と悩むママ(とその母、義母)が全国にたくさんいると思われる。これ、そろそろどうにかならないのかな??
午後からは合気道。娘は昼寝をしてなかったのでフラフラのはずだが、道場でまたしてもハッスル。帰宅後、ほんとうなら、千絵ちゃんたちの個展オープニング日なので会いに行きたかったけど、息子もわたしも遠出をする元気は残っていなかった…。息子は「アイス食べにいきたい」というので、ティコラッテギフトに自転車で走る。ジェラート3種もりをふたりで分けた。ラズベリー、マンゴー、ロイヤルミルクティー。帰りの自転車で、娘はやっと寝た。
夜、息子が寝たあと、彼の落書き帳としてつかわれてるジャポニカの国語ノートがひらきっぱなしになってたので、のぞいてみたら、ひらがなで単語を羅列していた。右から順に「れいぞうこ げんまい いろえんぴつ とおもろこし うちあげはなび ひこうせん のうと ひこうき」まるで、彼の頭の中をのぞいたような。

9/16 FRI

晴れて、昼は暑くなる。
朝、息子を送ったあと、娘と公園のすべり台であそぶ。まだしっかりとは歩けないので靴ははかせてないのだが、はだしでどんどん階段をのぼる。もちろんわたしも後ろで支えながらついてゆくのだが、一番上までくると、わたしがしゃがむのを待たずに一人でさっさとすべろうとする。こわごわだった息子とはちがう…。しばらく遊んで、帰宅。娘が眠そうだけど寝ないので、おんぶしながら夕飯づくり。真夏は、娘があせもまみれになってしまうので、おんぶして火を使う台所には立てないけど、すずしくなった今はこれができるので助かる。昼寝をはじめたので、おろして書きもの。長い夏休みのあと、こうして昼に書く時間がとれるだけでありがたい。
お迎えの後、懇談があったので、息子は他の子たちとガイコツ山で遊んでてもらう。ところが、わたしがのんきに懇談してるあいだ、息子が行方不明になる事件が起きていた。ママたちはほうぼう探し回り、お友達も山の中をすみずみまで見てくれたけど、いない。そして、みなが探し疲れた頃、公園のすぐ入り口、ママたちがふだんおしゃべりしてるとこの植え込みの裏から、息子はひょこっと出てきたそうだ。なんでも、「石を見ていた」そうで…。みんなが自分の名を呼ぶ声はきこえるはずの場所なので、ひっこみがつかなくなって出てこなかったのかな、とも思ったけど、本人は「うっすらきこえた気もする」と…。実際彼は、家でも絵本やテレビに入りこむと、何度呼んでも、まったく耳に入らないことがよくあるので、あながちウソでもないのかも。他のママたちには心配をかけて、申し訳なかった。どんな石みてたん?と家に帰ってからたずねたら、「半分が青で半分が黒い石」だそう。
夕飯は、ロールじゃないキャベツ、お味噌汁(ちくわ、なす、かぼちゃ、黒ウリ)、残り物副菜こまごま。
アキが早く帰ってきたので、娘をベビーカーにのせて夜の散歩に出かけてくれる。わたしと息子は、ゆっくり絵本タイム。娘は寝て帰ってきたので、やったー!と喜んだが、真夜中に起きてしまって逆に大変だった。

9/15 THU

秋はつづく。
朝、幼稚園に送ったあと、そのまま教材づくりに参加。子どもたちが縫いさしするための絵をかいたり、カレンダーの線をひいたりといったちょっとしたこと。参加する義務はなく、時間があるママだけがおしゃべりしながらちょこちょこやる感じ。娘はとなりでお絵描きしたりブロックしたりして、わりとおとなしくしててくれたので、わたしも絵をかけて楽しかった。でも11時くらいに、ねむくなりはじめた娘は、えんぴつを投げはじめたので退散。
その後家で、ぐっすり昼寝してくれたので、書きものがはかどる。気づいたらお迎えの時間。5分でラーメンを食べ、お昼がまだな娘のごはんや息子のプールバッグなどもって、あわてて出発。今日は、敬老の日のハガキ投函の日だったので、ポスト前にお迎えだったのをわすれて(朝、リーダーからメールがきてたのにもうわすれてた)、ふつうに園に行ってしまう。そのご、気がついてポストに行き、息子に会うと、「ママ、なわとび今日も昨日もわすれてる」と指摘される。は!そうか、運動会練習用に持たせなくちゃいけないんだった。これからもいろんなことがこぼれおちるのを、子どもにフォローしてもらう日々かも…。息子はしっかりしてるので助かる。そのままガイコツで1時間ほど遊び、自転車でプールに直行。息子を送り出したあと、スーパーとドラッグストアのハシゴ、またプールに戻る。もうどたばた。
夕飯は、コープ自然派の餃子(豚の方)、ししゃも、酢ごぼう、かぼちゃのスープのこり、納豆、サラダ(レタス/ミニトマト/ゆでたまご/スモークサーモン)というてきとうごはん。しかし息子は「やった〜すきなものばっかりや〜」えーと、餃子もししゃもも焼いただけですけど…。

9/14 WED

秋雨前線停滞中、でも雲ばかりでほとんどふらない。
朝、5時おきしたものの眠くて、6時まで作業したあと、また7時まで寝てしまう。でもやっぱり疲れがとれなくて、は〜と気怠い感じでいたら、息子が元気いっぱい話しかけてくる。「ママ!朝シャワーあびてたら、ほそなが〜い鼻くそがとれてん!」「へ〜……」。そのあと自転車で送る途中、またも後部座席から「わかった!」となにか大発見をしたような息子の声。「どしたん?」「鼻くそって、鼻のうんちってことや!だって、くそってうんちのことやろ」「……うん」。
水曜なので午前保育。幸い娘が午前中に寝てくれたので、わたしも30分だけ一緒に寝て、回復。今日もまた、HくんMくんと遊ぶという息子。ローテーションのように、今日は我が家。車で迎えに行き、子どもだけのせて帰る。岩本さんは自転車で追いかけてきて、松山さんもしばらくしてから合流した。子どもたちはお弁当を食べたあと、ジャングルジムからソファに飛び込むという遊びを延々と。しかも、誰からともなく、おしり、ちんちんを出し始め、最終的には全員すっぱだかでぎゃあぎゃあ喜びながらやはり延々とジャングルジムからソファに飛び込む、という事態。それを見守る岩本さんとわたし。というか娘が間違って蹴られたりしないかどうかだけ見守っていて、男子のことはほぼ無視。暑がりだした男子たちはそのままシャワーを浴び、シャワーをためてお風呂で遊んでいた。
15時頃解散して、雨がふりそうな中どうにか図書館で本を貸し借りし、帰宅。
岩本さんが、スダジイの実をくれた。わたしが椎の実を食べたことがない、といったら、団地で拾っておいてくれたのだ。椎の実は、ほかのどんぐりと違ってアクがないので、生のままでもかじれるそうだ。もらった分をすこし炒って食べてみたら、淡白なナッツっぽかった。
夕飯は、いわしの生姜煮。圧力釜で骨までやわらかく。ごぼうとにんじんも一緒に炊いた。あとは、かぼちゃのスープ、納豆のオクラと梅和え、サラダ(レタス/アボカド/トマト)。

9/13 TUE

いちにち雨予報だったけど、朝送りに行くときはやんでいた。でも、調子に乗って100均で買い物などしていたら、雨がふってきてしまう。ざあざあぶりの中、帰宅。娘は抱っこひもで頭のカバーもかけたので、そんなに濡れずにすんだ。
MacBookの充電器が死にかけていた(接続不良ぎみ)だったのをだましだまし使っていたが、とうとう死んだ。死んだ!と思った朝にあたらしいのが届いた。Macの充電器は昔から壊れやすいので、ほんとどうにかしてほしい。
幼稚園、お迎え後、運動会ミーティング。小規模な園なので、先生とママたちが協力しあってこれまでもやってこられた。たくさん人数がいるときは、乳飲み子がいるママはいろいろ免除されてたそうだけど、今年は年中はふたりだし、来年は全体の人数はもっとへるし、そんなこともいってられない。卒園まで、わたしも微力ながらがんばろうと思う。ミーティングのあいだ、子どもたちは園庭で砂や泥あそびをしていた。そのご、息子は岩本家へ。MくんとHくんと遊ぶのが日課になってきている。わたしは娘とスーパーで買い物して、帰宅。夕飯準備。夕方17時ごろ、車で迎えに行く。岩本家からの帰り道、空がふしぎな色をしていた。グレーと橙とむらさきを混ぜたみたいな。絵の具でまぜたらにごるけど、光だとにごらない。
夕飯は、さわらの塩麹焼き、ゴーヤと厚揚げの炒め物、ニラたま、お味噌汁残り。さわらは、昨日買って塩麹につけておいた。厚切りで、身がふっくら。味はうすめだったので、ポン酢をすこしかけ、ゆずこしょうを添えた。

9/12 MON

幼稚園、お迎えにいくなり「Hくんちあそびにいく!」という息子。松山さんは「いいよ〜、連れて帰るよー。Mくんもくるし」と男子3人連れてってくれる。わたしは夕方お迎えにだけ行けば良いとのことだったので、娘だけすこし公園で遊ばせる。その小さな公園で、夏前までは息子も遊ばせていたのだが、はしりまわりたい男子にはかなり無理がある小ささ。でも、女の子たちがきゃっきゃとごっこ遊びするには十分な大きさ。娘は、お姉さんたちにじゅんばんに抱っこされたり、すべりだいをいっしょにすべらせてもらったり。一時間くらい遊んで帰宅。外で遊んでまんぞくした娘は、家でもご機嫌でひとり遊びしてくれて、夕飯づくりもさくさくすすむ。
夕方、Hくんちに迎えにいくと、団地の広場にみんないる。息子は、HくんかMくんのお姉ちゃんのキックボードを貸してもらって遊んでいた。車に向かいながら「あ〜たのしかった〜」とつぶやく息子。明日もあさっても遊ぶ約束をしているらしく「毎日たのしみすぎてまちきれへん」と。わたしが「今日なにしたん?」ときくと「わすれた」と潔い答え。わたしには未知の男子の世界をかいまみせてもらって、得した気分。
夕飯は、三色丼(緑はブロッコリー)、塩サバ、酢ごぼう、お味噌汁(にんじん/なす/黒うり/オクラ/うすあげ)、サラダ(レタス/アボカド/トマト)。
今夜の絵本タイムは、届いたばかりのもの。図書館で借りて気に入った『かぼちゃひこうせんぷっくらこ』(←スウェーデン語から訳された日本語がきれい)、『おちゃのじかんにきたトラ』。
子どもたちが寝たあと、さらさらと雨がふりだす。

9/11 SUN

朝ちょっとぱらっときたけど、すぐに晴れ、ぐんぐん暑くなる。
息子がアキと自転車でサイクリングをしたいというので、河川敷へ。まだ息子をひとりで道路を走らせるのは不安(ふらつくことがよくある)ので、彼の自転車は車に乗せ、わたしが運び、アキが親子乗り自転車の前後に娘と息子を乗せて、合流。息子とアキはどんどんこいでいき、すぐ見えなくなる。待ってるわたしと娘は暑いので、木陰に移動。かなり遠くまで行ったみたいで、もうそろそろお昼だし帰りたいなあ…と思う頃、もどってきた。娘が小学生くらいになったら、家族みんなでスポーツタイプの自転車にのって、遠出できたら楽しそうだな。
お昼は、チャーハン。畑でとれたピーマンと鮭フレークで。娘も息子もピーマンは嫌がらずに食べてくれる。息子は「あまにがくておいしい」とのこと。チャーハンだけじゃ足りないので、ラーメンも。サイクリングの男子チームはその後ぐーぐー昼寝。娘は河川敷で昼寝したので、ぜんぜん眠ってくれない。ソファで寝てしまった息子の上(しかも顔の近く)にドカンと乗って、ドンドンして起こそうとしたり…。そういうことをされても、息子はまず怒らない。
夕方、アキはポートランドに短期留学(研修)してたときの友人とごはんを食べにでかける。たっぷり日差しをあびたのに昼寝しそびれたわたしはふとんでウトウト…。遠くの方で、起きた息子が娘にひたすら絵本を読んであげている声がきこえる。おかげで30分くらいゆっくりできた。おまけに、洗濯物をとりこんでそのへんにバーンと投げておいたら、(息子が)いつのまにか家族分に仕分けして、きれいにたたんでおいてくれた。
夕飯は、家で食べるつもりだったけど、成り行きで実家に。食べるつもりだったものをそのまま持ちこんだ。
娘は自分で「いないいないばあ」をする。「ナイナイナイナイ、ナ?」最後の「ナ?」はあえて小さく高い声でいうので、胸がきゅんとなるかわいさ。かわいさアピールが非常にうまい。一方、同じ頃の息子は「ナイナイナイナイ、(ため)ボオオオオオオ!!!!」という限りなく野太い声を出して、おもしろさのみを追求していた。「いないないばあ」ひとつとっても、個性がきわだつ。

9/10 SAT

朝は合気道。娘は道場でハイハイしたり、よちよち歩く練習したり。調子がよければ10歩くらい歩く。息子が歩いたのも1歳3ヶ月だった(今娘は1歳2ヶ月)なので、ほんとに同じような感じ。
帰り道、モスに寄ってかるくランチ。息子はとびきりチーズバーガーを、娘はポテトをおいしそうに食べる。となりの席にすわっていたご夫婦が目を細めてこっちを見ている。と思ったら、奥さんの方が「今、おいくつ?」と娘の年齢をきいてこられた。するとお孫さんも、同じく6月生まれの1歳2ヶ月だった。「まだおっぱいのんでるの?」「ごはん食べる?」などいろいろきかれる。なんでもお嫁さんにとっては初めてのお子さんで、栄養士に「早く授乳をやめろ」といわれている、でも赤ちゃんはまだほしがっていて悩んでいるそうで。うちはまだガブのみですよ、息子もなかなか食べることに興味をもってくれなくて、パイばかりのんでたけど、ほら今ではごらんの通り、と伝えてみる。いろんなケースがあるだろうから一概にはいえないけど、数十年前にはやりだった「1歳になったら断乳」という考えは、今では古くなっている。母子ともにとくべつな事情がないかぎり、卒乳の時期は子供の意思を尊重する、という流れ。これもまた、はやりなのかもしれないけど。
アキは整体や珈琲屋さんに行ったので、わたしは子どもたちとてきとうに留守番。アキ帰宅後、娘は実家において、目の前のテニスコートにて3人でフリスビーして遊ぶ。
16時ごろ、父の車と二台で鰻屋さんへ。関目の「魚伊」。あつこのおばちゃん御用達のお店。中途半端な時間なのは、個室の予約がなかなかとれない関係。でも、子どもたちは早目にお昼食べておやつ食べなければ、ちょうどいい時間。うなぎは、皮がもちっとしてて、中はふわっとやわらかく、最高だった。食べ終わったあと、ちょうど日が暮れる時間だったので、舞洲までドライブ。ローソンでラテなど買って、海沿いをぶらぶら歩く。海風がすずしい。釣りをしてる人たちがたくさんいた。昔は釣りといえば、おじさんのイメージだが、今は女の人ひとりできてたり、親子連れもたくさん。息子は、日がくれたあとの散歩が楽しいらしく、はしゃいでいた。
しかし食後のドライブで夕寝した娘が夜ぜんぜん寝ない。結局、寝たのは23時をまわっていた。

9/9 FRI

朝から完全に秋の空気。ヨーロッパは、夏こそ最高だけど、短い夏が過ぎたら、どんより曇った寒い季節になるので、なんとなく気持ちが落ちる。でも日本は、秋も長くあたたかく、冬も寒いのは寒いけど、よく晴れた日々がつづくので、この国に住んでいる限り、わたしは夏の終わりが本当に大好きだ。(というか日本の夏以外の季節は全部好き)
今日から幼稚園は、お弁当持ちで14時降園。といっても、娘がいるので、開放感はあまりない。園に送ったあと、降園でひと遊び。たーちゃんとJくんもちょっとだけ来て、少ししゃべる。娘とJくんは生まれは同い年なので、これから歩けるようになれば、いっしょに遊べるね、きっと。その後、眼科へ。毎年この季節、目と目のフチがかゆくなる。たぶんブタクサとかのイネ科のアレルギーだと思われる。といっても、鼻は大丈夫で、目も、一日一回目薬をさす程度だけど。家に帰ったあと昼寝してくれたので、そのあいだにメールの返信や書きもの。早朝にくわえて、昼もすこしでも書けたら、やっぱりはかどる。
14時に息子を迎えにいったあとは、MくんHくんとガイコツへ。フリスビーをすこしやったあとは、虫とり網でトンボをおいまわし、一匹つかまえていた。朝晩はすずしいけど、昼はまだまだ暑い。
帰宅後、つかれて横になるわたしをよそに、ご機嫌で(それぞれに)遊ぶふたり。夕方までにしっかり動いていれば、子どもたちの中にのこる一日分のエネルギー量もだいぶへっているので、家遊びで満足してくれるのかも。そういう意味では、やはり幼稚園ありがたし。
夕方、とよみさんがアキの畑の黒うりとピーマンを収穫してもってきてくださる。もはやアキの畑ではなく、とよみさんの畑である。
夕飯は、アキいないこともあり、完全に昨日の残り。

9/8 THU

ようやく長かった夏休みがあけ、始業式。10時からの予定。
でも、早朝は晴れていたのに、9時ごろとつぜんものすごい雨。ガラス窓の外が見えなくなるくらい。雷もゴロゴロと。車がとめてある実家までの2分すら歩くのが困難そう。さて、どうするか、と思っているうちに、小降りになり、ちょうど家を出る頃にはやんだ。おかげで自転車で行くことができた。雨がふる前は蒸し蒸し暑かったのに、雲が去ると、さわやかですずしい秋の空気に入れ替わっていた。
息子は園が始まるのを指折り数えてまっていたので、すごくうれしそう。送ったあとは、月に一度の母の会。
今日は昼までだったので、お昼ごはんはうちで。息子は塩ラーメンを一袋食べたけど、おなかがいっぱいにならなかったらしく、トーストにブルーベリージャムをぬってたべていた。変な組み合わせ、でもまんぞくしたようす。おなかいっぱいになった全員(わたし、息子、娘)で昼寝をはじめてしまい、はっと気がついたらプールに行く時間。朝のうちに、ハヤシライスをつくっておいてよかった…!急いでプール。今日も息子はクロールの練習。帰り道、スーパーでサラダの材料だけ買って帰宅。
夕飯は、ハヤシライス、とうふとわかめの味噌汁、水ナス/黒ウリ/ベビーホタテ/生マッシュルームのサラダ。

9/7 WED

昨夜Mくんちに泊まりに行った息子。夜中に電話がかかってくることもなく、楽しく過ごした様子。朝8時台に岩本さんから「朝ごはんたべて、遊んでまーす」とメール。岩本家、松山家にお世話になりっぱなしなので、今日はうちに昼ごはんをたべにきてもらうことに。軽くそうじをして、足りない材料(豚ひき肉)などを買い出し。その帰り、自転車で娘がウトウト。男子3人組が乗りこんできたらドタバタさわぎになること間違いなしなので、実家に避難させることに。生協の会議をしていた母のそばに眠った娘を置いて、起きたら迎えにいく作戦。大正解。畳がすりきれるほどの大さわぎ(←比喩ではなく、ほんとにすりきれて、イグサがそこらじゅうに)。どこでもここでも戦いごっこか、つかまえた爬虫類(今日はヤモリ)を眺めたりしている男子を見た岩本さん「あんたたちは、結局どこの家にいてもやること一緒やん」。ほんとうに。お昼は、豚キャベツ丼。野菜嫌いのMくんもおかわりまでしてくれたのでよかった。ちなみに、昨夜は岩本家のある団地にて、セアカゴケグモ探しに行ったらしい。何十匹も見つけたそうな。昨日の朝めっちゃ早起きしたのに夜遅く寝て、しかも朝から動きっぱなしの息子はフラフラ。なのに、勝手に3人で家を出ていつのまにか公園に行っている…!友達パワーってすごいな。お姉ちゃんたちが帰ってくるというので、14:30に公園で解散。
もうじゅうぶんすぎるくらいの一日だが、まだ今日は終わらない。囲碁の体験の予定が入っていたのである。でも、ソファで昼寝をしはじめた息子を起こして連れてくのはしのびなく、もう今日はいいかな…と思って、まあでも一応本人の意思を確認しようと「囲碁いく?」ときいてみたら、ものすごく疲れてるはずなのに、むくっと起きて「いく」。そうとう楽しみにしていたんだな。教室は同じ町内なので、めっちゃ近い。徒歩でも5分くらい。娘は母にあずけた。最初は碁盤や碁石の説明。本物の碁石、その材料も見せてもらった。白は大きなハマグリをくりぬいて磨いたもの、黒は那智黒石からできている。貝からくりぬいて作られてるなんて全然知らなくて、胸がときめいた。もちろんそれは最高級のもので、もっと安価なガラス製のものなどもいろいろ売られているそうだ。ルールはまったくなにも知らない親子なので、とりあえず基本のキを説明してくださる。わたしより息子の方がのみこみが早い。小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんがドヤドヤとやってきたあたりで、いったんわたしは退散。レッスンは1時間半と長丁場で、しかもクタクタの息子、大丈夫かな…と思ったけど、楽しくできたみたいだった。月に2回なので、次回は2週間後。
夕飯は、昼の残りの豚キャベツ丼、厚揚げを焼いたもの、ピーマンのオリーブオイルソテー、納豆、モロヘイヤのお味噌汁。
息子はバタンキュー。娘はなぜか寝る前に興奮状態におちいり、きゃあきゃあはしゃいで落ち着かせるのが大変だった。1年2ヶ月のあいだ、一度も無理にあずけることなくず〜っと一緒にいた成果か、すでにママ離れをはじめていて、本人が遊びたいときに抱っこすると「自由に動かせてよ!」とばかりにのけぞって嫌がる。魔の2歳児の片鱗がみえかくれ。

9/6 TUE

朝、Hくんから電話。息子へ遊びの誘い。いくいく、と勝手に約束して切ろうとしているが、時間も何もきめていない。おいおい、とママ同士にかわって、時間を決める。その後すぐ電話がかかってきたので、またHくんかな?と思ったけど、知らない人だった。昨日きょうこがベビーカーを押したとき、道に息子のキャップを落としていたらしい。そのキャップには名前と電話番号が書いてあり、拾った親切な方がわざわざ電話をかけてきてくださったのだ。そして実は電話がかかってくるのは3回目…。市民プールとか習いごとか、いろんな場所にわすれてきては、そのたび手元にもどってきている。ありがたいことである。
松山家につくと、すぐに岩本さんとMくんもきた。2週間ぶりくらいに会う子どもたちは、ちょっと照れもあるのか、いきなり激しい戦いごっこをくりひろげる。男子のあいさつって、子犬みたい。お昼は岩本さんがパスタを作ってくれる。さんざん遊んで、16時ごろおいとま。空にはもくもく黒い雲。雷もゴロゴロ。アキのYシャツとりにクリーニングやさんへ行き、雨雲と追いかけっこするようにして帰宅。マンションにつくころには、ぽつぽつとふりだした。息子とふたりで大慌てで洗濯物をとりこみおわった直後、窓ガラスに叩きつけるような大雨。セーフ!
雨の音をききながら夕飯準備してたら、また電話。今度は岩本さん。急きょ、Hくんがお泊まりすることになったから、息子もどう?というお誘い。これまで(わたしの出産という有無を言わせない機会以外)ひとりで誰かの家に泊まったことが一度もない息子。うちの実家ですら。それなのに「いく!」と即答。夕飯は、岩本さんが「たこ焼きでもするよ〜」といってくれたので、シャワーだけ浴びさせ、荷物をもって、車へ。ちょうどよく雨がやみ、空には虹が。たまたま庭先に母がいたので、娘をあずけ、送りにいく。帰り道、車をひとりっきりで運転していることに気がつき、「そうか、気がついたら、こうして子どもたちは巣立ってゆくんだろうな」と思う。さびしさも多少はあるけれど、子どもたちがしっかりと成長してくれているといううれしさで胸がいっぱいになる。連日息子と娘とべったりで疲弊して「あ〜いつまでこんな日々がつづくのか…」と思っても、こうしてときたま虹のように、ひとまわり大きくなった姿をあざやかに見られると、疲れも苦労もふきとんでしまう。
そして娘とふたりでマンションに戻った直後、ソファの背もたれ側から落下してたんこぶをつくり大泣きの娘。これまでも、危なっかしいな〜と思ってはいたが、一度もそっちから落ちたことはなかったのに。息子と娘がふたりでソファにいると、息子が娘をひっぱったり押したりしてるように見えるようなときが多々あり「ちょっと!あぶないって!」と注意しまくっていたのだが、実は息子は落ちないようにいつも見守っていてくれたのだ、と気がつく。そして、息子がいないことで、娘はわたしにずっとまとわりつき、夕飯の準備がぜんぜんはかどらない。
それでもどうにか、鮭を焼き、モロヘイヤの味噌汁をつくり、キャベツとアボカドとゆでたまごとトマトのサラダは作った。あとはもずくとか納豆とか黒うりのお漬物とか。

9/5 MON

九州を縦断して北上している台風の影響で、朝から曇り。今にもふりそう。結局今日はふったりやんだりの一日。
でも、すごくラッキーな日だった。まず、朝、子どもたちと河川敷にフリスビーに。しばらく遊んだら雨がふってきた。雷の音もしたので、いそいで車に退却。息子の髪が伸びていたし、本人も切りたい、と言っていたので、帰りに床屋に寄りたかったのだが、傘をもってきていない。今日はあきらめて帰るか〜と思っていたら、床屋(の近くのスーパーの駐車場)まできたら、やむ。車をとめて、店にいくと、今の今までふっていたので、ちょうどお客さんが途切れていて、待ち時間ゼロで切ってもらえることに。前回坊主にしたのはイヤだったらしく、今回はちょっと長めのスポーツ刈り。切ってもらってるあいだ(所要時間たった15分)に、娘とわたしは近くの銀行やドラッグストアで用事をすませ、仕上がった息子をピックアップして、とめていたスーパーで果物とおやつを買い、そのままさらに駅前のスーパーで買い物して、帰宅。帰宅したら、また雨。昼ごはんはチャーハンをささっとつくる。たべ終わったら、雨はまた上がっていたので、クリーニングを出しに行き、そのまま実家の前のテニスコートでフリスビー。またぱらぱらとふってくる。フリスビーだけならできるけど、待ってる娘がかわいそうだな〜と思ったら、母がヨガから帰ってきた。きょうこも出てきて、娘を家の中に入れてくれたので、わたしと息子はまたフリスビーを楽しめた。そのあと実家でスムージーなど飲み、帰宅。母になついている娘は、一足遅れて母におんぶされて戻ってきた。息子はまだこの頃、あずけてわたしだけ帰ろうとすると「ママ〜!」と追いかけてきたものだが、人見知りの時期が過ぎた娘は一切そういうことはない。「じゃあね、ママ帰るよ〜」といっても、こっちをちらっと見るだけ。
夕飯は、さごしの塩麹焼き、かぼちゃの塩麹煮、トマトうどんの残りのスープに木綿豆腐を入れたもの、黒瓜と水ナスとお刺身(切り落としが安かった)のサラダ。ほんとはキャベツを使うつもりだったけど、いざ使おうと冷蔵庫みるとなかったので、黒瓜をスライスして塩もみして代用した。ドレッシングは、漬け丼っぽく、めんつゆ/ごま油/みりん/しょうゆ少々/すだちのしぼり汁で。

9/4 SUN

深夜に目がさめてしまい、眠れなくなったので、眠くなるまで書きもの。はかどったけど、朝からどっと疲れが。家事は疲れた体でもどうにかこなすことができるが、子どもと遊ぶことがきつい。1歳と5歳の子がいて、夏休みが2ヶ月もある幼稚園に通わせている上、自分の作業までしようとしているのは無謀なのだろうか、という思いがよぎる。しかしそこまでしてやる必要はあるか、と自分に問えば、答えはイエス。というわけで、午前中は超ミラクル省エネモードで過ごす。子どもたちを遊ばせる元気はゼロ、とりあえず食べさせ、排泄の処理をし、あせもができないようシャワーを浴びさせ、汚い部屋に掃除機をかけることで精一杯。掃除機をかけようとしても、くせもの(娘)がいるので、片づけたと思った台所はレシピ本が散乱(ご丁寧にカバーもすべて外されている)、台所片づけてる間に、リビングの本棚散乱、ブロック散乱、お茶はこぼれてる、かけようとする掃除機に近づいてくる、というエンドレスの攻防。ところどころで布団に横になり、意識を失ったように10分単位で寝るというのを3回くらい繰り返したら、ちょっと元気が回復。
午後は、ドラッグストアに買い物にいったあと、息子のリクエストで河川敷にてフリスビー。台風の風が気持ちいい。台風の影響を受けた空には、いろんなしゅるいの雲がつぎからつぎへと流れてくる。
夕飯は、外食しようかと思ってたけど、ちょうど出かけてた母が帰ってきて、息子が「手巻きがたべたい」といったら、OKが出たので、ありがたく実家でごはん。

9/3 SAT

朝、6時起き。30分だけ作業。もすこし早く起きたかったけど、昨夜はひさしぶりの熱帯夜で、娘が5回くらい起きてしまって、わたしも眠い。
アキは勉強会。合気道から帰ってきて、クーラーをきかせたきょうこの部屋(きょうこはいない)で、わたしと子どもたちでたっぷり昼寝。起きたら13:30。母が買ってきたサンドイッチなど食べたあと、息子の自転車をつんで河川敷へ。空は曇ってきて、風もあってすずしい。息子は800mのジョギングコースを、くるりと一周。ただ自転車で走るだけで楽しそう。フリスビーもした。娘はレジャーシートの上で、もくもくとおやつを食べていた。靴をはいていっしょに走りまわれる日もすぐそこ、かな。
河川敷からの帰り道、空に短い虹が。 車で近づいても近づいても遠ざかるのを不思議に思った息子「(虹が自分を)みてみて!ってうしろにさがってるんや」。家の近くの公園が夕映えに照らされてグリーンゴールドに光っていた。さくら並木の葉はまだ青いけど、もうすぐその葉の緑は消える、そのさいごの輝きだった。
夜は、トマトうどん。
夜中、なぜか目がさめてしまう。すると、遠くで稲光。5秒くらいして、空全体がごろごろと。夏が本当にいこうとしている。

9/2 FRI

朝、5時15分起き。窓を全開にしていると、毎朝このくらいの時間に、マンションの別の部屋からジリリリリという音がかすかにきこえてくる。5分おきくらいに何度も。スヌーズがとまるのは30分後くらい。早起きしたいけど、ぎりぎりまで寝てしまう人なのね。
今日はひさしぶりに暑くなったので、実家でプール。暑くなったといっても、猛暑日まではいかなかったので、1時間くらい遊んでいたら、「さむいからあがる」といいだした。たぶん今日がプールおさめかな。たしかにふたりともからだが冷えていたので、あたたかいお風呂に直行。娘はだいぶうちの母に慣れてきたので、あずけて、息子とカターラへ。スパゲッティやピザを食べたらたまるポイントカード(ためたのはうちの両親)があったので、それを使ってワッフルを食べに。帰っても、娘は泣くこともなくずっとご機嫌だったみたい。
夕飯はさっとつくる。白菜と豚バラのミルフィーユ(にんじん、さつまいも、黒うりも入れた)。
夜、息子とドラえもんをみていたら、「行き先は21世紀」というセリフがでてきた。反射的に「21世紀ってことは、未来に行くのか〜」と思ってしまったわたし。たしかに昔ドラえもんを見ていた当時は、20世紀だった。わたしはいま、あのころの未来にいるな。

9/1 THU

朝5時起きして作業。
わたしのパソコンにはワード(2011)が一応入ってるけど、マックとどうも相性が悪く、しかもOSをyosemiteにアップグレードしたら、さらに不具合が多発。それでも、他の人とやりとりするときは、ワードのファイルが一番汎用性があるので、iTextProで打ったものを、ワードにはりつけて送る、というやり方をしていた。しかし思いきって、最新(2016)のワードを買って入れてみた。買う、といってもMicrosoftのサイトでダウンロード、インストールするだけなので、買おうと思い立って30分後にはパソコンに入った。インターフェイスも見やすく、動作もさくさく。思った以上に使い勝手がよくなっていた。
午前中は、幼稚園の仲間からおさそいがあり、がいこつ山へ。でも、女の子ばかりで息子はあまりおもしろくなさそうだった。それでも、走り回ることができて、外でお弁当たべられたので、よしとしよう。
午後はプール。10月にあるテストは「クロール 10m」なので、とうとうクロールの練習が本格的に始まった模様。片手で小さなヘルパーをもってバタバタ、顔を横にあげて息を吸う練習。おわったあと息子は「クロールって、顔を(前ではなく)横にして息すうんや〜 しらんかった〜」といっていた。オリンピックの競泳は見てたはずだが、やっぱり自分でやってみないとわからないよね、なにごとも。
夕飯は、サンマごはん。シーズン初サンマ。生のサんマのまま炊飯器にいれると、魚臭さが残る反面、サンマの脂がいい感じでごはんにしみこみ、こってりさんまごはんになる。一方、サンマをグリルで焼いてから炊飯器にいれると、魚臭さは消え、脂も落ちているので、あっさりサンマごはんになる。わたしはどっちもそれなりに好きだけど、さんまをしっかり楽しもうとおもったら、生サンマの方かな。その場合、酒としょうがを多めにしたらいいかも。ちなみに今日は、酒を切らしていたこともあり、あっさりの方。それを補うかのように(実際は偶然)コープのいわしチーズはさみ焼きも焼いた。青魚×青魚。あとは、お味噌汁(キャベツ/黒うり/にんじん/うすあげ)、昨日の残りのほうれん草の白和え、納豆。
今夜は新月だよ、と千絵ちゃんにメールしたら、「どうりで外が暗いわけだ」と返事。月の満ち欠けを感じられる生活って、うらやましいな。新月にねがいごとをすると、叶いやすいそう。

8/31 WED

朝晩すずしい。それだけで、昼は暑くてもぜんぜん苦にならない。
お昼前、長谷川さんが焼きあがったお皿をもって実家にきてくれる。息子がつくって描いたお皿、とても素敵な仕上がり。カレー皿は使いすそうだし、息子が「おちゃわん」として作ったのはお茶碗にしては大きいけど、深さがあって、煮物など盛るのにちょうどよさそう。長谷川さんがマンションではなく実家にきたのは、きょうこと話すため。なんでも「トゥルシー」を買いにきたのだとか。トゥルシー? アーユルヴェーダとか星よみとか、ふたりは意気投合していろいろイベントなどにもいっしょに行ってる様子。お皿を受け取って、わたしは帰ろうかと思ったのだが、息子がまだいると、というので彼だけおいて帰宅。ちょうど娘は昼寝をはじめてくれたので、書きものがはかどりありがたい。
午後は、また長谷川さん(今度はRちゃんも)と待ち合わせ、英会話の体験へ。でも、英会話というか教会の人たちがビンゴやゲームをしたり歌ったりして、そこにすこし英語が入ってる、という感じ。無料だし、布教が目的かな。わたしは最初すこしだけ見て、あとは娘と抜けてスーパーに買い物に行き、また終わるころ、迎えにいった。息子はけっこう楽しんでいて「またいきたい」と言っていた。
夕飯は、鶏手羽(手羽元、手羽先、手羽中を各すこしずつ)の炒め煮。黒酢を使ってやわらかく。ゆでたまごもいっしょに煮た。お酢の酸味はうまくとび、子どもたちも食べてくれた。ほうれん草の白和え。ほうれん草は、ゆでずに蒸して。お味噌汁のこり、キャベツサラダ。

8/30 TUE

窓を全開にしていたら、寒いくらいの朝。秋が近づいてきている。
香ちゃんがブラジルから一時帰国しているので、さっそく会いにゆく。ようたくんもわかちゃんも大きくなった。
はじめはマグフォーマーで遊んでいたけれど、そのうち玄関先と部屋を自在に使ってぐるぐる走りまわり、息子とようたくんで、クモをつかまえて海苔の容器に入れる、という遊びでもりあがる。
お昼は近所のお店にみんなで歩いてラーメンを食べに。子どもたちはラーメンそっちのけでお子さまセットのおもちゃにそわそわ。わたしと香ちゃんは野菜ラーメンをたのんだ。ほんとに野菜たっぷり。その帰り道に、ベビーカーの妹ちゃんチームは寝てしまう。ようたくんもわかちゃんも、時差ぼけで朝3時から起きているそうで…。息子はひさしぶりに会うわりには緊張もせずに遊んでいたけど、食後疲れもでたのか、衝動のコントロールがききづらくなってくる。というわけで、早めにおいとま。ラーメンやでもらったおもちゃの弓矢がなかなかよくできていて、家でずっと遊んでいる。
夕飯は春巻き(コープのをあげた)、キャベツ/スモークサーモン/ミニトマト/ゆでたまごのサラダ、あつあげ/黒瓜/なすのお味噌汁(黒瓜はほんと万能)。
夜、黒豆茶を飲んだ。

8/29 MON

6時起き。なかなか4時とか5時台に起きるのはむずかしいなあ。息子と娘が同じタイミングで起きて寝てくれたら、もうすこし計画通りいくのだけれど、最近ずれ気味。どちらかが起きてしまう/寝ない時点で静寂はやぶられてしまう。
大陸からの寒気と台風10号のしめった空気にはさまれて、朝から大雨。おかげでまったく外に出られず。娘がわりと長く昼寝をしてくれたので、息子とかねてから作ろうといっていたくだもののスゴロクを作る。だいたいのディレクションをしておけば、あとは息子が勝手に鉛筆や色鉛筆で絵をかいてゆくので、となりでわたしは自分の作業をすすめる。ドラえもんの世界旅行ゲームをお手本に、7種の果物をあつめて、ゴールをめざすというもの。ゴールの手前にミキサーのコマがあり、そこで必ずとまらなくてはいけないそうだ。(そのへんのこまかいルールは息子がきめた)つまりジュースにして、ゴール。だからコマは折り紙で折ったコップ。小学校一年生の夏休みの工作くらいのレベルのものができたように思う。
家にひとりでずっといるのはわりと平気だけど、子どもたちと一緒となると話は別。空気を抜くためにぎゅうぎゅう小さくされたビーチボールみたいな気分になってくる。空気をたっぷりすって、ぱんっとふくらみ、外をはねたい!
夕飯は、うす塩さば、焼きなす、昨夜の鍋の残りを利用したスープ、納豆。

8/28 SUN

昨夜はアキととりとめないことを夜遅くまでしゃべってしまい、今朝は早起き失敗。6時台には起きたけど、息子も起きてきて、作業できず。
息子は、数日前から鼻水だらだらだったのだが、昨夜からそれが咳に変化した。しかしそんなこともおかまいなしで、朝から昨日買ったパズル(カタミノという)をひたすらやっている。これ、わたしもやってみたけど、けっこう難しい。息子が楽々クリアするレベルすら、できなかった。まあ、そもそもわたしはそういうの苦手なので、仕方ない。
午前中は、児童館へ。実はこの街にきてから、児童館らしき場所にあそびにいくことはほとんどなかった。走りまわれるプレイルームのほかに、図書室などもあるし、車をとめられるスペースもたくさんあってなかなかよかった。
午後は、娘と昼寝。それからみんなでコミセン(図書館)へ。アイヌの叙事詩「カムイ・ユーカラ」をもとにした絵本のシリーズを息子とわたしで気に入って読んでいる。手島圭三郎の版画が胸にせまる迫力。
図書館のあとは、パルコープの店で買い出し。息子は車で寝てしまったので、アキが車に残って、わたしと娘だけで店内をまわった。今年はぶどうといちじくの当たり年っぽい。
とにかくすずしいので、夜は鍋。この前、松山さんにもらったかつおダシも使ったら、アキがまさかの絶賛(わたし的には、いつもとそんなかわらないつもりだった)。結婚9年目にして、彼がかつおやアゴなどがっつり魚介系のダシが好みなのだと判明。今年の冬の鍋は、そういう方向で工夫しよう。
夜、ベランダに出て、吹きぬける風で髪をかわかす。長い髪がはためいて、目をとじると飛べそうな気がした。

8/27 SAT

すずしい!うれしい!予報図に「寒気」という文字が。
昨日は一日暑いなか出歩き、さすがにつかれたのか、今日はちょっと遅めの6時起き。
朝は、合気道。息子は、少し複雑な技も以前に比べれば、うまく練習できるようになってきた。
昼は、アキがわたしの誕生日だったし何か食べに行こうということで、枚方駅前のタイ料理やさんへ。初めて行ったお店だけど、とても美味しかった。わたしと息子で、テンモーパン(スイカの生ジュース)をわけてのんだ。すぐ近くにT-SITEがあったので、5階の子どもコーナーに寄る。わたしはもちろん絵本、アキは数学的なパズルの方に夢中になり、「息子に」という名目でそれぞれに購入。じつは自分がほしいだけ、っていう。
夕飯は、母が家ですき焼きを煮て鍋ごともってきてくれる。あと、ケーキも。でも、お昼が重かったのと、そもそも肉をあまり食べない我が家の男子たちなので、お肉があまりへらない。味がしみこんだ麩の方が売れていた。ケーキに3と4のろうそくをさして、アキと息子が歌ってくれた。
夜はさらにすずしく、ちょっと肌寒いくらい。西にすすんだあと、東にUターンというへんてこな台風10号の動きが気になるところ。

8/26 FRI

今日も暑い。最後の猛暑日ってほんとだろうか…。
池田でnakabanさんの個展がはじまる。車だと長時間娘をチャイルドシートに乗せっぱなしになるので、電車とバスで行こう、と決めていた。でも、暑いし、遠いし、息子を連れて歩くのは大変だよな…と思っていたところに、Hくんから息子に電話。遊びにきて〜とのこと。松山さんは、息子だけ置いてっていいよーと言ってくれたので、これ幸いと預け、わたしと娘でお出かけ。まだ歩かない娘はベビーカーに乗りっぱなしなので、わたしのペースで歩ける。ギャラリーは思ったよりも遠かったので、ほんとに息子を連れてこなくてよかった…と思った。電車二回乗り換え、最後はバス。池田市は駅前は便利に開発されてるのだけど、バスで15分くらい行くと五月山というのがあり、のどかでおっとりした感じ。おりたバス停は「西畑(にしはた)」。ちなみにそのつぎは「畑(はた)」、つぎのつぎは「東畑(ひがしはた)」。fält(フエルト)というギャラリーの名も、スウェーデン語で「畑」という意味だそう。ギャラリーは、五月山の天満宮のすぐ目の前にある小さな古いおうち。靴をぬいであがるので、娘もはいはいしたりおすわりしたりできる。作品は、やっぱり素敵。絵の前にたつだけで、絵にはえがかれていない、その世界の他の場所のことまでうかんでしまう。つまり、物語を感じるってこと。nakabanさんの在廊日だったので、絵本のことなど、いろいろお話できてうれしかった。
芳名帳としておいてあったノートに、色えんぴつでトントンと色を打ちつける(←まだ描くまでは至らない)娘を見た他のお客さん(わたしよりすこし年上っぽい女の人)がこうつぶやいていた。「いいな…うちの子も、あんなふうにお絵かきとかしておとなしく待っててくれる子だったら連れてこれるんだけど…」。その気持ち、めっちゃわかります。わかるから、一人は置いてきたんです。
息子は、15時ごろまでは松山さんち、お迎えにいった16:30ごろまでは岩本さんちでHくんMくんと遊びまわっていた。わたしはわたしで幸せな時間をすごし(お出かけ大好きな娘も楽しそうだった)、息子も充実した一日。松山さんと岩本さんには本当に感謝。
夕飯は、昨日の残りのドライカレー、万願寺とうがらしのソテー、あげだし豆腐(太子屋)、きゅうりの浅漬け。ソテーは、オリーブオイルと塩のみ。おいしいオイルと塩があれば、そんなシンプルな調理法がおいしい。

8/25 THU

今朝も4時半起き成功。夏はこの時刻がすずしいのですごく快適。
午前中のうちに夕飯づくりをすませ、午後は岩本さんちへ。昨日の室池につづき、ヤモリやらトカゲやらに夢中な男子たち。息子は、車にのる直前、実家の庭でカナヘビの赤ちゃんを見つけて、つかまえることに成功した。しばらくカゴに入れたあとは、逃がして、また新しいのをつかまえにいく。岩本さんちは団地で、敷地内になかなか広い公園もある。子どもたちは、車の心配もなく、勝手に玄関をとびだして走りまわり、勝手に帰ってきて水分補給したりおやつを食べたりして、また勝手にでていく。息子は年長さん男子と仲良くなったおかげで、今年はなかなか夏休みらしい夏休みをすごせているので、よかった、と思う。
帰りは17:30をすぎていたので、「もう今日は公文いいよ?」といったけど、「いく」という息子。9月は継続しません、と先生にいったら、息子はすごく残念そうだった。うーん、わたしとアキ的には「今は必要ないのでは」と思うけど、本人がつづけたがってるので、なやむところ。公文は入会金などいらず、いつでも始められるので、またあらためて考えよう。夕方から空もようがかなりあやしかったのだが、公文のお迎えにいき、家にもどろうとしたとき、どしゃぶりに。たった3分でずぶぬれ! わたしも息子も娘もげらげら笑いながら、夏の終わりのシャワーをたのしんだ。帰宅後すぐお風呂。
夕飯は、ドライカレー、とうふとわかめのお味噌汁、きゅうりの浅漬け、福神漬け。
そういえば、今日はわたしの34歳の誕生日だった。きょうこがきて、朱色の花のピアスをくれた。アキは、(わたしが花がほしいといったので)桔梗の花を買ってきてくれた。
終わったのでいうが、33歳はさんざんな一年だった。今年は、良い年になります。(断言)
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード