3/24 THU

あたたかかった前日から一転、風につめたさがまじる。雲が流れて、日が出るとぬくいけど、かげると寒い。
夜、ひどい下痢でトイレに行きまくったわたしだが、朝はどうにかすこし持ち直し、朝食を半分くらい食べることができた。食べられないと、とたんに母乳が出なくなる。だから食べられるようになってほっとする。しかしもうひとつハプニングが! 娘のおむつのテープが片方はずれていて、おしっこがだだもれ、しかもふとんとふとんのあいだに寝ていたので、ふたつのふとんにまたがっておねしょ状態。おむつのテープがはずれたことなんて、今まで一度もなかったのに…。申し訳ないので、正直に宿の人に申告。クリーニング代を払うことに。手痛い出費…トホホ…。でもアキは「しょうがないしょうがない」と笑っていた。宿のおかみさんは「なんだか逆に申し訳ないことになってしまって」と恐縮されつつ、「だまって出て行かれる人もけっこういるんですよ」と教えてくれたので、「だまって出ていこうぜ」とかいうセコい夫じゃなくてよかった、と思った。
朝食後、アキと息子は、川沿いの共同露天風呂に。ほんとうに外から丸見えなので、女性にはハードルが高い。わたしと娘は写真係としてちょっとだけ見にいった。男子チームが戻ったあと、家族でもういちど宿内の岩風呂に入る。
チェックアウトして、いちご狩りへ。宿から10分くらいでついた。いちご狩りしない人は入園料500円、30分食べ放題コースだと大人1500円、子ども800円と書いてある。わたしはおなかが不安定だし、アキも食べ放題に興味なしだったので、息子だけ食べ放題に申しこむ。すると、農作業していたおばちゃんが、たたた〜っときて、息子の分の800円だけ受け取って、わたしとアキの入園料は要らないという。それなのに「お父さんお母さんもよかったら、てきとうにつまんでってよかよ!」とのこと。ハウスに入ってみると、20畝を息子がひとりじめ、どこのどれを食べてもOK、という夢のような状況。お言葉に甘えて、大人も全種類味見させてもらう。「章姫」は口に入れると、ふしゅっととろけるようにやわらかく、「紅ほっぺ」は酸味があって香り高い。「さがほのか」はほんのりとやさしい味。娘も「章姫」をいくつかもらって吸いついていた。おばちゃんは、自分には6人の子どもがいて、一番上と下の子が15歳離れてること、そのふたりともが後継になってくれることなど、楽しいおしゃべりをきかせてくれた。そして帰り際、「これ、サービス!全種類入ってるから、また食べ比べてみてね!」といって、一パックくださった。良心的すぎる。
その後、日田市内へ。ドラッグストアで正露丸糖衣をゲット。これで一安心。お昼は、丸亀製麺でうどんをさっと食べ、今回の旅、前半の最大の目的地「小鹿田焼の里」へ。ナビによると、日田市内から車で北に16kmくらい。清流沿いに登り窯がならぶ、ちいさな集落。シーソーのような唐臼が粘土を挽く様子に、息子は目をうばわれていた。10軒ほどの窯元をのんびり見てまわる。個々の窯元名は出さない地域ブランドなのだそうだが、実際の品物をみると、窯によって微妙に個性があるな、と思った。つくってる人がちがうので当然なのだが。お皿や花瓶など、ほしかったものをいくつか買った。
そして佐賀は嬉野へ向かう。千絵ちゃんおすすめの「椎葉山荘」。嬉野名物とろける湯豆腐がすごく美味しかった。息子はお肉を焼いたのを食べて満足。温泉水で煮ることによって、表面がとけるのかな? 山荘に併設されている「しいばの湯」の露天風呂は景色も夜空も最高。娘は初温泉。上がって着替える段になって泣いたけど、お風呂は気持ちよさそうだった。それからやっと千絵ちゃんちへ。マークとちひろちゃんも一緒にチョコレートケーキを食べる。夜はもうすこし話したかったけど、病みあがり、旅疲れもあって、わたしは子どもたちといっしょにコテンと眠ってしまった。

3/23 WED

朝5時すぎに起き、5:30に家を出る。息子も娘もちゃんと起きてくれた。まだうすぐらい空の下、四人で電車にのっていると、ザ・家族旅行、という感じがするね、とアキと言い合う。余裕をもって、新大阪に到着。
「さくら」号に乗車。今回は福岡でおりるけど、鹿児島まで一直線でいくやつ。全席2列シートで、ゆったりふかふか。一番前の席にしたので、ベビーカーをひろげてすわれる。博多のひとつ手前の「小倉」のアナウンスがあったとき、息子「オクラ?」ママ「野菜やん」息子「いや、海の魚の卵」ママ「…イクラやん…」。ボケではなくおおまじめな彼である。
地下鉄空港線で、西新駅へ。3年間住んだ、思い出の土地。しのちゃんと待ち合わせ。駅ビルに入っていた「プラリバ」はなくなっていた。まず向かったのは「西南こどもプラザ」。ほとんど誰も知り合いがいない福岡で初めての子育て、文字通り右も左もわからないときに、いちばんお世話になった場所。行ってみると、同じスタッフの方がいらした。わたしのことも息子のこともよくおぼえていてくださり、久しぶりに顔を出したことをとても喜んでくださった。特にお世話になったスタッフ瀬戸口さんと話していると、0歳〜1歳のときの息子のことを鮮明に思い出した。たくさん人がいると緊張して、わたしのそばを離れず、みんながお片づけをして誰もいなくなったころにようやく自分の好きなおもちゃのところにうれしそうにいく。今の息子は、ぱっと見はやんちゃくれイガグリ坊主だけれど、本質のところはたぶん変わってなくて、人一倍緊張しいなのだ。そのあらわれ方が真逆に出てるだけ。一方娘は、最初の数分は知らない場所に少し警戒していたけど、一瞬でなじんで、わたしの方をふりむきもせず、ハイハイで果敢に冒険の旅に出ていた。物怖じしないタイプっぽいな…。
息子が「カレーたべたい」と言いだしたので、アキがとなりの西南大学の食堂でたべさせてくれる。そのあいだ、わたしとしのちゃんはプラザ内でおしゃべり。
みなで西新から藤崎にかけての商店街を歩く。まだある店、なくなった店。アキが好きだったコーヒー屋さんは健在。わたしが買おうと思っていた美味しいゆず胡椒を置いてるお好み焼きやさんはつぶれていた。わたしたちが福岡にいるときにできたROJIURAベーカリーは大盛況。いくつかパンを買う。バイトしてた八百屋さんは、顔ぶれがガラリとかわっていたけど、中の肉屋のおじさんだけは健在。向かいのサニー(スーパー)でのみものを買い、大濠公園へ。アキは元祖長浜屋にラーメンを食べに。
あいかわらず、すばらしい公園。パンを食べ、遊具の広場に息子を放つと、ひとりで大きな円形すべり台に駆けてゆき、すべりはじめた。しのちゃんとしゃべりながらちらちらと見守っていると、なにやら同じ年頃の男の子たちに話しかけている。そして3人で同時にすべりはじめた。そのうちのひとりと意気投合したらしく、そこから一時間半くらい、ずーっとその子といっしょに走ったりブランコしたり踊ったりふざけたりして遊んでいた。まるでもともと親友だったかのように。知らない場所で知らない子といきなり仲良くなっている場面なんて初めて見たので、びっくりした。ママらしき人とお話ししてみると、その子は「旺太くん」というらしく、もうすぐ名古屋に引っ越すのだそうだ。今日はご両親はその引越し準備で忙しいので、お友達のママである彼女があずかってるとのこと。ブランコしてるときに、「みどりのバナナ」とおうたくんが言ったので、なんだろう?と思ったら、幼稚園のグループ分けのマークだという。息子の園のおしるしは、「みどりのいちご」。すごい偶然! 別れ際、ふたりはさびしかったのだろう。顔を見てバイバイということもなく、背中を向けたまま手をふっていた。わたしの知らない、男子の世界。
公園では、娘はひたすらベビーカーで眠り、息子はそうやって遊んでいてくれたので、しのちゃんといろいろ話すことができた。変わってないようでいて、お互いすこしずつ変わっている。亀のようなあゆみだけど、たぶんすこしずつ前進している。しのちゃんと会うと、自分のそのあゆみの方向が光の方を向いているのだと確認できる。ありがたい存在。
アキが姪浜でレンタカーを借りて公園まで迎えにきてくれたので、しのちゃんを家の近くまで送り、われらは大分の天ヶ瀬温泉へ。高速はすいてるし、九州独特の緑をたたえた景色もなつかしい。温泉地はわりとさびれていた。平日だからかな? おかげで人も少ない。古いけど清潔な温泉宿にチェックイン。宿内にもふたつお風呂があり、貸切状態。あと、前を流れている川のほとりに、100円で入れる共同露天風呂があった。しかしここにきて、わたしが体調不良でダウン。おなかが痛いわけではないけど、ひどい下痢。せっかく用意していただいた夕飯もほとんど食べられず。アキと子どもたちは元気だったので、食あたりやウイルスなどではなさそう。最近ずっと寝不足だったので、その疲れが出たのかも。夜どおしトイレに行きまくる。さて、旅はどうなることか。

3/22 TUE

晴れ。朝冷えこみ、昼は太陽のおかげで気温があがる。うちのチューリップは、今朝までどうにかかたちをたもっていたけど、今日のひざしでとうとうばらけそう。透けたうすももいろがぎりぎり茎にとどまっている。
午前中は、娘を母にあずけて、息子と駅前の郵便局、銀行、パン屋めぐり。主に明日からの旅行の準備。娘はまだ抱っこひもの中でじっとしているので、どこへ連れて行ってもあまり支障はない、と思っていたけど、じわじわ重たくなっているので、腰にくる。あずけていくと、どれだけ身軽なことか。それでも通りすがるベビーカーや抱っこひもの赤ちゃんに目がいっては、その身軽さがすこしさびしかったり。
午後は、木曜に行けないプールの振替に前倒しで行こうかなあと考えていたけど、たーちゃんからおさそいがあったので、プールはやめて、遊びにいく。Kちゃんと息子は一時間半くらいなんのもめごともなく、二階でしずかに遊んでいた。おやつの時間におりてきたので「なにしてたん?」ときくと、「カルタ」とのこと。息子が読んで、Kちゃんがとる、というのを全札やったようだ…。なんの競争にもなってないけど、楽しそうだったのでつっこまず。うまれてまだ2ヶ月のJくんは、スリングのなかでまんまるくなって眠っていた。
夕飯は、昨日のちらし寿しにうすやきたまごをのせたもの。それを切れば錦糸卵なのだが、そのままのせたので、「オムちらし」的な様相に。お味噌汁もおばあちゃんのナゲット、かぼちゃもすべてのこりもの。
そういえば、今朝さむかったので息子にぼうしをかぶせたら、帽子に、なにかのシールがついていた。この前スーパーにいったとき、店内で暑くて脱ぎ、わたしのかばんに入れたのだが、その拍子にくっついたのだと思われる。そのシールは、アボカドについていたもの。「プレミアムリッチ 贅沢なコク、濃厚な味わい。メキシコ産 この色になったら食べ頃です」とある。この色というのは黒。今、息子は坊主頭なので、まさに頭は黒く熟したアボカドのよう。帽子がまるでアボカドを保護するネットに見えて、可笑しくてたまらなかった。

3/21 MON

祝日。アキの誕生日はいつも祝日だ。33歳。
朝から、ちらし寿司作り。先日のひな祭りでは素を使ったけど、今日は手づくり。干し椎茸、れんこん、にんじん、高野豆腐の下ごしらえをして煮ふくめる。錦糸卵、さやえんどうも準備。あとちりめんじゃこをすし酢に浸けておく。なかなかの手間だけど、最後に混ぜ合わせて飾りつけるところまでのすべてが楽しい。たとえるならレゴをパーツごとにつくって、さいごに合体させるようなわくわく感か。
公園に行ってたアキと息子が帰ってきたので、娘もおでかけ準備して、ケーキを買いに行く。いちごのロールケーキにした。そのケーキ屋さんの近くに全部100円のパン屋さんがあるという。幼稚園のママいわく「100円のわりにはけっこうおいしい」。ランチ代わりに買って食べたみたら、たしかにそのとおりだった。同じエリアにスーパーもあったので、まぐろとサーモンの刺身用サクを買う。そして帰ってきて、それをづけにした。味が濃すぎると息子が食べられないので、うすめに。その後、そうじ。そのあいだ息子とサッカーしようとしてたアキがいきなりうちの実家のパソコンのパスワードがわからなくなった、とかいう用事で呼び出されてなかなか戻ってこず、息子退屈しきり。結局一時間半くらいしてから帰ってきたアキと、待ちくたびれた息子は、(もう17時をすぎていたけど)30分だけサッカーをしにいった。18時にとよみさんがくる予定だったので、ものすごく急いで全員お風呂。
錦糸卵、さやえんどう、大葉、ヅケにしたまぐろとサーモンを息子と一緒に盛りつける。かぼちゃの塩麹煮、サラダ、ほうれん草ととうふのお味噌汁、とよみさん特製のからあげ、チキンナゲット、ポテトなど盛りだくさん。デザートのケーキに33とろうそくをたてて、ハッピバースデー。今年もどうぞ、健康で。

3/20 SUN

晴れたけど、風がつめたい。だけど季節はもう春だ。
午前中、アキが息子に「卓球やろう」といってコミセンに連れて行っていたが、まだうまく打てない息子は一瞬でへそをまげて帰ってきた。わたしの予想どおり。もうすこし背が高くなったら、またチャレンジしてもいいと思う。帰りに「香月」で3人分のいちご大福を買ってきてくれた。ここのいちご大福はいつ食べてもおいしい。あんの甘さと量が絶妙で、いちごがちゃんとメインになっている。
夜は、アキの誕生日の前祝いということで、うちの両親とお好み焼きやへ。娘はトマトを切ったものをすごい勢いで吸っていた。
以前図書館で借りて、親子ともに気に入っていた『へんてこもり』シリーズを買った。マルボが出てくるやつ。おもしろいのに、話の流れにぜんぜん無理がない。

3/19 SAT

雨がふったりやんだり。気温はたかめ。
合気道へ。息子の坊主頭は大好評。わりといろんなところで「頭のかたちがいいね〜」とほめられるので、赤ちゃんの頃コロコロころがしまくった甲斐があった、とひとりで悦に入る。にしても、どうして短髪だとほめられるのだろう? 清潔、というイメージから? わたしは息子の髪が伸びた状態も好きなので、よくわからない。坊主もいいし、長髪もいい。本人が好きなようにしたらいいと思う。
午後は、わたしの体調が本調子ではなかったので、2時間ほど横になる。最初、娘の昼寝のタイミングにあわせて横になったときはよかった。その間はアキが息子とまた凧づくりをしてくれていたし。が、アキが整体に行ってしまったあとは、起きた娘と退屈した息子にもみくちゃにされたり、髪の毛をひっぱられたり(←髪の毛ひっぱるのは娘)して、「うう…」とうめきながら横になっていた。まあそんな休憩でもそれなりに休めたので、多少元気を回復し、部屋を片づけたり、夕飯やお風呂の準備をしたり。
夕飯は、昨日のカレー。クリームシチューのときに鶏むね肉とベビーホタテを使ったらおいしかったので、カレーもそれで作ってみた。ベビーホタテからだしが出て、シーフードカレーの味わいにもなる。あと、スライスして冷凍しておいたマッシュルームからものすごくダシがでる。牛肉カレーより、こっちのカレーの方が好きかも。アキは男子のわりに肉っけがなくても全然平気な人なので、助かる。今日は、カレーに目玉焼きもトッピング。
ごはんのあと、『ブラタモリ』を見る。今日は熊本。日本全国ブラブラしているタモさんみると、「『いいとも』やめてよかったねえ」としみじみ思う。余計なお世話だろうが。

3/18 FRI

朝はいい天気、だんだん曇ってきて、夕方にはふりだした。
園のひとつ上の男子チーム、岩本さんとMくん、松山さんとHくんとで遊ぶ。息子はかなり緊張していたのか、なんどもわたしにパンチをしかけてくる。MくんとHくんはひとつ上というだけではなく、たたかいごっこや恐竜やポケモンが好きだったり、わかりやすく「男子」なので、息子がむしろおとなしく見える。同じ学年の子たちは、おとなしめの子が多いので、息子がやんちゃに見えるのとは対照的。曇ってたけどあたたかかったので、公園でお弁当を食べた。岩本さんが焼いてきてくれたシフォンケーキとスコーンがおやつ。そうこうしているうちに雨がぽつぽつ。松山さんは、上のお姉ちゃんが先週インフルエンザを発症したので、もしかしたら菌をもってるかもしれない、といって家にあがるのは遠慮されたけど、岩本さんとMくんは、一時間ほど遊んでから帰っていった。今年度はこのチームともたくさん遊べるといいな。
夜はカレー。最近ドライカレーばかりだったので、ふつうのカレーはひさしぶりだ。

3/17 THU

汗ばむくらいの陽気。
公園、スーパー、また公園とめぐる。途中で同じマンションの木村さん親子に会った。今日は卒園式、卒業式が多く、関係ない学年の子たちはお休みみたいで、町に子どもがたくさんいた。
息子のプール。坊主頭は意外と好評。そういえば、ずっと奥二重だった息子なのに、最近二重の日がよくある。その顔をみて、何人かのママたちが、とある有名人に似てる!といった。その有名人は、アキが高校生の頃よく「似てる」と言われている人だったので、「おお、DNAが受け継がれている…」と思った。
夕飯は、酒粕漬けにした塩サバをフライパンで焼いたもの(昨日漬けておいた)、菜の花としらすの和え物(柚子こしょうがアクセント)、なす納豆(にんにく、しょうがのすりおろし、しょうゆ、酒、みりん、さとう、大葉を刻んだものでなすを焼き煮→冷まして納豆と混ぜる)、昨日のロールじゃないキャベツののこり、とうふとほうれん草の味噌汁。ほうれん草はいったん下ゆでしてから入れてるのだが、味噌汁でもう一度煮たらとろとろになっておいしかった)。
あーあやんなっちゃうな、もう!と言いたくなるようなことが重なる重なる。来週は温泉に行く予定なので、すべてわすれてのんびりしたい…。
陽ざしをたっぷり浴びた日は、娘が夜よく眠ってくれる気がする。

3/16 WED

朝は風がつめたかったけど、午後になるとぽかぽか陽気に。
前髪を切りに美容院へ。子連れOKのところだけど、さすがに1,2時間のカットには付き合わせられない。前髪も3分くらいでさっと切ってもらう。切り終わった瞬間娘が泣き出したので、それが限界。それをみた息子は自分も髪を切りたい、といいだした。しかも「ハゲにする」という。えっ坊主?まじ? 今、けっこうサイドが長いので、かなり思い切った決断である。「ほんまにいいん?」となんども念押ししたけど、決意は変わらぬ模様。しかし、できあがってみたらへの字口で「……これいやや…。じいさんみたいなあたまになっちゃった…」とのこと。じいさん…と大笑いしそうになったけど、本人けっこうへこんでたので、それはこらえて、「いやいやいや、だいじょーぶだいーじょーぶ!かっこいいかっこいい!」とおだてまくる。「すぐのびるよ」となぐさめてたら、帰宅後頭をさわって「もうのびてきた」。うんでもほんとにあっというまにのびるよ。
夕飯は、ロールじゃないキャベツ、コーンスープ、昨日の残りの餃子すこし(息子だけ)、サラダ残り(わたしだけ)、ひきわり納豆(娘、初納豆。気に入ったもよう)。
息子の大切な恐竜図鑑を娘が速攻やぶいてしまったので、以前から気になっていた『ペーパーエイド』というドイツ製のテープを買った。経年劣化で黄色くなったり傷んだりしないのがポイント。娘はいい感じでおてんば娘ぶりを発揮中。夜中や朝にひとり起き出しては、ママのふとんを脱走して、息子やアキの方にずりずりはっていって、起こそうとしてみたり。人見知りと同時に、わたしの後追いが激しくなってきた。一瞬でも姿が消えると、この世のおわりみたいに「ギャア〜」と泣く。息子も9ヶ月10ヶ月頃はまったく同じだった。たしか1歳前には落ち着いたような。かわいいけれど、ややこしい時期である。

3/15 TUE

いい天気。でも北風がつめたい。
春休みだけど、今日は幼稚園へ。ママたちが遊具やら園舎の修繕をする日。子どもたちはこれ幸いと園庭で遊びまくる。それにしても、器用なママの多いこと。器用というか、やってみよう精神が旺盛というか。大工仕事が得意なママにのこぎりもたせると、機械のようになめらかに動く。息子は、寒さにも負けず、裸足で泥んこ遊びしていた。3歳くらいまでは砂場に連れてっても(保育園でも)「足が汚れるのが嫌」といってしなかったけど、いきなり平気になっていたのでびっくりした。午後からは日ざしがぐんぐん照りつけて、暑いくらい。
夕方、頭痛と吐き気。アキも同じような症状があるらしいので、ふつうに考えたら風邪とか何かの菌だけど、からだの声をきくと、主な原因は「疲れ」。他にも思い当たる節がひとつある。夕飯は準備したものの、食べられそうになかったので、子どもたちといったん就寝。23:30ごろ起きたら、頭痛も吐き気も消えていたので、もそもそと遅い夕食。かつおのたたきサラダ仕立て(レタス、三つ葉、かいわれ、新たまねぎ、トマト、ブロッコリー、アボカド。タレはおろししょうが、おろしにんにく、レモン汁、オリーブオイル、だししょうゆ、しょうゆ、塩、砂糖、はちみつを混ぜた。分量は勘)、あさり/豆腐/わかめ/新たまねぎのお味噌汁、餃子はコープの。よく書いてるとおりとてもおいしいけど、最近頻度が多くてちょっと飽きてきた。自分でつくったのが食べたい。

3/14 MON

一日雨。春休みだし、車もないしで、どこにも行けず。
息子は、レゴしたり、木製レールしたり、『ジュウオウジャー』みたり、『ピタゴラスイッチ』ごっこしたりしつつ、退屈をまぎらわす。ピタゴラスイッチごっこをよく見ていると、昨日アキが作ったものとはかたちが違う。模倣からオリジナリティがうまれてゆくんだな〜などと思っていたら、ドミノの部分がうまく機能しなかったらしく、結局手でパンチしながらドゴーン!ドゴーン!とすすめている…。そんな強引なのに、さいごに「♪ピタゴラスイッチ」と歌えばまとまってしまう不思議…。
夕方やっと雨がやんだので、子どもたち自転車にのせて、駅前のスーパーへ。すこしだけ買い物。3人ともにとって、気晴らしになった。
夕飯は、鱈のホイル焼き(レタス、エノキ、にんじん。味つけは塩こしょう、オリーブオイル。できあがりにポン酢かける)、キャベツと新じゃがの塩バター炒め煮、そのふたつで余った具材を入れたお味噌汁、納豆、昨日のひじきと新たまねぎの酢の物残り。
夜の絵本はこの前借りた『きちょうめんななまけもの』と『おしゃべりなたまごやき』。両方ともおもしろかった。『おしゃべりな〜』は和歌山静子さんの挿絵のを子供時代に読んで好きだったけど、今回借りたのは長新太のもの。どっちもいい。

3/13 SUN

朝、父にさそわれ、「コナズ」へ。今日はお店の人がかなりテンパっているように見えた。エッグベネディクトを食べたけど、さすがにちょっと重すぎた。パンケーキがふつうの倍の量くらいあって、食べきれず。そのまま、パルコープの店で買い出し。
この前チーズの代わりに酒粕をつかったケーキを作ったが、今日の昼は、酒粕カルボナーラを作ってみた。なかなかいける。今回は牛乳とパスタをつかったけど、先日の玄米カルボナーラとあわせて、玄米、豆乳、酒粕にしたら、それはもうヘルシーなものができあがりそう。もはやカルボナーラとはまったく別物な気がするが。
昨年前半『ニンニンジャー』にはまっていた息子だが、夏くらいに飽きて見なくなっていた。これで戦隊モノも卒業かな、と思っていたらなんのなんの、先月から始まった『動物戦隊ジュウオウジャー』にどっぷりハマる。園では見てる子は少ないのだが、ドイツから一ヶ月だけ帰っていたYくんに影響を受けて見始めた。赤がイーグル、黄色がライオン、緑がゾウ、青がシャーク、白がタイガー。息子「イーグルは鳥類、シャークは魚類やん。動物ちゃう」。うーむ、「哺乳類戦隊」ではないので、完全な間違いともいえないが、魚類と鳥類を「動物」というくくりにいれていいものかどうかは人によって判断が分かれるところであろう。息子の持ってる「動物図鑑」には鳥も魚も載っていないので、そういう判断になったのだと思われる。
午後は、息子のリクエストで、アキが「ピタゴラスイッチ」ごっこに付き合ってくれる。つみきや糸やダンボールやら組み合わせて、ボールがころがってゆく。もちろんテレビのみたいな複雑なのではなく、すごくシンプルなやつだけど、さいごまでいくと見てるこっちも「おお!」となった。以前、幼稚園の先生が「はじめから無理に子どもに手伝わせなくてもいい。親が一生懸命作ってあげたら、子どもはそれをじーっと見ていて、そのうち真似しはじめるから」とおっしゃっていたが、たしかに今日も、二度目は息子がひとりで頑張って作っていた。
みんなで歩いてコミセンの図書館に行き、帰り道お肉屋さんで揚げたてのコロッケ(アキはミンチカツ)を買って公園でおやつに食べた。
夜はカレーうどん、ひじきと新たまねぎのポン酢和え、レタスとトマトとブロッコリーのサラダ、デザートはアップルパイ一切れずつ。母と弟はまだ徳之島なので、父もうちで食べていった。

3/12 SAT

合気道から始まる朝。
午後は、息子とアキで凧をつくり、河川敷にあげにいっていた。今回はキットを使わず、ゴミ袋を切り取るところから作っていた。でも風がなくてあげにくかったそう。そのあいだ、わたしと娘は昼寝しつつ留守番。
母と弟が祖母に会いに徳之島へ行っているので、実家に父がひとり。というわけで、夜はいっしょにまわる寿司。
昨日amazonで注文した「恐竜図鑑」。お届け予定日が今日だったので、朝から息子はそわそわ。一日中まだかな〜まだかな〜と待っていて、結局きたのは20:30、寝る間際。それでテンション上がってしまい、結局一時間くらい眺めてから寝た。
園のママから教えてもらって、手作り化粧水をつくろうと思っている。まだ材料もそろえてないけど、うまく肌に合うといいな。香りは何を選ぼうかな。

3/11 FRI

まるまる一ヶ月ある春休みの一日目。朝、電話がなってるな〜と思ってたけど、授乳中でとれず。
春休みに入ったら恐竜の図鑑を買う、と息子と約束していた。せっかくだから実店舗で目に見えるかたちで買ってあげたい、と思い、東香里のTSUTAYAへ。しかし、行ってみると、ない。この前みたときはあったのに、売れてしまったようだ。在庫の棚にもなく、取り寄せになるそう。息子がっかり。最近ここのTSUTAYAにいくたびわたしもがっかりする。店員さんの応対が、非常に悪い。客が何か質問しようとしても自分の作業を優先する人がかなり多い。それに、この図鑑だって売れ筋なら、ちゃんとそろえておいてほしいものだ。だったら最初っからネットで買えばよかった、足の運び損って思ってしまう。結局アマゾンで注文。これが明日には届いてしまうんだもんなあ…。
でも、行ってよかったこともある。行く道の途中で、岩本さんに遭遇。年中さん(春から年長さん)たちが集まって遊ぶから来ない?とさそっていただく。実は朝なっていた電話はそのお誘いだったらしい。でも結局こうやって遭遇したってことは、行く運命だったのだろう。息子は、これまであまりかかわりなかったMくんHくんとけっこう遊んでいて、よかった〜と思う。というのも、うちの学年の男の子は息子とあと一人だけになってしまうからだ。でも縦割りなので、ひとつ上の子たちとも心をゆるして遊んでくれたら、かなり遊びの幅がひろがる。ママトークにも花が咲き、楽しかった。わたし以外のみなさんが2人目3人目のママで、さすがの余裕と落ち着きだなあ〜と感心。いろんな経験談もきかせていただく。帰りは、松山さんに送っていただいた。
夕飯は、小松菜と豚コマと厚揚げのにんにく醤油いため、かぼちゃとナスと白菜のお味噌汁、納豆。

3/10 THU

幼稚園の終了式。各組で、歌と合奏。息子はトライアングルだった。今うちの組にいる8人のうち、転勤やら転園やらで5人いなくなってしまう(ドイツのアキちゃんは行ったりきたりだが)、というわけでお別れ会をかねてそのままカフェへ。カフェというより古き良きケーキ屋さんに付属の喫茶店という感じ。子どもたちは食べおわるなり、カフェにおいてあるおもちゃの取り合いなど始めて大騒ぎだったので、早々に退散→ガイコツ山へ。最近暖かかったのに、今日に限って2月の寒さに逆戻り。それでも子どもたちは思いきり遊ぶ。大人だったら「このメンバーで遊ぶことって、もうないんだな〜」としんみりしてしまうような場面だが、4歳児はそんなことおかまいなしでいつもどおりフルスロットル。「今を生きる」お手本である。はっとみたら3時。プールの時間がせまっている。ガイコツからは歩いて10分。よく遊んでくたくただろうに、息子はしっかり泳ぎきっていた。
徒歩だったので、帰りはみほに家まで車で送り届けてもらう。ありがたや。
朝家を出てから一度も帰らずじまいだったので、くったくた。夕飯は昨日とまったくおなじメニュー。あ、ひとつだけちがった。ドライカレーに目玉焼きをのせたこと。
夜、「さんびきのこぶた」のお話をして、という息子。本がないので記憶をたどりながら話す。名前ってあったっけ? なかった気がする。まあいいや、てきとうに名前をつけよう、なんなら息子につけてもらおう。「一番上のこぶた、なんていう名前にする?」「ブー」「OK、じゃ、二番目は?」「ブー」「えっ、一番上と一緒やん」「かんじ(漢字)がちがう」ああなるほど、漢字がね…ってややこしいわ!

3/9 WED

朝からしとしと雨。わりとあたたかい朝だけど、昼、夕方と気温がさがってゆくらしい。
車がないので、たーちゃんにマンション玄関によってもらう。雨なのでレインコートを着せたのだが、息子もわたしもうっかりしておかばんをわすれて行った。幸いお弁当なしの日だったので、特に困ることもなく。シールは今日の分も明日貼るらしい。
帰りは朝よりさらにざあざあふってたので、さつきちゃんにお迎えを頼む。そのままうちに来てもらい、お昼ごはん。息子とAくんは、けんかしつつも、大人の手助けなしでボードゲーム(簡単なやつ)をしたり、折り紙でおまんじゅうやさんを開店したりしていて、成長がわかりやすくみてとれた。
夕飯はドライカレー、いわしのつみれ汁、サニーレタス、アボカド、トマトのサラダ。明日は朝からばたばたなので二日分作っておいた。つまりまったく同じメニューになる予定。

3/8 TUE

今日もあたたかい。娘にも毛布をまかずにだっこひもだけで自転車に乗れる。
今日は今年度最後の園庭掃除。ベランダもきれいにする。といっても娘を抱っこしてるので、ほとんど戦力になれず。
2時にお迎えに行ったときは上着もいらないあたたかさだったが、帰る16時ごろになると、ひんやりしてきた。はしりまわって遊んでいた子どもたちは「すずしい〜」。
夕飯は、ほうれんそうとしらすの炊き込みピラフ、ししゃも、スープのこり、サラダ(サニーレタス、ゆでたまご、手作りタラモサラタ)。デザートはひさしぶりのプリン。前回まではカラメルの部分が苦くて残していた息子だが、今日は食べていた。

3/7 MON

4月上旬並みのあたたかさはつづく。息子が育てているチューリップも一気につぼみがふくらみ、ピンクがみえてきた。
アキが免許更新のため、休みをとる。彼が戻る時間にあわせて、駅前スーパーで買い出し。アキ、わたし、娘というめずらしい組み合わせで帰宅。お昼、近所に気になってる中華のお店があったので、そこで食べようか、と思ったけど、のぞいてみるとめちゃ混んでたので、やめておく。帰って、自宅にてラーメンと餃子。
アキが息子のお迎えにいってくれる。すこしだけ公園で遊んで帰ってきた。
夕方、4人でてくてく散歩。暑くもなく、寒くもなく、湿度もちょうどよいすばらしい春の夕暮れ。今日還暦を迎えた母のため、酒粕ケーキをもってゆく。6と0のろうそくをならべたいところだが、6しかなかったので、6のみでハッピバースデー。息子と母で吹きけす。酒粕たっぷりのケーキなのに、息子は喜んで食べていた。粕汁も好きだし、変な子どもだ…。
夕飯は、ママのチャレンジメニュー、玄米豆乳カルボナーラ。スパゲッティのかわりに玄米を、牛乳(生クリーム)のかわりに豆乳を使った。リゾットみたいでとても美味しかった。

3/6 SUN

昨日につづいて20度ちかくある。雨予報だったけど、晴れのちくもりでとどまった。父のゴルフ効果か。
息子とアキは(来年度継続はしない予定なので)最後の森のようちえん。ダッチオーブンで、鶏の丸焼きと丸ごとキャベツスープ、それに鮭のちゃんちゃん焼きもつくるそうだ。白いごはんだけタッパにつめてもってきてくださいとのこと。おいしそうだな!
明日は母の誕生日なので、酒粕ケーキをつくる。ホットケーキミックスと酒粕とたまごと牛乳とレモン汁をまぜて焼くだけ。見た目はチーズケーキ。去年一度つくったとき、あまりに酒粕っぽさが押し出されていて「うーん」というかんじだったけど、味見した母が気に入っていたので。
昼過ぎ、娘を抱っこひもに入れて、フレストへ軽く買い物。帰り道、味噌だるに敷きわすれていた塩を持って実家にいったら、志村先生の京都での展示の図録をくれた。ゆっくりながめよう。
午後、娘がたっぷり寝てくれたので、そのあいだに書きもの。この前書きおえた章の推敲。
夕飯は、アキと息子のリクエストでトマトうどん。わたしとふたりでヒマしてた娘は男子チームの帰宅に大喜び。ちょっとした仕草が女の子だなあ、と思う。

3/5 SAT

今週もまだ車がもどらない。今日の合気道は父に送迎をたのんだ。帰り道、うどんやさんに寄ってく?という話もあったけど、息子が「ピザがいい」というので、『カターラ』へ。知り合いだからというわけでもなんでもなく、へたなイタリアンレストランにいくくらいなら、このカフェの方が満足できる。
昨日飲み会だったアキがすごく眠そうだったので先にマンションに戻ってもらい、わたしと子どもたちは実家へ。娘が寝てくれたら息子とふたりで公園に行こうと思ってたのに、なかなか寝ない。仕方ないので抱っこしていく。外は春らんまん!と言いたくなるくらいの温度(たぶん20度近く)で、上着もいらない。だっこひもの中の娘もはだし。しばらく遊んだら眠ってくれたので、いったん実家に寝かせにもどり、父にミニストップまで送ってもらって、「練乳いちごパフェ」、たまご、牛乳、パンを買ってまた別の公園へ。パフェ、といってもソフトクリームとフローズンいちごが重なってるだけのシンプルなもの。わりとおいしかった。シェアする予定が、息子は食べる段になって「おなかいっぱい」と言いだしたので、わたしひとりでいただきました…。
髪がかなり伸びている息子。暑くなるまではのばしたいそうだ。それでも前髪だけは切るかくくるかピンでとめるかしないと、目に入りそう。「前髪だけでも切ろうよ」というと、本人のOKが出たので、ベランダで散髪。サイドと後ろは長いままなので、ヘルメットみたいになった。ママと本人はなかなか気に入ったのだが、アキは「……それでいいの??」と言っていた。
夕飯は、おでん、春菊/アボカド/トマトのサラダ。夏はレタスをよく買うけど、冬は断然春菊。香りもよいし、生だと加熱したときみたいな苦味もない。

3/4 FRI

今日は、もうすぐ卒園する年長さんの「テーブルマナー」の日(ママたちでナイフとフォーク使って食べられるメニュー考えて持ちよって、園で食べる)だったので、それ以外の組の子たちは午前保育。
午前中、娘はめずらしくご機嫌ななめで(鼻水出てるけど、熱などはない)、ずっとぐずぐず、わたしもへとへと。お迎えに外にでたらお天気最高、ぽかぽか陽気でわたしも娘も一気にご機嫌に。こういうとき、一人目だと「でも鼻水出てるし、あまり外に出ないほうがいいかな」ととじこもりがちだったが、二人目だと容赦なく一人目の予定に合わせて外出することになる。でも案外それでバランスがとれるのかも。
こんないい天気の日はもちろんみんなでガイコツ山へ。木陰でレジャーシートひろげてお弁当。12時過ぎから16時半くらいまでいた。うちの幼稚園は無認可だけどちゃんと園庭はある。それにくわえてこの公園が近くにあることがさらなる魅力になっている気がする。
夕飯は、公園で夕方ぎりぎりまでねばることを想定して、昨夜仕込んでおいたおでん!
娘はずりばいでよいしょよいしょと動きまわっている。台所や洗面所にまで進出中。動きだしたとはいえ、まだまだむちむちで、顔を横からみると、おでこよりほっぺたの方がふくらんでいる。肌がぷりぷりで、泣いたときに涙が玉になってきらきらとほっぺたにのっかったままだったり。

3/3 THU

あったかくなった。
園に送った帰り道、和菓子屋さんに寄って、ひなまつり用のお菓子を買う。草餅、桜餅、三色だんご2本が入ったセットにした。
お迎えのあと、そのまま自転車で息子のプールへ。ひらめになって初。始めて以来ずっと右はしのレーンだったのが、右から二番目のレーンになった。娘は、ほぼ同月齢の小夏ちゃんといっしょに見学台でおすわりして、ペットボトルをとりあいしたりして遊ぶ。ほんの少し前まで、ふたりともお供え物のように寝そべってるだけだったのにな。などといってるまに、ふたりしてちょこちょこ歩くようになるのだろう。
夕飯は、ちらし寿司、あさりと三つ葉のお吸い物、塩さば、セロリとにんじんのきんぴら。時間がなかったので、ちらし寿司は、コープの瓶詰めの素を使った。それなりに美味しかったけど、やっぱりもっと具沢山な感じが好きだ。幼稚園の伝統レシピでは高野豆腐が具材として使われていた。これはやったことがないので、今度うちでもやってみよう。
アキも19時台に帰ってこれたので、いっしょに和菓子を食べることができた。

3/2 WED

寒いけど、予報では「今後ここまでの寒の戻りはない」といっている。
数日前からお風呂の自動お湯はりができなくなった。お湯はでるので、タイマーかけてシャワーでためてしのいでいた。追い炊きはできる。今日大阪ガスの人が修理にきてくれた。「経年劣化で湯はり弁がだめになってる」とのこと。交換してもらった。
娘の初節句が目前にせまっているというのに、まだおひなさまをかざっていない我が家。「早くだして早くしまわないと嫁きおくれる」というが、うちの実家は毎年ぎりぎりしまうのも4月になってからだったけど、わたしは25で結婚してるので、関係ないと思う。っていうか、今の時代に「嫁きおくれ」なんて言葉と発想が古すぎる。それでもさすがに当日をすぎてから飾るのはどうかと思うので、今日急いで稚児雛をだした。そしたら息子が「もっと大きなおひなさまはないの?」という。実家の母に電話をかけたら、今年はだしても娘がまだ意味がわからないので「来年でええやん〜」という。そこをなんとか、と頼み込み、だしてもらうことに。押入れの奥から出てくる古い箱の数々。まず段を組み立てるところから。わたしはスーパーにいって、あられとひしもちを探したけど、あられしか売ってなかった。ひさしぶりに見た実家のおひなさま。顔もからだも少しこぶりでかわいい。台所道具のセットをよく手にとってながめたことを思い出す。母が箱などを片付けようとしたら、息子「ええっもうかたづけるん?!」いやいや完成から5分くらいしかたってないですやん。どうせまた4月くらいまでだしてあるから安心おし。
夕方とよみさんが息子のスモックをもってきてくださった。先週末に着てるのをみて、小さくなってることに気がつき、さっそく作ってくださったのだ。布は息子の希望通り、恐竜の柄。喜んで、さっそく着ていた。
夕飯 かぼちゃとブロッコリーのグラタン、はたはたを焼いたもの、白菜としいたけとあげの味噌汁、春菊とトマトに昨日のスナップえんどうとちくわものせたサラダ。
夜、昔カセットテープでよくきいたドラえもんの絵描き歌を息子に教えてみたら、はりきって何度もかく。youtubeでもみてみたら、わたしがおぼえまちがってた箇所もあった。「お豆に根がでて」の部分を「お豆に芽がでて」だとおもってた。新旧のドラえもんバージョンがあり、古いの(大山のぶ代)をきくと「このこえ、こどものこえみたい」だそう。

3/1 TUE

雪がまう朝。雨のことを「かみさまが こぼした みず」と思っている息子。雪については「かみさまが、みずを はさみできって アイロンでかためたんちゃう?」とのこと。雪がなんたるかを科学的にまったくわかっていない子どもだからこその発想。
夕飯は、春キャベツと豚肉の大根おろし重ね蒸し。今日はにんじんと牡蠣も入れた。牡蠣は加熱しすぎて縮んでしまったけど、いい出汁がでた。あとは、スナップエンドウとちくわの炒め物、なめこ、わかめ、豆腐のお味噌汁、納豆。
今日は8回目の結婚記念日。が、わたしもアキもすっっかりわすれていて、朝お父さんのメールで思い出した。メールがなければ、ふたりとも思い出さずに終わったかも。結婚生活9年目に入る。母がティコのいちごシフォンをくれた。思い出したアキもケーキを買って帰るつもりだったみたいだけど、かぶるので、お花に変更してもらう。花もいいけど、まだこれから咲こうとするつぼみがリビングにあると、そこからエネルギーをもらえる感じ。

2/29 MON

うるう年。閏と潤いは字が似てるけど、語源一緒かな? たっぷりとあふれてる、って感じの?(てきとうな推測)
朝から雨がふったりやんだり。気温は高め。でも予報ではこの前線が去ると、すごく寒くなるとのこと。
昨日早く寝たので、朝5時前に目がさめてしまった。頭がさえてるうちに書きもの。それから家事。子どもたちが寝てるうちに朝の準備をするとはかどる。
まだ車がないので、どうしようかな〜と思っていたけど、園への見送り直前にやんでくれた。いちおうレインコート着て、自転車で出発。そのまま娘の小児科へ。先週の発疹がまたふとももに出てたので。何かのアレルギーとかかな、と不安だったけど、診断は「寒さと乾燥のせい」だそう。保湿をしっかりして、と。閏年だけど、潤いが足りないということですね。さらにそのまま自転車で駅前のスーパーへ。週末は野菜不足になるので、たくさん買う。どうにか雨にふられず帰宅できた。
明日、幼稚園のお昼は「ひなまつりパーティ」だそう。といってもお弁当なので準備するのはママたち。うん十年前からの伝統のレシピがあり、それを手分けして。わたしはレンコン係。そのレンコンや、夕飯準備をしてるうちにお迎えの時間。けっこうざあざあふっている。車がなくなってから、平日初めての雨。事故のことを知るいろんなママたちが「困ったら声かけてや」と言ってくださっていて、だれに頼るか迷うくらいだったけど(ありがたい)、結局みほが車をだしてくれた。本当に助かった。
夕方、母が子守りにきてくれたので、そのあいだに、市役所へ。畑の継続手続き。
夕飯は、ぎゅうぎゅう焼き(じゃがいも、かぼちゃ、ミニトマト、セロリ、アスパラ、にんじん、ブロッコリー、とり胸肉少し、エビ)、白菜とベーコンと生姜のスープ、大根と豆腐のサラダ。

2/28 SUN

朝からぽかぽかいい天気。空気がかすんでいるのは、PM2.5と黄砂のせいらしい。おもむきがなさすぎるので、やはりここは「春がすみ」だと言い張りたい。それがたとえPMのせいだとしても。
アキは午前だけ仕事へ。そうじ、せんたくなどをささっとやり、子どもたちと自転車でよもぐろへ。幼稚園では水曜日にここの池のまわりをマラソンしているらしく、今日もつくなり上着をぬいで、走りはじめる息子。娘は抱っこの中でずっと寝ていた。途中のお肉屋さんであげたてコロッケ(ふつうの2つ、カレー味2つ)買い、コミセンの図書館で本を貸し借りして帰宅。
お昼にはアキがもどり、みんなでラーメン、コロッケ、キャベツの塩炒め、トマトなどでかんたんな昼ごはん。その後、じゃがいも(のたねいも)を植えるため、アキと息子は畑へ。娘が寝たので、わたしは書きもの。でも途中で授乳のためねころんだら、いっしょに昼寝してしまった。
夕飯は実家。滋賀の道の駅で買ったという大きなしいたけをフライパンでシンプルに焼いたやつ(目玉焼き添え)がおいしかった。父も弟も風邪気味な中、母ひとり元気。

2/27 SAT

まだ車がないので、朝ごはんのあと、アキと息子が電車にのってとよみさんちに車をとりにいく。そのあいだにわたしは洗濯を干す。
今日の合気道は昼からなので、先週にひきつづき半額セールのコーヒー屋さん(瓢箪山)へ。アキはいままでのんだことないコーヒーを、わたしは紅茶を買った。アッサムとアールグレイの茶葉。そのまま枚方の合気道へ。合気道が昼からだと、息子はいつもよりぼーっとしてるし、親の方もなんとなくペースがくるう。やっぱり朝いちばんがいいな。
夕飯はとよみさんち。お寿司、グラタン、そして息子が大好きなチキンナゲットを準備してくださっていた。おとといがとよみさんの誕生日だったので、お花とケーキをもっていった。お花は、ピンクと紫のキャンディタフト。ケーキは『ノースランド』の塩バターロールケーキ。ノースランドのは、フルーツ山盛りのがいろいろあったので、そっちにしようかと思ったけど、息子が「ロールケーキがいい!」とのことだったので。おなかいっぱいで眠いのとつかれてるので、わーわーいう息子にまったく動じず、にこにこ見守るとよみさん。息子が着ていたスモックが小さいのに気がつき、新しいのをつくってくださるとのこと。

2/26 FRI

朝、ごはんや歯磨きをおえ、ひまになった息子は園に行く前に、コーヒーをひいてくれる。そのあと、「かみ、えらんであげる」というので、「なんのこっちゃ?」と思ったら、フィルターのことだった。色もかたちも同じなので、大人なら「どれとっても一緒やん」と思うところ。でも彼にとっては、「どれにしようかな〜」とえらんだあと、「こうしてオリオリしてな」とかたちを整えたりもして、折り紙感覚。すべてが「あそび」なのだな。アキがいるときは、お湯をそそぐところまで(手を添えつつ)ぜんぶやらせてあげている。カウンターごしに、ポットをもって、くるくるとお湯をそそぐ息子は、ちいさなマスターのようでかわいい。
金曜だけど、外部への園庭開放日なので、午前保育。久しぶりにガイコツ山へ。娘がまだおなかにいる去年の春はしょっちゅうピクニックしていた。だんだんまた春が近づいてきて、ピクニック日和の日がふえてくるだろう。おなかが大きいときも、ほかのママたちが息子をみててくれて(山にのぼっていってしまうと姿が見えなくなる)、赤子連れの今もまた、ほかのママたちがみてくれる。もしくは娘を抱っこしていてくれる。この人たちがいなければ、息子をこんな開放的な場所で思いきりあそばせることなんてできないだろうから、本当にありがたい。先輩ママたちの上のお子さん方はもうすでに中学生や小学生。偶然だけど上の子が女の子、という人が多く「子どもに好きな人ができた」「いや、うちはまだぜんぜんそういう気配ない」などという話で盛り上がっておられた。
夕飯は、アキ飲み会なのでてきとうごはん。さんまが一尾だけ残ってたのでそれを焼いて、あとコープ自然派の餃子も焼いた。コープの餃子は鶏肉のと豚肉のとがあるのだけど、我が家では豚肉の方がお気に入り。鶏の方は、しそと味噌が入っていて、大人の味。

2/25 THU

きれいにはれて、気温は低い。もうすぐ春が近づくと、きっと雨も多くなり、こういう冬らしい日もすくなくなってくるのだろう。娘はまだ自転車の前かご(チャイルドシートになってるタイプ)に乗れないので(一応、取説には「11ヶ月から」とある)ずっと抱っこ。その上に毛布をまいているので、お互いとてもあたたかい。娘が11ヶ月になるのは5月。ちょうどその頃には気候もよくなるので、抱っこだと暑いだろう。この時期が、真冬でよかった。ちいさな娘を抱いて毛布まいて毎日自転車にのるのはこの冬だけだと思うと、冬よおわらないで、と思うことも。おもたいけど。
見送りのあと、ひょんなことから、岩本さんとおしゃべり。Mくんママ。Mくんは年中さん(息子の一個上)なので、あまりかかわりがなかったのだけど、話してみると楽しくて、ミニストップの前で2時間以上しゃべってしまった。見てる人は、いろんなことをちゃんと見てるんだなあ、と思う。
午後はプール。2ヶ月に1度のテスト。背面キック。こわがることも沈むこともなく、ばっちり合格。くじらからひらめになった。次はいよいよ「1級」だ。テストの日は、みなセブンティーンアイス。2月の寒さの中でよく食べるよなあ、と思うが、ロビーは汗かくくらい暖房が入ってるし、子どもたちは運動したあとなので、そこまで寒くもないのかも。息子はアイスはつめたくてかじれないからジュース、というパターンが多かったが、みんながアイス食べてるのみて、自分もアイスといいだした。バニラコーン。しかしいくら冬でとけないといっても、その速度で食べてたらぜんぶとけるよ、といいたくなるくらい少しずつしかかじれない。なので例によって上のクリーム部分はわたしがほぼ食べ、息子は残ったコーンとその中のアイスをおいしそうに食べた。
夕飯は、いわしのかばやき丼、まだ残ってるひじき大豆煮物、とうふとわかめとあげの味噌汁、春菊/トマト/菜の花/アボカドのサラダ。
『エルマーのぼうけん』は読みおえ、『エルマーとりゅう』に突入。『くまの子ウーフ』ももうあと1章を残すのみ。こうして読みすすめてる本があるにもかかわらず、ママは図書館から、息子は幼稚園からどんどん新しい本を借りてくるので、読むのが追いつかない。

2/24 WED

午前保育。朝、パンが食べたかったのに、食パンが一枚もなく、まあいいや幼稚園の見送りのときにミニストップで買おうと思ってたら、さいふをわすれる。仕方ないので実家によって、一枚焼いてもらって食べた。ライ麦パンだったのでもう一枚食べたくなり、ラップにつつんで持って帰ることに。でも食パン一枚はだかで持ってエレベーターにのってたらだいぶ謎な人物なので、母に紙袋をもらって、そこに入れた。
水曜なので午前保育。でもお弁当はつくっておく。わたしと息子ふたり分。今日はさつきちゃんちで味噌作りなのである。でも車がないので、まゆみちゃんが送迎してくれることに。ほんとなら大豆を煮るところからやるべきなのだが、わたしは初めてだし(みんなはそれぞれ1〜4回の経験あり)、0歳児抱えてて余裕もないので、煮大豆を買った。さつきちゃんもみきちゃんもそうしていた。それをふくろごと、床暖房の上に置き、足でふんでつぶす。ぐにぐにした感覚が楽しい。子どもたちも手伝ってくれるけど、やはり重さが足りないので、大人の体重がちょうどいい。
それから用意したタル(ほんとなら呼吸する杉桶などがいいのかもしれないけど、手軽に手に入るプラスチック)で麹と塩をまぜあわせる。塩で手がぴりぴりすることがあるので、ビニール手袋をしてもいいのだが、人の手の常在菌が発酵をうまくすすめてくれるらしいので、ビニールなしで。まったく同じ材料を使っても、その家にただよっている菌や、温度、湿度などがちがうので、味が違ってくるらしい。そこにつぶした大豆を入れて、さらに混ぜる。本当ならうちにあるばかでかいお鍋(福岡時代、たけのこ茹でるために買った)を持参する予定だったのだが、うっかりわすれてしまったので、タルの中で混ぜた。混ぜたものをボール状にして、空気を抜くために別のタルにぱんっと投げつけて、最後はならしてラップをかけて終了。その上に塩や重石をするといいらしい。子どもたちは最初(わたしの分)は混ぜるところもがんばって参加してくれたけど、だんだん飽きてきて、二階で遊んでいた。おやつをはさみ、合計3人分つくった。まゆみちゃんは、自分の分はすでに先月仕込み終わっていたらしく、みんなのお手伝いにきてくれたのだ。12時半ごろおじゃまして、帰るのは17時すぎていたが、娘そのあいだ一度も寝ず。ずっとご機嫌でまるで我が家のように、はいずりまわっていた。味噌、つくってみたいなあと思ってはいたが、けっこう重労働だし、ひとりじゃつまんないので、なかなか手が出せずにいた。みんなが手伝ってくれたおかげで、初挑戦できた。わいわい話しながら作るの、すごく楽しかった。来年は、お鍋わすれないようにしないと!
夕飯は、午前中のうちにつくっておいた豚キャベツ丼、目玉焼きのせ。ひじきと大豆の五目煮のこり、あじのつみれじるのこりに豆腐を入れたもの。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード