12/24 THU

昨夜、さつきちゃんから借りた「コウノドリ」を5巻まで読んでしまったせいで、寝不足。春ごろ、まりが貸してくれるといってくれたけど、出産直前で、不安になること確実だったので、やめといた。今なら冷静に読める。読んでる途中で何度か娘がふにゃふにゃいって中断させられたが、その中断がこれほどまでにありがたく感じたことはない。夜中なんど起こされようが、あなたが元気でいてくれるなら。
ローストチキンは、結婚以来いろんなレシピで焼いてみてきたが、まだ定番が決まらない。今年もまたあらたなレシピにチャレンジ。しょうゆ、酒、さとう、にんにく、ローリエ、そしてナンプラーが入ってるところが、なかなかおいしそうな予感。おとといの夜からつけてたので、今日は焼くだけ。サイドメニューは、コーンスープ、サラダ(トマト、かぶ、アボカド、レタス)。これもお昼に用意しておく。
午後はプール。今日はテスト。前回ぎりぎり合格して、「次は難しいかも」といわれていたけど、意外とすんなり合格。むしろ前回のボビングの方が、まだチビの息子には大変そうだった。息子の苦手コーチ、テスト後のお遊びタイムのときに、ひとりひとりをおもいっきりたかいたかいしてくれて、息子はすっごく喜んでいた。わたしがときどき娘にやってあげるけど、息子はもう重すぎてできなかったので、ありがたい。それに、もし腕力があってもあれだけ高く放り投げたら、家だと天井にぶつかってしまう。プールだと、どこまでも高くいけるし、腕にうまく戻れずにおちたとしても水なので安心だ。こういうひとつのできごとで、苦手さがすこしやわらいだりするのでは?と希望的観測。
アキが早く帰れたので、みんなでクリスマスディナー。息子は100均で買ったクラッカーをならすのに夢中。5つあるうち4つ息子がならした。でも安物なので、2つは中身が飛び出さなかった。食後は、とよみさんのスポンジケーキに、ホイップといちごで飾りつけ。ホイップはアキと息子がハンドミキサーでぐいーんと。もちろんうまく塗れなくて、見栄えはぜんぜんだめだけど、味はピカいち。最近どこのケーキを食べても胃もたれしてしまうわたしだが、これは大丈夫!
就寝前の絵本は『さむがりやのサンタ』。実家からとってきた。大人になってひらいたのは初めてだったのだが、街並みや紅茶をのむ習慣、寒さに限らず、なにかとぶつぶつ文句や皮肉を言いまくる感じ、あたたかい場所への憧れなど、今なら実感を伴って「めっちゃイギリス人のサンタやん」とわかる。息子はもう待ちきれない様子で、ふとんに入った。

12/23 WED

祝日。
娘は昨日、無事6ヶ月になった。だいたい5〜6ヶ月になったら離乳食スタートOKとされている。お乳をよく飲む子で、あまり食べ物に興味がなさそうなら、もっと遅くてもよさそうだけど、娘は人が食べているところをじぃーっと見つめてよだれをたらしたり、ためしにちょっと口にいれてみたごはんつぶ(一粒)も吐きだすことなくたべたりしていたので、そろそろいいかな、と始めてみることに。そして、なんやかんやで先延ばしになっていたお食い初めも同時にやることに。お食い初めは本来100日目(3ヶ月くらい)にやるものなのに、離乳食スタートと同時になってしまい、本来の意味とはちがって、プラクティカルなの意味での「お食い初め」である。
用意したのは、鯛の塩焼き(ヒレがこげないようアルミで包んでグリルで焼いた)、煮物、お吸い物(あさり、三つ葉)。お赤飯はとよみさんが炊いてもってきてくださった。「香の物」用に大根のお漬物を母に頼んでたけど、タッパをあけたら腐っていた…。しかしとよみさんがちょうど、ゆず漬けのお漬物(しかも紅白)をもってきてくださってたので、セーフだった。食器は、母がもってきてくれる。息子のときは福岡にいたので、わたしとアキだけで、ささやかにお祝いした。食器もちゃんとしたのがなくて、家にあるものでどうにかした。それにくらべて今回はずいぶん立派だ。ヒロもきてくれて、写真係になってくれたし。歯固め石は、今朝息子が公園で3つ見つけてきてくれた。
とはいえ誰も正式なやり方がわからないので、ネットでやり方を見つつ、なんとなくすませる。鯛やお赤飯はほんとに食べるわけじゃないので、今日のメインはつぶし粥だ。全員の予想どおり、娘はもぐもぐ食べた。1日めなので、ちいさなスプーンに3,4杯で終了。でも、あげたらもっと食べたと思う。息子はとにかく食べることに興味がない子だったので、この調子で食べてくれたらラクだな〜と思うが、どうなることやら。
その後は、大人たちがもちよったごはんを食べて、デザート(とよみさんのスポンジケーキ)、コーヒー。
午後は雨。みんな引き上げたあと、我が家で、ビバのユニクロ、 VC’Sに行ってかるく買い物。
夜は、きつね白菜うどん。昼の残りの煮物やポテトサラダ。

12/22 TUE

雨やくもりにはさまれた、貴重な晴れの日。
午前中は、パルコープに買い出し。ザ・買い出し!といいたくなるくらい、せっせと買い込む。明日はお食い初め、あさっては、クリスマスイブにローストチキン、クリスマス本番はハンバーグという予定。
お昼は、おべんとうもって、たーちゃんちへ。さつきちゃんとみきちゃんもきた。小学3年のめいちゃんがずーっと保護者役をかってでてくれて、遊んだり、けんかやトラブルが発生しそうになると仲裁してくれたりしたので、ものすごく助かる。おかげで、ママたちは悠々とコーヒーのみながら、おしゃべりに興ずることができる。
夕飯は、あつあげ丼(アキ畑の青ねぎもたっぷりいれる)、ししゃも、ほうれん草とベーコンのおひたし(ふたつを一緒にゆでて、だしであえるだけ)。
夜、子どもたちが寝たあとは、明日のお食い初めの準備。煮物のれんこんは花形に、にんじんも飾り切りに。初めてだからか、不器用だからかなんとなくいびつ。まあいいか。鯛に塩をふり、お吸い物用のあさりの砂抜き用塩水につける。それと、24日のローストチキンのタレもつくって、漬け込み、一段落。

12/21 MON

朝から雨。なーんにも予定がないので、かるた作りに励む。文章は完成。息子がぜんぶ考えたけど、編集者(ママ)があるていど誘導した。じゃないとぜんぶ「れもんはたべもの」「まぐろはたべもの」みたいになってしまうから…。「うーん、それ前のと似てる」とか「ぼつ!他に考えて」といったり、書きだしのヒントだけ与えてみたり。半分くらいは、編集ゼロのものだ。編集ゼロでわたしがいちばん好きな札は「き」ー「きのうのゆうやけは きれいだったなあ」。意味がよくわからないものもたくさんある。たとえば「ふ」ー「ふりかけまんぼ!」最近の息子を反映してる札もいろいろ。「み」ー「みかんの ひとつむきを できるのは すごい」。やっとバラバラじゃなく一枚つなげてむけるようになった彼である。このできあがった文章をイラレに打ち込む。そのあいだ、ひまな息子は、和室を(ふとんとローテーブルで細工した上で)海ということにして、「サメごっこ」。途中、チラシで武器なども作ったりして、それなりに時間がもった。娘は、放置気味。どうしてもだめなときだけ、抱っこ。
午後は雨がやんだので、中央図書館へ。クリスマス関係の絵本を中心に、たくさん借りた。
夕方、さあ夕飯をつくろう!と思っていたのに、息子がどーしても絵札を今すぐ描きたいという。仕方ない、ちょっと付き合うか〜と、ソフトパステルをだしてあげたら、(見てる)こっちも楽しくなってしまって夕飯そっちのけ。そこにちょうど母がきてくれたので、その作業監督はまかせて、わたしは夕飯作り。といっても、ぎゅうぎゅう焼き(オーブンに切った野菜や肉ならべて、オリーブオイルと塩かけて焼くだけ)と、お味噌汁(白菜、あげ、ブロッコリーのしん)を作っただけ。あとは冷蔵庫にサラダの残りがあった。ぎゅうぎゅう焼きの具材は、鶏胸肉、じゃがいも、にんじん、ミニトマト、ブロッコリー、かぼちゃ、かぶ。彩りがきれいになるよう選んだつもり。ジョセフィーヌかけて食べた。白身魚とか貝類を焼いてもおいしそうだ。手抜きでも、野菜がたっぷりだと、すごく満足感がある。

12/20 SUN

よく晴れて、寒い。
早起きしたかったけど、明け方〜朝、娘がずっとごそごそしてて、それに夢うつつで付き合ってたら起きれなかった。最近はそういうパターンがすごく多い。娘は本当は5時とか6時に起きたいのかもしれないが、みんな寝ててまっくらなので、いちおうふとんにおさまってくれているだけなのかも。
日曜だけど、アキは部署の旅行で近江八幡へ。
午前は息子のカルタづくり。まだ文章がぜんぶはできあがってないので、一緒に考えるのと、イラレでかんたんな枠を作って文字をうちこむ。どこまでも凝りたいところだけど、そんなよゆうはないので、さっさとてきとうに。あいかわらず、わたしがパソコンに向かってたら怒りだす息子である。たとえ、彼のカルタのためであっても。
わたしも息子もおなかがすいてきて、イライラな空気がじゅうまんしてきたので、お昼どき、実家に移動。ヒロがいて、息子と遊んでくれたのでめっちゃ助かる。わたしはそのあいだに、娘を抱っこで連れて、年賀状を買いにいったり、荷物を出しに行ったり。スーパーでおいもも買った。
そのいも(さつまいも、じゃがいも)を使って、実家の庭で母が焼き芋をしてくれる。息子の要望で、昨日アキが畑からとってきたにんじんをホイルで丸焼きしたら、ほっくほくですごくおいしかったそうだ。わたしはマンションで年賀状を刷っていて、それがおわっていくと、息子が食べ終わったあとだった。さつまいもが一本残ってたので、ホイルをむくと、まだ熱々だった。
夜は、実家でみぞれ鍋。アキもわりと早く帰ってきて、一緒に食べられた。
今、きょうこ(妹)は、南米を旅行中。この前は、イグアスの滝の写真をLINEで送ってきた。写真を見ると、おお〜すごいな〜いつかみてみたいな〜とは思うけど、たった今は、不思議なくらいに旅行したい気持ちがおこらない。子どものたちとの日々が万華鏡のようにカラフルだからかもしれないな。

12/19 SAT

昨日はよく眠れた。授乳や息子のトイレ付き添いで3回くらいは起きてるけど、短く深く ぐーっと眠る、というのをくりかえせた。おかげで、昨日ずっと苦しかった呼吸はおさまっていた。
朝は合気道。息子が大好きなチーズオムレツサンド(オムレツをつくるときとろけるチーズを入れて、それをパンにはさむだけ。大人のにはピザソースをぬるけど、息子のにはぬらない)が朝ごはんだったけど、時間がないので、全員車で食べた。
午後は、アキが息子を凧あげに連れ出してくれる。そのあいだに、わたしは年賀状デザインの仕上げ。ほぼ手書きなので、なにも手を入れてないように見えるが、いったん書いたものを600dpiでスキャンして、Photoshopで背景消して、300dpiのハガキサイズの画像に切りはり、コントラストなど調整という段階をふんでいる。こうすることで、こまかい手書き文字も、くっきりはっきり出る。
それから、念願の執筆作業。冬休みに入って、うまく早起きできたとき(わたしが起きると娘もだいたい同時に起きる。ふとんからいなくなる気配を感じ取っているのだろう)以外はなかなか時間がとれなかったのでうれしい。
先週とちがって、河川敷は風がつよく、凧がどんどんあがったそうだ。息子「いと、ぜーんぶのばした」。そんなに高くあげたなら、ずいぶん凧が小さく見えただろうな。
夕飯は、我が家と父と寿司『かいおう』へ。なんだかんだいって、12月は週1のペースできてる気が…。とにかくここは、回転寿しにしてはクオリティが高いのと、キッズスペースがあるので、さっさと食べ終わった息子を放置しておけるのがありがたすぎる。あと、今日は縁日スペースで、かき氷とわたがしも食べていた。
そういえば、今日の夕方『サンダーバード』を見てた息子。毎週録画決定。我が家のあらたなるブームとなるか。

12/18 FRI

寒い。ここ2,3週間(わたしが)咳と鼻水になやまされつづけてきたけど、この前「ニフレル」に行ったあたりから、呼吸が苦しくなってきた。気管支炎っぽい感じ。とりあえず様子見。
午前中は、子どもらの機嫌をみはからいつつ年賀状のデザイン(というほどのものではない)。それから、100均、パルコープの店へ買い物。
午後は、みほんちへ。息子の「いっしょにマフィンをやきたい」という希望をかなえるべく、みほがキッチン、材料、そして手間を提供してくれる。わたしは娘に授乳したり相手をしたりしてるあいだに、みほは息子のそでをめくり、エプロンをつけ、たまごをわらせたり、まぜまぜさせたり、型に流しこんだり、オーブンに入れさせてくれたり。ほんとうに至れりつくせり。まこちゃん(小学生)りおちゃん(幼稚園)はまだ冬休みに入ってなかったので、帰宅前。焼きあがって、しばらくしたら帰ってきたので、みんなでおやつ。いくつか種類があったけど、マフィンの上に、いちごをのせて焼いたやつがおいしかった。
中川李枝子と山脇百合子の『なぞなぞえほん 3のまき』を夜よんでいて、こんななぞなぞがあった。「おとうさんも おかあさんも おにいさんも おねえさんも いもうとも ぼくも あかんぼのときから ずっと もっている じぶんだけのもの ぼくのは ぼくのことなのだ」答えは、「なまえ」なのだけど、息子の答えは「こころ」。うーむ、秀逸!

12/17 THU

連日秋のような陽気だったのが一転、真冬のさむさ。
昨日一日外出していたからか、息子がなかなか起きてこない。わたしも、冬休み中は早起きして書きものをしようと思ってるのだが、娘が4,5回夜中に起きたので、予定通りいかず。でも、45分くらいはできた。書くのは、手作業の刺繍とは違う。ただ起きていれば頑張れるわけじゃなく、頭を使うので、ある程度良いコンディションじゃないと、寝てたほうがマシという結果になる。
息子がカルタを作りたいという。どの工程をとっても、(わたしの)好みの工作。まず、読み札を50文作らなくてはいけない。ぜんぶ自分で考えたいところだが、そこはやはり息子にゆずる。今のところ20文くらいできたが、どれをみても、今現在の息子らしい表現にみちていて、あとから見返したらかなり面白いものになりそうだ。はりきってどんどんすすめたいけど、娘がいるのでぜんぜんはかどらない。お正月までに間に合うかなあ。
午後はプール。
夕飯は、アキがいらなかったので、手抜きの残り物。母が粕汁をすこしとどけてくれた。
寝る前の絵本は、そろそろシーズンだ、と一年ぶりにだしてきた『ぐりとぐらのおきゃくさま』。去年何度も読んだけど、まったくおぼえていない様子。「カステラ」という表現に、いちいちひっかかる(いまでいえば「スポンジケーキ」になるところが、「カステラ」になってる)ところが、本当に我が息子っぽい。わたしもいちいち気になってたから…。そして、読み終わったあとの感想→「ママ、ぐりとぐらの みょうじって なに?」わたし「え、知らん…ないんちゃう」「なんで? じゃあ、ぐりとぐらって かんじで どうかくん?」「わからん…」。愚離と具羅。そんなぐりぐらはいやだ!

12/16 WED

今日もあたたかい。雨予報じゃなかったのに、朝、雨がざーざーふってきてあせる。というのも、今日は年少さんの男のたち4人で、エキスポシティにできた「ニフレル」に行く予定なのだ。子連れで雨で外出は大変なのでどうしよ、と思っていたら、ほどなくしてやんだ。
ニフレルは、まあまあだった。子どもの喜び方もまあまあ。それよりも、お友達と遊ぶ方がよっぽど楽しそう。朝一(10時~)入場して、それから、ららぽーとのフードコートでお昼ごはんというプラン。平日なので、親子連れの数はあきらかに週末より少なそうだったが、予想外だったのが、バスツアーで大量にやってくるお年寄りたち。昼時はフードコートも激混みで、失敗した〜とみんなで言い合う。(結局フードコートのむかいの広いタリーズに席があったので、そこでサンドイッチなど食べた。タリーズ好きのわたしとしてはけっこう満足だったけど)人の流れを避けるならば、10:30〜11時くらいに早めのお昼にして、昼前にニフレルに行ったほうがよかった。それってたしか、この前 IKEAでも同じことを思ったんだったっけ。ごはんのあとは、ららぽーと内のおもちゃやさん(レゴ、トミカ、ボーネルンドなど)のキッズコーナー(さわって遊べる)をめぐる。
娘の授乳時やオムツ替え時などは、ママたちが息子を見ててくれたのでずいぶん助かったけど、お友達と一緒だと、息子が普段以上に大はしゃぎしたり、もみあったりするので、ずーっと息子の名前を呼んでいて、のどがガラガラ。ものすごくしんどかった…。ふらっふらで帰宅。息子はすごく楽しかったみたいなので、行った甲斐があったとはいえ。
夕飯は、そうなることを見越してたくさんつくっておいたドライカレー。一日熟成されて、昨日の自分よありがとう…と感謝したくなるくらいおいしい。アキも息子も大絶賛。ふつうのカレーよりこっちの方がおいしいので、うちの作り置きレシピ定番になりそうだ。あとは、ほうれんそうとがんもどきのお味噌汁、ごぼうとわかめとツナサラダ。

12/15 TUE

毎朝、アドベントのカレンダーの小窓をひらくのが、息子の日課。あと10日だ。この前、息子に「ママがこどものときサンタさんにもらったもので、なにがいちばんうれしかった?」ときかれた。迷うことなく、「まるちゃんプリンター」と答える。プリントごっこのちびまるこ版。小学校1年生だった。
お昼前、ココカラファインまで車で行って買い物したあと、その近くの公園でピクニック。今日もぽかぽか。ロケットっぽいかたちの遊具があったので、息子とふたりで地球を脱出する。ベビーカーで寝ている娘は、地球でお留守番。
そのまま小児科へ。今日はBCG。念のため、身長・体重・頭囲を測ってもらったけど、やっぱり問題なかった。息子の保湿剤などももらい、となりの薬局に行ったら、「お兄ちゃん、大きくなったねー!めっちゃ(ちゃんと)しゃべってますね!」と薬剤師さんにおどろかれた。かなりひさしぶりだったようだ。
夕飯は、野菜たっぷりドライカレー。にんにく、しょうが、たまねぎ、にんじん(すりおろし)、セロリ、ピーマン、なす。キャベツとじゃがいものお味噌汁。それから、コープから届いた生牡蠣(レモンしぼって)。兵庫県産ので小粒だったけど、味が濃くて美味しかった。
冬休み二日目にして、力尽きそう。前に香ちゃんが「生まれる前の一年(妊娠中)と、生まれたあとの一年が大変なんよねえ〜」と言ってたけど、ほんとその通り。

12/14 MON

息子お得意の替え歌。気に入りフレーズはの『ドラゴンボール超』歌詞ピンポイントで「あびせて武者震い」。ジングルベルのメロディにのせて、全歌詞「♪あびせてむしゃぶるい」をききつつ、冬休みが始まったことを知る朝。ちなみに『ドラゴンボール超』は、息子はすでに飽きて見てない。
週末の散らかりを片付けつつ、ふたりの相手。息子は、紙とかハサミとか色鉛筆とかがあれば、全然たいくつせずに時間をすごしてくれるので、助かる。
よく晴れていてあたたかいので、午後は3人で散歩。パンダ公園、コミセンで本返したあと、よもぐろへ。途中の肉屋さんであげたてコロッケを買って、おやつに食べる。そのあと、ちょっととおいスーパーへ向かっていたら、みほんちの前をとおりかかる。「まこちゃんたちはまだ帰ってないかな〜」と言いながら通り過ぎようとしたら。我らに気づいたみほがガラス戸をがらっとあけて「今ちょうどマフィン焼けてん!もってかへん?」え、いいの、ほしい、ありがとう!と受け取り、あつあつでチョコがまだとけた状態のマフィンはそうとうおいしそうに見えたらしく、チョコ嫌いの息子も食べた。
帰り道、空がピンク。建物にかくれてきれいな空が見えないので、ひらけた場所にむかって歩いているとき、息子がいった。「はやくしないと、ゆうやけが かれちゃう」と。枯れちゃう。まるでお花のような言い方にはっとする。あまりにも毎日あたりまえのように眺めているけれど、明日の太陽はまた明日咲くとはいえ、今日の夕焼けは今日しか見られないのだ。
息子は帰ってきてから、折り紙屋さんを開店。まだレシピ通りに折ることはできないけど、「じゆうおり」と名づけて、好き勝手に折りまくる。いつもは見たがる『コッシー』とか『はなかっぱ』(Eテレ)も見ずに、ひたすら。
夕飯は、鮭のしょうが焼き。とよみさんからいただいた筑前煮、ブロッコリー、白菜サラダ、お味噌汁(なす、あげ、じゃがいも)。

12/13 SUN

夜中に娘が起き出したりして、なんとなくすっきりしない。刺繍疲れが肩にまだ残ってるような。でも、息子は予想以上にあのベストを気に入り、毎日「かみさまにもらったやつ きる〜」と言ってくれているので、悔いはない。
朝はゆっくりして、お昼前に、地元のもちつき大会へ。わたしはおもち大好きだったけど、去年のつわりでじゃっかんトラウマになってしまったのか、以前みたいにたくさん食べられない。大根おろしとあんこを少しずつ。アキはもともとそんなにもち好きではない(たしか、子どもの頃食べ過ぎたから、とか言ってたような…)ので、同じような感じ、息子はきなこもちを喜んで食べた。
それから車で河川敷へ。この前絵つけした凧あげ、それとついでに自転車の練習。ほんとに12月?といいたくなるくらいあたたかくて、半袖の子もいるほどの陽気。風もない。風がないということは、凧があがらない。なので、自転車の練習。が、タイヤの空気がへっていて、走りづらそう。自転車をのせたらベビーカーが乗らなくなったので、眠ってしまった娘をころがす場所がない。と困っていたらアキが車から簡易テントとイスをもってきたので、プチピクニックになった。おもちでおなかいっぱいかと思いきや、陽射しのなかで走りまわって、全員腹ペコ。すこしずつ吹きはじめた風にのせて男子が凧あげをしてるあいだに、女子で買い出し。焼きそばパンとか、おいなりさんとか、サンドイッチとか。
それからジョーシンでハンドクリーナーを見る。車をそうじしたりするのに、アキがほしいらしい。でも、レジがやばいくらい混んでいたので、撤収。結局ネットで買うことになった。その後、藤田川のたこやきを買って、実家で食べる。アキと息子はマンションにもどってドーナツ作り、わたしと母と娘は、生協に買い物。
夕飯は、実家で鍋。つかれはてた息子は、帰ってこてっと寝た。

12/12 SAT

合気道演武会。といっても、いつもの道場で、観客は親御さんたちだけなので、そんな肩肘はった感じではない。というか、けっこうぐだぐだ。9:30〜12:30までと、小さい子どもにとってはかなり長時間すわっていなくてはならず(そのあいだ出番が2回ずつ、休憩一回、親と一緒にやる護身術体験みたいなのが一回)だいじょうぶかなぁ、と思ったけど、先生方もそこは心得ていて、正座をくずそうが、お友達とおしゃべりしようが、お茶をのみにいこうが、特に注意もなかった。最後の最後、道場長の先生の演武のときだけは、みなさんしゃんとしよう!という空気だったが。それくらい自由なので、息子も退屈しつつも、さいごまでちゃんと同じ場所にすわっていられた。
夜は、回転寿司。とよみさんも一緒に。息子が好きなまぐろのカツライスバーガーがなかったので、かっぱまきだけ食べようとする息子。わたしの中トロがきたので、「ちょっとたべてみない?」といったら、よほどおなかがすいてたのか、(これまで一度も生魚のおすしを食べようとしなかったのに)一口かじる。目がキラーン、おいしいマーク!(Vサイン)波にのり、まぐろ赤身、サーモン、エンガワなども次々たべる。とうとうおすしのおいしさにめざめたようだ。
終了式、クリスマス会、演武会と連日行事続きで早寝早起きだったけど、明日はなにも予定がないので、夜更かししてもまあいっか、ゆっくりしようと、家族みんなで『バックトゥザフューチャー』をみはじめるも、15分で男子がダウン。なぜかきゃっきゃと元気な娘をどうにか寝かしつけ、結局全員21:30に就寝。

12/11 FRI

朝から強風、雨がふったりやんだり。でも、ぜんぜん寒くない。11月上旬くらいのぬくもりがのこってる。
幼稚園のクリスマス会。実家でとよみさんとおちあい、うちの車で教会へ向かう。大人も子どもも、いつものぜーんぜんかざらない感じから一転、かなりフォーマルな服装。女の子は素敵なワンピース、男の子はジャケットにネクタイの子が多かった。わたしをふくめ普段からほぼノーメイクのママたちも今日だけはキラキラ。
1部の礼拝では、年中・年長の子たちがキャンドルをもって入場、来賓(ママ、パパ、祖父母、卒園生のママ、御近所の方など)もキャンドルをもって、賛美歌を歌う。それから牧師さんのお話。
2部は子どもたちの聖劇。年少さんたちは役はふられず、お星さまをふって「おほしがひかる」という歌をうたうだけ。でも、我が子が出ていなくても、見ていて本当に面白い。全員で20人強しかいないので、ひとりひとりのことをママたちみんながよく知っていて、見飽きるタイミングがゼロ。誰が出てきても、「おお〜、あの子がこの役を!」とか「あの子、緊張しててふだんと表情がぜんぜんちがうなあ」などと思い入れを強くしてしまう。が、「クリスマスはイベントではなく、神さまに感謝の祈りをささげる日」というのがこの園のスタンス。そういうわけで、拍手はなし。
3部の祝会では、まず子どもたちからママたちへプレゼント。年少さんはフエルトでつくった小さなリース。クリスマスのお飾りがまたひとつ増えた。
シャラララ〜ンと玄関口で鈴の音がなると、年長さんが我先にと駆け出す。そこには白い大きなふくろが……。ふくろの中には、かみさまからのプレゼント!子どもたちの輝く瞳をみたら、ここ数週間の苦労がむくわれた気がした。息子も、思いのほか喜んで、その後もずっと着用しててくれた。みんなの刺繍を間近でよくみて、「あぁ、やっぱり5本か6本どりにしたらよかった…」と思う。3本取りで刺繍したので、めちゃくちゃ時間がかかってしまったのだ。たしかにほそい糸でサテンステッチすると、面につやがでて美しいのだが、はっきりいって子どもはそんなところまったく見ていない。来年、再来年は、太い糸にして、チェーンステッチも取り入れよう。そんな反省もありつつ、やっぱり楽しかったので、来年もがんばろう。
お昼は、年少のみんなでカターラへ。ピザとワッフル。雨もやんで、寒くなかったので、そのあとは成田山で子供たちは走り回る。成田山は、車も来ないし、広いし、休憩所もトイレもあるので、公園よりも親子が集うのに適している気がする。
夕飯は、ひじきとあげときのこの炊きこみごはん、厚揚げを焼いたの、お味噌汁(わかめ、とうふ、白ねぎ)、白菜と春雨とにんじんのサラダ、納豆。
夜、息子が「ほしをかきたい」というので、「せんせい」で☆のかきかたを練習する。それから、図書館で借りた『聖夜のおくりもの』という本を読んだ。絵も訳も、すごく素敵な絵本だった。

12/10 THU

幼稚園の終了式。うちの母とアキもみにきた。それぞれの組で短い歌、合奏、ダンスなどが披露される。息子は合奏ではタンバリンを叩いていた。わたしやアキがタンバリンのことを知らないと思っているのか、先日せつめいしてくれた。「まるっちい がっきで、まるっちい すずがついてて、あなに ゆびをいれて、たたいて ならすねん」。「まるっちい」という彼お得意の言葉、本来ならば「まるっこい」と訂正すべきなのだろうけど、かわいいのでずっとそのまま。
11時くらいにはやばやとおわる。息子が「タコをつくりたい」といったので、アキがビバにタコ糸と竹ひごをさがしに連れてってくれる。そしたら、絵をかくだけのタコキットが売っていたらしく、それをゲットしてきた。
午後はプール。以前苦手だったコーチ、回を重ねると、やっぱり苦手なようだ。大人からみても、首をひねりたくなる行動がよくあるので、去年の時点ではすぐ曜日を変えたけど、今回は様子見。息子には、「嫌だな、と思う人がいたとしても、その人は心の中までは入ってこられない」というような話をしてみると、意外とすんなり受け入れてくれた。あと、そのコーチはたしかに粗雑だが、「泳ぎは上手だから、なにかいいアドバイスをもらえるかもしれないよ」ということも一応伝える。
夕飯は、息子とふたりだったので、衣笠丼、残り物のきんぴらや酢の物など。
夜、娘が寝たあと、アクリル絵の具で息子と、タコのビニールの部分にお絵かき。
就寝前、ぽつぽつと雨の音。12月なのに、あたたかい雨。ふしぎ。

12/9 WED

雲ひとつない晴れ。
教会にて、クリスマス会予行。といっても、子どもたちだけ。親は、クリスマス制作を回収係にわたしたあとは1時間くらいひまなので、どうしようかな〜と思ってたら、おうちがご近所の加藤さんがまた家にさそってくださる。やっぱり素敵なおうち。
お昼は、息子の同級生のJくんちにお呼ばれ。たーちゃん(とKちゃん)、さつきちゃん(とAくん、Mちゃん)もくる。おべんと食べて、子どもたちは遊ぶ。わたしは、昨日授乳だけじゃなくて、息子のおしっこなどでも2度ほど起こされたのと、咳でちょっとしんどかったけど、そういうときこそ、誰か他の人がいてくれたほうが娘の気もまぎれるし、なにより息子が退屈しないのがありがたかった。夕方、朝は雲ひとつなかった空なのに、いちめんみわたすかぎり、うろこ雲。
夕飯に、とりももにくのごま風味照り焼き(+にんにく、しょうが)を作ったのだけど、下味に塩をしたらおもいのほかしっかり味がついてしまい、少ししょっぱくなってしまった。それで、小さめに切って、昨日蒸してあまったキャベツと新じゃがとあえてみたら、豪華なサラダに変身した。大成功。あとは、ちりめんときゅうりの酢の物、わかめととうふのお味噌汁など。

12/8 TUE

晴れ。朝、見送りに行く時はマフラーぐるぐる巻きじゃないと寒いけど、よく晴れた昼のリビングはぽかぽか。
お迎え後、園ではおおそうじ。かたくしぼった濡れ新聞紙で、窓など拭く。そのあいだ、娘はだっこひもの中でずっと寝てた。
夕飯は、ぶりの塩麹焼き(塩焼きより魚の臭みがなくなる。こげやすいので、フライパンにクッキングシート敷いて焼く)、キャベツと新じゃがを蒸したものとゆでたまごのサラダ(園のママがまとめ買いするというので、一本ためしに買ってみた「ジョセフィーヌ」をかけた)、ごぼうとにんじんのきんぴら、ほうれんそうの胡麻和え、かぶのポタージュ(昨日ののこり)。息子はジョセフィーヌはお気に召さない様子。キャベツも新じゃがも、塩すらかけずにそのまま食べていた。そして、つるっとちいさくてまるい新じゃがを見て、娘に似てるという。たしかに……。
たーちゃんが、立派ないちごを一箱くれた。だんなさんのご友人が島根でつくっておられるらしい。この時期のいちごは、実がしまってとても甘い。大きいだけじゃなくて、ほんとにおいしい。いちご好きになった息子(去年は、あまり食べなかった)が、うっとりした顔で「こんないちごがおいしいなんて、このせかいが いちばんや」といっていた。

12/7 MON

朝、息子を送ったあと、どたばたと家事をして、11時過ぎに香衣ちゃんを迎えに駅へ。いっちゃんは1歳になり、とことこ歩いている。Bielleに寄り、パンを買ってもどる。かぶのポタージュをつくってあったので、それとパンで、かんたんランチ。いっちゃんは、ティッシュを見つけたら引き出すし、絵本も棚からぜんぶ出そうとするし、引き出しはあけようとするしで、「おお〜!そうだったそうだった、1歳児ってこういう生き物だった」と良い復習になる。「だめ」と言うのではなく、「だめ」と言わなくていいような環境にしておくほうが、親にとっても子にとってもストレスフリーなのだ。香衣ちゃんから、出産祝いに、と手作りのワンピースをいただく。これがもう、めっちゃ可愛い。早く着せたいけど、サイズがまだ大きい。とりあえずハンガーにかけて、かざっておく。
途中、息子を迎えにいくためにちょっとだけふたりにお留守番しててもらう。ものすごく天気がよくて、息子は公園で遊びたかったみたい。なので、家に帰ってもご機嫌ななめで、大声をはりあげたり、紙袋をふりまわしたりしていた。でも、いっちゃんが近寄って何かを手渡したりすると、やさしく受け取っていた。おやつは、おみやげにいただいたお芋のロールケーキ。
夕方、すこしだけ公園で遊んで、駅に送る。いろいろ話したいことはあったけど、お互い子どもたちを追いまわしつつ、どうにか食べたり飲んだりしているかんじ。それでも、こういう時間を共有できる仲間がいるのは素敵だ。ことばにしなくても通じあう応援歌を、びりびりと受けとる。
夕飯は、残りもの。洋風メニューだったので、明日はがぜんダシ系の和食が食べたい。
クリスマスツリーのライトがきたので、かざる。

12/6 SUN

今日も声ガラガラ。我が家の女子早起き。男子は森の幼稚園なので、お弁当をつくる。それから、アキのリクエストでわたしオリジナルのサンドイッチ(ベーコン、目玉焼き、アボカド)、息子のリクエストでチーズオムレツをはさんだサンドイッチづくり。洗濯などもして忙しい朝。
ふたりを見送ったあと、森のようちえんのブログを念のためチェックすると(雨天などの開催連絡がそのブログでされるので)、「今日は焚き火をします。アルミホイルと薪は用意するので、焼きたいものをもってきてください」とのこと。急いでアキにメール。すぐ電話がかかってくる。「もう近くにスーパーとかないとこまできちゃったけど、コンビニで買えそうなものあるかな?」「うーん、じゃがいもとか?あと、ソーセージとか売ってそう」。結局じゃがいもにしたそうだ。実際行ってみたところ、みなさんからいろいろ分けてもらえたらしい。りんご、バナナにチョコをはさんだもの、さつまいも、などなど。
女子ふたり残る。明日来客があるので、部屋のかたづけやそうじ、クリスマス制作で滞っていた書きものにもどるための準備など、娘の機嫌をみはからってやる。でもあんまりすすまない…。家にふたりでいても退屈な空気がガスのようにひたひたとみちてきて息ぐるしくなってくるので、コミセン図書館に本を返しがてら散歩。そしたら、もちつき大会をやってた。いやしかし、一日中となると、娘とふたりきりより、息子がいた方が楽ちんだわ。
夜は、日曜恒例になりつつある実家でごはん。煮物とかカニとか。

12/5 SAT

声はガラガラで鼻をかみまくりだけど、熱は出てないし、夜なべではなく普通に寝てるのでわりと調子がもどる。
朝は、テレビまわりをアキと整理。おもちゃの優先順位をつけて、あまり使ってないものは、リビングからは引き上げる。ずいぶんすっきりした。もう少ししたら娘がハイハイしだすだろうから、こまかいものは手のとどくところから上にあげたつもり。この前園の先輩ママに、「レゴのこまかいパーツとかほんと小さくて危ないですよね」と言ったら「ああ、ちーっちゃいのは逆に大丈夫よ。飲み込んでも出てくるだけだし。ほんとに危ないのはタイヤとかペットボトルのふたとか、のどにつまる大きさのやつね」と返され、なるほど……と納得する。上のお姉ちゃんが中耳炎になったから下の子もついでにみてもらったら、耳にビーズが入ってた、とか鼻に発泡スチロールつめた、とかいろんな武勇伝もきかせていただいて戦々恐々。
イレギュラーで午後15:15〜合気道。アキはとよみさんの原付を借りて整体にいっていたので、残り3人で。いつもは朝一だけど、今日は夕方なので、どことなく子供たちの注意力が散漫な気がした。そのままパルコープで買い物。息子のリクエストでハンバーグ作ろうと思ってたけど、遅くなってしまったので、焼くだけのやつを3つ買った。
あとは、昨日の残りの煮物とかサラダとかなんやかんやでけっこういい感じの夕飯になった。

12/4 FRI

昨夜は倒れこむようにして寝てしまったので、早起きして、ゴミをまとめたり、ちょっと片付けたりする。気がぬけたからか、この一週間の無理が一気におそってきて、喉と頭と胃がそれぞれ少しずつ痛い。でもまだ本格的に風邪はひいてないので、どうにか気合で乗り切りたい。
寒かったので14時お迎えのあと、公園など寄らずにまっすぐ帰ってくる。今までだと、それだと家でかなり時間をもてあましていたのだけど、息子は一人遊び(レゴ、工作など)がすごく上手になったし、娘と3人で遊んだり(息子がふすまにかくれて、「ばあ!」って出てくるのをみて、娘が大受け)して、あまり退屈しない。
ぼんやりしてたからか、夕飯の煮物(かぶ、にんじん、さといも、がんもどき)を作る際、いつもは下ゆでするにんじんとさといもをそのまま煮てしまう。にんじんはまだいいとして、さといものぬめりが出てきて、全部の材料についてしまって、味がぜんぜんしみなかった。

12/3 THU

昨夜からふりだしたつめたい雨、朝にはだいたいやんだけど、すこし残る。
今日どうしてもとよみさんに渡したかったので、朝の1, 2時間以外、ほぼ徹夜。しかしそれでも微妙におわらず。園に送ったあと、実家によって、娘の子守を母にたのみ、刺し続ける。お昼ごろ、やっと完成! はぁ〜、こんなにも何かを一生懸命つくったのは、確実に大学のとき以来だ。しかも当時も、しょっちゅう刺繍をしていた。それも、自分で描いた絵だとか字だとかを。デザイナーになるつもりもないのにグラフィックデザイン専攻、そしてグラフィックデザインなのに刺繍、という完全に自分がそのときやりたいことにつっぱしった日々(はたから見たら、「それなんの役にたつの?」)だったが、まさかその経験が10年越しで役に立つなんて!本当に、人生とはわからないものだ。
スイミングの日だったので、プールにおばあちゃんがこっそりきてくれて、無事手渡し完了。これで一安心!
息子は、まだクリスマスにほしいものが決まっていなかった。最初サングラスといっていたのが、お友達の真似をして、マグフォーマーの持ってない種類とか、レゴとかに心移りし、でもそれはほんとうに自分がほしいものじゃない、と気づき、あらためて考える。熟考を重ねた結果、「シュークリームにするわ!」「え、シュークリームなら、ママが買ってあげるけど?」「サンタさんのシュークリームのほうが、とくべつおいしいとおもうねん」「たべたらなくなっちゃうけど、いい?」「……」それは困ると思ったようで、また熟考。結果、「ぼうえんきょうがほしい!」とのこと。星とかみるやつではなく、海賊とかがもってるような小さなやつがほしいみたい。よく、トイレットペーパーの芯とセロファンで作ってるもんな。それも「あおいのがいい」そうだ。青か……。サンタさんはきっとがんばってさがしてくれるでしょう。
夜寝る前、息子がふと、「サンタさんはこどものとき、どんなひとやったん? サンタになりたかったら、おとうさんやおかあさんから ぼうしとふくを もらったのかな?」といった。サンタの子ども時代なんて考えたこともなかったけど、長年の夢がかなってサンタになったんだとしたら素敵だ。うーん、でも、「いやあ、野球選手になりたかったけど、プロになるもの簡単じゃないし、一応就職したんだけど性に合わなくて、転職くりかえしてサンタに落ち着いたんだよね」という感じだったとしたら、それはそれでおもしろい。世間を熟知したサンタの方が、みなの願いをよく理解できそう。
夕飯は、ブロッコリーとじゃがいもの洋風煮物(これは息子が1,2歳のときよく作ってて、ひさしぶりだったのだけど、あいかわらず好きな味のようだ)、絹あげ焼き、ししゃも、キャベツとトマトと大葉のサラダ、納豆。

12/2 WED

夜なべあけ。「夜なべ」というと、なんとなくほっこりとしたイメージをもっていたが、実際に連日やってみると、そうとうせっぱつまった状況であることがわかる。昼間やれるならやった方がいいに決まっているが、なんらかの理由でできなくて、しかも急いで仕上げなくてはいけないのだから。でも、やっぱりイメージ通り、そこにはなにかしらあたたかなものもふくまれている。しかし今朝はまいった。2時くらいから始めて、6時くらいまでやる予定だったのに、いちばん興がのってくる4時半くらいになぜか娘がきゃっきゃと起きてしまったのだ。おいおい、きみが寝てるからこそこの時間にやってるんだよ、そこんとこわかってるかね?!と問い詰めたい気持ちでいっぱいだが、問い詰めてる時間もないし、相手は5ヶ月の赤ちゃんなので、仕方なくあやしながら5時半まで刺繍。予定の半分くらいしかすすまず。
午前保育。園長先生宅(空き家)で、年少ママとお迎えまで作業。娘があまり寝なかったので、はかどらなかったが、どうせはかどらないなら、みんなでおしゃべりしながらの方が楽しい。はかどるときは、ひとりが楽しいが。
お迎え後は消防署見学。近くの公園でピクニック。うちの近所だけど、その公園はわたしが子どもの頃はなかったもの。なので名前を知らなかった。小学生のお姉ちゃんがいるママいわく、子どもたちのあいだでは「パンダ公園、略してパン公」だそうだ。寒いかなー、と心配していたのに、劇的に晴れて、日差しがじりじりときつく、みんな「暑いね…」といっていた。12月とは思えない、幸せなピクニック。きっと今年最後のピクニック。娘のオムツ交換をしようとしたら、切らしていることに気づき、息子をみなに託して、いったん家に帰る。そういうことができるくらいに、彼はお友達とのかかわりがうまくなった。乱暴したりすることもほぼない。うまく自分の感情と付き合えているんだな、とほっとする。
夕飯は、白菜と豚バラのミルフィーユ、トマトと青じそのサラダ、コロッケ(買った)、納豆。

12/1 TUE

晴れ。朝は床暖房をすこしつける。昼は光がさしこんでぽかぽか。
昨夜も、子供たちと寝て、夜中起きて朝6時ごろまたちょっとだけ寝る作戦。ちょうどわたしがリビング側のふすまから寝室に入ったら、別のふすまからアキが起き出してトイレにいった。完璧なかたちでの すれちがい。
園庭掃除、今日は賛美歌の練習も。息子は秋にくらべて、かなり友達とのかかわりかたが上手になった。
手抜き夕飯は、さごしの塩焼き、キャベツ千切りの塩炒め(かなり甘さがひきだされる)、おみそしる(かぶ、レタス、あげ、ソーセージすこし)、納豆、ブロッコリー。でもじつはこういうシンプルご飯ってそれなりに満足感があったりする。アキも息子も素朴なごはんが好きなので、ぜんぜん不満もないようだ。
今夜も夜なべ。

11/30 MON

晴れっ。
幼稚園お迎え後、あたたかかったので、ひさしぶりに同じクラスの子たちとよもぐろで遊ぶ。
夜は、リーゾというお米のかたちをした粒状のバスタを使ったラザニア。ミートソースは先週いっぱい作って冷凍しておいたもの。ホワイトソースは豆乳で。リーゾは、昔フラットメイトのSarah(マンチェスター出身。イギリス人にしては工夫した料理をつくる子)がスープに入れたり、サラダに入れたりして、よく使っていた。一袋(500g)ぜんぶゆでたらものすごい量。保存方法がわからなくて「パスタ ゆですぎ」と調べたら、ふにゃふにゃにふやけたパスタをどうしたらいいか、という検索結果がでてきた。「余った パスタ」で再検索。オリーブオイルまわしかけてラップで冷凍するとよいとのこと。それでも多かったので、母にもわけてあげた。「母にわける」という解決策は、もちろんネットには出てこない。ラザニアに使ってみたのは独自アイディアだが、ソースがからみづらかった。やっぱりマカロニや(板の)ラザニアの方がいいな。
刺繍。刺繍後の仕立てをお願いしているとよみさんが「木曜日にはください」とのことだったので、残るあと3日間、スパートをかけることに。これまでは長距離走的なやり方だったが、短距離走に切り替えるわけだ。具体的には、週末にためした、21時ごろねて、0時か1時ごろ起きて、朝の5時か6時くらいまでやり、それからまた1~2時間寝る、というトータル6時間睡眠作戦。途中、娘の授乳で2回ほど中断されるけど、なんといってもこれが一番はかどる。でも昼間かなりきついので、長い期間はできない。あと3日だったらたぶん駆け抜けられる。イメージは、たすき(実際はベストだが)を手にもち、次の走者のもとへ急ぐ駅伝ランナー。アンカーはとよみさんなので、そこにさえたどりつければ勝利はまちがいない。

11/29 SUN

昨夜、夜通し刺繍したけど、21時〜0時、6時〜8時とトータルすれば6時間くらい寝てるので、意外と動ける。あと4日間は、この方式でがんばろう。
IKEAへ。この家は、怒涛のごとく堺から引っ越してきて、そのままで、いろんな配置がむちゃくちゃ。今日は玄関先のラックと、息子の希望でクリスマスツリーを買った。本物の木も売ってたけど、にせもののやつ。わたしの身長くらい。オーナメントはまだぜんぜんないけど、10年とか20年とかかけていろんなところであつめていきたいな。今年は、イケアで買った間に合わせの金色の玉や星と、息子が幼稚園で作った紙粘土の飾り。
お昼はイケア混んでたので、家の近くのまわる(走る)寿司で。
午後は、片付けやクリスマスの飾りつけ。息子がすごくはりきっていた。
夕飯は実家。

11/28 SAT

今日こそ刺繍をすすめなくては、と意気込み、アキも理解してくれて、息子を合気道に連れてってくれたり、レゴしたり、一日息子の面倒をみてくれる。が、娘が6:30に起きたにもかかわらず、21時に寝るまで30分しか昼寝をしないというまさかの展開。普段、息子の生活にあわせていろいろつれまわしているので、一日家でころがされているのがヒマでしかたなく、刺激がたりなかったのかも。というわけで、昼間ほとんどすすまず。娘はなーんにもわるくないのに、「なんで寝てくれないんやーー(涙)」とやきもきしてしまって、申し訳なかった。
夜はきつねうどん。息子はカレーうどんにして、というので、だしにカレールーをとかした。アキと息子が畑でとってきたにんじんをいれたら、びっくりするくらい甘くって、やわらかかった。
息子語録。「おならが ほえた」。「たべものしりとりしよ! じゃあぼくからね。『あん』!(←あくまで真剣)」夜、なにもしてないのにつかれはてて、こどもたちと寝てしまう。0時すぎにむっくり起き、刺繍。室温17度とはださむく、おなかもすいてきて、手がかじかんできたけど、「あたたかくしたり、何か食べたりしたら寝てしまう…!寝たらおわりだ…」と一人冬山遭難者のように寒い中さしつづけ、朝6時ごろねた。娘がそのタイミングで起きかけてあせったけど、どうにか8時までは寝れた。

11/27 FRI

寒いけど、冬らしくきりっと晴れ。
園に送ったあと、ママたちは教会へ。歩いても15分くらいだけど、たーちゃんが年少のママたちみんなを乗せてってくれる。そこで、牧師さんのお話をきき、クリスマス会用の賛美歌の練習をする。あくまでもクリスマスはイベントではなく、祈りをささげる日、というのが園のスタンス。教会にはあたたかい母子室も完備されていて、授乳もオムツ替えもそこでできるし、牧師さんもガラス越しに見えて、マイクも入るようになっている。娘は後半眠っていた。ちょうどママたちが、英ちゃんのリードオルガンにあわせて「きょしこのよる」を歌っているところで、ぜいたくな子守唄だな〜と思う。
そのあと、年中ママの加藤さんが「うち近所だからみんな寄って行って」と誘ってくださる。立派なおうち。今は小学5年生になる双子(男女)ちゃん、そして現役園児ちゃんの作品がたーくさん飾ってあり、本当に素敵。広いお庭は、日本庭園のよう! 持ってきていたお弁当をみんなで食べたあとは、おしゃべり&刺繍タイム。床暖房がきいていて、あかるい陽射しもさしこむ部屋の中で、娘の子守も順番にしてもらって、おいしいコーヒーとおやつも出てきて、夢のようだった。こんな状況が用意されるなら、一生刺繍していられるかも、と思うくらい。年少ママはこの園一人目の人がほとんどなので、みなクリスマス制作(刺繍)になれておらず、せっぱつまっている。「寝不足続きで普段気にならんようなことでも子どもに怒鳴りちらしたりして、一体誰のための制作やねんって感じやわ……」「そうそう」などと愚痴を言い合う。しかしこれは愚痴に見せかけた応援合戦である。基本的にみんな何かを作ることが好きなので、刺繍しているときはトイレすら行きたくないくらい楽しい。そして不思議なことに夜中ひとりで針をさしたりしていると、祈りのような気持ちがわいてきて、しずかな幸福感にみたされる。
夕飯は、昨日の残りのシチューと、スパゲッティボロネーゼ。「変な組み合わせやな」と母にいわれるが、今我が家は非常事態宣言なので、しかたない。あとはサラダも少し。

11/26 THU

寒い!
なぜか娘が午前中ほとんど寝ててくれたので、死ぬ気で刺繍。それにしてもなかなかすすまない。5体動物がいるうち、昨日やっと1体おわったところ。
幼稚園のあとはプール。
夕飯は、クリームシチュー。市販のルーは好きじゃなくて使ってなかったけど、パルシステムのパウダー状のやつを使ってみたら、かなりあっさりしてて家族全員気に入ったので、この冬はこれでいこうと思う。キャベツ、大根、とうふ、しらすのサラダ。ドレッシングは、だししょうゆ、ゆず果汁、煮切りみりん、ごま油、はちみつなどでつくる。ゆずをたくさんしぼったら、指先がゆずの匂い。
トイレから息子がなっかなか出てこないので、どうしたのかな?と思った頃、半べそで出てきた。「トイレットペーパーをだしすぎて、もどそうとしたけどむずかしくて、ゆかにおちてひろがってしまった」とのこと。元どおりにするのは難しいけど、適当にまいとけばいいねんで、となぐさめつつ、トイレットペーパーと格闘しているすがたを想像して、こころの中でくすくす笑う。トイレといえば、この前は、ドンドン!!という音が響いてきたので「なにごと?!」と思ったら、「♪しっあわせなら あしたたこ〜(←ならそ〜の間違い)!」と歌っていた…。ついでに息子語録。ごはんつぶをふんだとき「あしが もちもちする〜」。

11/25 WED

急に寒い。
夜なべつづきで、生活がすさみはじめている。ごはん作るのもしんどいし、子どもと遊ぶのもしんどい。ここまでして刺繍をする意味って一体……と思うが、やるしかないので、やる。すくいは、その作業自体は(わたしが)大好きなことくらいだろうか。「子どものためにやらなくてはいけない」という大義名分のもと、あらゆることを後回しにして、とにかく刺繍。年中さんは、自分が描いた絵の動物を「神さま」がぬいぐるみにしてくださるそうなのだが、あるママの話。「上のお姉ちゃんが、自分のおもちゃボックスがいっぱいになってから要る物と要らない物にわけなさい」と言ったら、あのぬいぐるみが速攻「要らない物」に分類されてた。マクドのハッピーセットのしょうもないおもちゃは「要る物」だとよ! 自分が作ったとは言えないけど、『これはいるものだろーーーがーー!!』とブチ切れてしまった」。切ない。切なすぎる。しかしそんなもんですよね。
水曜午後。本当は、園のお友達としいのみ拾いに行く予定だったけど、雨がふりそうだったので、そのまま帰宅。ビバホームに糸を買い足しに行きたかったけど、息子にバレないようにしなくてはいけないので、母召集。スーパーの買い物も付き合ってもらう。
夕飯は、鮭の塩焼き、かぼちゃのスープ、ローストポテト、サラダ。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード