5/24 SUN

雨の予報だったけど、完全にはずれ。どんどん晴れてくる。
朝、息子が6:30ごろ起き「もうニンニンジャーやってる?」ねぼけまなこのわたし「……まだあと一時間あるで…」あまりにも楽しみにしすぎて、水曜あたりから「あした なんようび?」とききつづけていた彼。昨日は「あした にちようびでよかった〜」と言っていた。7:25ごろからソファにすわり、スタンバイ。
去年、ある友達が、予定日一ヶ月前に雑巾がけをして破水し早産になったので、そろそろ気をつけなくてはいけない時期。(逆に、正産期に入ったらどんどんやった方がいいのだろうけど)。アキが気を遣って、掃除の大部分を引き受けてくれる。それから息子を連れて、少しだけがいこつ山に遊びに行ってくれた。お昼前、みんなでイオンへ。BR(31)のアイスクリームを持ち帰りで買い、純子のスタジオへ向かう。車をとめてしばらく待つと、目の前のご実家から、純子たちが出てくる。ベビーバスを借り、車に乗せる。これで出産直後に必要な大物(バウンサー、ベビーバス、ベビーシート、ベビーカーなど)はすべてそろった。入院セットも洗い直した(まだかばんにはつめてない)。赤ちゃんの肌着関係は、どんなものがあったかすら覚えてないので、とりあえず近々ストックを確認するつもり。きこちゃん、じょーくん、息子は腹ぺこだったようで、届いたピザをもくもくと食べる。ほしちゃんは、3週間前に会ったときよりひとまわり大きくなって、表情もゆたかで、アーウーというおしゃべりも上手になっていた。まだ2ヶ月なのに7kg以上あるそうで、そのちぎりパンのようなふくふくの腕を見て、息子もそうだったな〜と思い出す。おなかいっぱいになった子どもたちは、しばらく遊んで、『妖怪ウォッチ』のDVDを観る。それからうちのマンションの前の公園へ移動。わたしと同じようなおなかをした妊婦さんがいるな〜と思ったら、友人のまどかちゃんだった。カナダに嫁いでいて、今おなかにいるのは3人目。一時帰国中だそうだ。予定日は9月なのに、おなかがかなり大きいことを「3人目ともなると、一度ふくらませた風船にまた息を吹き込むみたいに、簡単にふくらむねん〜」と笑顔で説明していた。なるほど。赤ちゃん連れの純子と、身重のわたしは走りまわる子らを追いかけられないので、アキがひたすら遊んでくれる。15時すぎ、暑さでバテはじめたので、みんなでもいっかい純子んちに戻って、アイスクリームを食べる。16:30ごろおいとま。
帰宅後するお風呂に入り、少し休憩してから、夕飯をいただきにとよみさんちへ。野菜、夏みかん、タオルなど色んなものをいただく。アキがユニクロのすててこを履いてるのを見て、「自分が前に作った男ものがあるから」とすずしそうなのをくださった。アキとわたしは身長差が30cm近くあるし、ウエストも何もかも当然違うのだが、妊娠後期の今だけは、なんと同じものが着れる!(半パン系に限るが)なので、今日いただいたすててこも、帰ってさっそくわたしがはいた。

5/23 SAT

曇り。今月最後の振替プール。アキと3人で車に乗りこみ、ついたところでプールバッグをわすれたことに気がつく。出がけに「プールバッグ俺持ってこか?」とアキが声をかけてくれたのだが、そのとき無意識で「ううん、わたし持ってくわ」と答えていたらしい。ただでさえぼんやりしているのに、妊娠後期で注意力散漫というか、注意力がほぼ蒸発して皆無なので、自分では「うん、お願い」と言ってたつもりだった。仕方なくみんなで取りに帰り、少し遅刻。息子は特に気にする様子もなく、あがったあと笑顔で「きょう たいそう しんかった~」と言っていた。その後、生協で買い物、バス通りにある熊本産直の店でスイカが九州値段で売られていたので買い、帰って3人でばくばく食べる。それでみたされて、お昼は遅め。
午後、夕飯の準備だけして、ふとんに横になる。平日息子とめいいっぱい動き回っているので、週末はその疲れがたまっていて、昼間もたくさん寝てしまう。アキと息子は畑→図書館コースで戻ってきた。
夕飯は、お好み焼き。生協で買った、冷凍していない青森産の蒸しホタテをわさび醤油につけて食べたらおいしかった。きょうこも来た。おみやげに、下鴨神社前で売ってるみたらしだんごをくれる。息子はお好み焼きをたくさん食べたのに、みたらしを2本とヨーグルトまでたいらげたのでびっくりした。
おへそより上のあたりで感じる胎動、手をあてると、どうやら赤ちゃんのおしりみたい。

5/22 FRI

薄曇り。
園ママのひとりが、新生児用のバウンサーを貸してくれるというので、それを受け取るため、車で登園。そのまま病院へいき、鉄剤注射。またふとんに寝かせてもらって幸せなごろごろタイム。八百屋に寄ると、りんごの味がするバナナ「バナップル」が一房190円で売ってたので買ってみる。おっちゃんが「デパートで買うと500円以上すんでー!!」と煽っていて、おばちゃんたちもその煽りに俄然乗って買っていたが、実際その商店街を歩く人の中で、デパートでバナナを買う人はほとんどいないのでは。バナップル、帰って食べてみた感想「たしかに匂いはりんごっぽい。味はやっぱりバナナかな…」。
入院中のじゅりからのいろいろな相談メールに答えてるうちに、お迎え。その後はがいこつ山で遊ぶ。おやつに、とうもろこしを準備。他の子もほしがるかな、と思って、多めに。午後から晴れたのですごく暑かったけど、15時前までめいいっぱい遊び、そのままマット先生へ。今日はかなちゃんお休みだったこともあり、先生の世間話が炸裂。西洋の父性社会と日本の母性社会の軋轢 (最近、アキが読んでる河合隼雄の本に同じような内容が出てきた) にまともにぶち当たってるようだけど、それでも日本嫌いにならず、毎日にこにこしてるマット先生のタフさ!タフさとは優しさだ。
夕飯は、わりと手抜き。昨日のトマト坦々春雨に青梗菜と卵を加えたスープ、商店街の天ぷら屋で買った生姜天、ささがき天(歯ごたえがもちもちしてておいしい) コロッケ少し、卵豆腐、めかぶ。
疲れ果てていた息子は、絵本タイムを待ちきれず、19:30にばたり。

5/21 THU

さわやかでそよそよと風が吹き、快適。一年を通してもこんなに素敵な天候の日はなかなかないのでは?と思うような。まだ蚊もいないし。
長い一日になりそうだったので、朝、色々食料を準備。いつもの息子のお弁当に加え、わたしのお弁当、息子のおやつ、おにぎりなど。自転車で園へ送って行く。園の細い通路を抜けると、大人の腰くらいの高さの白い柵でできた門がある。その門は、「そこから先は『子どもの世界』ですよ、という象徴」だと、最初に説明を受けたのだが、最近になってその意味がわかってきた。息子はしゃべるのが大好きで、今の幼稚園のことも大好きだから、きっと園であったことを色々話してくれるのだろう、と思っていたら、意外なほどに何も語らない。自分が属しているその場所に深く納得していて、良い意味でその白い門の中で完結してるのかも。「便りがないのは良い便り」みたいに。
今日は月に一度の「母の会」。先月は、連絡事項と自己紹介だけで終わったので、新しく入ったママにとっては今月が実質の第一回みたいな感じ。気楽な気持ちで参加したのに、終わってみると長編映画一本観たような内容の濃さ。内容は、我が子の成長した点や、逆に悩ましい点などの語り合い。最初はみんなかるい感じで話しはじめるのだけど、だんだん熱を帯びてきて、これまで苦しかったこと、うれしかったこと、感謝の気持ちなど感極まって涙する人たちが数人。きけば、毎回そうらしい…。語り手だけではなく、聞き手も(女性特有の共感能力を最大限に発揮してしまうのか)まるで我が子のことのように一喜一憂。かなり個性的なママも多く、もしこれが中学校とかだったら、陰口合戦になること請け合い(「あの子、変だよね」とか)だと思うのだが、みな成熟した大人なので、非常に寛容に受け止め合い、むしろその振り切れ具合を楽しんでいるように見えた。先輩ママや先生方いわく「(どの年代の子どもももちろんそれなりに成長するけど)年少さんの一年間の爆発的な吸収力は本当に目をみはるものがある」そうなので、楽しみだ。
13時にお迎え、そのまま同級生ママたちとよもぐろ公園へ。昨日の日記で、息子が Iくんと距離をつめすぎる上に、他の子には興味を示さない、と書いたのだが、今日は別人のようだった。I くんとかなり良い距離感を保った上、他の子たちとも大はしゃぎで遊んでいた。2時間近く走り回ってもまだ遊び足りない様子だったけど、プールの時間。帰宅せずにプールというルートを読んでいたので、もちろんプールバッグも持ってきている。今日もビート板でバタ足や伏し浮きの練習。Jeffが帰り際、レモンティ風味のビスケットをくれた。
夕飯は、トマト担々春雨(昨日作っておいた)をレタスで巻いて食べるやつ、はまちのカマの塩焼き、残り物お味噌汁、アキだけ+めかぶ。

5/20 WED

じゅりの赤ちゃん、明け方無事誕生。推定体重よりは少し軽く、2200gくらいだったそうだけど、安産で、母子ともに健康。朝メールを見て、心底ほっとする。ソフロロジー呼吸でリラックスして産めたそうだ。こわがりのじゅりは、最初から「自然分娩」を選んでいたら、10ヶ月間恐怖におののきつづけていただろうから、きっと赤ちゃんの方がわざと心の準備をさせずに「無痛分娩」と思わせてママを安心させておき、奇襲作戦で今日を選んで産まれて来たのだと思う。マースー(だんなさん)も、朝以降だと仕事で立ち合えなくなるところだったけど、ちゃんとその前に産まれてきた、親孝行な男の子。
まわりでけっこう「一ヶ月以上早く産まれた」というケースをきくので、わたしもうかうかしていられない、とそろそろ入院セット一式などもまとめておこうと思う。パジャマや下着などは、息子のときに使ったのを、きれいに洗えばOK。数日前書いたとおり、うちにない、たいがいのものは借りられるかもらえることになったのだけど、ベビーカーだけは買うことにした。今うちにあるベビーカーは、息子が生まれたときにお古でいただいたものだが、息子の前にすでに二人使用されていて、開閉ボタンはうまく作動しないし、タイヤはみしみし言うし、さすがに次の子にまわすのは厳しい。一度、香ちゃんに貸したら「よくあれを使い続けたね…」と感心されたくらいだ。幼稚園のママから「エアバギーでよければあげるよ」とオファーしていただいたのだが、大きくて(その分安定しているが)車のトランクにひとりでつんだりおろしたりできなさそうなので、遠慮した。今はベビーカーもすごく種類があるけど、経験上、自分にとって必要/不必要な機能がはっきりわかるので、選ぶのがとても簡単だった。あと買う予定なのは、新品の産着一着くらい…。
息子は、昨日届いたぞうり(ミサトっ子)を履いて登園。このぞうりをはいてる子が園に多くて、涼しそうだったので、真似してみた。サンダルと違って、ベルト調節がいらないのでさっとはけるし、足裏刺激にもなって良さそう。赤か青が基本カラーだけど、かぶってしまいがちなので、緑と白のチェックにしてみた。
幼稚園のママに、(わたしの通ってる)助産院で月一回開催されてるらしい、親子お茶会にさそわれ、行ってみる。息子は同級生の I くんのことが大好きでたまらないのだけど、無理に抱きついたり、服を引っ張ったりするので、放っておくとすぐにもみ合いになる。他の子には一切そういうちょっかいを出さないけど、そのかわり興味もないみたいで、一緒に遊ぶということもない。早く「友達」との距離感がうまくつかめるといいな、と願う。今日はわたしがかなり疲れていて、そのもみあいを制止しつづける気力/体力がなかったので、そうそうにおいとま。実家ですこし休憩して息子を母に託し、夕飯作り。夕方とよみさんがまた木いちごを採ってきてくださる。美しく熟して、甘い。あと、ずっと食べてみたかった桑の実も。こちらはあっさりした甘さ。それから、たらの芽の天ぷら。ただ家にいるだけでこんなのが届けてもらえるなんて、夢のよう。
夕飯は、親子丼。冷や奴(トマトと大葉、すりおろしにんにく、ごま油、めんつゆ)、お味噌汁(かぼちゃ、玉ねぎ)。
昼は熱中症を心配するような陽射しだったけど、夜、寒冷前線がやってきて、いきなり冷えこんだ。

5/19 TUE

朝起きると雨、でも登園までにはやむ。雲が残ってて、すずしい。だんだん晴れてくる。掃き掃除の日だったけど、ママたちに「もうそのお腹でほんまにやめとき」と無理やり帰宅命令を受けて、帰る。
家に戻ると、じゅりからLINEの着信あることに気づく。メールならいざしらず、めったに電話をかけてくる子じゃないので、「なにかあったんやろうか…」と心配になって、かけなおす。すると悲壮な声。「あんた…、あたし今朝早く破水してん…」「ええっ!」わたしと一週違いなので、今34週のはずである。ただ、この前の土曜にメールしたときは「34週にしては大きくてもう2500g越えてるみたい」「へー!今産まれても未熟児じゃないんや」というやりとりがあった。じゅりは自分が出産の痛みに耐えられないと思い、完全無痛分娩を予定していた。もしかして、赤ちゃんに何かあったんじゃ…とこちらまで悲壮な思いでつづきをきく。「それでな…、まだ37週(正産期)入ってないから、予定してた病院で産めへんくなって、急きょ、今朝運ばれた近所の病院で自然分娩することなってん…」どうやら母子ともに今のところ何も問題ないらしいとわかり安心、笑ってしまう。「いや、そういうオチ、ちょっと期待してた」。というと言葉は悪いけど、出産というのはとにかく思い通りにはいかないもの。じゅりは「完全無痛やから」とのんきにしてたけど、はたしてそんなに理想通り行くんだろうか…と思っていたのだ。げらげら笑うわたしに、じゅり「あんた!ひとごとやと思って!」「いやいや、わたしだってもうすぐ出産ですがな!全然ひとごとちゃうし」とりあえず破水から24時間様子を見て、陣痛が来なかったら、促進剤を投与して出産をうながすらしい。じゃっかんパニクっている彼女に「大丈夫やって。大昔から世界中の女がみんな乗り越えてきたんやから!」と励ます。わたし自身は、息子のときからなぜか出産への恐怖がまるでなく、幸運なことに実際のお産も超安産(助産院についてから3時間半、分娩室に入ってから1時間半くらい)だったので、何ヶ月もつづいたつわりにくらべたら楽勝であった。もちろん、二人目も一人目と同じようにスムーズにいくかどうかは誰にもわからないけど、恐怖心がないことには変わりない。たぶん、自分ではどうしようもできない範囲のことで、天にすべてをまかせるしかない、と丸投げしているところが大きいのかも。「出産は自分の動物的本能がどうにかしてくれるけど、産後の赤ちゃんとの生活はそうはいかんから、とにかく理想は捨てて、あらゆる人の助けを借りや。一人でぜんぶやろうとしたら、絶対むりやで」とアドバイス。とにかく彼女は完璧主義的なところがあるので、それが心配である。そして、赤ちゃんとじゅり自身がどうか無事でありますように。と強く祈る。
しゃべっていたら、あっというまに幼稚園お迎え。今日は、誰も公園に寄っていかないみたいなので、うわー、ヒマをもてあますな〜と思っていたら、お友達二人がうちに遊びにきてくれることになった。一人は男の子、来月にはパパの転勤でドイツに行ってしまう。ちょっと前までは、2年間インドで暮らしていたそうだ。もう一人は女の子。その子のママと長く話すのは初めてだったけど、音大のオルガン学科を出ていて、教会でオルガニストをしていたそうだ。
夕方、きょうこが断捨離した服を持って「ほしいのあったら取って」とやってくる。いくつかもらったけど、中には、「いやいや、一体どういう場面でこれを着たらいいわけ?」という服(あざやかな水色をした、裾まであるモロッコの民族衣装とか)も…。
夕飯は、空豆ごはん、あじの蒲焼き、焼きナス、お味噌汁残り、納豆。空豆ごはんは、豆をゆでずにむいておき、ごはん(+塩/酒/昆布)が炊きあがる10分くらい前に豆を投入するレシピ。ためした結果、5分前でもよかったな。
夜、アキの友人から悲しすぎる知らせ。しかし落ち込むまもなく、じゅりから「(促進剤使う前に)陣痛きた!」とのメール。亡くなる命、産まれる命。予定外の病院でひとり陣痛に耐える彼女(陣痛室に移動するまでは夜中は家族でも面会禁止らしい)に夜中までLINEで付き合う。少し前に教えてあげた「陣痛時計」というアプリが役に立っているようでよかった。がんばれじゅり。

5/18 MON

なんとなく晴れてるけど、雨雲が近づいてきてるのがわかる湿度。アキのきゅうりとスイカ、息子のインゲンに水やり。
すずしいので園まで歩いていく。ママのひとりから、ベビーカー用の防寒カバーをいただく。(「返す」と言ったのだけど、「もう次の子つくる予定ないから」とのこと)バウンサーも、新生児用、ちょっと大きくなった用のをそれぞれ別のママから借りる予定だし、抱っこひもにつける新生児用のグッズはまりが貸してくれたし、その他にもいろいろ「必要だったら言って」と数々のママたちからオファーを受けていて、ありがたい。息子のときにそろえたものもあるのはあるけれど、古いおさがりを無理矢理使っていたり、買わずにどうにかすませたものもかなりあるのだ。
病院へ。鉄剤注射。やっぱりこれを受けた日は、夜になってもあまり疲れない。八百屋に寄ったあと、帰宅。今日は空豆が安かった。お昼食べて、すぐお迎え。その後、お友達と2時間公園で遊び、車でスーパーに買い出し。
夕飯は、週末の残りのカレー(二日熟成され、美味しくなってる!)、レタス/トマト/空豆のサラダ、あげとわかめとマッシュルームのみそ汁。マッシュルームは新鮮で安いときに買って、スライス、冷凍してあったのを使った。良いダシがでる。
夜、ざあざあと雨がふりだす。

5/17 SUN

晴れ。朝、かちゃかちゃと泡立て器でなにかを混ぜる音がきこえる。ふとんの中で、「そういえば昨夜アキが『明日は俺がホットケーキ焼いてみる』」って言ってたのを思い出す。でもじつは、ホットケーキを両面うつくしくきつねいろに焼くのってけっこうむずかしい。フライパンと、コンロの火加減の相性をしっかりみきわめる必要がある。気になったので起き出して様子を見に行ってみると、思ったとおり、あまり上手に焼けてなかった。テフロンなのに油をしいたことと、いったん濡れふきんで冷まさずに生地を流し込んだのが敗因とみた。というわけで、残りはわたしが代わる。ミックスはアキがスーパーで買ったオーマイの「北海道小麦で作ったホットケーキミックス」。ふつうのよりはおいしいけど、やっぱりレラピリカのが今のところ一番。
朝食後、三者三様で好きなことをする。わたしはコンロと洗面台のそうじ、アキはきゅうりの世話(植え替えて水をやってなかったらしく、一日でしなびかけて、あせって水をやりまくり)、息子は誕生日に買ってもらったニンニンジャーセットの箱をはさみで切り刻んでゴミ箱に捨てる。息子の作業を見たアキが「なに作ってるん?」ときくと「つくってるんちゃう。いっしょうけんめい すててるねん」。男子特有の高い集中力をともなった非生産的な行為。
それから鶴見のアウトレットへ、アキの夏用の帽子を見に。以前ネットで買ってサイズを失敗し(結局その帽子は息子のものになった)ていたので、じっさいにかぶってみないとね、ということで。気に入ったのがすんなり見つかる。ついでに無印で息子の服も買った。さらについでにアキが400円くらいのそばちょこを買ったのだが、家に帰るなり(開封前だったのに)わたしが落として割ってしまった。申し訳ない。が、経験上「縁がない食器」というのは存在するので、たぶんそれだったのだろう。
午後は、アキと息子は市民プール。わたしはそうじをしようと思ってたのにまたしてもソファで寝てしまい、起きてからあわててやり、戻ってきた二人の車にのりこむ。駅前できょうこを拾い、天満橋の「山猫軒」へ。これは、先日訪れた神戸の「山猫軒」とはまったく別のお店。天満橋の方は、カジュアルなイタリアン。英会話の仕事をしてたとき、本社の近くにあってずっと気になっていた。前菜、ピザ、パスタ、リゾットなどをわけて食べる。どれも素朴な味わいで、なかなかおいしい。息子はいつもどおり大騒ぎしまくりだったが、お店のお兄さん(一人で切り盛りしてる)も、隣の席の家族(子連れ)も寛容なまなざしで見守ってくれたのでほっとした。レストランを出てもまだあかるかったので、近くの公園で一遊びしてから帰宅。

5/16 SAT

夜中にふくらはぎがつる。激痛。妊娠中はなぜかふくらはぎがつりやすい。予定日一週間ちがいのじゅりは、すでに何度もつりまくっているらしく、「昨日とうとうわたしもつったわ」とLINEで伝えると、「つりそうになったら脚をまっすぐにしてふくらはぎの裏をのばすと回避できるで」と教えてくれた。「つり名人やな」「脚つり界の貴公子」などと妊婦同士になってもあいかわらずくだらないやりとりの応酬。そのあとすぐ「今、病院やねんけど、予定日よりちょっと早くうまれるかも」というような内容のメールがきたので「脚つりJr.いよいよ誕生」と返す。「ジュニアだけあって、脚から生まれてきたりして」「それただの逆子やん」。ところでわたしは、鉄剤注射と錠剤摂取をはじめてから、なんだか元気になった。からだにかかってた重い膜が一枚とれた感じで、疲れにくいし、腰もだるくなりくくなった。そうとう鉄分が足りてなかったとみた。
朝は雨の音で目がさめる。息子プール振替。アキとふたりで連れてく。今日もビート板を使ってふし浮きの練習をしていた。その後、セガミ、生協で買い物。アキがソース焼きそばを買おうとしていたので、わたしも便乗。お昼に食べたけど、二人で「一年に1回くらいでいいな…」と感想を言い合う。息子はそんなジャンクは一口も食べず、手作りグラタンの残りを食べていた。我が子ながらなんて正常な味覚。
味覚といえば、昨日きいちごをたくさんたべたあとで今日いちごを食べたら、ものすごく甘く感じ「人間の知恵と試行錯誤の集積だ……」と思った。
休日恒例、アキと息子でカレーとドーナツづくり。カレーはほぼアキが、ドーナツはほぼ息子が担当。それから二人でコーナンに土など買いに行く。わたしは少しおなかが張ったな~とソファに横になったらいつのまにか寝てしまい、帰ってきたふたりの声で目がさめた。ソファでそのままごろごろしてると、ふたりははりきって、発芽したきゅうりの苗をプランターにうつしかえていた。
夜、アキはちょっと出かけたので、わたしと息子でカレーを食べる。新鮮なしらすとわかめで、和え物も作った。
帰宅したアキは、「明日自分が食べたいから」といって、またみかんゼリーを作っていた。

5/15 FRI

息子の遠足。予報ではずーっと「くもりのち雨」、昨日の時点でも変わらなかったのでどうかな〜と思っていたら、めっちゃ晴れ。しかも最高気温29度。遠足日和といいたいところだが、湿度も高く、5月にしては暑すぎる一日。でも、雨よりはいい。
枚方市駅集合(そこからは私市の植物園までは先生が連れてってくれる。保護者はいかなくてOK)なので、まず最寄り駅まで自転車で送って行く。まさかここに難関が待ち受けてるなんて思いもせず……。2月に電動自転車を買って以来、駅前の駐輪場はよく利用してたのだが、朝の混み合う時間帯に行ったことはなく、下段のラックに毎回とめることができていた。が、今日はどこもあいてなくて、仕方なく上段にとめることに。ふつうの自転車でもとめにくいのに、電動、それも前カゴチャイルドシート仕様なのですんごい重い。そして車輪の幅がやたら広いので、そのままスムーズには押し込めず、いったん前部分全体をもちあげて入れなくてはいけない。2回くらいチャレンジしたけど無理で、誰か助けてくれないかな…と見渡したけど、誰もいない…。気合いで持ち上げて3度目で成功。が、かなりおなかに負担がかかってしまったらしく、電車にのって、集合場所につく頃には、カチカチに張っている。同じ組のママたちは「くずはモールでランチとかしてそのまま待ってる」らしかったが、とてもじゃないけど、4時間も外をうろつける気はしなかったので、すぐ帰る。ラックからおろすのはラクだろうと思っていたのに、微妙に動転していたのか、カギをさすのをわすれたままおろそうとしてしまい、また同じぐらい全力で持ち上げるはめに。家に戻って、すぐ横になり、昼ごはんのときだけ起きて、あとはずっと寝ていた。それでも数時間張りっぱなし。陣痛のような収縮の痛みはないので、緊急事態ではないのはわかったけど、やっぱり不安。赤ちゃんに「無理してごめん〜!まだおなかにおって〜!」と話しかけまくる。またあのラック上段地獄に陥りたくなかったので、お迎えは車で行って駅前にとめる。帰り道、語りかけが通じたのか、だんだんましになる。
遠足で疲れてることは予想できたので、マット先生には先週の時点でお休み連絡をしておいた。ので、15時台に息子とお風呂。ひたすらふたりでゴロゴロして、元気になったので、夕飯づくり。とよみさんが、摘みたての木苺(黄色いのと赤いの)をたくさん持ってきてくださった。息子が「きいちご たべてみたい」と何度も言ってたのを覚えていて、わざわざ(仕事帰りに!)山に採りにいってくださったのだ。ふつうの苺すらあまり食べない息子なのに、素朴で甘酸っぱい実をぱくぱく食べていた。
18:00ちょうどに夕飯。れんこん、わかめ入りつくねバーグ。スープや煮物は残りもの。19時台に絵本を読み、20時前に息子就寝。こまかい字の本は読めなくなってきたけど、漫画は読める最近のわたしは、マイ子育てバイブル「毎日かあさん」を読み返している。今日は傑作の4巻め。何度読んでも涙が出る。

5/14 THU

晴れ。湿度がだんだんあがってくる。
アキが眼科に行くため半休をとったので、二人で車で息子を園に送る。そしたら、先生に「インゲンの鉢、今日持って帰れますかー?」と言われたので、なんていいタイミング!と喜ぶ。だって、7号サイズの植木鉢本体だけでも重いのに、そこに土がぎっしり、そして芽が出てあるていど育っているので横に倒したりもできないという代物を、ひとりで徒歩で持ち帰るのは無理である。車で来たとしても、駐車場まで運ぶのすら重いので、アキがいてほんとに助かった。素焼きの鉢には、息子のペイントがほどこされている。青と緑で、海のような色あい。発芽といえば、アキが買って苗ポットに蒔いていたスイカの種が今朝いきなり芽を出した。同時に種蒔きしたキュウリはずいぶん前から発芽していたのに、スイカはまったくだったので、もう芽は出ないんかな〜とあきらめかけていたところだった。目には見えなくても、光と水をしっかり与えつづけることは無駄じゃないんだな…と学ぶ。
アキを駅前まで送り、帰宅、作業、少し夕飯の準備。昼食をさっと食べ、お迎え。カヨちゃんが、手作りのシフォンケーキを数切れ分けてくれた。ふわふわで美味しい。帰り、またよもぐろ公園に寄る。でも今日はプールなので、わたしと息子は30分くらいで引き上げる。そしたら、雨がぽつぽつふってきたので、公園に残ってたみんなは大丈夫かな、と思いつつ、いそいでふとんや洗濯ものなど取り込む。夕飯準備仕上げ。
プール、息子は(幼児用)上級グループでビート板を使わせてもらっていた。プールで出会うママたち(Jeffはパパだが)ともだいたいみな半年以上の付き合いなので、かなりうちとけてきた。今日彼女たちと話していて、なんだかほっとしている自分に気がつく。というのも、幼稚園のママたちは、とにかく濃い! 話してて面白いし、飽きないからいいのだけれど、100%手作り濃厚スムージーを飲み続けてると、20%果汁くらいのさっぱりした飲み物が逆に新鮮に感じられる。
夕飯は、かぼちゃと鶏ささみの冷製煮物、ごぼうのポタージュ、昨日と同じサラダ、納豆。
20:30頃息子と寝て、22:00頃帰宅したアキのかぎをあける音で目ざめた。夜中まで少し活動。

5/13 WED

台風一過。クリアスカイ、でも風は残っていて、爽やか。
息子を園に送り、車で病院へ。今週2度目の鉄剤注射。前回、気分がわるくなったので、今回はふとんを敷いた和室で寝転んだ状態で受け、そのまましばらく待機することに。その病院は10年くらい前までは、お産もできたようだけど、今は健診のみ受け付けている。その和室は、もしかしたら陣痛をやりすごすための部屋だったのかもしれない。看護師さんにきいてみると、今はひどいつわりの人の点滴時などに使われているそうだ。わたしもまあまあつわりがひどい方だったけど、「水ものめない」ってことはなく、点滴まではいかなかった。窓が大きくて光がさしこむ明るい部屋のふとんに寝そべってると、心地よくて、そのまま寝てしまいそうだった。でもただ転がってるのは時間がもったいないので、バッグにひそませていた筆記用具で、今書いてる話のつづきをちょっと書いたり。というわけで、今回は全然平気だった。よかった。商店街の八百屋と肉屋で買い物して、サンドイッチ屋さんで、自分と息子に一つずつ買い、帰宅。お弁当なしの水曜は、お迎えが早く、時間がせまってたので、あわてて園へ。お天気もよくて、午後はひまなので、また何人かのお友達とよもぐろ公園でピクニック。2時間くらい遊んで、そのままうちのマンションへ移動。16時頃解散。きてくれたお友達はふたりとも同級生で毎日会ってるのに、そのうちの一人(男の子)のことを、息子がいまだに女の子と間違っていたのでびっくりした。まあ、アキも入園式の時点では女の子と思ってたみたいだけど。
夕飯は、ほうれん草とベーコンとマカロニのグラタン。ゆでたまごも入れようかな、と思ってたけどわすれた。それから、ゴーヤ/ツナ/ひじきのサラダ。ふつうはここで新玉ねぎなどをあわせるのだが、ドライパックのひじき缶があったので、今日はちょっと冒険。お酢、砂糖、塩、マヨネーズで軽めに味つけして、レタスにのせ、その上からポン酢とマヨネーズをかけた。お味噌汁は昨日の残り(わかめ、豆腐)の具が減ってたので、白ネギとなすを足した。

5/12 TUE

台風6号接近中。肌寒いので、歩いて園に。帰宅してしばらくしたら、雨がぽつぽつふってくる。
とぎれとぎれになる集中力をどうにかかき集め、作業。雨は強くなったり、弱くなったり。
お迎えは、車で行く。そしたら、年少・年長のクラスにそれぞれ男の子がいるママが、年長のクラスが終わるまでの一時間(年少さんは一学期のうちは慣らし保育なので、一時間短い)、下の子二人(一番下はまだ赤ちゃん)とミニストップのイートインで待ってるというので、気の毒になり、「うちにきたら?」と誘う。結局車を止めたその流れで、実家で遊ばせてもらい、上の子をお迎えに一緒に車で行って、また戻ってきて、さらにマンションに移動して夕方まで遊んだ。今日はプールもないし、雨だしで、息子が退屈すること請け合いだったので、とても助かった。みんなが遊んでるあいだに、わたしは夕飯の準備ができたし。そのママは、京都の四条の町中出身という生粋の京都人。関西に住んでても、実はなかなかそういう人と会うことはなくて、めずらしい。
夕飯は、なすと豚肉と白ねぎの炒め物、豆腐とわかめのお味噌汁、サラダ(レタス、トマト、アボカド)。アボカドは皮をむくときくずれるくらいやわらかかったので、潔くつぶしてレモンやオリーブ油など混ぜ、ディップにして盛った。
胎動、もう目でみてわかるレベル。息子のときと動き方がずいぶんちがう。息子はよく蹴る子で、こっちが「ぐえ」ってなるくらい強烈なキックのときもあった。でも、おなかの子は、ぎゅうう〜むにゅう〜という動き。ボン!というキックはほとんどない。それが産まれてからの動きとも連動してるのかどうかはまだ不明だが、おっとりした動きの子だと(運動神経のないママとしては)助かるなあ〜などと、そこはかとなく期待してしまう。

5/11 MON

晴れ、涼しい。自転車に乗ると肌寒いくらい。
息子を送ったあと、病院へ。前回の血液検査の結果を受け取りに。結果を見るまでもなく、貧血だろうということは予想がついた。息子のときも、この時期(後期の検査)で引っかかったし、ここ数週間というもの、無性に氷が食べたくて、ガリガリ食べまくっていたからだ。鉄分が足りないとなぜ氷が食べたくなるのか、はっきりはわかっていないそうなのだが、(ネットで見た説によると、赤血球が減って酸素不足になり、口の中の温度が上がってしまうから、らしい)関連があることは確かなよう。結果は予想通り。しかも、息子のときは週に一回でよかった鉄剤注射を、(妊娠9ヶ月に入っていて、あまり猶予がないので)週二で来てくださいと言われてしまった。面倒だけど、赤ちゃんと自分の命にはかえられない…と思いつつ、病院を去り、近くの八百屋で買い物して、その足で助産院へ向かう。こちらは、2週に1度の健診。が、途中で頭がくらくらして、視界がせまくなってくる。家に戻るより助産院の方が断然近かったので、とりあえずどうにか到着。事情を説明すると、先生が病院に電話してくれる。鉄剤を飲んだり注射したりしたあと、気持ち悪くなるという副作用はよくあることだそうだ。次回は、病院で待機して様子を見ることになった。すぐに帰宅できそうになかったので、やすませてもらうことに。今日は入院してる人は誰もいなかったので、どの部屋もあいていたのだが、なぜか分娩室のベッドを指定される。といっても、病院ではないので、ものものしい雰囲気ではない。天井を見上げながら、「ちょうど4年前の今ごろ、ここに入院してたなあ」と感慨にふける。壁には、谷川俊太郎の「かすかな光へ」という詩が貼ってある。30分くらい休ませてもらったらずいぶん回復したので、帰ってささっとラーメンを食べ、お迎えに。
園のお友達と公園で1時間ほど遊び、その後スーパーで買い物。
夕飯は、アジのごままぶし焼き、スープ残り(余ってた餃子の皮いれた)、ニラたま、納豆。食べ終わる頃、ちょっとだけきょうこが来て、息子の相手をしてくれた。
台風が近づいていて、風がつよい。

5/10 SUN

朝からお弁当をつくり、室池にて行われる「森の幼稚園」に参加するアキと息子を送りだす。月一回のイベントで、これが初回。さわやかに晴れて、ピクニック日和。残ったわたしは洗濯、そうじなど。途中でバテて、30分ほど寝る。昨夜いきなり千絵ちゃんから連絡があり、「明日京都行くんだけど、会えたら会おう」とのこと。結局四条でお昼を一緒にすることになった。千絵ちゃんは、(今日本にきてる)Lauraをはじめとする友人5人のガイドとして、京都入り。そのうちの一人 Luke はわたしたちが通ってた大学のチューターだけど、わたしが卒業する年に千絵ちゃんは入学してるので、初対面。あとは、千絵ちゃんの同級生とか、ローラの親友とか、みなイギリス人、そしてイラストレーションやデザインを仕事にしてる人々。短い時間だったけど、楽しかった。千絵ちゃんとは、つもる話がわんさかあったのだが、二人きりで話せる時間はほぼなく。急いで家に戻り、散髪に行くアキと息子をバトンタッチ。森の幼稚園、山登りやどんぐり拾いなど、かなり楽しんだようだけど、10:00〜15:00とこどもにとってはけっこう長時間なので、くたくたな様子。すぐにお風呂に入れる。
夕飯は実家へ。まいこさん、レシェック、サハイの一家3人は今夜が最後。というわけでお好み焼きパーティ。母「キャベツが高かったから、ネギをいっぱい入れて、ネギ焼きみたいになったわ」。それはそれで美味しかった。母の日のプレゼント、今年は(うちのお母さんのもとよみさんのも)キッチングッズにした。
関係ないけど、今日京都に向かう電車の中で、20歳そこそこくらいのカップルがいた。女の子は超ミニスカートのワンピースをはいていて、男の子がふとももをさわっており、まわりのみんなは目のやり場に困る〜という感じだったのだが、ふと見ると、その女の子は妊娠中だった。(おなかのふくれ具合から、4,5ヶ月くらいかな)「そんな冷える格好で大丈夫〜?!」とつい声をかけたくなってしまい(かけなかったが)、自分が若干あつこのおばちゃん化していることに気づいた。

5/9 SAT

曇り時々雨。でもなんとなくあかるい空。
息子4歳の誕生日。朝からプール(振替)でスタート。アキは昨夜遅くて疲れてる様子だったので、わたしだけで連れてゆく。飛び込むタイミングを失敗してメソメソしてるときがあったけど、優しい女性のコーチだったので、うまく途中で切り替えて笑顔に戻ったのでほっとした。
生協で買い物して、帰宅。アキはうちの親に呼び出されて(パソコンの不具合)、実家にいた。その流れで、神戸にお昼を食べに行く予定に、父も加わることに。母はチェロの練習に出かけた。父の運転であっという間に神戸着。半年前に初めて訪れた「山猫軒」、前回の日記に「ふつうがていねいに作ってある」と書いてあるけど、やっぱり感想は変わらず。今日はわたし(と父)は海老フライ、アキはハンバーグ。息子はもちろんキッズプレート。それから、地元に戻り、トイザらスへ。実は、息子をおもちゃ屋さんに連れてきたことってほとんどない。ほしいものをピンポイントでネットで買ってばかりだった気がする。なので大興奮。普段、目の前にこんなにおもちゃがずらーっと並ぶのを見たことがないので、完全に「情報の波にのまれてる人」になってしまい、とんちんかんなもの(見たことないアニメのグッズとか)までほしがる。でも、だんだん落ち着いてきて、やはり最後はニンニンジャーグッズを選んだ。テレビCMで見たときは「本当に変身できないならいらん」と言っていたけど、本物のおもちゃ(というのも変な単語だが)の魅力には勝てなかった。それをうちの父が買ってくれて、アキも「何かもひとつ選んでいいよ」と言ったのだが、あまりにも満足したのか「(今日は)これだけでいい」とのこと。それから、自然派のケーキ屋さんでケーキや焼き菓子など買ってもらい、帰宅。お風呂に入って、作り置きのトマトうどんを食べたあと、実家へ。金曜の夜から、きょうこのタイの友人(日本人とポーランド人のご夫妻+長男くん、日本人の女の子、合計4人)が泊まっておられ、あいさつもそこそこに、みなさんにハッピバースデーを歌ってもらう。奥さんのまいこさんとアキは福岡つながり(大学同じ)、だんなさんのレシェックとわたしはロンドンつながり(同じ時期に同じような場所に住んでた)ことが判明。もうすぐ3歳になるサハイくんはずーっとにこにこしていて、すごくかわいい。息子は、「ニンニンニン!」などという電子音(20年前のおもちゃに比べると、音にもすごく種類がある)を発する剣をしっかりにぎりしめ、部屋と廊下を何十周も駆けまわる。ヒロが、買ったばかりの一眼レフカメラでたくさん写真を撮って、すぐに画像を送ってくれた。きょうこがくれた、アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキのMAPS(徳間書店)、みごたえがある! 息子よりわたしが喜んだ。

5/8 FRI

晴れて気温があがる。
幼稚園お迎えのあと、そのまま園庭で「母の日のつどい」。小さなテーブルとイスが何セットか用意され、クロス、庭で摘んだお花が飾られている。ベランダにずらっとこしかけた子どもたち。まず何曲か歌を披露。そのうちの一曲は「おかあさん」(♪おかあさん、な〜あに)。それから、プレゼントとカードを、ママにひとりずつ進呈。プレゼントは学年ごとにちがう。年少は紙粘土で作ったネックレス、年中はプレスレット、年長はコサージュ。年少さんたちはまだ字がかけないので、先生が代わりにカードにメッセージをかいてくれている。息子のは「おりょうり せんたくしてくれて ありがとう。がいこつやまのじゅんびしてくれて ありがとう」だった。隣のママのを見せてもらうと、一言「すきだよ」とあり、胸がきゅんとなった。プレゼント進呈のあとは、子どもたちが作ったフルーツ白玉がふるまわれた。晴れわたる五月の青空のもと、大きなくすのきの若葉が光っていた。
家に戻り、少し休憩してから久しぶりのマット先生。2週間オーストラリアに帰国されていて、昨日日本に戻ったばかりで、ずいぶんお疲れのもようだった。アデレードの郊外、田舎町にご実家がある。「ゆっくりできましたか?」ときいてみると、笑顔でうなずく。「でも、後半は少し退屈したよ。両親はパソコンも持ってないし、夜ははやばやと寝てしまって、ひとりで映画ばかりみてた」町を離れて何十年なので、知り合いもあまりいないし、行くところといえばパブくらいしかない、と。「だけど、朝は本当に美しいよ。鳥のさえずりしかきこえないし、空気は澄み渡ってる」。将来は、一年を、日本とオーストラリアで半分ずつ過ごしたいと考えておられるそう。同じクラスのカナちゃんも今月幼稚園にいきはじめたばかりなので、感想をきいてみると、「おもしろい!」と即答。すばらしい。
夕飯は、(アキがごはんいらないこともあり)主に昨日の残り、にんじんとごぼうのきんぴらだけ作った。実家にきょうこの友人が泊まっているので、会いに行ってみたかったのだが、わたしも息子も疲れ果てていて、はやばやと寝てしまった。

5/7 THU

雲があるけど明るい。乾燥してて、すずしい。
徒歩で園へ送る。今日からお弁当が始まるので、息子はすっごく楽しみにしている様子。行く途中でも、「おべんとう、ちょっとみていい?」ときいてきたが、わざわざかばんから出してこぼれたりしたら嫌なので、丁重に断る。おはし(エジソン)、フォーク、スプーン、どれを使って食べるのかわからないので、とりあえずぜんぶ入れてみた。
きょうこが一緒にお迎えについてきてくれる。お弁当はみごとなまでに空っぽで気持ちがよかった。「おはしとかどれ使った?」ときいてみると、「おててと フォーク!」とのこと。おにぎりは手で食べて、あとはフォークで食べたらしい。几帳面な息子は、とにかく手が汚れるのが嫌いで、離乳食がはじまっても、絶対手づかみで食べることをしなかったし、今でもちょっと汚れるたびにふきんでふいたり、手を洗いに行ったりする。そんな彼が手でおにぎりを食べてくれたというのも、なんだか成長を感じるできごとだ。お迎えが13時だったので、家に帰って、ミキサーでジュースなど作っていたらあっというまに14時前。あわてて夕飯準備。プールへ。一番はしっこが幼児のコースなのだが、そのなかでも、初心者の子たちと、少しお兄ちゃんお姉ちゃんのコースに分かれている。息子は今日初めて上級(といってもあくまで「幼児コース」の中でだが)にふりわけられていた。きょうこも来たので、保護者席であれこれ話す。妹だからこそ話せるようなこともあり、きょうだいがいてよかったなあ、それも3人も…、としみじみ親に感謝。大人になっても4人の関係が良好なのは、両親が全員に対し、できるだけフェアであろうと努力してくれたからだと思う。
夕飯は、牛丼、サラダ(サニーレタス、トマト、アボカド)、貝の赤だし。この貝は、おとといアキと息子が持ち帰ったものである。あさりやはまぐりの赤ちゃん、マテ貝など。海水に一晩つけて砂だししたので、ほとんどじゃりじゃりいわなかったし、ものすごく濃厚でうまみたっぷりのだしがとれた。貝じたいも、小粒とはいえやわらかく、想像以上に美味しかった。

5/6 WED

さわやかに晴れ。GW最終日。4年前のGW最終日(5月8日)は出産予定日だった。福岡にいるアキもGW中は大阪にいられたので、どうかそのあいだに産まれて〜!と祈って歩きまくっていたのだが、8日朝になっても産まれず。アキは翌日からは仕事(大学)に戻らなくてはいけないので、夜行バスを予約していた。が、8日の午後になって陣痛がきて、夜、助産院へ行くと「これはお産になるから、バスはキャンセルして」と言われる。そして日付が変わる頃(0:30くらいだったかな)、産まれた息子。ぎりぎりですべりこんで(すべりだして?)きたわけだ。でもこういうのってよくきく話。「この日しかパパおやすみとれないから、できたらこの日に産まれてきて!」と赤ちゃんに話しかけてたら、本当にその日に産まれた、という感じの。
昼、アキと息子は市民プールへ。今月、スイミングを水・木に変えたのに、今月の水曜担当は息子の苦手なコーチになってしまった。月に2回振り替えがとれるので、別の曜日にしよう。そして残り2/4はお金無駄になるけど、もう休んでOKということにした。来月からは週1にするつもり。
午後は、アキが東大阪のどこかに、無料でもらえる堆肥をとりに出かけたので、わたしと息子は図書館に行ったり、スーパーに行ったり。最近の気に入り絵本は「ちびころおにぎり」シリーズ。一冊目は買って、続編は今日借りてみた。
夜は、豆ごはん、さわらのしそ香焼き、サラダ(サニーレタス、トマト、とうふ、じゃこ)、野菜スープのこり。
最近また、すごく眠い。そして、おなかが出てきて、パソコンに長く向かうのがだんだんしんどくなってきた。

5/5 TUE

晴れ。気温はそこまで高くない。
朝からアキととよみさんが、息子を連れて潮干狩りのため三重県へ出発。おかげでわたしはゆったり過ごせる。
昼前、駅に向かう。歩くみちのりもひとりだと本当に身軽(まあおなかに一人いるけど)で、時間どおりに目的地に着ける。道中とびはねたり、立ち止まったり、たんぽぽのわたげを吹いたり、たたかいごっこを始めたりする人がいないと、「ふつうに歩いて!」「ほら、車きたで、はしっこ寄って!」と言い続けなくていいので快適、なはずだけど、少し物足りなさも感じてしまったり。
心斎橋大丸前で、香衣ちゃんと待ち合わせ。ベビーカーでにこにこ笑ういっちゃんは7ヶ月になる。「味庵茶房」という台湾カフェへ。タピオカドリンクのメニューが豊富だったので、ジャスミンミルクティを頼んでみたら、黒タピオカがちゃんともちもちした歯ごたえがあるものだったし、お茶の味も悪くなかった。けっこう長くいたので、後半、ココナッツパフェも頼んだ。仙草ゼリー、玄米フレーク、豆花、(たぶん白きくらげ入りの)ココナッツアイス。仙草ゼリー食べたの、すごくひさしぶり。
いっちゃんはハイハイもできるようになって活発に動く。保育園にはあずけてないみたいなので、どうやって仕事してるの?ときいたら、「昼寝のあいだとか、あと、おんぶしてミシン踏んだりしてる」とのこと。途中、授乳のためトイレに立とうとする彼女に「授乳エプロン(ケープ)使ってないの?」ときいてみると、存在を知らなかったみたいで、「作ろ!」と一言。そこで「買おう」とならないのが香衣ちゃん。カフェのあと、子ども服の店をいくつか見てまわる。息子のサイズはもう110なので完全に少年の服。ベビー服のエリアを歩くことは久しくなかったけど、全部が全部おさがりっていうのもな、と思って二人目のも見てみる。サイズ50とか60とかのを手にとると、胸がときめく。そんなサイズを着る時期は本当に一瞬なので、よけいに。結局今日は何も買わなかったけど。香衣ちゃんは、いっちゃんのために白無地上下を買っていた。そこに一光さんが絵を描くらしい。布に描けるクレヨンというのがあるみたいだ。その後、レゴの店をちらっと見るだけ見て、帰宅。
アキと息子も同じくらいに帰ってきた。長時間運転したアキはへとへと、車で昼寝しまくった息子は元気。貝はまあまあ採れたみたいだけど、暑いし人は多いしで、ふたりとも声をそろえて「もう潮干狩りはいいわ……」と言っていた。
繁華街に出るとそれだけで疲れるので、今日は簡単ごはん。キャベツ/新たまねぎ/にんじん/ブロッコリー/ベーコンのポトフ風スープ、納豆、もずく、あとは昨日の残りの餃子、コロッケ。

5/4 MON

小雨がふったりやんだりの、しっとりした朝。
アキはゴルフ、わたしと息子は家でのんびり。息子が絵の具で遊びたいというので、この前買った大きなスケッチブックを広げる。「絵を描く」というよりは、まだ色遊びを楽しんでいる段階。
午後、曇ってはいたけど雨がふる様子はなかったので、歩いて買い物へ。帰り道、ちょっとだけさくら公園へ寄る。
夜は餃子パーティ。我が家3人と、きょうことヒロの予定だったが、きゅうきょ純子と子供たち3人も参戦。末っ子のホッシー(女の子。生後2ヶ月になるところ!)とは初対面。息子とジョーくんは食べるのもそこそこに、ふとんの部屋をかけまわり、ニンニンジャーごっこに熱中。キコちゃんは、リビングでひとりしずかにもくもくと遊ぶ。男の子と女の子って、本当に遊び方がちがうものだ。餃子は、ふつうのに加えて、エビ餃子も作った。(本当はそこに刻んだ大葉も入れようと思ってたのにわすれた)包むのは、きょうことアキがほとんどやってくれたので、わたしは焼く係に徹する。うちのお米が切れそうだったので、純子が3合持参し、それを炊いておにぎりを作ってくれた。米屋の娘だけあり、とぐのもていねい、おにぎりがすごくきれいなかたち。今はその米屋のあとに立派なダンススタジオが建っているわけだが。そういえば彼女は、臨月どころか、予定日すぎても仕事をしていた。そして産後もすぐにスタジオの事務仕事を手伝っており、来月からはレッスンもじょじょに復帰するそうだ。おなかが大きくなっても、腰痛など一切なかったみたいだし、産後のからだも一瞬で元に戻っている。やっぱり普段からからだを鍛えて、柔軟さをたもっている人はちがうなあ…と感心。
見送りのため玄関のドアをあけたら、強い風がざあっと吹きこんで寒いくらいだった。部屋の中は子どもと餃子の熱気で、汗をかくくらいだったので、驚く。
きょうこが洗い物をほとんどしてくれて助かった。(おなかが出てくると、シンクにつっかえて、変な体勢でしか洗えないので。)きょうこもヒロも実家に戻り、息子とアキが寝たあと、純子からおみやげにいただいた「カリオン」のシュークリームをひとついただいて、残っていた家事など少ししてから就寝。

5/3 SUN

曇ったおかげでひんやりした朝。まだ五月なのでこれくらいがほっとする。いつのまにか、遠くに見える山があざやかなみどり。
『ニンニンジャー』でスタート。今のところ『まれ』がすごく面白いので、日曜朝がちょっとつまらなく思えるくらいだ。ストーリー展開もリズミカルだし、板尾と大泉洋(←大好き)を見られるのも楽しい。『ニンニンジャー』の新キャラはアメリカからきたという設定。「忍びなれども 忍ばない!」という五人の決め台詞(この時点ですでに意味不明だが)、新キャラのはさらに意味不明で「忍びなれども パーリナイ(party night)!」である。
朝食は、わたしとアキは手作りBLTサンド、息子はコーンフレーク(+豆乳。「ふくれん」の方が「紀文」よりおいしい)、おにぎり。塩味を極力排していきたい息子は、おにぎりを作るときに塩をふったり、具を入れたりすると怒る。(たまにコンビニでおにぎりを買っても、具のところは食べない)そして、味つけ海苔も「からい」としりぞけ、焼き海苔ラブである。ただの白ごはんと焼き海苔のおにぎりが彼にとってはベストマッチ…。
朝食後、きょうこが来て、アキと息子と三人で畑に出かけていった。トマトの苗を植えるらしい。とよみさんも参戦してくださった模様。というか、実は二日に一回水やりに行ってくださってるそうで、彼女なくては枯れてゆくであろう我が家の畑である。そのあいだ、わたしは掃除。
三人が帰宅して、昨日の残り物でお昼。そばとかお好み焼きとか。
午後は、アキと息子がプールへ。きょうこはうちでずっとパソコンに向かって、仕事など。わたしは、昨夜何度も起きてしまってうまく眠れなかったので、ソファに横になる。でも眠くはなく、軽めの読書。もうあと半年は重い本は読めないだろう。というか、産後すぐは目がものすごく疲れやすいので、小さな字を追うことすらできない。
夕飯は、ひさしぶりにとよみさんちへ。炊き込みごはん、さばの竜田揚げ、新じゃがの素揚げ、スナップエンドウやレタスのサラダ、わらびのしょうゆ漬け、お茶(新芽)の天ぷら。これだけでも充分なのに、とよみさんは「メインがなくてごめんね~、ピザとろうか。私も食べたいし」と言って、注文してくださる。でも1時間待ちだったので、息子は待ちきれず、ごはん、さば、じゃがいもをたらふく食べていた。わたしとアキは、お茶っ葉の天ぷらに感動する。香りは完全にお茶、かみしめるとほろ苦く(でも決して苦すぎない)、甘みもある。その後とどいたピザも(宅配ピザ食べたのすごく久しぶりだったので)それなりにおいしかったけど、とよみごはんの方が断然ごちそうだ。

5/2 SAT

晴れ。最高気温は昨日よりさらにあがって29度の予想。湿度が低いので欧州の夏のようだ。日陰に入るとすずしい。
昨日3人とも21時台に寝たので、わたしとアキは6時に起きた。息子は7時起きだったので、そのあいだの(貴重な!)一時間、親はそれぞれパソコンに向かって好きな作業をする。3人そろったところで、朝食。息子はおにぎり半分、ごぼうサラダ、昨日の残りのハンバーグを少し、それにコーンフレーク。わたしとアキはたまごサンド(チェダーチーズ入り)。アキがコーヒーに牛乳を入れたら腐っていてつぶつぶになった。消費期限今日までだったけど、あれは未開封なら、ということなのかな。そういえば息子が、手作り段ボール剣をふりまわしながら、いろんな技(だいたい自作)の名をさけぶのだが、今日はそのなかに「しょうみきげん!!」というものがあった。音だけきいたら、確かに何かの技っぽい。そして、それが切れた牛乳などは、なかなか攻撃力(におい、腹痛リスクなど)をもつと思われる。
めずらしく、朝9:30~スイミング。先月の分の振替。コーチによってテンションが大きくかわるので心配だったが、息子がいちばん好きなコーチだったので、よかった。アキとあれこれしゃべりながら見守る。そのまま、病院へ。今日はわたしの後期健診。どきどきのエコー二回目。エコーで見る限り、順調に発育してるとのこと。赤ちゃんは推定体重1850g。2ℓのペットボトル並か。それプラス羊水やらいろいろあることを思えば、そりゃあ重いわけだ。疲れたから横になっても、それはそれでしんどい。もし目の前にあたたかい海があったら、ざぶーんと仰向けに浮かんで、この重力から解放されたい。「特に下がってきてるということもない(切迫ではない)」そうなので、これまで通り動いても良さそうだ。そして、性別。角度的に、はっきり見えた。素人目で見ても、どっちかわかるくらい。目をつぶっている顔がとても可愛かった。ちゃんと頭も下になっていた。病院の近くの商店街で、スーパーの買い出し。サンドイッチ屋さんもあったので、アキと息子はそこでフルーツサンドとBLTをおやつに食べていた。これだけ色々やっても、まだ午前。そういえば、スーパーの前で「ガリゴリ」を見た。 ガリゴリとは、中学のときの体育教師のあだ名である。男子体育はがっちり系、女子体育はほっそり系の男性教諭だったので、それぞれ「デブゴリラ(デブゴリ)」「ガリゴリラ(ガリゴリ)」と名づけられた。ガリゴリはもともと挙動不審で女子生徒にもなめられていた(今となっては、気の毒だけど)方だが、20年ぶりに見た彼は白髪になり、服装はあいかわらず体育ジャージ、手ぶらで商店街をふらふらしていて、完全に不審者だった。
お昼は、にしんそば。きょうこも来た。かちかちの身欠きにしん(にしんの干物)を、2日ほど米のとぎ汁につけて戻し、お茶っ葉と煮て、さらに味つけする、という手間をかけたもの。手間のわりには、味は普通。一度やってみたかった、という好奇心はみたされた。
午後は、しばらく家でみんなでごろごろしたあと、アキときょうこが、息子を目の前の公園にザリガニ釣りに連れ出してくれる。
夕飯は餃子を作ろうかと思ってキャベツを刻んでたら、父から電話があり、近所のお好み焼き屋さんへみんなで食べに行った。帰り道、息子が「きょうこちゃんとねる〜」と言って、実家に泊まる気まんまん。パジャマに着替えて、歯磨きをして、わたしとアキに笑顔で「バイバーイ!」と手をふる。今まで一人でお泊まりしたことはなかったので、成長したなあ…と夫婦でしみじみしていたら、30分後くらいに、きょうこに手をひかれて照れくさそうに帰ってきて、おかしいやら可愛いやら。

5/1 FRI

晴れ。最高気温は28℃くらい。夜寝るときは、部屋が暑くなっていて、窓を開け放しても暑いのに、そのまま寝ると朝方には冷えて寒くなる。体調管理が難しいなあ、と思っていたら、案の定息子の鼻かぜがうつったらしく、微妙に喉が痛い。
少し寝坊したので、自転車で園まで送ってゆく。「自転車にのって大丈夫?」と心配してくださるママもいるし、「うん、乗ってしまうよね、わかる。ちなみに、産後もめっちゃすぐ乗ることになると思うよ…」と体験談を教えてくださるママも。自転車の前シートに(公式に)乗せられるのは1歳前くらいらしいのだが、あるていど抱っこが安定してできるようになったら、抱っこひもやスリングで、もっと安定したらおんぶで3人乗り、というのが定番らしい。
戻って作業するも、あまりはかどらず。昨日のチキンライスをおにぎりにしてあとはてきとうにつめ、お弁当もってお迎えに。今日は誰もピクニックしないみたいだったので、わたしと息子はセガミで買い物したあと、公園でふたりで食べた。息子が作って持って帰ってきた鯉のぼりがなかなか風情があって素敵なので、玄関に飾る。ドアをあけると泳ぐ。
午後、あまりに暑そうで外に出る気にならない。てきとうにしゃぼんだまなどでしのぎ、少し涼しくなってから、スーパーやクリーニング受け取りなど行った。
夜は、ハンバーグ。 先日あさイチのスゴ技Qで見た、「肉汁をとじこめるコツ」をすべてきちんと実践してみたら、フライパンの中でまるっまるにふくらんで、おはしで切るとじゅわー、というまさにテレビで見たままのが再現できたので、感動した。麩をこまかくする過程だけが面倒だったので、今度はフードプロセッサーでやってみよう。それから、いももちも作った。じゃがいも蒸かして(レンチン)マッシュ、片栗粉と混ぜて、棒状にのばして輪切り、バターで焼いて、砂糖としょうゆで味つけ。これは断然焼きたてがおいしい。そとがカリカリで、中がもちもち。
ゴルフで和歌山に行ってたアキが、関空で(タイから帰国した)妹をピックアップして帰ってきた。息子には内緒にしていたので、玄関にきょうこが入ってきたら、うれしすぎて動転して、最初は妹から逃げるようにしてぐるぐる部屋中をあるきまわていた。照れている様子が、子どもというより、少年っぽい。
おなかのあかちゃん、この前まで横むきなことが多かったのに、今日はたてになっている。足か手かわからないけど、胸のすぐ下で動くので、「うお、こんなところまで大きくなったのか。そりゃ、胃も圧迫されるわけや」と納得。

4/30 THU

晴れ。荷物がいつもより少し多めだったので、徒歩ではなく、自転車で息子を幼稚園に送る。となりの園長先生宅(今は誰も住んでない古いおうち)が、「母の会」などの、お母さんたちが集まる場になる。今日は、先日子供たちが描いたざぶとんくらいの大きさの水彩画を、ラミネートしてレジャーシートに仕上げる、という作業の日。息子がどんな絵を描いたのか見るのも、そういう工作をするのも楽しみだった。黄色い画用紙いっぱいに、赤紫が塗られている。まるで、大きなさつまいもみたい。用意されていたビニールに紙をはさみ、テープでとめて、パンチで穴をあけ、そこに荷造り用のヒモ(カラフル)を通して完成。簡単だけど、意外と時間がかかった。早く終わったママは、園の教材作りを手伝う。簡単な絵をかいたり、色画用紙を切ったり。絵は、子どもが縫い刺しする用、色画用紙は、ストローを切ったものと一緒にひもに通してネックレスなどを作る用。決まったイラストやかたちはなく、ママの裁量にまかされている。わたしは今日はそれをやる時間はなかったけど、好きなタイプの作業なので、また今度参加してみたい。息子は縫い刺しを気に入って、毎日一枚もって帰ってくる。ここ2日はネックレス、ブレスレットも。両方とも、針(縫い針よりは大きい)を使うので、それがとても楽しいようだ。そして、もち帰った手作りアクセサリーをわたしがつけてみると、「ママ、おんならしいやん」とほめてくれる。女らしいなんて言葉、どこで覚えたのかなあ。
そのままお迎え、帰宅、お昼はラーメン。おなかいっぱいになってソファに転がってたらいつのまにかふたりでぐーぐー寝てしまい、起きたら15時だった。徒歩でスーパーに軽く買い物。目の前の公園の小さな池(すっごく浅い)には、ザリガニがいっぱいいる。わたしが子どもの頃は、そのあたりは全部大きな池だったのだが、その後整備されて、水路や散歩道やビオトープ的なものができたのである。なので、「ザリガニ公園」なんて名称がいつのまにかついたみたい。放課後になると、男子たち(ごく少数だが女子もいる)がうじゃうじゃ集まって来て、ちくわなどでザリガニ釣りをしている。息子はザリガニを見たことがなかったので、立ち寄って、見せてあげた。が今のところ、特に興味はなさそうだった…。
夕飯は、オムライス、お味噌汁(なす、たまねぎ)、キャベツサラダ。サラダの作り方は、どこかで見かけたのを記憶をたどって再現。ざくぎりキャベツに軽く塩、こしょう、ポン酢を和えておき、フライパンにごま油をしいて、ネギ/しょうが/にんにくのみじんぎり、じゃこを炒めたものをキャベツにかける。そのまま食べてもいいけど、いったん冷蔵庫で冷やしてもよさそうだった。
昼寝したので、息子は夜中まで寝ないんじゃないか、と戦々恐々だったが、22時前には寝てくれたのでほっとした。

4/29 WED

朝から曇り。おかげで涼しい。
祝日だけど、アキは仕事。わたしは起きてもなんだか元気が出ない。
息子は、「ようちえん いきたい。なんでやすみなん?」と言う。平日、園で充実した時間の貯金があるおかげか、わりと情緒が安定していて、わたしがごろごろしていても、あまり気にせず、ひとりで遊んでくれた。「えのぐ やりたい」というので、それに付き合ったあと、昼頃まで完全にダウン。うとうとしては起きるをくりかえしていたら、だんだん元気になってきた。
昼食後、自転車でコーナンへ。わたしはテープカッター台、息子は大きなスケッチブック、それからアキに頼まれていたトマトの苗を買いに。風をきってすすむとひんやりすずしくて、すごく気持ちがよかった。ノートやらペンやらが並ぶのをみて色めきたつ息子。まあその気持ちはよくわかるけど。あれこれせがまれ、「ぜんぶは買えないけど、どれにする?」という交渉の結果、しゃぼんだまと花火に落ち着いた。わたしは基本的にほしいものを買ってくれない人と見なされており(だいたいどこの母親もそうだと思うが。だって、平日ずっと一緒にいて、いちいち付き合ってたらキリがない)今日はスケッチブックも合わせると、息子用に3つ買ったので、「ママ、きょうは、とうちゃんみたいにしんせつやなあ。ありがとう」とお礼を言われた…。トマトの苗は、栽培したことはあまりないくせに、八百屋時代の知識のおかげで、並んでる名前はだいたいわかる。結局、ミニトマト2苗と、普通のを2苗買った。レジの人に、「初心者なんです」と言うと、「支柱がいるよ」と教えてもらったけど、それは買わず。アキにまかせよう。
帰宅途中、息子はうしろでうつらうつら。家について、自転車からおろすと、起きてくれた。雲がだんだん切れて、あかるい光がさしこむベランダで、さっそくしゃぼんだまを吹く息子。最初はにこにこ吹いていたが、そのうち、「(玉を)おおきくしたいのにできない」と腹を立てはじめたので、「息をすこしずつ、ながーく吹くねん」と根気よく教えたら、コツを会得して、延々(容器3本分くらい)吹きまくっていた。そのあいだわたしは、プール用の水着のワッペンをつけかえたり、夕飯の準備をしたり。ベランダから旅立つしゃぼんだまに「いってらっしゃ〜い」とか「まっすぐいきや!」とか声をかけてるのがきこえて、ほほえましい。
夕飯は、さばの味噌煮、サラダ(レタス、アボカド、トマト)、スープ残り、ごぼうわかめツナサラダなど。アキが早く帰ってきたので、3人で同時に食べることができた。

4/28 TUE

晴れてるけど、うっすら雲がかかっていて陽射しがちょうどいい具合に遮られて、涼しくさわやかな朝。
幼稚園は、先週金曜日の朝ぐずったので、今週はどうかな?と思ったけど、機嫌よく通ってくれている。
家に戻り、制作。絵本は今できるところまではやったので、ひとまずラフ待ち。5月に東京で、ローラとの個展をひかえてる千絵ちゃんは、てんてこ舞い。それまでの間、わたしは童話にとりかかるつもり。
お弁当つめて、自転車でお迎え。同じ組の親子6,7組(ほぼ全員)でよもぐろ池公園ピクニック。うちからわりと近いので、これまでもしょっちゅう来ている公園だけど、わたしと二人で来ても、遊具で少し遊んで池のまわりを何周かして、長く居ても1時間くらい。でも今日はお友達がたくさんいたので、3時間近く遊んでも全然飽きることがなかった。「友達」の力ってすごいなあ。
しかしこうなることは予想できたので、スイミングの準備を持ってきていた。少しスーパーに寄り、そのままプールへ。隣にすわったママ、これまで話したことはなかったのだけど、とつぜん、とあるコーチについて意見をもとめられる。実はそのコーチ、息子と相性が悪く、(5月から)曜日を変える原因になったくだんのコーチ。あまり一方的に悪く書くのもなんなので、この日記では「相性が悪い」と言葉を濁してきたが、はっきり言って「信頼できる人」とは言いがたい。子どもの扱いが雑なので、多くの子を萎縮させている。息子が嫌がるのも無理はないと思う。隣のママさんは、これまで一人で悩んできたけれど、今日のそのコーチの我が子への対応があまりにもひどいので、耐えきれなくなってみずしらずのわたしに話しかけてこられたようだった。わたしも一部始終を見てたけど、自分の感情の波をコントロールできずに、そのまま子どもにぶつけているように見受けられた。あれではプロとは言えない。他のコーチは(バイトもふくめて)いい方ばかりなので、非常に残念である。今のところ、直接クレームを出してはいないけど、また何かあったら、次はフロントに伝えるかもしれない。ところで、今日は2ヶ月に一度のテストだった。息子は無事合格。カメからメダカになった。
今日はごはんを作る時間がないことが予想されていたので、昨日のうちにトマトうどんのスープと、ごぼうツナわかめサラダを作っておいた。トマトうどんの良いところは、野菜がたっぷりとれるところ(今日のは、キャベツ、たまねぎ、しめじ、にんじん、ナス)と、あぶらを使わないのであっさりしているところ。時間がないときのお助けナンバーワンレシピ。
夜19時過ぎ、じゅりからメール。近くにいるので、行ってもいい?とのこと。たぶんまだ書いてなかったと思うが、実はじゅりも第一子を妊娠中。しかも予定日がわたしと一週間ちがい…。どこまでも、本当にどこまでも世代を超えて縁があるみたいだ。しゃべってる途中でアキが帰ってきたので、ぽんぽこりんのおなかを付き合わせて、記念写真を撮ってもらった。

4/27 MON

晴れ。GWもずっと初夏のような気候らしい。このまま夏に突入するのは勘弁ねがいたい。夏を心待ちにしてる人もたくさんいるのだろうけど。(たとえばアキ)。
幼稚園へ送った帰り道、あるママと話す。わたし(と息子)はまだ入ったばかりで人間関係などもほとんどできていないし、よくわかっていないが、彼女はずいぶん長いあいだ園と付き合いがあるので、酸いも甘いも知り抜いているようである。わたしの浅い印象では、ここに通わせているママたちは、かなりこだわりの強い人たちだけど、それを人に押しつけることはないのかな、というものだった。実際そうやってうまくバランスをとるママたちがいる一方、さまざまな面(例:食品の選び方、出産方法など)で妄信的というか、自分が信じるだけでは飽き足らず、他の人をも巻き込もうとする方々もいることはいるらしい。(わたしはまだ出会ってないけど。)まあ、一つのコミュニティである以上、色んな人がいるだろうということはあるていど覚悟しているので、そんなもんだよな、と今のところは軽くうけとめている。
お迎えに行ったとき、直島で売られてるトートバッグを持ってる人がいたので「あ、わたしも先週行ったんですよ〜」と話しかけてみる。「直島、いいですよね」とつづけようとした瞬間「直島、行ってみたけど、楽しみ方が全然わからんかったわぁ」と言われ、はっ となる。今まで「直島好き!」「え、直島?どこそれ?」「直島、知ってるけど興味ない」という3パターンの人にしか会ったことなかったからだ。本当にいろんな人がいるものである。
25℃を越える中、「暑い暑い」言いながら帰宅。よく考えれば、息子がしっかり歩けるようになった昨年の春・夏は保育園に通わせてたからほとんど一緒に歩いてない。秋・冬は4キロでも5キロでも一緒に歩けたけど、こんな暑さの中はさすがに無理。
暑さと、週末の疲れがなんとなく残っていたこともあり、二人で一時間くらい昼寝。起きて、自転車で買い物に出かけようとしていたら、とよみさんが郡津のケーキ屋さんのロールケーキを買って持ってきてくださる。食べてみると、予想とはちがった食感! 見た目は完全にロールケーキなのに、口に入れるとしゅわっととける、スフレチーズケーキ。美味しい。
夜は、昨日のすき焼きの残りを利用して、息子は牛丼風、わたしとアキは煮込みうどん風。マンションの前の池でウシガエルが夜通し鳴いている。

4/26 SUN

晴れ。ここ1,2ヶ月のしとしとした天気を挽回するかのように、毎日晴れがつづく。
朝は『ニンニンジャー』で始まり。すごいテンションの新キャラ登場。しかし、今日実物が出てくる前(先週)の段階で、ロボのCMがすでに流れていた。剣や変身道具などのCMも当然流れまくっているのだが、なぜか息子は「これほしい」と言わない。きいてみると、「本当に変身できない偽物のおもちゃはいらない」とのこと。そして困ったことに「本物に変身できるやつはサンタさんがきっと持ってるだろうから、クリスマスまで待つ」と言っている…。まあ実際におもちゃ屋さんとかで目の前にしたら「ほしい」って言いそうな気もするが。
朝食は、ツナ、チーズ、トマトなどでサンドイッチ。息子はまたそぼろたまごごはん(三食連続)、それとブロッコリー入り即席コーンスープ。
アキと息子が畑の様子を見に行ったので、そのあいだに洗濯など。
昼食はひやしうどん。息子が喜んで食べたので、「お!」と思う。去年の夏は、あまり食べてくれなかったので、彼だけ何か別メニューを考えないといけなかったのだ。うどん(やそうめん)を食べてくれるようになれば、夏のメニュー作りは格段にラクになる。
それからアキがベーグルを作る。朝のうちに生地を作って発酵させたものを、茹でてオーブンで焼く。できあがりは、「ベーグルとパンの間。比率で言えば、2:8でパン寄り」。でもこれはこれで美味しい。初めてにしては上出来だと思うが、本人は「もっと研究する」とのこと。
その後、男子は市民プールへ。わたしは強い眠気がおそってきて、ソファに横になる。さわやかな風が窓から吹き、おなかの中で、大きくなってもうすぐ世界にうまれでようとしている赤ちゃんがぐにゅぐにゅと動く。妊娠してるときだけに感じる、やわらかくてあかるいベールみたいな、スペシャルな幸福感につつまれる。何も生産的なことをしてないのに(ソファに寝そべってるだけ)、自分がすごく生産的な人間になってる(子どもを宿してる)からだろうか、と書いてみたけど、何か違う。子どもを産むのはたしかに生産的な行為だけど、反対に自分という存在はうすくなる感もある。主役はあくまで新しい人間の方であり、わたしはただの「通路」。字面にするとじゃっかん哀しみも漂う気もするが、実際はまったくそんなことなく、ただただおだやかで心地よい境地。
父がゴルフの商品でゲットした高級牛肉がうちにまわってきたので、夕飯はすき焼き。わたしもアキもお肉は好きだけど、そんなに量は食べないので、残った肉は冷凍。また、牛丼にでもしよう。
デザートは、みかんゼリー。ゼラチンだとゆるすぎ、寒天だとかたすぎるのでどうしたもんかとアキが悩んでいたので、台湾カフェでデザート作りに使ってた「アガー」のことを教えてあげた。それが功を奏し、本当に市販のゼリーのようなちょうどよい食感。息子大満足。

4/25 SAT

晴天はつづく。黄砂が飛来しているのか、ちょっとかすんでるようにも見える。が、福岡のそれとは比にならない。この時期の福岡はやばくて、一度なんて、熊本から帰る都市高速から見たら、街ぜんたいがもうもうと黄砂につつまれていたこともあった。しかしそれをふまえても、住みやすい街だということに変わりはないけれど。
アキは京都で友人と会うらしかったので、その前に鯉のぼりを組み立て(ベランダサイズ)、少しだけ息子と遊んでくれる。段ボールでロボットのようなものを作っていた。でも、即席すぎてすぐつぶれるようなシロモノ。せっかく工学部(しかも博士課程)まで出てるなら、もうすこしマシなものを作っていただきたいものである。そのあいだわたしは、マタニティ(産後用)のパジャマなどを探す。なにせ前回は4年前、その後2度も引越してるので、どこにしまったのか全然見当がつかない。物置と化している部屋を手当たり次第探してたら、ほこりまみれになり、くしゃみがとまらなくなった。その甲斐あり、無事発見。アキを見送り、そのままリビングなど掃除。
昼、息子は昨日の残りのそぼろごはん(+炒り卵、ブロッコリー)、わたしは辛ラーメン。冒険心を起こして、酒粕(とウェイパー)も入れてみたら、すごく美味しかった。自転車(補助輪つき)に乗りたいというので、駅前のスーパーに向かってみる。途中でタイヤの空気があまり入っていないことに気がつくが、引き返すのも面倒なので、そのまま行く。でもこぎにくかったのか「もう乗りたくない」とまさかの棄権。仕方なく途中のさくら公園に自転車を置いて、そこからは徒歩。それにしても暑い。暑すぎる。夏がきたのかと思うくらい。「アイスクリームたべたい」という息子の案にのり、マクドへ。基本的にわたしはマクドには入らない(誰かと一緒だったら別だけど)し、ネガティブキャンペーンを張りまくっているので、店に入ったとたん息子が大声で「マクドのアイスクリームだいじょうぶかなあ!へんなもん はいってないかなあ!」と言ったので、あせった。その後、スーパーで買い物していたら、ちょうどアキが帰ってきて、スーパー内で合流。息子をパスできたので、ものすごく助かった。この暑さと、息子が途中で自転車を放棄したことが計算外だったので、一人だったら死にかけるところだった。
夕方、お風呂に入り、実家へ。二日早いけど、父の誕生日祝い。メニューは手巻き。息子は昼と同じそぼろごはんと、さつまいもの天ぷらだけ食べていた。直島のANDO MUSEUMで買ったTシャツをプレゼント。ロゴ(フォントのみ)がきれいだったので、選んだ。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード