FC2ブログ

9/11 FRI

晴れていたけど、15時ごろお迎えに行こうとして玄関をでたら、枚方/京都方面に、とても大きな雨柱が見えた。そこだけ濃いねずみ色の柱でとんでもない雨が降っているのがわかるのだが、その柱以外のところはふってない。「ここから雨ですよ」とはっきりわかる縦線が空に引かれているので、つい見入ってしまった。
そしてその雲は、娘の園のあたりにいたらしく、迎えに行くと、先生が「ものすごい雷雨でした」とのこと。私が着いたときにはやんでいた。そしてどうやら、私とはちがうルートでその雲は大阪方面へ行ったらしく、帰ってきたあとから息子や母にきくと、「さっきまでどしゃぶりだった」と言う。私は雲と真反対の動きをして、一滴もその雨にふられなかったようだ。
午後は、ちえちひろとfacetimeで絵本会議。基本的に、文章を書くのはひとりの作業だけど、このふたりと絵本の話をしてるときだけは、まるで自分がバンドを組んでいて、その一員のように思えることがある。
夕飯は、ねぎとろ丼、昨日のジャンボ餃子残り、お味噌汁、黒瓜の浅漬けなど。
BUMPのライブ映像『aurora ark』は売り切れ一日経たないうちに受注販売が決定。予約完了。車の中で『Gravity』ばかり聴いてるので、こどもたちに「何回きくん?!」と言われる。

9/10 THU

怒涛のBUMP情報解禁で、プチパニックの朝。
とにかく何はともあれ『Gravity』MV確認、youtubeにてaurora ark東京ドームファイナルの『Aurora』ライブ演奏も鑑賞。かっこいい!Blu-ray/DVDの初回限定は、数量限定で、夜中に一瞬で完売してしまった(起きたら売り切れてた)が、彼らのことなので、きっと再販してくれるって信じて待ってる。『Gravity』良すぎて車の中で泣く。Spotifyにてエンドレスリピート。
夕飯は、日曜日に仕込んで冷凍していた餃子。冷凍庫は、古い方と新しい方、両方に分けて入れておいた。作ってすぐにまとめて冷凍しちゃうとくっつくので、いったんバラバラである程度凍らせたあとにジップロックにまとめた。これまではそのやり方でOKだった。のに! 新しい方の冷凍庫の力が強すぎたのか、めっちゃくっついてる!(古い方のはちゃんとばらけたまま)とりあえずこどもたちには、バラけてる方のを焼いてあげて、2回目(アキの分)は、いったんレンジで「冷凍解凍」かけてから焼く。もう形も何もあったもんじゃなく、ぐずぐずに崩れてきたので、エーイとひらきなおって、フライ返しで全部まるくまとめて焼いた。なんだかわからない謎のビッグ餃子に。それを見たアキ「なにこれ?お好み焼き?」もはや餃子ですらない。
以下、今日のちえちひろと私のメールのやりとり。
「麻子ちゃん(私のこと) バンプ、いろいろ解禁おめでとうございます。」
「自分の絵本の発売(明日予定)じゃなくて、バンプのことおめでとうって言われてる私って一体……」

9/9 WED

急に秋がきてびっくり!昨日までうだる暑さだったのに。
バーンスタイン指揮のベートーベンで検索したところ、ちょうど8月末に『Bernstein conducts Beethoven』というぴったりなアルバムが出ていたので、料理しながら聞く。今日はSymphony No.6(田園)にした。これは、以前、Bruno Walter指揮のも保存していたので、聴き比べてみてもよさそう。
放課後、IくんKくんらと家の前の池で遊ぶ息子。全員どろどろ。Iくんは長靴とレインコートを着ていて、その場にいた全員が「それ着てるなら池の深いところ入っても大丈夫やろ」と判断したらしく、Iくんの長靴には水が入ってきて、たぽたぽ。誰かひとりくらい「長靴はいてても、長靴の長さより深いところにいったら、足濡れるで」って思いついてあげられないものか? Kくんはもはや裸足でアスファルトをうろうろしているし、息子は誰のかわからないリュックをもってうろうろしている。ヤゴをつかまえ、そのエサとなるメダカを大量に(水ごと)とって、虫のケースに入れているIくん。そこへ、我が家と同じマンション、そして同じクラスのLちゃんが通りかかる。3人を冷静な眼で見つめたあと、一言。「I、リュック(体に対して)ちっさすぎやん。遠足のときもそれで来てたやろ」。水/泥/虫/魚などにまみれている男子に対して、そのようなことはスルーして、ファッション的なバランスを指摘する女子、あまりの落差にめまいがした。
夕飯は、グラタン。全粒粉のフジッリ仕様。ホワイトソースは、バターとオリーブオイル半々/米粉/豆乳で。具材は、たまねぎ、マッシュルーム、ソーセージ、ささみ、ブロッコリー。ささみを塩麹につけてから炒めたら、こどもたちが「今日のお肉いつもよりやわらかい」と気づいてくれた。たぶんアキは気づいてない。

9/8 TUE

朝晩はだいぶ気温が下がっている。だけど昼間は35度越え。まだ秋宣言はできない。
ちひろちゃんが、栗ペーストを作ったときき、ちょうどとよみさんに栗をたくさんいただいたので、作ってみることに。なんといっても、一番大変なのが、皮むき。圧力鍋を使うと風味が飛ぶ、ときいたことがあったので、先週栗ごはんを作ったときは、普通に3分熱湯で茹でただけで頑張ってむいたのだが、今日は先週の3倍量がある。多少風味がとんでもいいわ!と割り切って、ネットで圧力鍋使ったやり方検索。とがったところに十時に切り込み入れて、5分加圧→水かけて急速減圧。が、予定よりやわらかくなりすぎた。「活力鍋」の場合は、1分加圧→5分放置→急速減圧と書いてあるのを見逃していた。まあそれでも、ただ茹でるだけよりかは断然ラクにむける。ここが終わってしまえば、あとは楽しいだけ。マッシュして、水と砂糖(はちみつと水飴も入れた)でこげないよう気をつけながら煮つめてゆく。できあがったばかりの栗ペースト、パンにのせて食べると、最高だった……。
車の中では、Marvin Gaye少しきいて、「What’s Going On」をRadioに設定してみたら、次の曲はStevie Wonderだった。昨日の『あと寝る』もきく。音楽は、又吉さんがカネコアヤノちゃんの『カウボーイ』を、児玉さんがH Jungle with tの『GOING GOING HOME』を選ばれていた。両曲とも途中までだったので、あとからSpotifyでフルで聴き直す。H Jungle とか聞いたの、小学校のとき以来かも…!『カウボーイ』が入ってるアルバム『来世はアイドル』の中の『スイミング』は、娘が好きな曲。今日ちょうどプールだったので、帰り道に一緒に聴いた。
そういえば、プールの待合ロビーは、感染予防対策のため、保護者同士のおしゃべりが厳禁になっている。私としては、読書に集中できるので、願ったり叶ったり。鎌田雄一郎 著『16歳からのはじめてのゲーム理論』を半分くらい読んだ。
夕飯は、塩鮭、じゃこピーマン、なすと豚肉の炒め煮残り、サラダ(レタス、きゅうり、トマト、ツナ)。
『ダンピアのおいしい冒険 』という漫画を読む。先月1巻が出たばかり。17世紀に実在したウィリアム・ダンピアという人の話。彼の書いた『最新世界周航記』がデフォーの『ロビンソン・クルーソー』やスウィフトの『ガリヴァー旅行記』にも影響を与えていたそうだ。

9/7 MON

台風は九州をとおりすぎて行った。朝、ちえちひろから「みんな無事です」との一報受けてほっとする。
少しだけ暑さがやわらいだので、娘の園では山の方へ行ったようだ。いわく「道案内のハンミョウがいた」。
和歌山の奈緒美ちゃんから、今朝、優月ちゃん(3)のために作ったお弁当について、写真つきメールがきた。「ウインナーさ、こないだもタコさんにしてんけど、おめめがなかったと言われ、今日もタコさんして!とリクエストあったので、急遽ありあわせのもんつっこんでなんとか目をつけてんけどさ、宇宙人なった」。タコさんウインナーに、枝豆らしきものとにんじんらしきものを小さくカットしたものがぶっ刺されている。可愛い宇宙人、とかではなく、あきらかに侵略系の宇宙人。「こっわ」と一言だけ返信した。
ちえちひのお手伝いで、絵本購入リストを打ちこむ。別の「こども文庫助成」に載っている定番中の定番名作絵本/童話たちは、入れないようにすることもあり、完全に独断と偏見で選んでいる。
夕飯は、なすと豚肉とたまねぎの甘味噌炒め。夏の我が家の定番だが、この夏はこれが食べおさめな予感がする。お味噌汁は、かつお昆布出汁で(いつもはいりこ昆布だし)小松菜、厚揚げ、餃子のタネ余った分でにくだんご。
新聞にて俳人の高田正子さんが「虫の声を聴きながら、明日の朝咲く朝来のつぼみを数えるのが、ささやかな宵の楽しみとなった」と書かれていたが、まったく同じことを、私もやっている。明日は十輪も咲きそう。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
作家
(織田はおりたと読みます)
contact:
lingolinen@gmail.com



copyright (c)2009-2020
Linen Orita All rights reserved.

絵本
最近の記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード