3/21 TUE

朝から雨。
そして、頭痛。起きてすぐは大丈夫だったけど、1時間くらいしたら左目の視界が一部消失した感じで焦点が合わなくなり、そこからだんだんと頭が痛くなってきた。このパターンの頭痛、アメリカにいた頃と、ロンドンに行ったばかりの頃、よく経験していたけど、10年くらいはなかったので、「うわ〜ひさびさにきた〜」という感じ。今ふりかえってみれば、強いストレスがかかっていたときに頭痛が起こっていたとわかる。……ということは、今日も…? でも、思い当たるほどの強いストレスはないはずなんだけど。まあ、雨の日で春休みで子どもたち退屈〜どうしよ〜というストレスはあるが、そんなのめずらしいことでもないしな…。アキの誕生日当日なので朝からチーズケーキを焼くつもりだったけど、それどころじゃない。子どもたちの朝ごはんだけどうにか用意して、ふとんかぶってまるくなる。子どもたちは最初のうちは「ママ〜」となんども呼びにきたけど、そのうちあきらめたのか、ふたりで遊んでいてくれた。きょうだいって、ありがたい。
お昼にだんだんましになってきたので、起きる。外はずっと雨。頭痛は消えたけど、こまかい字に焦点をあわせるのがまだきつい。が、息子がよりによって「ハリーポッターのつづき読んで〜」という。午前中一切相手ができてないので、そのうめあわせに一章分(第4章)読んであげる。長い本って、1章目は状況がつかめなくて、頭に情景を思い浮かべるのが大変だけど、話がすすむにつれ、情報が増え想像が楽になり、優れた本だと、もうその世界に引き込まれて、想像する努力すらいらなくなる。加速度的におもしろくなる。それはもう、誰かがつくった(他人の「想像」である)映像を目で追いかけるのとはまったくちがった種類のおもしろさなのだ。その体験を、子どものうちにたくさんしてほしい。もちろん、映画は映画でおもしろいので、それも見たらいいと思うけど。
元気がでてきたので、チーズケーキをつくる。クリームチーズ、バター、砂糖、たまご、レモン汁、片栗粉をまぜまくって焼くだけ、といういつもの簡単レシピ。ハンドミキサーでぐいーんと。
夕方、雨がやむ。ずっと家にいたので、気分転換にふたりをつれて、郵便局と100均へ。キッチンシンクの水切りネットだけを買うつもりだったけど、息子が「水でっぽう買ってー!」という。「えー、今日は買わん」と言ったら、息子(大きな声で)「あ〜あ!みじめやなぁ!!」。
夕方一時間だけ母にあずけて、夕飯作り。この一時間があるだけで、身体中の空気をぜんぶ入れ替えたようにリフレッシュできる。
メニューは、きじ焼き丼、アスパラとソーセージのいためもの、豆腐とわかめのお味噌汁、ひじきと新玉ねぎの酢の物(冷蔵庫の奥にのこってた)。
夜ごはんのあと、4人でケーキを一切れずつ食べた。たくさんつくったので、まだまだ明日も食べられる。

3/20 MON

3連休最終日。晴れてあたたかい。暖房はいらないくらい。
朝、室池に行こうかという話だったけど、変更して、交野の星のブランコへ。途中までベビーカーを押していき、急勾配の階段のところからは、アキが娘を抱っこしていった。ずっと抱っこされてるわけではなく、けっこう自分で歩いたりのぼったりも。吊橋のところでお弁当。吊橋は、まんなかに行けば行くほどゆれる。アキや子どもたちはどんどんわたるけど、わたしは高所恐怖症なので、めっちゃ怖いうえ、揺れでだんだん気分がわるくなって、半分あたりで折り返した。息子は「つかれた~つかれた~」と文句を言いながらのぼっていたけど、帰り、先頭に立たせてみたら、すごい勢いでおりていった。誰かが前にいて、それについていこうとするよりも、自分が先頭にたったほうが、気持ちも楽だし、速度がはやくなるのはわかる気がする。実際息子はまったく疲れておらず、行きも帰りも、入り口のボルダリングの子供用体験スペースでかなり長時間遊んでいた。しかも上手にひょいひょいとのぼっていて、すごく気に入った様子。横には本格的なクライミングウォール、そして、その横の岸壁に向けて、三脚にセットしたでっかい望遠カメラを向ける人たちがたくさん。何を撮ってるのかな?とおもったら、「はやぶさ」だそう。へえ、そんなのがここにいるんだ。
いったん帰宅。アキは朝、自分で作っていた本棚にニスを塗る。それからまた、「プール行きたい!」とさわぐ息子(←やっぱりぜんぜんつかれてない)を連れて、高槻の市民プールへ出かけて行った。市民プールに行ったのは久しぶりで、息子の成長ぶりにおどろいていたみたい。プールの底にカギを落として取る、というゲームを3,4歳のときからやってるけど、浅い子ども用ではなく、深めのプールでもためらいなくもぐり、すごい勢いで取るそうだ。それから、アキを亀にみたてて乗っかって遊ぶ「うらしまたろう」ごっこというのを、息子が考えたらしい。「うらしまたろう」といえば、最近いろんなバージョンの絵本を借りてたのだけど、結末がぜんぜんちがうのがおもしろかった。よくある白髪のおじいさんになってしまうパターンや、鶴になって、亀の姿の乙姫と鶴亀万年仲良く暮らしました、なんてのも。たまてばこも、あけずにいればまた乙姫に会える切符になっている、という設定のものもわりとあった。じゃないと、なんでくれるのかわからないもんな。
娘が昼寝してるあいだに、わたしはトイレと洗面所を掃除。そしたら母がきて、焼き芋(安納芋)を置いていった。娘が起きたので、スーパーで買い出し、アキの誕生日リクエストのグラタンをつくる。
子どもたちもグラタン大好きなので、大きなラザニア皿いっぱい作ったけど、あっというまになくなってしまった。
娘はもう2語文、3語文あたりまえで、ふつうに会話できるようになってきた。何かを拒否するときは、「いや」ではなく「だえだえ(だめだめ)」。いただきますは「いっきあっきやーす!」

3/19 SUN

朝起きると、すでにあたたかい。春らんまんでおでかけびより。
だというのに、わたしの体調は最悪。昨日アキが買ったワインをグラスにかるく一杯のんだのだが、それが合わなかったのか、それともお酒は関係ないのか…。まず目の焦点があわないことからはじまり(左目の視界上部が波打っていた。すぐ治ったけど)、吐きそう、めまい。しかしそんな状態でも「こんな吐き気、つわりにくらべたらぜんぜんマシ」と思えてしまうという。なんとなく、おそらく昼過ぎには元気になるだろう、という見通しもたっていた。(つわりだと「あと数ヶ月これがつづくのか…」という絶望感!)滋賀に行こうという予定だったのだが、わたしもそんな状態だし、娘も車の中でぐずぐずだったので、近場で遊ぶことに。アキが「仕切り直そう!」ととりあえずマクドへ。息子はマクドの食べ物には興味がないが、ハッピーセットのドラえもんのおもちゃがほしかったんだそう。それってどうなん、と言いたいところだが、そんなことを言う元気もないわたし。でも、見通しどおり、お昼には復活した。
いったん帰宅し、わたしと娘がマンション前の公園で遊んでるあいだに、アキと息子はペットボトルのロケットづくり。自転車用の空気入れもって、さあ飛ばそうと意気込んで河川敷に行ったのに、空気入れが壊れていて、とばない…という。あからさまにガッカリする息子。アキはどうにかしようと、近くのHOMESヘ。おなかがすいたので、中にあるファミレスみたいなところでごはんをすませようとしたら、人手不足すぎていつまでたっても案内されない、挙句に「料理を提供できるまで30分以上かかります」とのこと。今日はとことんついてない日である。仕方ないのでスーパーでいなり寿司や太巻きなど買い、アキもあたらしい空気入れを買い、ふたたび河川敷へ。プールと英会話が一緒のハルくんがたまたまいて、息子のテンションが急にあがる。そしてロケットもとんだ。わたしが思っている以上にとんで、びっくりした。帰り、息子がこけてひざから血がダラダラ。やはりついてない一日である。
夜は二日早いけど、実家でアキの誕生日を祝ってもらう。

3/18 SAT

朝、整体に行ったアキが帰ってくるのを待ち、駒川中野に向かう。(と書いてるけど、どこなのかはあまり把握していない。東住吉区、だそう)古本屋さんで、香衣ちゃんの展示があり、ワークショップに息子と参加。香衣ちゃんがつくったかばんに、用意された布を選んでパッチワークのようにつけていく、というもの。かばんも布も息子に選ばせたら、青いバッグに青い生地、という男子っぽい渋いものになった。絣の生地を選んだところが、ううむ、我が息子…という感じ。まつり縫いはさすがに息子には難しかったらしく、結局わたしが交代、その上わたしも裁縫苦手ときているものだから、1/3くらい香衣ちゃんがやってくれた。一体だれのためのワークショップだか。まってるあいだアキと娘は、同じく待機中の一光さんといっちゃんとベビーカーで連れ立って、商店街と公園めぐりに。アキと一光さんは初対面だったが、話が弾んでいる様子だった。そしてふたりとも顔が濃いので、並ぶとこってりした絵柄になる。商店街名物の豚まんとさつまあげをおみやげに買ってきてくれた。
今日はワークショップ以外に、もうひとつ目的が。香衣ちゃんのワンピースを買うこと。これまでのお洋服は、みている分には美しいけど、わたしが自分で着こなす自信はなかった。でも、前回のコレクションは今までとは雰囲気ががらっと変わって、わたしでも無理せずに着られそう、というか素敵、ほしい!と思ったのだった。本屋さんでは試着できなかったので、駐車場まで行って、車の中で着替えて、外に出て寸法をみてもらった。もし長すぎたら、裾上げまでしてくれる、と香衣ちゃんは言ってくれてたけど、その必要はなかった。香衣ちゃんと出会ってから、洋服というものに本当の意味で興味が出てきたので、彼女がつくった服を買うことができて、とてもうれしい。
夕飯は、粕汁クリームシチューを豆乳でうすめて味噌をとき、うどんにした。すごくわたし好みの味。

3/17 FRI

いい天気。さくらのつぼみもすこしずつふくらんでいる。
朝、9:30におばあちゃんが息子を迎えにくる。交野の山ににつれていってくださるそうだ。娘も、とのことだったが、いろんな意味でまだちょっと早いかな〜と思い、それは断念。娘も行ってくれる日がいつか(しかもそう遠くない未来に)くるなんて、考えただけでも夢のようである。そもそも、いろんなママたちを見ていたら、うちのように実母と義母両方を気軽にたよれる環境は非常にめぐまれているのだと気がつく。これがすでにもう夢のようなのかもしれないけど。
のこったわたしと娘は公園めぐり。よもぐろでみゆきさんとJくんとばったり、Jくんは次年中さんなので娘より3つ年上だけど、いつも幼稚園の送迎や園庭そうじのときなどに会ってるので、自分の友人みたいに思っている様子。
夕方は英会話。今年度最後のクラスなので、アイスクリームパーティ。お店やさんごっこのようなことをしたみたい。娘は母にあずけたので、息子がおわるのをまってるあいだ、本を読めてしあわせだった。
夕飯は、粕入りクリームシチュー かぶ、ズッキーニ、にんじん、じゃがいも、たまねぎ、鮭、ベーコンすこし。これが粕汁とクリームシチューのいいとこどりで、子どもたちにも大好評。
プロフィール

織田 りねん

Author:織田 りねん
<おりた りねん>

contact:
lingolinen*gmail.com
(*を@にかえてください)


copyright (c)2009-2017
Linen Orita All rights reserved.

最近の記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード