6/17 SUN

昨日にひきつづき、湿度ひくめの晴れ。朝からお弁当つくって、室池へ。森のようちえん(娘)、森のプレーパーク(息子)。先月見つけたカマキリやバッタは、1〜2cmだったけど、今日のは3〜4cmになっていた。こんな風に春からだんだん大きくなっていくなんて、全然知らなかった。触覚をいくつももって威嚇してくる毛虫や、ぷにゅぷにゅ黄緑の大きなアゲハの青虫なんかもいた。チョウやトンボはまだあまりいない。平地よりも、遅い。
アキは連日の疲れがたまっているらしく、体調不良で、お弁当を食べるところまで一緒にきて、午後の部は抜けてもらい、迎えにだけきてもらった。少しは休憩できたみたい。
お弁当食べたあと、娘も少し眠そうにしていたけど、しばらくシートの上で抱っこしたりしてたら元気が復活したらしく、棒をあつめたり、葉っぱをくだいたりして「ロールケーキ」をつくっていた。まだ10代後半〜20代前半のスタッフやボランティアの女の子たちが一生懸命遊んでくれる。追いかけっことか、こっちはもう本気で走ったら3分くらいでヘトヘトなので、ありがたい〜。ふだん行っている幼稚園の先生たちも本気で遊んでくれるし、何があっても神対応の大ベテラン先生(50代〜60代)たちばかり。それはもう安心なわけだけど、こどもは自分に年が近い大人が大好きなので、こうして、若い人たちと遊んでもらえる機会があるのもいいなと思う。
山は今日もすずしくて、木々を透かしておりてくる光もきれいだった。
夕飯は、ナカガワに寄り、巻き寿司とまぐろのお寿司を買う。それと、ざるそば。オクラ納豆だけつくる。そういえば今日は父の日だった。うちの父には、海苔をあげた。

6/16 SAT

からっと晴れ。6月の晴れは、5月より涼しい。
朝、アキが娘とイオンの無印に行ったので、そのあいだに洗濯、トイレとお風呂の掃除。息子はずっとピアノを弾いている。今週はピアノ熱高め。(たぶんそう長くはつづかないと予想)
午後は、自転車を持って、河川敷に。娘はストライダーはもう乗りこなしすぎてつまらないのか、息子が4月まで乗っていた小さな自転車に駒をふたたびつけて、ギーコギーコとこぐのが楽しいみたい。といっても、右のペダルだけをひたすら踏む、というかたち。ペダルをぐるぐる回転させるには、まだ足がちょっと届かないのかな。
娘が気に入っていたピンクの家があった。壁一面が、濃いピンク。「M、ここにすみたい」というくらい。そしたら、その家が1年ほど前、売りに出された。(それを知った息子が「ママ、買ってあげたら」と言ってきたけど、いろんな意味で却下!)とはいえ真っピンクの家がそうそう売れるわけもないよな〜と思っていたら、先週とうとう、白とクリーム色に塗り替えられていた。そうなると、ほんとうに、ふしぎなくらいただの家になった。
夕飯は「くいしんぼう」というお弁当屋さんへ。わたしがこどもの頃から近所にあったのだけど、もうとっくに閉店してると思いこんでいた。そしたらまだやっていた! 男の子が喜びそうなガッツリ系弁当で、わたしにはすこし重かったけど、味もいいし、また利用するかも。
夜は、眠い目こすりながら『家族はつらいよ』のDVD見る。

6/15 FRI

息子、遠足の朝。でも、雨。去年まで1年生の春の遠足はひらパーと決まっていたのだけど、今年から急に京都水族館になったらしい。ちょうど30年前、ひらパーに遠足に行き、バラ園という子どもにとってはつまんなさすぎる散策をして、しかも雨ふってきて、ガラーンとした平日の催事場でお弁当をたべた芳しくない思い出があるわたしにとっては、水族館とはうらやましい。傘をずっと持ち歩くのもジャマだろう、と強引に体操服の上からレインコート着せて、送り出す。基本バス移動だし。
今日は娘も幼稚園。お弁当持ちだったので、朝は、昨日のコーンしらすごはんで、大(アキ)中(息子)小(娘)のおにぎりをつくった。車で送ったあと、わたしだけ実家へ。ばあばが徳之島へ帰る。その前に、ふたりで記念写真。わたしの丸顔のルーツがここに!というくらいそっくりの輪郭。それから、真冬でも手足がぽかぽかというのも、わたしとばあばの共通点。ばあばは、そのうち大阪に帰ってくることになりそうなので、きっとまたすぐ会えると思うけれど、相手は86歳、これが今生の別れかも、という想いもよぎる。だけど本当は相手が何歳であろうとも、別れるときは、それが今生の別れになる可能性はあるのだ。ふだんそのことを意識しすぎると苦しいから、上手にわすれているだけで。お母さんとヒロがばあばを車で空港まで送っていくのを、見送る(わたしは娘のお迎え時間とかぶるため)。「また、おいしいものたべようね」と声をかけた。なぐさめでもごまかしでもない、本当の気持ち。一緒にごはんをおいしく食べられるというのは、実はすごいことなのだ。日々かこむ食卓は、きらめく宝物を数珠繋ぎにしたような思い出にいつかなる。
午後は、コープで届いた梅と氷砂糖で、娘と梅シロップを漬けた。遠足から、息子も無事帰宅。
夕飯は、鶏ハム、の予定だったのだがあきらかに半生(ちょっとアヤシイとかではなく、本気の半生)だったので、急きょオーブンで焼きなおし。それはそれでおいしかった。今度、鶏ハムは炊飯器レシピにしてみよう。アボカドのスライス、かぼちゃサラダのこり、ミニトマト、セロリのきんぴら、お味噌汁(キャベツ/あつあげ/ブロッコリー/新たまねぎ)。

6/14 THU

梅雨のあいまの晴れ。 朝は編集Yさんと15分くらい打ち合わせの電話。そこから一気に新しいアイディアをかたちにしてみる。お迎えまであと1時間しかない!と思うので、必然的に集中する。
明日、ばあばが徳之島に帰るので、杏子とランチにいくことに。午前保育の娘を車でピックアップし、そのままサフランへ。ばあばは、いつも通り量はさほど食べなかったけど「こんな本格的なカレー、何十年ぶりや」と言っていた。娘はあまりにしょっちゅう行きすぎて、お店のインド人のおじさんに名前まで覚えてもらって可愛がられている。
息子、ピアノ、初めて右手と両手を合わせて弾く練習をするのがよっぽどうれしかったらしく、1時間半も弾き続けていた。
夕飯は、とうもろこしごはん(しらす入り、大葉のせ)かますの塩焼き、かぼちゃときゅうりとハムのサラダ、お味噌汁のこり、大人だけトマトアボカドサラダのこり。 夜は、こどもたち寝かせたあと洗い物などして、録画したカーネーション をアキと見て、パソコンはひらかずに就寝というパターンの日が多い。

6/13 WED

朝は雲が多く、あいだに見える青空がまるで雲のよう、つまりぽこぽこした青空が流れてゆくように見える。6月の晴れは、5月ほど暑くなく、とても過ごしやすい。
朝は、みさちゃんに教えてもらった魚屋さんのかつおぶしを買いに行く。娘もいっしょに。そのままフレスト、さくら公園。公園にはひとっこ一人おらず、娘は、遊具で少し遊んだあと、葉っぱや石ころをベンチにならべてお店やさんごっこ。
午後は、息子のピアノ。いつもは下校途中の彼を拾っていくけど、今日は地区児童会でいつもより早めの帰宅。着替えてから行けたので、終わったあと、そのまま、公園へ。本日2度目のさくら公園。(こどもたちのリクエスト)朝とはうってかわって、小学生がたくさん。そのうちの一人が息子にタッチしてきて、鬼ごっこが始まったので、しばらくしてから「クラスのお友達?」ときいたら、「しらん子」との答え…。あとから聞いてみると、このへんの私立小学校に通う子だった。「たまたま居合わせた同い年くらいの子」というだけでいきなり鬼ごっこができる「男子」という生き物が、わたしには本当に不思議。さんざん遊びまわって、最後は名前も知らずに別れる、なんてこともザラだ。その子、もちろんうちの息子の名前も知らないので、遠くから呼ぶ必要があるときは、「おーい、ヤツ〜!」と呼んでいた。ヤツ。
息子がいるおかげで小1の男子の世界、彼らがおもしろいと思っているものがどういうものなのか、よくわかる。今日は、こんなエピソードふたつ。クラスのJくんがサザエさんの替え歌をつくった。♪おさかなくわえたドラ猫〜、のやつである。「さかみちころげてひかれて はなぢでて でんしんばしらが こわれて しんだ」それをきいたまわりの男子(うちの息子ふくむ)大爆笑とのこと。(そういえば、わたしが小1のときも、男子たちはサザエさんの替え歌してたなあ…)それから、Sくんが授業中に、「朝たべたブロッコリーが鼻からでてきた」そうで。鼻くそと思ってひっぱったらブロッコリーだったらしい。席近くだった息子とKくんはまたまた大爆笑したそうで。
夕飯は、回鍋肉。甜麺醤切らしてたので、赤味噌やみりん、砂糖などで代用。トマト/たまねぎ/セロリ/アボカドのサラダ。たまねぎとセロリはみじんぎりにして、ソースっぽく。お味噌汁(煮干出汁、なす/にんじん/うすあげ/わかめ)。
ヒロの31歳の誕生日。おめでとう。
プロフィール

織田 りねん(おりた りねん)

Author:織田 りねん(おりた りねん)
contact:
lingolinen@gmail.com


copyright (c)2009-2018
Linen Orita All rights reserved.

絵本
最近の記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード